空母 いぶき 発売 日。 空母いぶきグレートゲーム【11話】2巻のネタバレ「アニタ・スタンレイのメッセージ」内容と感想

映画「空母いぶき」のDVDレンタルや発売日・予約情報

空母 いぶき 発売 日

スポンサードリンク 空母いぶきのあらすじ 日本の最南端沖で国籍不明の軍による日本への攻撃が始まります。 その上、日本領土の一部が占領され、海上保安隊員が連れ去られるという、かつてない事件の勃発に激震が走りました。 日本政府は即座に最新鋭の護衛艦いぶきを中心とする護衛艦隊の出動を命令します。 しかし、これが日本が経験するかつてない壮絶な一日の幕開けになるのでした。 護衛艦いぶきの艦長・秋津竜太と副艦長の新波歳也は防衛大学時代からのライバル同士で考え方も極端に違うことから、厳しい判断を迫られる局面に度々意見がぶつかり合うようになっていきます。 国民の平和が脅かされるなら武力行使もいとわない覚悟の秋津、あくまで防衛に専念し、自発的な攻撃は避けるべきという信念を持つ新波が最前線で下す決断がこの国の未来を分けることになります。 持てる力をどう使うべきか、彼らの向かう先にあるものは絶望か、それとも希望か・・・。 映画版オリジナルのキャラも登場し、原作の鬼気迫る迫力はそのままに劇場版ならではのストーリー展開が本作の見どころです。 空母いぶきの注目ポイント スポンサードリンク 本作の監督には「沈まぬ太陽」「夜明けの街で」でメガホンを取った若松節朗が担当しています。 若松監督は「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」などで2回に渡り日本アカデミー賞・優秀監督賞に輝いた実績を持つ監督です。 とくにサスペンス要素の強い緊張感漂う作品が高評価を得ている監督なだけに、本作では大きな期待がよせられています。 また脚本家には「七瀬ふたたび」の伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫が共同で執筆を担当しました。 本作の主人公、護衛艦いぶきの艦長・秋津役にはテレビドラマ「MOZU」や映画「クリーピー 偽りの隣人」でも主演を務めた西島秀俊が演じています。 西島さんと言えば、2019年には映画「任侠学園」が公開を控えており、テレビドラマでは「名探偵・明智小五郎」の主人公・明智役を演じることも報道されました。 今や出演作には引っ張りだこの西島さんですが、本作では航空自衛隊出身で目的のためなら武力行使もいとわないという一面を持つ護衛艦いぶきの艦長を熱演しています。 そしてもう一人の主人公、護衛艦いぶきの副艦長・新波には「黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜」「ハンチョウ〜神南署安積班〜」シリーズでお馴染みの佐々木蔵之介が抜擢されました。 佐々木蔵之介さんは映画「超高速! 参勤交代」でのコミカルな演技が高い評価を得て日本アカデミー賞・主演男優賞を獲得しています。 本作でした秋津とは対照的にあくまで防衛に専念し、こちら側からの攻撃は避けるべきという信念を強く持つ新波役を熱演しています。 攻撃か、それとも回避か厳しい判断に苦悩する第5護衛隊群司令・湧井継治役には数々の映画、ドラマに出演している藤竜也が熱演しています。 護衛艦いぶきの船務長・中根和久役に「僕とシッポと神楽坂」「悪魔が来りて笛を吹く」の村上淳、同じく護衛艦いぶきに乗船する砲雷長・葛城政直役に「とと姉ちゃん」「獄門島」の石田法嗣が出演しています。 そして映画オリジナルの登場人物として、緊迫した状況の護衛艦いぶきに乗り合わせてしまう新米記者・本多裕子役に本多翼が抜擢されました。 他にも斉藤由貴、中井貴一、片桐仁、深川麻衣など映画独自のオリジナルキャラクターを豪華俳優陣が演じ物語を盛り上げます。 ベストセラーコミックを原作に日本を舞台にした壮大な作品です。

次の

空母いぶき【最新刊】13巻の発売日、14巻の発売日予想、続編の予定は?

空母 いぶき 発売 日

ビッグコミック 2016. 07 本誌連載に追いつける!さらに最新話を無料公開! 大反響の軍事エンターテインメント(かわぐちかいじ/惠谷治)、待望の第4集が絶賛発売中!! 緊迫する武力奪還作戦の続きが早く読みたい...... という方のために、第4集の続きとなる第32話~36話を無料公開!! これを読めばでの連載に追いつける、"追撃キャンペーン"実施中!! (公開期間は2016年7月24日23:59まで) 『空母いぶき』追撃キャンペーン試し読み [第36話] 『空母いぶき』第36ソーティ「多良間島上空50メートル」 この記事は試し読み公開期間を終了しました。 『空母いぶき』は「ビッグコミック」にて好調連載中です! 『空母いぶき』追撃キャンペーン試し読み [第36話] この続きとなる『空母いぶき』第37ソーティは7月9日(土)発売のビッグコミック14号に掲載!! さらに特製QUOカードプレゼントも実施中です。 詳しくはビッグコミック13号・14号もしくは『空母いぶき』第4集のオビをご覧ください!! この機会にビッグコミックでの連載に追いつき、月に2回、手に汗握ろう!! (ビッグコミック編集部) 今すぐ無料で試し読み! 関連リンク 【初出:コミスン 2016. 07】 かわぐちかいじ,ビッグコミック,プレゼント,惠谷治,空母いぶき.

次の

さらに最新36話追加! かわぐちかいじ『空母いぶき』第4集の続きが無料で読める! (5/5)【本誌連載追撃キャンペーン】

空母 いぶき 発売 日

解説 「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラーコミック「空母いぶき」を、西島秀俊と佐々木蔵之介の共演で実写映画化。 国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中、それぞれの立場で国民の命と平和を守るため奔走する者たちの姿を描く。 世界が再び「空母の時代」に突入した20XX年。 日本の最南端沖で国籍不明の軍事勢力が領土の一部を占拠し、海上保安庁の隊員を拘束する事態が発生。 未曾有の緊張感に包まれる中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛艦群を現場に派遣するが……。 西島が、航空自衛隊のパイロットとしての実績を買われていぶき艦長に抜擢された秋津竜太、佐々木が、海上自衛隊の生え抜きながら副長に甘んじる新波歳也を演じる。 監督は「沈まぬ太陽」「ホワイトアウト」などの大作を手がけてきた若松節朗。 脚本は「機動警察パトレイバー」の伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫。 「ローレライ」「亡国のイージス」などで知られる作家の福井晴敏が企画に携わっている。 2019年製作/134分/G/日本 配給:キノフィルムズ スタッフ・キャスト 中国が敵でなくなったのは、多様な出資者から製作費を集めなければいけない点からも、マーケティングの観点からも致し方ない。 むしろ憲法9条と自衛隊の存在や、専守防衛のあり方など、娯楽映画が避けがちな難しい題材を正面から扱った点には敬意を表する。 海上、海中、空中での戦闘の描写も、邦画では健闘した方だ。 CG制作のコストダウンも一因だろう。 ハリウッド製の戦争大作には見劣りするが、製作費も市場規模も桁が違うのだから。 ただ、脚本と演出には課題も多い。 邦画アクションやサスペンスの悪習ともいうべき、流れと緊迫感を断ち切る説明台詞、理想論、思い出話…。 135分が一層冗長に感じられる。 国民の反応の描写も、街頭で報道を見る人々のショットが少しあったほかは、ほぼコンビニ店内の様子だけというのも手抜き感。 ネタバレ! クリックして本文を読む 別の映画でレビューしていた方が、ご自身の持論を曲げて、他者を批判しながら映画をベタ褒めしていたので、そこまでさせる何かがあるのかも知れないと感じ、ちょっと斜に構えつつ見てみることにしました。 なるほど、なかなかあちこちに配慮した、いろんな意味で面白い設定でした。 原作の空母いぶきには見られない配慮であるがゆえに批判を生んだようで、やはり違和感は強かったです。 これをオタクはこれだから…というパターンに当てはめて一蹴するには、相当の差別意識が必要です。 残念ながら上記の配慮は、作品を楽しむ上で邪魔なエッセンスになってしまっていました。 今回のコロナ禍で、今後は少なからず映画作成においで中国への不必要な配慮は削減され、下手すると中国迫害も起こるんじゃないかなと懸念しております。 この映画を見てると、中国への媚び方がWHOのテドロス氏並みの域に達しており、純粋な不快感と反吐の出る思いすら抱いてしまいました。 「中国への媚びへつらいが最盛期のころの架空戦記」として語り継がれそうで、令和元年は脱中国への黎明期として素晴らしい始まりを迎えていたのかもしれません。 現実との差違をぜんぶ挙げるつもりはないですが、面白い原作設定変更なのでとりあげます。 尖閣諸島の位置が、実際よりも少し南にあるということになってます。 そうすることで、台湾も中国も、この世界では1970年代に「あ、これ、石油採れるかもしれないぞ」と分かってからも、彼らは「実は俺たちの領土だったんだ!」と主張してないことになっているのです。 現実世界において、尖閣諸島にほぼ毎日船を寄越しては領土問題が「ある」という既成事実をつくろうと躍起になっている中国ですが、映画になるとこれが全く違う国が敵になるのです…。 これは、コロナウィルスの感染パニック映画を撮ると称して、米軍がテロを起こして隠蔽したことにするくらい無茶な原作設定変更です。 いろんな人が楽しく見られるような工夫というよりは、中国関係者が気持ちよく見られるための工夫であるように思えました。 映画版空母いぶきの世界において領土的野心を働かせ、軍事的アプローチをかける敵は、現実の自衛隊の仮想敵国のどの国にも属さない、未知の振興国家です。 いちおう映画の中では当たり前のように「東亜連邦か!?」と仮想敵国であることを暗示する表現がありますが、観客はその国を詳しく知りませんので、感情移入も納得も出来ないまま置いてきぼりを食らったのではないでしょうか。 敵国とは交戦実績があるのか、国交は結んだことがあるのか、交渉の余地はあるのか、離島奪取の目的は何か。 現実と同様、尖閣諸島には地下資源欲しさ故に奪取を試みているのだと思いますが、艦隊の背後に拠点確保のための輸送船団などが見受けられず、目的が不明すぎます。 いよいよ何がしたいのか分からない点には、いきなり弱点つきの母艦で攻めてくるエイリアンじみた不気味さすら感じました。 結局、メッセージとしては「 そんな相手でも みんなで話し合って、平和が一番!」なのですが、散々相手のことを考えながら戦ったのに、仲間を殺されたり殺されかけたりした相手に対して、絶対に太刀打ちできないジャイアンみたいなのがワラワラと仲介してきて、しぶしぶ仲直りを迫られることで終劇に向かうという流れに納得出来るかどうかは、原作原理主義うんぬんを無視しても相当意見が別れると思います。 ちなみにその平和の使者たるジャイアン軍団の中でいち早く高らかに存在をアピールしたのが、現実で離島奪取を目論む当事者であるはずの中国の潜水艦と来ては、もはや噴飯ものです。 あれは笑えば良いとこなのか、嘆けば良いところなのか判断が悩ましかったです。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の