前田 裕二 メモ の 魔力。 前田裕二『メモの魔力

メモの魔力のやり方ノートの書き方は?抽象化するメリット

前田 裕二 メモ の 魔力

いま最も注目される起業家・前田裕二による渾身のメモ術! メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。 メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。 メモによって夢を持ち、熱が生まれる。 その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。 インプットをしたファクトをもとに、 気づきを応用可能な粒度に抽象化し、 自らのアクションに転用していくという事が本作でも最重要なポイントとして出てきています。 記録ではなく知的生産の為のメモを取る メモには 2種類あり 記録をする為ではなく、 知的生産のためのメモの取り方について具体的に解説をしてくれています。 ただ、メモを取るのではなくて自分の行動に繋げられるメモを書く事が重要なのでしょうね。 引用、参照。 ポイントは緊急度でなく重要度で色分けを行う事。 記号を使い分けてフラグを立てる 前田裕二さんが実際に使用している記号が掲載されているので引用させていただきます。 最後に 最後まで記事を読んでいただき有難うございました。 本作では、他にも抽象化をするコツが具体的な事例をもとに分かりやすく解説をしてくれています。 色々、解説をさせていただきましたがぼくは、実際にメモの活用が全く出来ていません。。 ただ、今回メモの魔力デザインのメモ帳と4色ボールペンが販売されるという情報を聞き早速、ネットで購入しました。

次の

「メモの魔力」の書評と感想。前田式メモ術を実際にやってみた【レビュー】

前田 裕二 メモ の 魔力

概要 [ ] ・代表取締役社長でありながら、、の仕事を精力的にこなす。 に発売した著書『 』は50万部を超えるベストセラー。 その他の著書に『人生の勝算』がある(2020年3月現在23刷9万部超のベストセラー)。 現在、テレビ『』火曜のコメンテーター 、『』準レギュラー のほか、ラジオ『』にレギュラー出演するほか、『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 ほか多数の人気番組に出演。 マルチな活動をこなす新鋭若手社長の1人として注目されている。 11月にはの老舗番組『』の冠をジャックして『』を放送。 放送直後、SHOWROOM番組24時間番組『前田裕二 密着24時 〜ニッポン放送からの挑戦状〜』(5時~29時)に挑戦。 その間に(女性初のニッポン放送新社長)、、、、、、など7人のインフルエンサーと対談しゼロの状態から、時間内にリスナーと本のタイトル、価格、デザインを作っていくという前代未聞の企画をやりとげ話題となる、翌日、自身3冊目の著書『ギフトのあけ方』を刊行、決済手数料を除いた収益全額がに寄付される。 7月、日本に約3,300店舗、世界26の国家・地域に約2,000店舗を展開する100円ショップの限定で4冊目の著書『小学生のうちに身につけたい「書くことが好きになる」』が販売予定されている。 受賞・名誉 [ ]• (・主催)• (・主催)• (調べ)『メモの魔力』• (・調べ)『メモの魔力』• (主催) 経歴 [ ] 幼少~学生時代• 、生まれ。 物心ついたときには父親がおらず、8歳で母が他界。 10歳年の離れた兄と一緒に親戚の家に引き取られた。 小学校6年からギターの弾き語りを駅前で始める。 お金を稼ぐ腕前だったものの貧困状況は変わらずのまま。 有名塾に通う同級生の女子に学力で勝てないことがモチベに変わり、授業でメモを取ることをはじめる。 先生に褒められたい、誰かに褒めてもらいたいという承認欲求の始まりだった。 弾き語り~社会人• の原型になった『仲良くなるには双方向性が大切』『人は「絆」にお金を払う』ということを考えはじめる。 、に入学。 社会人• 大学を卒業後、外資系投資銀行の証券株式会社に入社。 株式市場において数千億〜兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。 、事業立ち上げについて、就職活動時に縁があったのファウンダーに相談したことをきっかけに同社に入社。 2013年11月、ライブストリーミングサービスを立ち上げる。 、当該事業を、SHOWROOM株式会社を設立。 同月末にからの出資を受け、合弁会社化。 現在は、SHOWROOM株式会社代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いる。 社長作家~飛躍• 6月、初の著書『人生の勝算』を出版。 路上ライブで身につけた人生とビジネスの考えを本にまとめる。 Amazonベストセラー1位を獲得。 担当編集者の・いわく3日半で完成させたとのこと。 2月、お笑いコンビ・のと共同経営でにスナック「キャンディ」をオープンした。 2018年12月、独自のメモ術を主軸に据えた2冊目の著書『 』を発売。 キャッチコピーは『一行のメモが、一生を変える』。 発売2日で17万部を記録するベストセラーとなった。 発売して2日で17万部、1ヶ月強で22万部を突破。 2月19日、始動した「バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)」ではプロデューサーを務める。 3月現在、『メモの魔力 The Magic of Memos』が26刷 50万部超、『人生の勝算』が23刷 9万部超のベストセラーの記録。 SHOWROOMの創業 [ ]• は、11月に株式会社が提供を始めた、アイドルやタレントらが仮想ライブ空間で生配信するサービスである。 前田は2013年に株式会社ディー・エヌ・エーへ入社してSHOWROOMの事業責任者を務める。 にSHOWROOM株式会社を設立して代表取締役社長に就く。 人物・エピソード [ ]• 3歳で父と、8歳で母と それぞれ死別して親戚に引き取られた。 他者に依存しない自立生活を志し、小学生時分からギターの弾き語りを家計に充足した。 10歳上の兄がいる。 学生時代はバンド活動に没頭した。 新卒で入社したUBS証券で毎朝5時に出社し、2年目はニューヨークへ異動 した。 南場に起業の相談をした際、「今起業しても成功する可能性は著しく低い。 だったら、うちで事業の立ち上げを勉強して、その後起業した方が成功確率は上がるのでは」と口説かれ、DeNAに入社 した。 いつでもどこでもメモを欠かさない「メモ魔」 である。 習慣を大切にしており毎朝のランニング、就寝前の弾き語りがルーティーンになっている。 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(ダイヤモンド社)が、次代を拓く20人のリーダーに選出 した。 、、、、らと親交がある。 著書 [ ]• 人生の勝算 6月30日、• 12月25日、幻冬舎• (、10月 - ) - 準レギュラー・火曜コメンテーター• (日本テレビ) - 準レギュラー ラジオ [ ]• ()、 - ) - レギュラー ウェブテレビ [ ]• (、2018年6月 - ) - レギュラー・土曜MC• (、2018年8月 - ) - レギュラー 単発・過去レギュラー [ ] テレビ [ ] NHK総合• やわらかアタマが世界を救う 日本テレビ• 文無しアカデミー2. 0 TBSテレビ• フジテレビ• ハミダシター• 未来360会議• 放談ナイト〜Hold on night〜 テレビ朝日• テレビ東京• ラジオ [ ] ニッポン放送• J-WAVE• 脚注 [ ]• ,BEST T! IMES 2018年9月15日• CAREER HACK. 2019年2月18日閲覧。 前田 裕二 2014年11月12日. インタビュー. Career Hack. 品川経済新聞. 2019年2月18日閲覧。 ,幻冬舎 2018年12月26日• 幻冬舎・箕輪厚介Twitter• BEST TIMES(ベストタイムズ). 2019年2月18日閲覧。 , niftyニュース 2019年1月25日• CAREER HACK. 2019年2月18日閲覧。 ,J-WAVEニュース 2018年12月3日• プレスリリース , TOKYO FM, 2017年3月27日 , 2018年5月20日閲覧。 ,2018年10月8日 外部リンク [ ]• UGMD -• yujimd -• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

メモの魔力 名言集

前田 裕二 メモ の 魔力

著者の前田裕二とは何者か 著者の前田裕二氏はライブ配信サービスの「SHOWROOM」を立ち上げた起業家だ。 年は31歳で、イケメンである。 前田裕二という名前にピンと来ない方は、 石原さとみの交際相手と言えば分かるだろう。 31歳という若さで仕事もプライベートも充実している彼を作り上げた習慣こそがメモだったというのだ。 前田裕二のメモ術 著者いわく、メモの目的には大きく以下の2種類がある。 情報伝達・記録を目的にしたメモ• 以下は前田氏の実際のメモだ。 引用: ポイントとして、ノートは見開きで使用する。 左側にファクト(事実)を記載し、右側にはそれをどのように抽象化し、自分の生活やビジネスなどに転用できるかというところまで落とし込んで思考をする。 一般的にメモというと左側のページだけを想像するかもしれないが、右側のページを使って「ファクト」を自分に落とし込むところまでやって初めて思考したことになる。 この方法で一つ一つの物事を捉えていけば、「考えが浅い」「軸がない」などと言われることはなくなるだろう。 「メモの魔力」の内容 本著は以下の内容で構成されている。 メモを取る価値、メモの具体的な取り方• メモの中核を成す「抽象化」の方法• 抽象化スキルを活かした自己分析の方法• 自己分析で気づいた夢を叶えるための方法• メモを習慣化するためのコツ• 自分を知るための自己分析1000問 この本はメモの取り方というノウハウ部分だけを紹介するのではなく、 「自己分析」から「夢を叶えるための方法」まで落とし込んでくれている。 正直、この内容を大学生くらいの年齢で知ることができていれば、今の僕は無敵の思考回路を持っているだろうなと感じるほど、強烈な本だった。 逆を言うと「メモの魔力」を読みメモ術を実践した人間と、そうでない人間の10年後は本当に恐ろしいほどの差がついていると思う。 AIが発達していく中で、情報の保存や処理は機械が代替してくれる世の中になる。 そんな世の中で人間にしかできないことが前田氏の言う「抽象化」であり「転用」だ。 僕は機械に仕事を奪われたくないので、この本で学んだメモ術を実践して、人間にしかできない思考を身につけたいと思う。 メモ術を活用した自己分析 思考力が高まるといった点も魅力だが、それ以上に 自分のことを深く知るためにメモ術を活用したいと感じた。 巻末に以下のような質問集がついているのだが、その数は合計1,000項目に及ぶ。 幼少期・小学校などの年代別の軸と、夢・仕事・家族などの項目別の軸を掛け合わせて、思考のサポートをしてくれる良質な質問が用意されている。 前田裕二氏も自身の就活の時に活用した質問のようで、 彼の場合、当時のノートは30冊以上にもなったようだ。 僕はそこまで自分に向き合ったことがないので、この本をきっかけに自分と対話を重ねて、• どんな人生を送りたいのか• 何をしている時が楽しいのか• 人生を通して何を成し遂げたいのか など人生のコンパスを探してみたいと思う。 そして、本の内容自体も素晴らしいのだが、文章の一文一文から前田裕二氏の愛と熱を感じるのだ。 まるで目の前に座って、ゆっくりと語りかけてくれているような感覚で読めるので、年末年始にゆっくりと時間をとって、ぜひ本著を手に取ってみてほしい。 (ちなみに正式な発売日は2018年12月24日だが、マーケティングの一貫で先行して販売している書店もあり、僕はリアルの書店で手に入れた。

次の