欠勤 休職 違い。 病欠とは?欠勤や有休との違いや、会社を病欠するときの注意点5個!

【社労士監修】休職期間はどう決まる?休職中の給料・手当・手続き10の疑問

欠勤 休職 違い

休職と欠勤は、どのように異なりますか? 休職は労働を免除する期間、欠勤は労働義務の不履行といえるでしょう。 多く の就業規則には、休職について記述されており、私傷病など一定の事由に該当した場合には、休職することができると思います。 ただし、労働基準法などには休職に関する定めはなく、休職を制度として設けるか否かは会社の自由です。 そのため、休職期間の長さや賃金の支払いについては、会社によって対応に差があります。 一方、欠勤は労働契約で約束している労務の提供について履行できないことを指しますので、いわば契約違反となります。 しかし、私傷病の場合など届け出ることで、会社が欠勤を認めるケースが少なくありません。 例えば、交通事故などで長期療養が必要な場合、最初の1箇月間を欠勤として処理し、その後3箇月間を休職期間とするようなケースです。 その際、欠勤も休職も会社を休むという点においては同じです。 しかし、欠勤は労務提供の不履行をやむを得ず認められるのに対し、休職はルールとして就労が免除される点で異なります。 私傷病などにおいては、欠勤は休職までの前置期間という位置付けがありますので欠勤期間は相対的に短く、休職期間の方が長めに設定されることが一般的でしょう。 また、欠勤の場合はノーワーク・ノーペイの原則に従い賃金控除の対象となるのが基本だと思われますが、休職中の賃金については、会社によって様々です。 そのため、就業規則などに賃金の有無についてきちんと記述しておくことが重要になるでしょう。

次の

病欠とは?欠勤や有休との違いや、会社を病欠するときの注意点5個!

欠勤 休職 違い

「休職」と「病気休暇」は違うのでしっかりとお互いの制度を理解していた方がいいわね。 公務員の職場は人間関係やら住民の苦情やら色々あるから。 公務員の病気休暇は最大90日認めらている 病気休暇は、病気の治療に必要であると認められれば取得することができるものです。 しかし、 1週間以上にわたり病気休暇で休む場合には、注意が必要です。 〜6日 6日を超える場合 病気休暇の取得の場合 診断書の提出は必要なし 診断書必要 *具体的な日数はお住いの自治体の条例をご確認ください。 微妙に期間が違う場合があります。 医師の診断書がないと、1週間以降の欠勤はただの病欠扱いになってしまいます。 長期的に病気休暇を取りたい人は、必ず医師の診断を受けましょう。 給与については先ほどお伝えしたように 、病気休暇中は100%の支給額を最大90日間受け取ることが可能です。 病気や怪我は、予期せぬタイミングで起こるものなので、満額受け取れる制度はありがたいですよね。 病気休暇は認められている制度ですが、一年で規定の日数以上休むと次の年の昇給が止まるのでその辺も知っておいた方がいいと思います。 ですが、昇給よりも自身の健康が大事なのはいうまでもありません。 この制度は、 病気休暇を断続的に繰り返して取得するという濫用を防止するためのもので、具体的には、連続する8日以上の期間の病気休暇を取得した職員が、その病気休暇の期間の末日の翌日から、 実勤務日数が20日に達するまでの間(クーリング期間)に、再び病気休暇を取得したときは、前後の病気休暇期間を通算するというものである。 同規則15-14第21条第2項により、再度の病気休暇がクーリング期間内であれば、前後の病気休暇の期間は引き続いているものとして日数を通算し、クーリング期間外であれば再び病気休暇を取得した日から改めて日数をカウントすることとなる。 ー 現在国や多くの自治体ではクリーリング期間を設けていて、復帰後休みがちの職員に対しては、病気休暇を通算できる仕組みを取り入れています。 これは、復帰後休みがちな職員についてはしっかりと仕事ができるのか判断するための制度と言えます。 ですが、 復帰後一定期間を経ると病気休暇を新しく取得できる場合があります。 (*制度は自治体によって違いがあります。 ) あわせて読みたい 休んでいる期間のボーナスについて また、ボーナスは過去半年分を遡り、実際に業務を行ったものに関してカウントされます。 たとえば、 ボーナス以前の6か月間のうち3か月出勤していれば、3か月分のボーナスを受け取れますよ。 病気休暇を取得したタイミングによって異なりますので、確認してみましょう。 病気休暇では、勤務していない土日祝日もカウントされる場合がある。 3 特定病気休暇と特定病気休暇の間に挟まれている「週休日、休日、代休日その他の病気休暇の日以外の勤務しない日」も、負傷又は疾病により休まなければならない状態が継続していると考えられることから、原則として、 特定病気休暇を使用した日とみなして、「1日」と計算すること。 ー人事院 出典: 上のように国家公務員の人事員では病気休暇を取得する場合には「 勤務しない土日もその日数に含む」という見解になっています。 1年間で何日休んだら昇給がないかは知っておいた方がいいわ。 でも昇給がたとえなくても、健康が一番大事だと思うわよ。 給料や昇進を気にして自分を犠牲にする生き方が価値があるのかしっかりと考えるべきよね。 公務員の休職制度について 病気休暇を90日取得後、 出勤できるまでの回復に至らない場合は、ほどんどの人は「休職」を選んでいます。 病気休暇を延長する方法もありますが、その場合は給与が50%まで減額されてしまうからです。 「休職」であれば、1年間はおよそ80%の給与を受け取ることができます。 給与が大きく減らないことは、大きなメリットと言えます。 1年経過後は、無給となりますが3年間は失職することはありません。 本人の体調が回復した場合は復職することが可能ですよ。 この一年経過後の休職中のボーナスに関しては、病気休暇の時とは異なり、報酬は支給されない場合が多いでしょう。 休職中も過去半年の業務に対して支払われるので、過去半年間出勤した日がなければ、実務実績がないとみなされるからです。 しかし、 80%の給与が支払われている1年間は、休職中であってもボーナス時に給与分は支払われます。 このような待遇が一般企業と比べ、公務員はとても手厚いのです。 休職中の無休期間でも地方共済からの手当がある。 公務員が休職し、 1年を超えた場合に制度上無休となります。 しかしながら地方共済組合からおおよそ2分3の手当が支給されることになっています。 組合員が公務によらない病気やケガ、出産、育児、介護などで勤務を休み、これにより報酬が支給されないときは、その事由により「傷病手当金・傷病手当金附加金」、「出産手当金」、「育児休業手当金」、「介護休業手当金」または「休業手当金」の 休業給付が支給されます。 ー かかっている病院の先生と合わないと感じることがあれば、病院を変えるのも必要と言えます。 やっぱり患者の話に親身になって聞いてくれるお医者さんがいいですよね。 復帰へのステップ 復帰する場合は、医療機関の主治医の先生、そして職場の上司と話し合ってしっかりと決める必要があります。 厚生労働省のサイトには「」という職場復帰までの流れをさらに細かく説明している資料があります。 参考になるので、復帰する場合には目を通しおくことをオススメします。 まとめ 誰にでも突然うつを患ったり、怪我などに見舞われる可能性がありますよね。 そのような急な休職時に手厚い制度が整っている公務員は、一般企業と比べてとても恵まれているといえます。 公務員は 復帰に向けてしっかりとした制度が整っていると言えます。 もし、 公務員であるあなたが突然うつや怪我を負ったなら、制度を最大限活用するために、まずは医師の診断を受けましょう。 そして、病気休暇中に思うように体調が回復しなければ、休職することがおすすめです。 もしもの時のために、病気休暇や休職時の給与やボーナスについてを知っておき、金銭的な見通しを持っておくと安心ですよ。

次の

欠勤とは? 休職や休業との違い、欠勤控除の計算方法、解雇事由と無断欠勤、残業等との相殺について

欠勤 休職 違い

「欠勤」とは そもそも、「欠勤」という言葉にはどのような意味があるのでしょう。 まずは、言葉の意味から紹介します。 「欠勤」は「勤めを休む」という意味 「欠勤」とは、「勤めを休む」という意味の言葉です。 もう少し詳しく言うと、「契約における労働提供義務の不履行」、つまり「出勤しなければならない日に勤務を休むこと」を意味します。 主に、労働者の事情によって勤務を休んだ場合を「欠勤」と呼び、その場合の給料は支払われないのが通例です。 「欠勤」は英語で「absence」を使う 「欠勤」を英語にすると「absence」となります。 「absence」にはほかにも、「不在」や「留守」といった意味があります。 「欠勤」するとどうなる? 勤務しなければならない日であっても、やむを得ず「欠勤」してしまうこともあります。 「欠勤」するとどうなるのか、その影響について説明します。 「欠勤」は減給・欠勤控除の対象に 「欠勤」は無給です。 そのため、月給制(月給日給)では、時間外勤務手当などの変動部分を除いた月の賃金(固定給や基本給)から、「欠勤」した分が差し引かれることとなるでしょう(欠勤控除)。 その結果、「欠勤日数」の分だけ減給となります。 分かりやすい例でいうと、月給20万円の社員が、20日の勤務日数のうち3日欠勤した場合、欠勤控除額は3万円(一日当たり一万円)です。 なお、「欠勤」のように「働いていない分は給料が支払われない」という原則を、「ノーワーク・ノーペイの原則」と呼びます。 「欠勤」に「有給」を充てることも 「有給」が残っている場合、「欠勤」した日を「有給」として申請できる場合があります。 「有給」は事前申請が前提なので、この場合は企業側の了承を得て、事後に「有給」を申請することになるでしょう。 なお、「欠勤」に「有給」を充てるどうかの選択権は従業員側にあります。 企業側が自動的に「有給」を消化させることはできません。 季節性インフルエンザも欠勤扱いに 毎年冬になると流行を見せる「インフルエンザ」は、「季節性インフルエンザ」と呼ばれ、幼・保育園や学校などの教育機関では「出席停止」として扱われます。 しかし、企業においては、「季節性インフルエンザ」は法律上の出勤停止には該当しません。 法律上の就業制限に該当するのは、「新型インフルエンザ」の場合です。 そのため、季節性のインフルエンザにり患し仕事を休む場合は、通常「欠勤」として扱われます。 「欠勤」と「有給」「公休」の違いは? 「勤務しなければならない日に出勤しないこと」を意味する「欠勤」という言葉ですが、働く上で「仕事を休む」という意味の言葉はほかにもあります。 類語との違いを説明します。 「有給」は「労働義務のあった日に給料をもらいながら休む」こと 最も問われるのが「有給」と「欠勤」の違いでしょう。 「有給」とは、「有給休暇」の略で、「勤務しなければならない日に給料をもらいながら休むこと」を意味します。 つまり、「有給」と「欠勤」の一番の違いは、「給与が出るか出ないか」です。 「有給」は、入社後半年を経た後に、所定の日数付与されるのが一般的です。 なお、「有給」は、「労働義務のある日に、その義務を免除して休むこと」を意味しますので、もともと会社が定める休日に休む場合は「有給」とすることができません。 「公休」は「権利として認められた休日」のこと 「欠勤」や「有給」と同様に、「勤務をしない日」を意味する言葉には「公休」もあります。 「公休」とは、「権利として与えられている休日」という意味の言葉です。 一般企業では、あらかじめ土日を休日としているところが多いため、「公休=土日」という例も多いことでしょう。 また、年末年始の休業日なども「公休」の一例です。 「公休」は企業側の都合で休日であるのに対し、「欠勤」は労働者の都合による休みという点で異なります。 「公休」に出勤すると「休日出勤手当」あるいは「代休」などの措置がありますが、「公休」に休んだからといって、その月の基本給が減るようなことはありません。 ただし、時給・日給(日給月給制)の場合など雇用形態によっては、働いていないので当然ながら給料に影響することもあります。 「欠勤」する場合の注意点 やむを得ず「欠勤」する場合でも、周囲への配慮は必要です。 連絡なしでの「欠勤」は言語道断 まず、「欠勤」する場合は、必ず会社に連絡するのがマナーです。 連絡なしでの「欠勤」は、いわゆる「無断欠勤」となり、会社からの信用を損ないかねません。 やむを得ない「欠勤」でも、できる限り早い段階での連絡が必須です。 急なメール連絡による欠勤届はできれば避けたい 「欠勤届」とは、欠勤する際に会社に提出するものです。 「欠勤届」のフォーマットは様々で、企業によって所定の書式を設けている場合や、勤怠管理システム上で提出する場合もあります。 近年では、電子メールでの欠勤連絡を「欠勤届」に替える企業も増えています。 たとえば、始業前でも速やかに「欠勤」の連絡ができるというのはメール連絡の大きなメリットでしょう。 ただし、始業時刻間際などの急を要する連絡は、メールではなく電話連絡がベターです。 確実に相手に伝わる連絡手段を選びましょう。 「欠勤」の場合は理由を明確にするのがベター 「有給」の取得理由は、「私用」としても問題ありませんが、「欠勤」の場合は理由を明確にするほうが良いと言われています。 というのも、「欠勤」とは本来勤務すべき日に休むことを指し、労働者の権利として認められる「有給」とは意味合いが異なるためです。 たとえば、体調不良・家族の看病のため・身内の不幸(忌引きに該当しない親族の不幸など)というように、「欠勤」の理由を伝えるようにしましょう。 欠勤が重なると評価に影響を及ぼすことも やむを得ない事情であっても、「欠勤」が続いてしまうと人事評価に影響が出ることがあります。 正当な理由もなく即解雇されるようなことはありませんが、賞与の査定に影響することもありますし、同僚からに迷惑をかける懸念もあります。 評価を落とさないためにも、欠勤理由をしっかりと伝えるなど周囲への影響を最小限にとどめる努力も必要です。 まとめ 「欠勤」とは、「出勤しなければならない日に労働者の都合で勤務を休むこと」を指します。 突然の欠勤は、業務上の影響を与えるけでなく、人事評価上もあまり良いものではありません。 できるだけ欠勤を減らすよう自己管理をし、やむを得ない事情の場合は、誠意をもって対応することが求められます。

次の