ファンタジー ベース ボール。 黎明期の野球をとことん再現「ヴィンテージ・ベース・ボール」の世界

〜ファンタジーボール〜

ファンタジー ベース ボール

自分は10年ほど前から毎年やっています。 メジャーなのは、Yahoo. com、MLB. com、ESPN. comといったところでしょうか。 Yahooは初心者向けリーグと上級者向けリーグがあるので、初心者であればYahooがおすすめです。 >ファンタジーベースボールは無料ですか? どれも基本的には無料ですが、中には有料で勝者に賞金のつくプランもあります。 >英語が得意でなくてもできますか? う〜ん、ちょっと厳しいかもしれないです。 登録の時点から色んなプランやオプションがあり、それらを理解する必要がありますし、実際にプレーが始まってからも、毎日選手の色々な情報を読んでその日のラインアップを決めたりするので、ある程度の読解力は必要です。 >今からでも参加できますか? どこも今からでも参加を受け付けています。 できればフルシーズンの方が絶対面白いので、来シーズンの小手試しに参加してみるのもいいかもしれません。 ファンタジーベースボールは本当に面白いです。 やってみるとわかりますが、まさにMLBを2倍楽しめます。 たとえば、実際にドラフトをして選手をゲットする訳ですが、自動ドラフトに設定した場合、自分の希望の選手が誰かに取られてしまうとその穴埋めに同格の違う選手が自動的にあてがわれます。 その選手が全然知らない選手だったりすると、今まで名前すら知らなかったのに応援し始めます。 あと、例えば自分のチームにいる投手が、自分のひいきのMLBチームと対戦するときなどは、何とも複雑な心境で試合を見ます。 もっと言えば、自分のチームにいる投手と打者が対戦することもある訳です。 ぜひ参加して楽しんで下さい! 無料です、私は2005年からヤフーUSAでやっています 他ではやってないので比較はできません 英語は翻訳ソフトでなんとかなりますが雰囲気で読み取ったほうが いいかもしれません^^; 今からの参加は・・・残り2ヶ月ですし難しいかな・・・ 途中参加のリーグもあるかもしれませんが分かりません 来春のドラフトから始めたほうが楽しめると思います 私は今年ヤフーUSAのプライベートリーグ2個パブリックリーグ2個 計4個やっています。 ヤフーUSAでは多分同種スポーツ4個が限度と なっているようです きっともっと詳しい人がたくさんいると思います 未熟な説明ですみません local flounderさん詳しい説明ありがとうございます ファンタジーベースボールはハマると本当に面白いゲームです ただ、なかなか分かってもらえないのも事実、、私は今年コミッショナーに なってプライベートリーグを2個作り初心者の方々も誘い入れて10チームで スタートしましたが初参加の方々(5人)は結局分からないことが多く残念 ながらほとんど放置状態になってしまいました(全員日本人のリーグです) 自分の非力さを痛感させられました・・・ やり始めて面白いと思う域に達するにはそれなりの研究も必要ですね。。。 共通の話題で盛り上がるオフ会はまた格別です パブリックリーグは見ず知らずの外人相手なので、まぁ気楽です.

次の

* ファンタジーボール* モビール *Mars hortensia* 通販|Creema(クリーマ) ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト

ファンタジー ベース ボール

「ヴィンテージ・ベース・ボール」とは ここはアメリカのニュージャージー州。 行われているのは、アメリカで1970年代頃から始まった「ヴィンテージ・ベース・ボール」という野球である。 「ヴィンテージ」という名が付いた理由は、野球黎明期のルールやスタイルで試合を行うから。 「ベース・ボール(「baseball」ではなく「base ball」)」という表記も当時に合わせたものだ。 その歴史などは佐山和夫さんの著書『古式野球—大リーグへの反論』にも詳しく紹介されている。 グラブを使わず試合をするのも野球黎明期のスタイルに合わせているため。 グラブの登場は1870年代といわれているが、今日の試合は1864年のルールで行われている。 試合ごとに用いるルールの年代は変わるそうだが、メインは1870年以前のルール。 ちなみに1864年は、前年まで認められていた打球のワンバウンド捕球によるアウト成立のルールが改められ、捕球によるアウト成立はノーバウンドのみになった年だそうである。 嗚呼、あと1年早ければ……。 と、このように筋金入りの野球&歴史マニアたちが集っているヴィンテージ・ベース・ボールだが、両チームのユニホームも奮っている。 一方は古いモノクロ写真で見たことあるようなダブダブ気味のユニホーム。 もう一方は濃い目のパンツ、白いシャツにワークキャップ。 これまた古き良きアメリカが舞台の映画などで見かける、昔のアメリカ人のようなスタイルである。 そう、ヴィンテージ・ベース・ボールの愛好者たちは、ただ昔のルールで野球をやるだけではなく、ユニホームや道具も、当時の物やスタイルを再現しているのだ。 日本で言うならば、もはや本格時代劇の世界。 日本でもイベントで明治時代の野球を再現した試合を目にした記憶はあるが、こちらは本格的にリーグ戦も行っている。 試合会場は野球場ではなく、野球黎明期の世界を創り出すべく、あえて「原っぱ」に近い場所。 まさに「フィールド」というわけだ。 ライトを守る僕のそばにはレンガ造りの小屋が建っているのだが「それがまたいい」らしい。 ライトのそばにはレンガ造りの小屋が。 もちろん選手はグラブはしていない。 常軌を逸しているこだわりっぷり 2016年夏、僕がヴィンテージ・ベース・ボールを観戦したいとメールを出し、それに快く応じてくれたチーム「フレミントン・ネシャノック」の代表、ブラッド・ショーさん(61歳*当時)は言う。 「どうだい? ここ、スタジアムっぽくないのがいいだろう!」 自分もまあまあの野球好きだと思うが、上には上がいることを痛感させられる。 ブラッドさんがヴィンテージ・ベース・ボールを始めたのは2000年頃。 もともと野球と歴史が好きで「野球史を多くの人に伝える、何かいい方法はないか?」と考えていたときに出会ったのが、ヴィンテージ・ベース・ボールだった。 「実際やってみるとこれが楽しくてね。 同好の士とともに現在はリーグ戦にも参加している。 観戦だけのつもりだった僕を、出会ってすぐに「君も試合に入れ」と勧誘するなど、偉大なる好事家にして凄まじい行動力のブラッドさん。 一応、本人の名誉のためにも言っておくと、ふだんの仕事はソフトウェア会社のマネジャー。 けっこう偉い人なのだ。 ヴィンテージ・ベース・ボールで使用するボール。 現在とは縫い方が異なる それにしてもヴィンテージ・ベース・ボールのこだわりっぷりは常軌を逸している(ホメ言葉)。 打者の近くに立つのはシルクハットをかぶった紳士。 いったい何者かと思っていたら審判だという。 昔のアンパイアは正装して、こんな場所に立っていたのだ。 まあ、確かにその格好でキャッチャーの後ろに立つのは危ない(もっともキャッチャーも素手&防具ナシなのだが)。 きちんとジャッジできるのか、とも思ったが、この時代のピッチャーは、打者が打ちやすいボールを投げるのが基本。 だから、みんなどんどん打っていく。 つまり球審の必要性があまりないから、このスタイルでもよかったのだろう。

次の

【通販モノタロウ】

ファンタジー ベース ボール

ダダリオ弦とアーニーボール弦の違い 代表的な弦メーカー、ダダリオとアーニーボール。 どこの楽器屋へ行っても、この2メーカーの弦だけは売ってたりします。 標準とされている感のある両メーカーですが、 2社の弦は 同じような性格のものではないと思います。 そこで、ダダリオとアーニーボールの違いについて、勝手にまとめてみました。 ここでは特に、最も普及している ラウンドワウンド弦についてです。 両メーカーともフラットワウンド弦も出していますが、 は、ここでは放っておきます。 ただし、これはあくまでもダダリオとアーニーボールの相対的な評価です。 また、弦はそれ単体では機能しないものですし、 当然ながら楽器との相性もありますから、あくまでも参考程度に。 ちなみに、当方ジャズベースを愛用。 ダダリオ エレキベース弦としてはシェアトップでしょう。 どこの楽器屋でも見かけます。 なかでもド定番なのは、。 これを代表として見ていきます。 ダダリオの弦は、もともと 全般的にテンション高めなんですよね。 EXL170は、045-065-080-100というレギュラーライトゲージなんですが、 もうこれがスタンダードになっています。 ダダリオのレギュラーゲージ( )で4弦が105だと、 音がちょっとこもり気味になります。 また、1-2弦、050-070のテンションが結構きつめですしね。 が定番化しているのもわかる気がします。 音は、低域から高域までまんべんなく出ている感じです。 新品時は高域がガリガリうるさいですが、やがて落ち着いてきます。 テンションが高めなので、音に芯があります。 パンチのある音、って感じですかね。 若干、中高域が薄い感じがしなくもないです。 寿命はそれなりですが、半分死んだような状態が長く続き、 個人的にはその音が嫌いじゃないです。 高域のわざとらしい感じがなくなり、 でもまだ音の芯は残っている状態とでもいいましょうか。 テンションが高いから、 弦が死にかけてきても、音の輪郭が比較的はっきりしているんだと思います。 弦の 手触りは荒いです。 ラウンドワウンドなので、弦の手触りは当然ザラザラなんですが、 ダダリオはアーニーボールよりも凹凸が大きい感じがします。 目で見ても、ほとんど違いはわからないんですけどね。 手で触ると、明らかに違います。 ダダリオは、より指に引っかかってきます。 ザラザラというより、ギザギザです。 ただ、その弦の表面状態もあって、 ピックで弾くと、ガリガリゴリゴリした音が出せます。 本当、ダダリオって、元気な音っていう印象が強いです。 アーニーボール アーニーボールのラウンドワウンド弦は、 新品開封時にかなり強いアンモニア臭がします。 それはさておき、ダダリオに匹敵する弦メーカー、アーニーボール。 弦の入手しやすさでも、ダダリオに匹敵します。 ダダリオのド定番、 と同じ045-065-080-100というゲージのラウンドワウンド弦だと、 アーニーボールでは になります。 こちらも、ド定番ですね。 まず、同じゲージのダダリオ弦と比較してはっきりわかる違いは、 テンションの弱さ。 ダダリオのテンションがもともと強いということもありますが、 アーニーボールの弦は、 かなりテンションが弱いです。 また前述のとおり、アーニーボールの弦はダダリオに比べて指への抵抗が少なく、 手触りも比較的凹凸感が少なめです。 とはいえ、そこはラウンドワウンド弦なので、ザラザラなもんはザラザラです。 ただ、アーニーボール弦のほうが、 指への負担が少ないのは間違いありません。 少なくとも、左手は確実に楽になります。 肝心の音はというと、優等生的です。 際立って変なクセがあるわけではありません。 かといって特徴がないわけでもなく、 明るい音色で、中高域の倍音が豊かです。 粒の細かい音で、新品時の高域はきらびやかな感じさえします。 全般的に、 ダダリオよりも音の重心が高いです。 低音が出ていないわけではないのですが、 テンションが弱いためか、音の輪郭がはっきりしていません。 弦の寿命は短いです。 新品の弦を張って、 数時間弾いているうちに音色が変わってくるのを実感できます。 新品の弦の音が好きな人には、コスト的につらいかもしれません。 アーニーボールで個人的に気になるのは、弦が死んできた時に、 音の芯というか、コシみたいなものも一緒になくなってしまうことです。 もともとダダリオほど芯のしっかりした音ではないので、 余計に気になるのかもしれません。 おそらく、弦のテンションの強弱が、 そのまま音色の違いになって現れてきているのでしょう。 なんだか欠点を多く書いてきたような気がしなくもないですが、 決して悪い弦ではないです。 元気なダダリオと比べ、病弱優等生なアーニーボールというだけです。 だから逆に、 音の美しさはアーニーボールのほうがあります。 ダダリオにはない、繊細なものを持っています。 まとめ 独断と偏見をもって、相対的な印象をひとことでまとめてみました。 ダダリオ アーニーボール 代表 個性 元気でやんちゃ 病弱優等生 アタック ガリガリ ジャリジャリ サスティン ビィーン ベェーン 音の重心 中低域 中高域 テンション 強い 弱い 手触り ギザギザ ザラザラ 寿命 半死半生 即死 異論は、認めます。 ダダリオ弦とアーニーボール弦の違い.

次の