エスパルス研究所。 清水エスパルス 人気ブログランキングとブログ検索

清水エスパルス 注目記事ランキング

エスパルス研究所

ORANGE MEMBERS オレンジメンバーズ• 乾医院• ウインズ• 上野工業• M-TEC• 尾崎博史税理士事務所• 柴田内科医院• 清水コンテナターミナル• スノークラフト• 竹内内科• ダスキン清水• 田村医院• 中部化学工業• 土地家屋調査士 池上大介事務所• 内藤労務事務所• 菜の花薬局• 富士農商事• White-Wall• マキタテック• 三富紙業• 宮澤電池産業• 村上クリニック• リアはぴ•

次の

清水エスパルス 人気ブログランキングとブログ検索

エスパルス研究所

カンパニータンクでは、これまでに8000を超える企業を取材させて頂いてきた。 その中で、多くの経営者が口にする言葉が「地域社会への貢献」「地域経済の活性化」である。 日本経済が行き詰まりを見せる中で「地域主権」という言葉がしきりに叫ばれていることからも窺えるように、現在の日本を覆う閉塞感を打破するには大都市圏ではなく、各地域の力が必ずや必要になる。 今回は地域のシンボルとして日本、そして世界で戦わんとする、プロサッカークラブ「清水エスパルス」を運営する(株)エスパルス・竹内康人社長にお話を伺った。 地域に根ざし、大きく成長を遂げようというプロサッカークラブの舵取りを担う氏の言葉には、地域における企業経営の様々なヒントがちりばめられている。 インタビュー:俵 敦 文:東川 亮 写真:田中 正清 「例えば、『地域交流応援シート』というサービスがあります。 これは私の前任の早川(早川巖前社長・現特別顧問)が始めたもので、地域の皆様に往復のシャトルバス付きチケットを格安で販売し、スタジアムに足を運んでもらおうというものです。 早川は地元の方々にスタジアムに足を運んで頂くため、業務終了後に静岡市内に70以上ある自治会を1年かけて回り、タウンミーティングの場を設けて意見を集めていました。 『地域交流応援シート』もその中で出た意見を元に生まれ、定着したサービス。 地元には、今までサッカーを観たことがない、スタジアムに行ったことがないという人もまだまだたくさんいます。 そのような方にサッカーとの接点を設けることで、スタジアムに足を運んで頂く。 そこで感動や興奮、非日常を感じて頂くことが、『また来たい』という想いにつながるのです」.

次の

一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア ~躍進する企業の貯蔵庫~ 注目企業.COM

エスパルス研究所

先週のセレッソ大阪はアウェイでヴィッセル神戸と対戦し、0-1で敗戦。 序盤から神戸ペースで試合が進み幾度となくピンチを作りましたが前半はしのぎ切れました。 しかし後半になり神戸の日本代表FW古橋亨梧に得点を許しました。 これにより今季の4位以下が確定し自力でのACL出場権獲得を逃しました。 他力では可能性がありますがそのためにはリーグで4位になる必要があります。 負傷離脱していたMF清武弘嗣が想定通りに神戸戦で途中出場で戦列に復帰できました。 先週はプレー時間が30分程度に抑えられましたが今日は先発もうかがう程にコンディションが上がっているようです。 ホーム最終戦ですので復活した姿を多くのファン・サポーターに見せてほしいところ。 またFWブルーノメンデスは今季中の復帰を断念したとの報道があります。 J1復帰後のホーム最終節は、17年は神戸と対戦し3-1で勝利。 18年は柏と対戦し0-3で敗戦となっています。 今季ここまでの「24失点」はJ1が34試合制になってから最少タイ記録です。 残り2試合を無失点でしのげば今シーズンがリーグの歴史に残るシーズンとなるわけです。 もちろん点を取られても勝てばいいのですが、守り抜いての無失点も大きな目標となります。 前半終了間際に失点を喫しましたが後半終了間際に執念の同点ゴールが生まれなんとか引分けで勝点を得ました。 これにより入替戦まで勝点4差となり、まだまだ油断ならないものの、今日勝てば残留確定、引分けや負けでも湘南・松本の結果次第で残留確定というところまできました。 とはいえ28節から4連敗の後、引分け1つと5戦勝ちなしで自力で残留を確定させるチャンスが幾度とあったものの足踏みしており思いのほか厳しいシーズンとなっています。 最終節がサガン鳥栖との直接対決だけに今日の試合で残留を確定させプレッシャーから解放されたいと思っていることは間違いありません。 終盤戦になりチームをけん引するのがMF楠神順平です。 シーズン当初は出番が少なかったもののさいきんは控えスタートながら出場試合数を増やしており最後の切り札的に使われています。 個の力で局面を打開することができるので貴重な存在といえます。 先日、松本のFW永井龍にやられたばかりですので「恩返し弾」を再び食らうことのないようにしっかり抑えたいところ。

次の