ブルドックボス。 競走馬詳細データ

ブルドッグボス|JBISサーチ(JBIS

ブルドックボス

浦和スプリントオープン2020出走登録馬9頭 枠順馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 1枠1番 ナイトフォックス 牡8 55. 0kg 橋本直(浦和) 2枠2番 ブルドッグボス 牡8 57. 0㎏ 御神訓(大井) 3枠3番 ナガタブラック 牡4 55. 0㎏ 伊藤裕(川崎) 4枠4番 コパノチャーリー 牡8 57. 0㎏ 藤本現(大井) 5枠5番 フォクスホール 牡7 55. 0㎏ 和田譲(大井) 6枠6番 ベストマッチョ セ7 57. 0㎏ 森泰斗(船橋) 7枠7番 レッドゲルニカ セ7 57. 0㎏ 真島大(大井) 8枠8番 スマートドレイク 牡4 55. 0㎏ 笹川翼(大井) 8枠9番 マーガレットスカイ 牝5 53. 0㎏ 酒井忍(川崎) サイト名 MUTEKI 【おすすめポイント】 競馬情報サイトに求めるものは「結果」です。 徹底的に結果にこだわっているのがです。 競馬初心者~上級者の方も全ての方がしっかりと高額配当を現実的に狙えることが出来ます。 しかも少点数で高額配当を狙うので会員はローリスク・ハイリターンで競馬を楽しみながら儲けることが出来ます。 「結果や信頼なくして、存在意義無し!」まで語るサイトなので、その実力は本物です。 それでもまだ疑い深い人には「永久全額返還保証確約」もあります。 ここまで会員のことしか考えていないサイトに巡り合えたのは奇跡に近いです。 無料登録するだけで週末のメイン重賞の厳選情報がもらえるので無料登録だけでも価値がありますね。 浦和スプリントオープン2020ポイント• 浦和1400mのオープン戦。 南関所属馬による9頭立てのレースです。 ブルドックボス出走により頭数が集まらず相手探しの一戦。 JRAから転厩してきたベストマッチョの取捨選択。 前走、さきたはま杯では、58㎏の斤量ながら先行して2着と新味を出しており、1㎏減の57kgなら先行して押し切り濃厚か。。 買い目はYouTubeで発表していますので、是非登録お待ちしております。 〇 近走安定した成績は4歳馬ということもあり成長力を感じる。 相手は格上馬だが、前走の内容は優秀で、先行して上がり37秒台ならオープンでも十分通用できる。 水曜日は道悪が想定されますが、むしろ歓迎材料。 3ヶ月の休み明けながら、森騎手確保なら初戦から勝負気配。 浦和の馬場は相当マッチするので、休み明け初戦でもそれなりに格好つけるか。 確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ 意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても 回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。 「情報」だけでは競馬に勝てない「投資」だけでは資産が増えない…それぞれのデメリットを排除し、メリットを最大限に引き出し、有効的な本当の投資競馬を提案しております。 無料情報でご案内する 買い目でまずは的中を手にして下さい。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると 3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。 無料予想も有料予想も両方凄い為、 「第2位」に認定します。 その代わり、 「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、 「第3位」に認定します。 今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも 自信の勝負レースを無料で提供しているという事! 当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで 口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。 この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。 強力な情報があるからこそ、点数は絞れる!! 情報ありきで 確実に馬券を獲る地方競馬。 には地方競馬専用の地方競馬ちゃんねるというコンテンツがあります。 競馬の本質こそ同じでも、特に情報が薄い 地方競馬でサイトを特化することは自信と信頼の証であります。 まず無料メルマガ登録後• 毎週中央買い目• 地方競馬推奨馬• 海外競馬 が確認できます。 ほぼ全網羅してるのですが……、 一番のおすすめはメルマガエントリー後に サイト内にある LINE@に登録してみてください。 ようやくしっかり負荷をかけた稽古が出来るようになり、 この中間も天栄で鍛えられ着実にパワーアップ。 ダービーも視野に入っていた好素材だけに1勝クラスのここは負けられない。 8倍を1000円で的中! 12月船橋の香取特別では3連単22. 3倍を7口で的中してますが、 点数が少ないので資金を寄せれるのが最大のメリットです。 中央競馬では12月8日に中山4Rが23万馬券6口投票の130万オーバーは圧巻でしたが、 G1も天皇賞秋で3連単88. 6倍的中の53万払戻! 香港国際競走も4レース完全的中で海外競馬にも強いサイトです。

次の

JBCスプリント馬ブルドッグボスが中央再転入…栗東・加用正厩舎に転厩

ブルドックボス

9 優勝騎手:御神本 訓史 馬場:重 レース後のコメント 1着 ブルドッグボス(御神本訓史騎手) 「(ファンは)浦和競馬場で、菜七子ちゃんのG1(勝利)を見届けたかったと思います。 勝ってしまってすいません。 小回りで特殊なコース、ましてやG1で異様な空気で戦うことになるので、ゲートが開いてから、どう運ぼうかは決めようと思っていた。 返し馬から、自分が乗ったここ3走では一番素軽い動きだったので、これならやれるなと思いました。 2コーナーにかけて、かなりのハイラップだったので、もしかしたらと道中は思って乗っていましたが、4コーナーですごく反応がよかったので、追い出してからは、これは勝てるなと思いました。 (JBCが初めて)浦和で開催されると聞いて、地方、浦和の馬にもチャンスがあると思っていたので勝ててよかった。 菜七子ちゃんのG1勝利は必ず見られると思うので、きょうはブルドックボスと小久保厩舎を褒めてあげてください」 (小久保智調教師) 「勝った実感はまだありません。 ブルドッグボスは春先に復帰してから道営で調整してもらって、JBCを最終目標としてここまで来ました。 今回が一番体調は良かったです。 脚元など色々と考えなくてはならないことがあるので、今後についてはこれから決めて行きたいです。 7歳ですが まだまだやれますので、上のステップでも頑張ってくれると思います。 これからも応援よろしくお願いします」 2着 コパノキッキング(騎手) 「とても悔しいです。 チャンスのある馬に引き続き乗せてもらい、勝てなかったのが悔しい。 もう、そのひと言です。 メンバーを見て番手につける競馬をしようと思っていました。 状態はすごく良かったし、ナイターでないぶん、落ち着きもあった。 ゲートは待たされたけど出てくれて良かったし、手応えも抜群にあった。 向こう正面から自分でハミを執っていたので、抑えつつ邪魔をしないように…。 きょうは勝つことができなかったので、勝てるように頑張りたいです」 5着 ノブワイルド(左海誠二騎手) 「抜群のスタートを切って自分の形ができかけたが、あれだけつつかれると厳しい。 でも、力はある」 6着 ミスターメロディ(福永祐一騎手) 「久しぶりのダートだったが、コパノキッキングを射程圏に入れて進むことができた。 ただ最後は脚が上がってしまった。

次の

ブルドッグボス|JBISサーチ(JBIS

ブルドックボス

フレンチブルドッグとボストンテリアは被毛の色が違う 続いての見分けるポイントは被毛の色です。 黒地に白のタキシード色が主流なのがボストンテリア ボストンテリアの被毛は一般的に黒地に白の二色で構成された、俗にいう『ボストンカラー』のみで、タキシードを着ているように見えるんです。 毛色の種類で言うと、ブリンドルで、この白黒カラーが、まるでタキシードを着ているように見えるのでそう呼ばれるようになったそうです。 たしかに、前胸にあるホワイト、そして腕から足にかけて広がるブラックがタキシードのようですね。 4色のバリエーションがあるのがフレンチブルドッグ それに対してフレンチブルドッグは4色もの種類に分けられているんです。 基本色は以下の4つです。 フォーン• パイド• クリーム• ブリンドル 実際に色別に見て行きましょう。 フォーン パイド クリーム ブリンドル フレブルとボストンの違いは前々から気になっていました。 私の考え方ですが、フレブルは横に幅があり頭が丸い、ボストンは縦にシュッとして頭は卵型、と大まかに見分けていました。 実際フレブルは耳から耳までの広さがあり、お顔も大きめです。 対するボストンは耳から耳が割と狭いので縦長に見えます。 個体差はありますが、鼻の頭の皺が多いのもフレブルの方ですね。 ボストンは皺があまり見られないので、すっきりしたお顔立ちの子が多いです。 耳の形の見分け方は難しいですね。 ちゃんと写真に図も書いてあるのを見比べてみましたが、ほぼ同じに見えます。 ボストンテリアの被毛のカラーが白黒だけだったというのは初めて知りました。 確かにタキシードのような模様でしたね。 足だけ白いソックスがよく目立つなぁと思っていました。 性格や内面的なものの違いはたくさんありますが、外見だけで見分けるのは、見慣れないとすぐに判断できないほど似ていますね。 ボストンテリアとフレンチブルドックは似ていると言われていますが、私はぱっと見て違いが分かります。 それは犬を飼っているので犬種を知っていてなんとなく違いが分かっていただけなのかも知れないなと思いました。 ここまで明確に違いを考えた事がなかったので。 でもよく考えてみると、確かに1番分かりやすいのは毛色ですね。 ボストンテリアは、私が見たことのある子は白と黒のカラーの子しかないので。 とはいえ、フレンチブルドックもパイドという白と黒の似た柄の子がいますが、まず顔の輪郭が違いますよね。 また、ボストンテリアはどちらかというと小顔で面長(縦に長い)、フレンチブルドックは丸顔というか四角く顔もずっしりとしたイメージです。 あと、手足もボストンテリアの方が細く長く、すっとしているかと思いますし、歩き方も微妙に違い、フレブルの方がどっしりとした歩き方をしている様な気がしますね。 どちらも可愛いですが、ボストンテリアはキリッとしたお顔立ちで、フレブルはボストンテリアよりは少し目が離れていてほんわかとした優しいお顔立ちです。 お友達がボストンテリアとフレンチブルドックを飼っていて、私が飼っている訳ではないので細かい性格の違いまでは分かりませんが、お散歩やお出かけにうちの子と一緒の時の印象では、フレブルは人に、ボストンテリアはワンちゃんと子供に興味を持ってくれる様な印象もあります。 どちらもフレンドリーで無駄吠えもしないので飼いやすそうですが、ボストンテリアもフレンチブルドックもそれなりに活発でパワーのある犬種なので、お散歩は大変なんだろうなと思ってみています。 ボストンテリアとブルドックは見た目がそっくりで見分けがつきませんでした。 散歩しているときにまずどっちなのかを聞いたことがあるほどでした。 二匹とも性格や生活環境は正反対です。 フレンチブルドッグは普段はおとなしく部屋中を無駄に走ることもない穏やかな性格をしていて、甘えん坊の一面もあるので大人やお年寄りの方に人気みたいですね。 活発すぎたりするとお年寄りの方たちが大変だと思いました。 ボストンテリアは賢いですがヤンチャで騒ぐのが大好きです。 その一面もあって我慢強いところがあるので子供のいる家庭に向いています。 耳も丸みがあるのとコウモリの羽みたいに大きく広がっています。 ボストンテリアはやや小ぶりで縦長で先がよく見てみると尖っています。 被毛はボストンテリアはタキシードを着ているようなボストンカラー、ブルドックはフォーン、パイド、クリーム、ブリンドルの4種類もあります。 筋肉質で足が短いのがブルドックだったり身体が細く足が長いのがボストンテリアでモデルのような体型ですね。 よく見てあげると違いが分かって面白いです。 散歩中に相手の愛犬の犬種をまちがえると少し気まずいですよね…(笑)以前、一度間違えたことがありそれから犬種を言うときに緊張する様になった私にとってフレンチブルドッグとボストンテリアの違いはとても参考になりますね。 こう見ると体格差がかなりありますね。 ボストンテリアの方は顔もなんだか垂れてなくスッキリしている様に思います。 似た犬種でも性格も全く違うのも面白いですね。 ボストンテリアは散歩の他にも遊んであげたり運動量が必要そうなので時間に余裕がある人に向いているのかなと感じました。 フレンチブルドッグは私は吠えるイメージだったので大人しいというのも新しい発見ですね。 甘えん坊なのも可愛いですね!この記事を見ると高齢者向けの犬なのも頷けます。 耳の特徴など細かな所を知るとわかりやすいですね! 私は、フレンチブルにもボストンテリアにもハイパーで元気な印象を持っていましたが、言われてみるとフレンチブルの中にはおっとりした子もいるな〜と思ったり…。 これからは、悩んだ時には、耳の特徴と、動きや性格も含めて判断してみようと思います。 似たようなものだと思ってボステリを迎えましたが全然違います! ・俊敏さ ・体臭、被毛 これが大きく異なります。 フレブルが大人しいというのは個体差でしょう。 うちの子はパワフルでした。 が、ボステリはさらに速さが加わります。 もう捕まえられる気がしません。 そして体臭ですが、フレブルは脂気質で臭います。 ボステリは体臭がない。 そしてフレブルに比べて毛が少し長く細い。 どちらも抜け毛は多いですが、ボステリの毛は舞う! 高齢者でも飼いやすいとよく聞きますが、正直厳しいと思います。 フレブルのパワーと体重は、高齢者にはキツイと思う。 そしてボステリの体力ときたら底知れません。 見た目はフォルムが決定的に違う。 ボステリの肥満犬って見たことないですよね。 車に例えるなら、フレブルがハマーでボステリがフェラーリ。

次の