ハンムラビ 法典。 ハンムラビ法典

ハンムラビ法典

ハンムラビ 法典

古バビロニア王国 は、を淘汰し、セム系遊牧民のアムル人によって作られた。 前18世紀、第6代王ハンムラビ王の時にメソポタミア全土の統一を果たし、道路・運河を整えて中央集権体制を確立、警察制度や郵便制度、バビロニア語を共通語とした。 ハンムラビ法典 ハンムラビ法典は、前18世紀頃、バビロン第1王朝第6代の王ハンムラビによって設定された。 これまであったシュメール法を元にハンムラビ法典を制定した。 多くの都市の広場に条文を刻んだ石柱が建てられ、メソポタミア世界に共通の秩序を確立した。 ハンムラビ法典はその目的を、「全土に正義をいきわたらせるため、悪事を撲滅するため、強者が弱者をしいたげないため」と述べている。 「目には目を、歯には歯を」 「目には目を、歯には歯を」とは、ハンムラビ法典の同害復讐法の原則を表す言葉である。 しかし、貴族・平民・奴隷の身分差によって刑罰にも差が設けられていた。 商法 ハンムラビの時代には安定した政治から商業が発達し、都市の大商人から元手を借りて広域で商業を行なう「代理人」も出現した。 ハンムラビ法典は、「代理人が利益を上げなかった時には大商人に借りた銀の2倍を返す、盗賊に商品を奪われた時には責任を負わなくてよい。 代理人が商人に元手を借りているのをごまかした時には、元手の3倍を支払い、大商人が代理人から利益の分配を受けているのにごまかそうとした時には受け取り分の6倍を罰金として支払う」などの規定をもうけている。 貸し付け 貧民は神殿に行って食料や種などを借りることが出来たが、当時の貸し付け利子は大麦は33%、銀は20%という高利だった。 ハンムラビ法典の発見 1901年にフランスの探検隊がペルシアの古都スサで、高さ2. 25メートルの黒い玄武岩の円柱に楔型文字で刻まれた、前文と2822条の条文からなるハンムラビ法典を発掘した。 前文は、神々の代表エンリルがバビロンの守護神マルドゥクを全メソポタミアの王とし、その忠実な召し使いであるハンムラビをして、正義をかかげさせたとしている。 ハンムラビ法典 序文 敬虔なる君主で、神を畏れる朕ハンムラビをして国の中に正義を輝かせるために、悪者と奸者とを殲滅させるために、シャマシュ神のように黒い頭どもに向かって立ち昇り国土を照らすために、アヌ神とエンリル神とは朕の名をこう呼び給うた。 これは人びとの幸せを満たすためである。 ハンムラビ法典 本文 第196条 もし人がアウィルムの子の目を潰したときは彼の目を潰す。 第197条 もし人の骨を折ったときは彼の骨を折る。 第198条 もしムシュケヌムの目を潰したりあるいはムシュケヌムの骨を折ったりしたときは銀1マヌを支払う。 第199条 もし人の奴隷の目を潰したりあるいは人の奴隷の骨を折ったりしたときはその価の半額を支払う。

次の

『ハンムラビ法廷』主要キャスト・相関図をご紹介!

ハンムラビ 法典

タップでお好きな項目へ:目次• メソポタミア文明ってどんな文明? 発展は地理に恵まれたことから メソポタミア文明は現在イラクの一部になっている、ティグリス川とユーフラテス川流域に発生した文明です。 メソポタミアの地名は 「川の間の土地」という意味。 その名前の由来の通り、この文明はその地理に生まれたことが功を奏して発展していきました。 二つの川の存在で 水資源が豊富にあるメソポタミアでは、農業が展開しやすく、食糧生産が上手くいったため、人口もどんどん増加。 それに伴って街の規模も拡大されていったのです。 また当時は山脈が異民族を隔てる境界線として機能していましたが、メソポタミアの地には山脈がありませんでした。 よって シュメール人、アッカド人、アムル人などの 異民族が長きに渡って混在し、さらに文明が発展していきます。 民族ごとの様々な文化が混ざることで、先進的なものが次々に生み出されていったのでしょうね。 時間や日付の概念はメソポタミア文明から まず 1週間を7日と決めたのは、メソポタミアの人たちです。 メソポタミアでは、生計を立てていくメインの手段が農業だったため、人々は氾濫など、川の状態を正確に把握しなければなりませんでした。 そこで目安にしたのが、 月の満ち欠けだったのです。 月は28日かけて変化し、大きく新月、満月、上弦、下弦の4つの状態に分類できます。 28を4つの状態で割ると、丁度7日ずつ。 ここから1週間7日制ができました。 また1時間は60分、1分は60秒という 六十進法は、メソポタミアの人たちが1年を12ヵ月としたため、その倍数である60が使いやすかったというところから始まっています。 おまけに現在世界各国で使われている アルファベットも、メソポタミアで使われていた 楔形 くさびがた文字が起源です。 楔形文字はその発想が古代エジプトにも伝わり、ファラオの墓などに残されているヒエログリフの元になったともいわれています。 メソポタミア文明から受け継いだものが、私たちの生活にも大きく影響していることがわかりますね。 ハンムラビ王が文明にもたらしたもの 出典:Wikipedia 公共事業や政治体制の整備 前項で触れたように 高度な文明を持っていたメソポタミア。 ハンムラビ王はこの地を統一すると、様々な公共事業や政治体制の整備によって、そこからさらに文明を発展させていきました。 ハンムラビ王は、文明の発展の元となったティグリス、ユーフラテス川の恩恵をさらに受けるため、大規模な工事を行い、メソポタミアの水事情を整えていきました。 一説では 水洗トイレまであったというから驚かされます。 日本も明治時代までは汲み取り式だったというのに…。 この他にも都市の城壁を作って市民の安全を確保したり、神殿を作ったり。 ハンムラビ王によって、メソポタミアの都市が暮らしやすくなっていったことが垣間見えますね。 またメソポタミアには 多くの都市が存在していたため、さらなる発展のためには、王である自分が権力の中心とならなければいけないと、ハンムラビ王は考えました。 これによりメソポタミアの政治は 中央集権型の体制が取られ、王に権力を集中。 各地に総督を配置することで、それぞれの都市を管理したといいます。 王は今でいう首相、総督が県知事のような感じでしょうか。 現代法を先取りしていたハンムラビ法典 ハンムラビ王の功績として外せないのが、彼が街の秩序を守るために制定した ハンムラビ法典です。 このハンムラビ法典も、何千年前の法律だというのに、項目によっては 現代より先に進んでいるものもあります。 例えば日本では1995年に施工された 「製造物責任法」。 これは業者の不備で建物などに欠陥があった場合、業者は損害賠償を行う義務があるとする法律です。 ハンムラビ法典の中にはこれと同じ内容を謳った項目があります。 また犯罪の被害者の遺族に市や市長が支援金を支払う 「被害者救済法」の施行も近年議論されていますが、ハンムラビ王の時代にはすでにあった法律です。 似たようなものなら、2008年に施工された「振り込め詐欺救済法」などでしょうか。 近年になってようやく整備されつつあるこれらの法律を、ハンムラビ王はいち早く取り入れていたのです。 彼の政治に対する見通しがいかに鋭かったかを思い知らされます。 きょうのまとめ 紀元前数千年のことだというのに、メソポタミア文明は現代にも決して劣りません。 その文明に豊かさや秩序を持ち込み、さらなる発展を促したハンムラビ王。 その後文明は滅んでしまいましたが、それでも現代に多大な影響を与えていることがわかりました。 今回の内容をまとめると….

次の

ハンムラビ法廷(ミス・ハンムラビ ) 全話あらすじと感想 キャストと相関図 視聴率

ハンムラビ 法典

ハンムラビ法典は、名前からも分かるように(古バビロニア)のハンムラビ王が制定した法律です。 ハンムラビ法典は、「目には目を」「歯には歯を」という「同害復讐法」が基本であり、「目を潰されたら目を潰していい」という恐ろしい解釈をする人もいます。 しかし、ハンムラビの狙いとしては、 法律を明文化する事で公平性を出し国を治める事を考えた様です。 ハンムラビ法典は裁判の手引書でもあります。 尚、ハンムラビ法典が制定されたのがハンムラビ王が在位中である紀元前1792年から紀元前1750年とかなり古く現在の価値観とは違った部分もあります。 現在では考えられない様な法律もあるので、バビロン第一王朝の最盛期の王であるハンムラビ王が如何に考えてハンムラビ法典を成立させたのかも合わせて解説します。 ハンムラビ法典では倍返しはご法度 ハンムラビ法典と言えば、「目には目を」「歯には歯を」の意識が強く復讐法だと考える人もいます。 しかし、ハンムラビ法典の考え方としては「目を潰されたら自分の目を潰すしか償いようがない」という解釈が正しい様です。 復讐ではなく償う為の方法と考えるとニュアンスは変わってくるはずです。 さらに、ハンムラビ法典では過度な復讐を防止する役割もあったとされています。 ハンムラビ法典では「倍返し」は許される事ではありません。 目を潰されたのに、相手の目を潰し歯を折り内臓を破裂させるなどは絶対に許されない事なのです。 尚、「目には目を」の考え方は、ハンムラビ王が考え出したわけではなく、当時から隣の集落の人に人が殺された場合は、殺した人の集落でも相手に納得して貰う為に自分の集落の人を殺した話もあります。 ハンムラビ王の偉大な所は、当時の何となくの風習を明文化した事にあるのでしょう。 ウルナンム法典との違い ハンムラビ法典は、シュメール人が建てたウル第三王朝にあったウル・ナンム法典をベースにしていると考える人もいます。 ハンムラビ法典がほぼ全文が残っているのに対して、ウル・ナンム法典は断片的にしか残っていません。 その為、本当にウル・ナンム法典が元になっているのかは分からない部分もあるわけです。 ウル・ナンム法典では、「目には目を」というよりは、お金を支払って賠償する考えが強かったともされています。 「目には目を」は同じ身分限定 ハンムラビ法典で有名な「目には目を」は同じ身分が限定となります。 当時のバビロンでは 「自由民」「奴隷」「自由民と奴隷明の中間」の3つの身分がありました。 ハンムラビ法典では「自由民が自由民の目を潰した場合は、相手の目を潰せる」事になります。 実際にハンムラビ法典の第196条には「自由民が自由民の目を潰した時は、彼の目を潰されるべし」とあるわけです。 自由民が奴隷の目を潰したり歯を折ったとしても、お金で解決する事となり完全に平等な法律ではありません。 ハンムラビ法典の内容 ハンムラビ法典の内容の一部を解説します。 ビールに関する法律 ハンムラビ法典ではビールに関する法律も制定されています。 バビロン第一王朝では、ビールを報酬にしていた事もあったらしくビールに関する厳しい法律もあった様です。 代表的なのを紹介しておきます。 粗悪なビールを売ったら水に投げ込まれる 居酒屋の女主人が不当に価格を釣り上げたら水に投げ込まれる 女性(修道女?)が居酒屋に行ったら処刑 上記の様な厳しいルールがあった様です。 昔も今の粗悪な物を作ってはいけないという事なのでしょう。 居酒屋の女主人が不当に価格を釣り上げたら罰がある事を考えて、当時のバビロンでは居酒屋などの酒場では女性が主人を務めるのが普通だと考える人もいます。 女性が居酒屋に行ったら処刑と言うのは、今で行ったら考えられないでしょう。 ただし、女性に関しては修道女が居酒屋に行ったら処刑と解釈する方もいます。 男女の法律 ハンムラビ法典では、男女の事に関しても定められています。 代表的な男女の法律を紹介します。 男性に落ち度がなく妻が夜の営みを拒んだら、女性は水に投げ込まれる 女性が妊娠出来ない体であれば離婚してもOK 上記を見ると「酷いな~」と思うかも知れませんが、実際にはハンムラビ王の 人口を増やす狙いがあった様です。 当時の情勢ですと人口が多い民族が圧倒的に有利であり、人口が少ない民族は数で圧倒されて滅んでしまった例もあります。 高度な文明を持ったシュメール人が滅んだのは、少数民族だったからではないか?と考える人もいます。 ハンムラビ王の人口を増やす為の政策が夜の営みを積極的にし、子供が生めないのであれば別れる事もOKとしたのでしょう。 仕事に関する法律 ハンムラビ法典では仕事に関しても法律を制定しています。 メソポタミア地方では、シュメール人が白内障の手術をしていた記録があり、バビロン第一王朝でも手術は行われていた様です。 ただし、医師が手術を行い患者が死亡したり盲目になってしまったら、医師の指が切断されるなどの法律も制定されています。 それを考えると、当時の医師は手術を行う時のプレッシャーも大きかった事でしょう。 他にも、大工が手抜き工事で家が崩壊し、その家に住む男性が亡くなった場合は、大工は死刑。 家が崩壊し子供が亡くなった時は、大工の子が死刑となります。 昔も今も手抜き工事は許されるものではないのでしょう。 ハンムラビ法典で国は治まったのか ハンムラビ法典でバビロンの国内はよく治まった話もあります。 しかし、実際のバビロン第一王朝の栄華は20年しかなかったとも言われています。 東アジアにおいて春秋戦国時代の勝者となった秦は統一後20年ほどで滅んでいますが、秦は過酷な法律を国民に課した事で滅んだとも言われています。 ハンムラビ法典で、過度な法律を人民に課した事で滅んだと考える人は少ないです。 実際にバビロン第一王朝はハンムラビ王以降は弱体化しますが、ハンムラビ法典が悪いわけではなくメソポタミアの開けた地形に原因があるのでしょう。 攻めやすく守りにくいメソポタミアの地系は、 外敵の侵入を許しやすく一度躓いてしまうと弱体化が加速されます。 バビロン第一王朝も衰えた所に、小アジアからヒッタイトが攻めて来て滅んでいます。 当時のヒッタイトは鉄の武器を持っていましたが、バビロンの軍は青銅の武器で戦っていました。 武装度の違いがバビロン第一王朝を滅ぼしたと言えるでしょう。 ハンムラビ法典の現物はルーブル美術館にある ハンムラビ法典の現物ですが、パリのルーブル美術館にあります。 日本にもレプリカですが、東京の古代オリエント博物館にあるようです。 興味がある方は見学に行くのもお勧めです。

次の