パキスタン 人口。 【インドのライバル】最近のパキスタンとインドの関係は良好!

世界の人口ランキング

パキスタン 人口

3 1. 6 236. 9 1. 7 -1. 5 -2. 5 7. 7 61. 7 22. 6 22. 3 33. 1 6. 6 51. 6 48. 7 1. 2 37. 5 2. 0 62. 5 0. 7 22. 2 36. 7 38. 5 770,880. 5 35. 7 2. 4 10. 9 30.

次の

『パキスタンのカラチ:世界最大のイスラム都市の今』カラチ(パキスタン)の旅行記・ブログ by ハンクさん【フォートラベル】

パキスタン 人口

人口はおよそ1億8000万人で世界第6位です。 日本を5000万人近く上回る人口が、約79. 6万m2と 日本の2倍近くある国土に暮らしています。 人口は2030年にはブラジルを抜き、世界5位になる見込みです。 しかも人口のうち、24歳以下が57%、 平均年齢が22歳前後と大変若い国家なのです。 労働力としてみても、潜在的な消費購買力を持った 消費市場として見ても、実に魅力的です。 それから特筆すべきはパキスタン人は英語が上手、ということです。 元英国領ですから、英語に堪能な人が多く、 アジアにおける TOFELスコアのランキングでは、シンガポール、インドに次いで3位です。 ちなみに日本は27位です。 この豊富な人口は、いまだ労働力としても消費市場としても 表舞台に立ったとはいえない状況です。 日本はもちろん市場が飽和した先進各国にとって、 パキスタンという市場は潜在力がとても大きいのです。 インダス川の豊富な水を活かし、パキスタンでは平野部に 広大な灌漑設備を配置しました。 そのかいあって、パキスタンの食料自給率は100%を超え、 余剰分を輸出に回しています。 農業はGDPの21%を占め、就労人口の45%が農業に従事しています。 主力作物はなんといっても米や麦、ヒヨコ豆、 メイズ(とうもろこし)といった穀類です。 そのほか、きゅうりなどの野菜、 マンゴーや杏などの果物の栽培が盛んです。 菜種油を採るため、菜の花も育てられています。 また、水牛の数は世界で2番目に多く、 水牛のミルクの生産量は世界一です。 水牛のミルクといえば、日本でも人気のモッツアレラチーズの原料です。 忘れてはならないのは綿花です。 綿花の生産量は中国、 インド、アメリカに次いで、世界4位。 戦前戦後の日本が繊維産業で成長できたのは、 パキスタンからの原綿輸入があったからです。 日本との貿易を制限する国が多い中で、パキスタンだけは、 戦争に負けてぼろぼろの日本にも原綿を売ってくれていました。 日本はそのおかげで繊維産業を起爆剤に戦後の 高度成長を果すことができたのです。 1950年代から60年代にかけて、日本の繊維産業が華やかなりしころ、 日本商社がもっとも大きな海外支社を構えていたのは、 パキスタン最大の都市・カラチと、ニューヨークでした。 当時のカラチは大勢の日本人でにぎわっていました。 その名残りで、カラチの日本人学校は、 世界中の日本人学校の中でも指折りの歴史を持っているそうです。 農業が強い、食料自給率が100%を超えている、というのは、 実は途上国が発展するときの必要条件です。 というのも、食料が自分たちで調達できないと、 海外から輸入しなければならず、その結果、 人件費が高くなってしまうからです。 アフリカ各国が生産拠点となりにくい最大の理由が、 食料自給率が低いために、GDPは低いのに人件費が高く、 企業からすると投資メリットが少ないからです。 その点、食料が豊富なパキスタンは相対的に安い労働力を提供できます。 これから産業化を進めようとすると、これは大きな利点となるのです。 ビジネスの拠点としてパキスタンを見てみると、 パキスタンは日本にとって、中東への入り口であり、 アフリカへの入り口にもなる位置にあります。 よく見ればヨーロッパからも至近距離です。 中東への入り口ということは、ハラル(イスラム教の戒律に のっとって処理された食品)ビジネスなど、 イスラムビジネスへの入り口でもあります。 パキスタンは、16億人といわれる未開の イスラム市場につながる扉なのです。 かつて、インダス文明が栄えたパキスタンは、 世界の文化の中心地でした。 今後のパキスタンは、 イスラムビジネスの中心地になる可能性を秘めています。

次の

パキスタン

パキスタン 人口

3 1. 6 236. 9 1. 7 -1. 5 -2. 5 7. 7 61. 7 22. 6 22. 3 33. 1 6. 6 51. 6 48. 7 1. 2 37. 5 2. 0 62. 5 0. 7 22. 2 36. 7 38. 5 770,880. 5 35. 7 2. 4 10. 9 30.

次の