基礎 英語 アプリ。 基礎英語0

基礎英語1

基礎 英語 アプリ

あとで読みたい方: 新年や年度替わりの春には、新しいことや何かに挑戦しようとする志を持つ方も多いと思います。 そんな中、グローバル化著しい昨今、そして、2020年には東京オリンピックもあり、「英語」「英会話」は、どうしてもトライしておきたいところ。 きっと、「よし!今年こそは英語・英会話をマスターするぞ!」と新年の抱負や意気込みを持つ方も少なくないのではないかと思います。 ということで、今回は英語難民・英語が苦手・英語アレルギー体質・大人のやり直し英語・これから英会話の学習を始めようとする初心者などの方が英語の勉強・英会話トレーニングを決意した時に、まず「スタートダッシュ」でやっておくことを書き留めておきたいと思います。 (今回は英文法編!) まずは・・・。 本題ですが・・・。 英語の勉強や英会話学習の初心者の方って、基本的に まず何から手を付けたらいいのか迷うと思います。 大体パッと思いつくのが、「英会話学校・スクールに通う」「最近流行りのオンライン英会話をはじめてみる」「TOEICの参考書を買う」とかだと思います。 もちろん、この選択肢も悪くはないですよ! 英会話スクールもオンライン英会話も、懇切丁寧に英会話初心者の方にゼロからじっくりと英語を教えて下さいますので、問題はありません。 ただ、、、。 英語の基礎力がない状態で、いきなりこれらのレッスンに飛び込むのは私はあまりオススメしません。 理由は2つあって。 基礎力をつけるのに時間がかかる 2. コストパフォーマンスが悪い の2点です。 英語・英会話の基礎力というのは、中学1年生〜中学3年生までの英単語と英文法を指しています。 これらの基礎力がないのに、一生懸命英会話フレーズを覚えても、なかなか英会話をマスターすることはできません。 フレーズの暗記ではない、本当の英会話力をつけるには、英語の基礎力は絶対に必要です。 ただ、これらの英語の基礎力をつけるために、1時間何千円もする英会話スクールに何ヶ月も通うのは、かなり割高ですし、時間もかかります。 たとえば、大人のやり直し英語だった場合は、英語の成績が良かろうが悪かろうが、一応みんな中学校を卒業しているわけで、一度は学習しているわけですから、英語の基礎を思い出すのは、「独学」で十分だと私は思っています。 更にいうと、独学で学習した方が基礎力をつけるには効率が良いと思います。 ちなみに、独学と聞くとすぐに思い浮かべるのが、NHK語学講座です。 英語の基礎力「中学校1年生〜3年生」に当たる部分の講座は、NHKラジオ基礎英語1・基礎英語2・基礎英語3になります。 それぞれ1年コース。 実に素晴らしい、優れた教材とレッスンです。 コストパフォーマンスも最高です。 (テキストも一冊5〜600円で安いので。 年間で1万円もかかりません。 ) 中学生や高校生は、是非ともこれで英語の勉強をしてほしいと思います。 しかし、「やり直し英語」で、これ全部を丁寧にやってたら、英語の基礎力だけで3年かかります。 私は、スマホで英語学習をオススメします。 1日30分、1ヶ月で英文法の基礎力(英文法力中学1年〜3年まで)を一気に身につけちゃいましょう!(もしくは、取り戻してしまいましょう!) 基礎力さえ付けてみまえば、後は、 を読むとか、をするとか、するとか、英会話スクールに通うとか、オンライン英会話するとか、何でも自由に自分の好きなスタイルで英語学習ができるようになり、どんどん英語を吸収できるようになります。 (ちなみに、このブログは、どちらかって言うと基礎力があることを前提として、その上での英会話力UPに関する記事が多いので、本日のような英語学習超初心者向け記事は、珍しいかもしれません。 ですので、基礎力がついたら、このブログの過去記事などもまた参考にしてもらえればと思います。 ) では行きましょう! 英文法学習向けスマホアプリと言うとAppStoreで検索したらたくさん出てきます。 結論からいうと、自分に合ったアプリならどれでも構わないとは思います。 が、私の方で決め打ちでオススメをしておきます。 1週目 <中学1年生レベル> ・ Amazonでもベストセラーになっている の英文法テキスト「究極の英会話」のアプリです。 (参考までに:) こちらのアプリは中学1年生向けになります。 Be動詞から助動詞までの中学1年生で習う範囲の英文法です。 大人のやり直し英語で、当時英語が得意だった人は、2,3日でアプリを終わらせる事ができると思います。 英語が不得意だった人でも、毎日30分〜1時間の学習時間で、1週間もかからずに終わらせることができると思います。 あまり細かすぎるところまで記憶する必要はありません。 むしろ、大枠を思い出すこと、大枠をつかむことが重要ですので完璧主義にならないように。 」とか、細かいこともたまに書いていますが、現時点ではそんな細かいところまで神経質に覚える必要はないです。 be動詞なら、be動詞のポイントを。 助動詞canならcanの使い方のポイントを、押さえていけばOK。 もちろん音声付きなのでリスニングのトレーニングにもなりますし、マイクでスピーキングも拾ってくれるので発音練習もできるオススメアプリです。 ただ、発音とかは初めから神経質になる必要はありません。 まずは、中学の英文法を一気に総復習してしまうことが先決です。 2週目 <中学2年生レベル> ・ こちらのスマホアプリは、先ほどの「究極の英会話」の中学2年生版になります。 使い方は、上記と同じです。 細かい解説などはあまり気にせず、大枠を掴んでいきましょう。 「助動詞may」とか「不定詞」とか出てきます。 当時英語が苦手だった人にとっては、「不定詞」とか嫌な響きかもしれませんが、ここは一気に駆け抜けてください。 不定詞だのなんだのと、そんな日本語を覚える必要はありません。 むしろ、昔の日本の英語教育者がそんな意味不明な英文法用語を作ったりするから、英語が苦手になる人がいるんじゃないかと。 英語が得意だった方は、3,4日で全体流すことができると思います。 3週目 <中学3年生レベル> ・ 「究極の英会話」の中学3年生版になります。 もちろん、使い方は上記と同じ。 同じく、細かいところは気にせず、大枠を掴んでいきます。 関係代名詞や使役動詞など出てきます。 これまた英語アレルギーの方にとっては、嫌な単語かもしれません。 しかし、英会話をマスターしたい以上は、避けて通れないと腹をくくるしかありません。 でもって、大人になってから見返してみると、当時理解できなかったことも、案外すんなり理解できちゃうこともよくあります。 上記と同じく、「関係代名詞」とかそんな単語はどうでもいいです、要は「使い方」。 英会話でどう使うのか?を意識して文法学習してください。 英語が得意だった方は、こちらも、4,5日で全体を回すことができるんじゃないでしょうか。 英語が苦手だった方は、1週間〜10日くらいかかるかもしれませんが、中学3年間分を、たった1ヶ月で身につけれれば儲けモンです。 予備:4週目 <英文法総復習> ・ こちらは、余力がある方や、逆に上記3つをサッとやり遂げたけど、まだ自信が持てないという方向けです。 一気に3年分、何度も繰り返しドリルを解いて中学英文法を自分のモノにしてください。 以上で、1ヶ月で英語の基礎力(英文法)を完成させることができます。 (もちろん個人差がありますので、たとえば、春に始まるNHK語学講座まで3ヶ月あるから、それまで3ヶ月かけて基礎体力作りをがんばろう、という取り組み方など色々と工夫はあって良いと思います。 ) ただし、勘違いをしないで欲しいのは、これをやったからといって即座に英会話ができるようになるわけではありません。 オンライン英会話や英会話スクール、多読・多聴など、本格的な英会話トレーニングをスタートさせるための基礎体力がついた状態です。 この基礎体力を付けた状態で英会話トレーニングを始めるのと、いきなり英会話トレーニングをスタートさせるのでは、上達速度が雲泥の差となります。 (もう、本当に雲泥の差です。 「急がば周れ」は、本当です。 ) 基礎体力をつけた方は、自信を持って好きなトレーニングに羽ばたいてください!(^^) (先程も言いましたが、このブログは、基礎体力があることを前提として記事をかいていることが多いので、当ブログも是非ご参考になさってください><) 追記:英語の基礎力<英単語編>は、こちらの記事より。 ・ ・•

次の

英語の基礎文法をアプリでマスター!おすすめ4つと勉強法【無料あり】

基礎 英語 アプリ

日本での生活を考えれば簡単ですが「薔薇」「檸檬」「痙攣」など、漢字を書けないけど、意味が分かればビジネス上でも生きる上でも何も困りません。 さらに、すでに打ちこみ時の予測変換がある現在、未だにスペルを全て正しく書くことを求める勉強を強いるならセンスを疑います。 ビジネスの現実を知らなすぎ。 いまどきの若者世代が、どれだけ手書きで英語を書いて仕事をする機会があることか(実質0だと思います。 趣味で覚えたいならOKですが遠回りになります)。 こんな時代、 英語習得に求められる力は「単語を見た瞬間に理解できる力」です。 そのためには、超速で英単語に目を通しつつ、日本語とリンクさせられるツールがあると最強です。 超速の目安は、1日に3000語以上の単語に目を通せることです。 3000語ほどあればTOEICで600点を余裕で目指せるレベルだからです。 社会人でこの時間を毎日捻出するのはほぼ不可能なので、「超速」で取り組めるツールが必要なのです。 あたり前ですが、読みなれていない発音記号を確認しつつ、さらに単語も確認すると1単語で最低で10秒程度かかります。 加えてm発音記号を完璧に習得していない学習者が発音記号から発音を学ぼうとすることに自体、どれだけ信頼性があるかといったら、ほぼゼロに近いと思います。 つまり、発音記号を自分で読んで発音を覚えようとする取り組み方はナンセンスです。 大切になのは、単語ツールが自動で単語を発音してくれて、瞬発的に発音を理解できるうツールです。 結論:全てを満たすアプリは「mikan」です 結論ですが、これらを全て満たしてくれるアプリは「mikan」しかありませんでした。 mikanなら使い方によって、単語の発音・意味を確認しながら 0. 3000単語なら35分で終わるので、社会人でもわりと現実的に取り組むことができる範囲ですよね。 注意 こうした「単語の意味だけ」の勉強方法を紹介すると「正しく英語を表現する力=正しい単語の使われ方を学べないから意味がない」と言う人もいますが、その使われ方は「スピーキング・ライティング」の時の使用する語彙センスが低くなる、ということです。 具体例でいうと「僕は日本語を話します」というのを「I talk Japanese」というように表現してしまう恐れがある、ということです。 この点に関しては確かにその通りなのですが、それはあくまでも目の前の英語だけを見た話、というのが海外サラリーマンである僕の意見です。 実際に、自分の人生で英語を活用しようと思ったら仕組みは全く異なります。 社会人で英語を使う自分を考えましょう。 今の社会、最低限のTOEICの点数(700点以上)などの力がないと、 そもそも英語を使う舞台にすら立てません。 英語を使う機会に立てないレベルの中で「正しく英語を表現する力」を学ぶのに時間をかけてもナンセンスです。 まずは英語を使う舞台に立ち、それから正しく修正していくことで、英語勉強が自分の人生に活きてきます。 なお、イメージとしての比較は次のとおり。 1日に30分取り組むとして、3000語が終わるのに50日間必要。 50日後に単語帳2周目に入っても、最初の頃の内容はほぼ忘れていると思うのでとても非効率。 上のとおりで、mikanなら同じ50日で単語帳を50周できるわけです。 僕はもの覚えが悪い方ですが、だいたい5、6周くらいする頃には定着してくるので、1週間くらいでおおよその英語力を醸成することができます。 英語を基礎から勉強したい人に贈る最強アプリmikanを使った単語勉強方法 mikanを使った超速勉強方法を紹介します。 そのためまずは無料教材でOKです。 どうしてもお金を支払わないと気に入らない、という人は、次の単語帳で対応しましょう。 人によっては「毎日10個の勉強が普通で、50個は圧倒的に多い。。。 」とか「100個とか圧倒的に多すぎでしょ」とか感じることもありますが、上には上がいます。 小学校でやるような「1日10個」の単語では、3000個終わるだけでも300日、約1年がかかってしまい、無駄に時間を使っているようなイメージです。 1日3000単語、これを「圧倒的」でなく「あたり前」に取り組む人たちはいます。 最初は気後れしそうになるかもですが、圧倒的のレベルを下げて、これくらいあたり前だと思って取り組みましょう。 1日3000単語は、あたり前です。 Google社長の英語勉強方法がまとめられた「村上式シンプル英語勉強法」でも紹介されていますが、英語は眺めるだけでOKです。 1日単語10個ずつ深く向き合って、300日後に2回目に向き合うより、1日3000語に軽く向き合って、300日毎日向き合い続ける方が圧倒的に記憶に定着します。 これは人の名前を覚えるのと同じようなもので、1年前に1日だけ遊んだどこかの友達より、毎日、名前を認識するだけでも会っている友達の方が圧倒的に記憶に定着するのと同じです。 英語を基礎から勉強したいなら、英語世界の種(単語)をたくさん蒔こう 本記事は『英語を基礎から勉強したい人に贈る「最強の英単語おすすめアプリとおすすめ本』を紹介しました。 お疲れさまでした。 これができたら、TOEICで600点ほどになる素養があります。 少しリスニング対策をするだけでフッとTOEICが上がると思うので、楽しみにしておきましょう。 読んで下さりありがとうございました。 本ブログ内では、この記事の他にもので、良かったらご覧ください。 ぜひチェックしてみて下さい。

次の

中学英語を復習するならアプリがおすすめ!無料で学びたい人に必須

基礎 英語 アプリ

リンク このNHK基礎英語が特に車通勤兼英語学習初心者にめっちゃおすすめです。 車通勤の英語勉強にNHK基礎英語がおすすめな理由【メリット】 なぜ、車通勤者におすすめなのか理由は次の通り。 中学英語が聞き流しで勉強できる• テキストを見なくても勉強できる• 1コマ15分で区切りやすい• 車通勤者は声を出せる• 専用アプリで聴ける• 運転に支障がない 順番に解説します。 中学英語が聞き流しで勉強できる NHK基礎英語は中学英語を聞き流しで勉強することができます。 はっきり言って、自分のレベルとかけ離れた聞き流しは無意味。 ただ闇雲に洋楽や英語のニュースを聴きまくって理解できるようになりましたか? きっと出来てないはずです。 聞き流しが効果を発揮する条件としては、 「 単語の意味をほとんど知っていて、ストーリーの内容がほとんど理解できる。 」場合に限ります。 あなたにあったレベルの英文を聴かないと、聞き取とれるようにはなってきません。 つまり、 「ちょっと簡単かも。 」と思うくらいがあなたにとって最適な英文なのです。 大体レベルの目安としては、• TOEIC800点以上:英語のドラマや映画• TOEIC800点未満:中学英語の教材 そのため、TOEIC800点未満の人であれば、 NHK基礎英語は英語を勉強したい車通勤者にうってつけと言えます。 テキストを見なくても勉強できる NHK基礎英語はテキストを見なくても勉強が可能です。 先程お話したように、ストーリーの内容が9割方理解出来ていないと、聞き流し学習はあまり意味がありません。 その点、 NHK基礎英語は単語の意味の解説や、スクリプトを日本語訳したものが繰り返し音読されるため、テキスト不要でストーリーの理解が簡単にできます。 1コマ15分で区切りやすい NHK基礎英語は1コマ15分のため、車通勤者にとって区切りがいいです。 例えば、• 車通勤30分:2回分聴ける• 車通勤45分:3回分聴ける• 車通勤60分:4回分聴ける というふうに通勤時間によって聴く回数を選択しやすくなります。 車通勤者は声を出せる 英語を勉強する上で、「音読」。 つまり声にだして読むことは、絶対です。 その点、車通勤者は好きなだけ声にだして音読することができます。 電車通勤の場合はこうはいきません。 「NHKゴガク 語学講座」専用アプリで聴ける NHKは「 NHKゴガク 語学講座」という語学学習アプリを提供しています。 NHK基礎英語は「NHKゴガク 語学講座」を使って聴くことが出来ます。 このアプリを使えば、その週聴けるレッスンがワンクリックで再生されます。 つまり、信号待ちなどで再生ボタンを押せば15分間は音声が流れっぱなしになり大変便利です。 もちろん利用は無料。 運転に支障がない NHK基礎英語を使った勉強は運転に支障がありません。 なぜなら、上記で説明したようにNHK基礎英語は次のような特徴があるからです。 中学英語で内容もそこまで難しくなく• 15分というまとまった時間流れ• 専用アプリで簡単に操作ができる 「運転に支障がない。 」実はコレが一番重要ですね。 事故を起こしていまったら元も子もないので。。 ただ、注意点としては、走行中スマホを手で持った状態(保持)で聴くとながら運転の違反になるのでご注意下さい。 (信号待ちでの操作はOKです) ながら運転の違反についてはこちらの記事「」をご覧下さい。 私は、スマホスタンドに固定した状態で利用しています。 リンク NHK基礎英語のちょっと残念なところ【デメリット】 車通勤者の英語勉強にめちゃめちゃおすすめする、一方ちょっとしたデメリットもなくはないです。 インターネット接続が必要• 一週間前の放送しか聴けない インターネット接続が必要 NHK基礎英語が聴けるアプリ 「NHKゴガク 語学講座」を使用するには、インターネット接続が必要です。 つまり、オフラインでは聴くことができません。 そして、通信容量を使って聴くことになるため、気にする方には少しマイナスポイントかもしれません。 私は、通信容量を消費しないよう、UQモバイルの「節約モード」で聴いています。 「節約モード」でも止まることなく十分聴くことができます。 一週間前の放送しか聴けない 「NHKゴガク 語学講座」で聴けるレッスンは、一週間前の放送分だけです。 本放送の翌週月曜日午前10:00から一週間分をまとめて配信され、その次の週は入れ替わります。 そのため、バックナンバーも聴くことが出来ません。 でも、これは「英語の勉強」が目的であれば先週の放送分でも気になりません。 このアプリは、 バックグラウンドでの再生にも対応していますので、レッスンを再生しつつ、Googleマップのナビを使用するという使い方もOKです。 行きは高学年、帰りは低学年 通勤の 行きは高学年のレッスンを、帰りは低学年のレッスンをするのがいいと思います。 やっぱり朝の方がやる気に満ち溢れ、頭は冴えています。 一方、仕事帰りは疲れていたり集中力が散漫になりやすいです。 そのため、行きは難しい高学年、帰りは簡単な低学年というように勉強するといいです。 例えば、• 行き:基礎英語3(中学3年レベル)• 帰り:基礎英語2(中学2年レベル) また、基礎英語1でも十分勉強になりますので、基礎英語2、3が少し難しいと感じればより簡単な学年を聴くようにしましょう。 先程も話しましたが、 聞き流しをするなら、少し簡単と思えるレベルが最適だということを忘れないで下さい。 いずれにしても、本業は運転ですので無理は禁物です。 しっかり音読とシャドーイングをする 音読とシャドーイングはしっかりやることです。 シャドーイングとは、お手本の英文が流れたら、それに続いてすぐに復唱するトレーニング法です。 NHK基礎英語では各レッスン内で、都度シャドーイングや音読をやる指示が入るため迷わずスムーズにできると思います。 せっかく声を出せる環境にいるため、音読とシャドーイングはしっかりやった方が効果はでます。 車通勤者の英語の勉強にアプリでNHK基礎英語がおすすめ:まとめ 毎日の車通勤は本当に大変ですよね。 しかも、やることと言ったら音楽かラジオを聴くくらい。 往復2時間の車通勤だと仮定すると、 車に乗っている時間は一年で約490時間です。 これを有効活用しないのははっきり言って損です。 どうせなら、この時間を英語の勉強に当てることで相当、力がつくはずです。 そのため、 車通勤者の英語学習教材の1つとして、NHK基礎英語は最適だと言えます。 ぜひご活用下さい。

次の