車 から ガソリン を 抜く 方法。 車からガソリンを簡単に抜く方法を教えてください。ちなみにネット検索で出...

廃車した車のガソリンの抜き取り方法。取り扱いの注意点など

車 から ガソリン を 抜く 方法

ガソリンを携行缶に入れます• 最寄りのガソリンスタンドに持ち込むだけです 古いガソリンは、ガソリンスタンドが料金を支払って、 産業廃棄物の業者に引き取ってもらうそうです。 ガソリンスタンドに持ち込んでの廃棄処分は、 無料のことがほとんどです。 ここで、「 エネオスで、ガソリンの 廃棄処分を断られた」という情報もありました。 お店によって、 地域によって取り扱いが違うこともあるそうです。 ガソリンを持ち込みしたお店に 電話連絡をして、 費用や最大持ち込み量などを事前に確認するのがおすすめです。 *ガソリンスタンドにガソリンを持っていくときの 詳しい注意点については、後ほど詳しくご紹介します! 理由 排水溝やトイレに流すと 環境汚染の原因になります 車やバイクに入れると エンジンの故障や不具合の原因となり、 異臭を発する場合があります。 ガソリンが 劣化して変質している場合は、エンジンがかからない可能性もあります。 次にご紹介するのは、お手もとにあるガソリンが ほんの少量の場合の廃棄処分についてです。 不要になった少量のガソリン!自分で廃棄する方法はあるの? お手もとにあるのが ほんの少量のガソリンの場合もあると思います。 例えば• 草刈機の中に残っているガソリン• 発電機の中に残っているガソリン• ラジコンの中に残っているガソリン など 「こんな量でも、 わざわざガソリンスタンドに持って行かなきゃダメ!?」と感じる方も多いと思います。 調べてみると、こんな情報がありました。 (自治体A. ) 「確実に安全です」とは言えません。 もし可能であれば、 環境事業所に持ち込んで頂いても大丈夫です。 無料で引取りをして、こちらで処分します。 それも無理な場合は、職員がご自宅の近くを回る際に、 引取りに伺うという方法もあります。 高齢者の方から、「 灯油の処分に困っている」という問い合わせをいただき、引取りに行くこともありますので。 車がないなどの理由で、 どうしてもガソリンスタンドに行けない場合には、上記のように引取りもしてくれるそうです。 もしもの場合には、 自治体が廃棄処分のサポートをしてくれるということで、安心しました。 ただ、 自治体によって対応が違う場合もあると思いますので、 まずは問い合わせしてみることをおすすめします。 次に、車の中の古いガソリンを廃棄処分する方法をご紹介します。 ただし、ガソリンの取り扱いには 細心の注意が必要です。 静電気でも爆発することがありますので、正直、車の中から自分 でガソリンを抜き取ることはおすすめできません。 これからご紹介する 2つの方法は、 災害のときなどの緊急対応用として考えて頂ければ幸いです。 自分で車の中のガソリンを抜く方法は2種類 車のガソリンを抜き取るときには、まず 専用の道具と容器を準備します。 給油口からガソリンを抜く 給油口からガソリンを抜く道具は、こちらです。 ガソリンを入れる容器は、必ず 携行缶などの、ガソリン専用の容器を用意しましょう。 *車種によっては 給油口からの抜き取りができない場合もあります。 使用方法は簡単ですが、近くに 火の気がないかをよく確認して、作業して下さいね。 ドレンボルトを緩めて、ガソリンを抜く 車の床下の真ん中あたりに、 ガソリンタンクがあります。 ガソリンタンクに ドレンボルトがついている場合は、 外すとガソリンを抜くことができます。 *車種によっては、盗難防止のために ドレンボルトがついていない場合もあります。 他にも幾つか方法がありますが、専門的な知識が必要など、 個人レベルで作業するのは難しいものばかりです。 思いつきで作業せず、 専門家に任せた方が安心ということを知っていただけると幸いです。 豆知識:ペットボトルや灯油用ポリタンクにガソリンを入れると、どうなるの!? 1. 容器自体がガソリンの性質に耐えられず、 変形して、 ガソリンが漏れる危険性があります。 容器内でもガソリンが揮発します。 ガソリンが揮発すると、灯油などよりもはるかに多い体積になります。 フタの劣化などが原因で、気体となったガソリンが容器からもれ出し、 火災や爆発の原因となります。 灯油用ポリタンクの素材は、 静電気が起きやすい性質です。 灯油用ポリタンクを開けるのと同時に 揮発したガソリンに引火し、火事になった事件がありました。 くれぐれも、ペットボトルや 灯油用ポリタンクには、ガソリンを入れないで下さいね。 ガソリンを運ぶときの重要注意点! ガソリンを運ぶときの注意点は 5 つです! 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

バイクのガソリンを抜く!2つの抜き方を解説

車 から ガソリン を 抜く 方法

バイクにしばらく乗らないなどというときにはガソリンが残っていると変質して、再度乗るというときにバイクが動かないのではないかというように不安に感じる人も多いかもしれません。 このようなときにはガソリンはある程度は抜いておくほうが丁寧といって良いのですが、完全にガソリンを抜くということまではしなくても良いことが多いです。 バイクのガソリンの抜き方 バイクのガソリンは 燃料コックのある車種• コックをリザーブの位置にすればほぼガソリンは抜ける 負圧式、燃料コックのない車種• タンクから負圧コックにつながっているパイプをクリップではさむ• 負圧コックからパイプを抜いて受け容器にさす• クリップを外すとガソリンが流れ出す• キャブレターにつながるパイプを外してガソリンを抜く というようにしていきます。 タンクを逆にしてガソリンを抜くのは危険なのでやめていくわけですが、上では難しいというときには単純にタンクを開けて ポンプでガソリンを抜くという方法もあります。 ポンプは石油ストーブの灯油を抜くようなポンプで良いですし、なければホームセンターで比較的安く買えます。 ただこの方法でいくとポンプでは完全にガソリンを抜けきれないので、タンクの底のほうにガソリンがやや残ることになります。 通常このまま放置しても問題ありませんが、気になる場合には• 空運転をする• ウエスなどで拭き取る• 細いホースを入れて吸い出す 完全にガソリンを使い切るようにします。 ガソリンの揮発性と抜け ポンプなどでガソリンを抜いていくときにガソリンはごく少量ですが残るというときに通常ガソリンは揮発してなくなるようになります。 揮発性というのは特定の温度を超えれば一定量ずつ時間経過で蒸発していくという性質です。 ガソリンは揮発性が高く、現在の仕様ではだいたい 40度ほどを超えれば急速にその揮発性によって蒸発していくというようになります。 特に夏であればタンクを閉めておけばすぐに少量のガソリンであればなくなっていくという感じになります。 バイクの放置とキャブレターの劣化を予防する方法 ガソリンタンクとともに長期放置ではキャブレターの劣化も予防していければさらに良いでしょう。 キャブレター内のガソリンを抜くのは難しいのですが、• 燃料コックをオフにできる車種であればオフにする• 燃料コックがなければガソリンタンクとキャブレターの間のホースを抜いて、キャブレターのドレンを外してガソリンを抜く というようにします。 長期放置ではガソリンタンクよりもどちらかといえばキャブレターの劣化のほうがやや早いので、可能であればこのようにしてキャブレターの劣化を防ぐようにしましょう。 抜いたガソリンの保管方法や缶 ガソリンを抜いたときにそのガソリンをどう保管するのかも重要です。 しばしばあるのがペットボトルによる保管ですが、ペットボトルは静電気が発生するのでガソリンの保管では危険となりますので絶対にやめてください。 ガソリン携帯缶(ホームセンターで入手できる)• 最低でも金属の缶 に保管するようにしてください。 このような缶があれば抜いたガソリンをまた戻すときにも使えます。 引越しとバイクの運送 ガソリンを抜くというときにしばしばあるのが引越しでバイクに乗らずに業者に運送してもらうケースです。 この場合には運送業者からガソリンは抜くようにして軽くすることをアドバイスされることもあります。 この根拠には運送法という法律があるのですが、意地悪でいっているわけでなく安全上そのように決まっているといえます。 結論からいいますと引越し先に入ればすぐにガソリンを入れないといけませんので、完全にではなくある程度ガソリンが抜ければ引越しでは問題ありません。 そのためこのページで紹介しましたようなガソリンの抜き方をしても良いのですが、ごく数日といった引越し期間だけガソリンを抜くのではやや適しません。 最も簡単にガソリンを抜くのであれば• ガソリンスタンドにいってガソリンをある程度抜いてもらう• まだタンクにガソリンが多すぎると思えば少し走行したり、空運転で調整する• 運送業者にガソリンは抜いたと伝えて陸送してもらう• 新居ですぐにガソリンを入れにいく というようにすれば良いと思います。 少量のガソリンが残っていても問題としないことが多いと思います。 <スポンサード リンク>.

次の

車からガソリンを抜き取る方法

車 から ガソリン を 抜く 方法

バイクにしばらく乗らないなどというときにはガソリンが残っていると変質して、再度乗るというときにバイクが動かないのではないかというように不安に感じる人も多いかもしれません。 このようなときにはガソリンはある程度は抜いておくほうが丁寧といって良いのですが、完全にガソリンを抜くということまではしなくても良いことが多いです。 バイクのガソリンの抜き方 バイクのガソリンは 燃料コックのある車種• コックをリザーブの位置にすればほぼガソリンは抜ける 負圧式、燃料コックのない車種• タンクから負圧コックにつながっているパイプをクリップではさむ• 負圧コックからパイプを抜いて受け容器にさす• クリップを外すとガソリンが流れ出す• キャブレターにつながるパイプを外してガソリンを抜く というようにしていきます。 タンクを逆にしてガソリンを抜くのは危険なのでやめていくわけですが、上では難しいというときには単純にタンクを開けて ポンプでガソリンを抜くという方法もあります。 ポンプは石油ストーブの灯油を抜くようなポンプで良いですし、なければホームセンターで比較的安く買えます。 ただこの方法でいくとポンプでは完全にガソリンを抜けきれないので、タンクの底のほうにガソリンがやや残ることになります。 通常このまま放置しても問題ありませんが、気になる場合には• 空運転をする• ウエスなどで拭き取る• 細いホースを入れて吸い出す 完全にガソリンを使い切るようにします。 ガソリンの揮発性と抜け ポンプなどでガソリンを抜いていくときにガソリンはごく少量ですが残るというときに通常ガソリンは揮発してなくなるようになります。 揮発性というのは特定の温度を超えれば一定量ずつ時間経過で蒸発していくという性質です。 ガソリンは揮発性が高く、現在の仕様ではだいたい 40度ほどを超えれば急速にその揮発性によって蒸発していくというようになります。 特に夏であればタンクを閉めておけばすぐに少量のガソリンであればなくなっていくという感じになります。 バイクの放置とキャブレターの劣化を予防する方法 ガソリンタンクとともに長期放置ではキャブレターの劣化も予防していければさらに良いでしょう。 キャブレター内のガソリンを抜くのは難しいのですが、• 燃料コックをオフにできる車種であればオフにする• 燃料コックがなければガソリンタンクとキャブレターの間のホースを抜いて、キャブレターのドレンを外してガソリンを抜く というようにします。 長期放置ではガソリンタンクよりもどちらかといえばキャブレターの劣化のほうがやや早いので、可能であればこのようにしてキャブレターの劣化を防ぐようにしましょう。 抜いたガソリンの保管方法や缶 ガソリンを抜いたときにそのガソリンをどう保管するのかも重要です。 しばしばあるのがペットボトルによる保管ですが、ペットボトルは静電気が発生するのでガソリンの保管では危険となりますので絶対にやめてください。 ガソリン携帯缶(ホームセンターで入手できる)• 最低でも金属の缶 に保管するようにしてください。 このような缶があれば抜いたガソリンをまた戻すときにも使えます。 引越しとバイクの運送 ガソリンを抜くというときにしばしばあるのが引越しでバイクに乗らずに業者に運送してもらうケースです。 この場合には運送業者からガソリンは抜くようにして軽くすることをアドバイスされることもあります。 この根拠には運送法という法律があるのですが、意地悪でいっているわけでなく安全上そのように決まっているといえます。 結論からいいますと引越し先に入ればすぐにガソリンを入れないといけませんので、完全にではなくある程度ガソリンが抜ければ引越しでは問題ありません。 そのためこのページで紹介しましたようなガソリンの抜き方をしても良いのですが、ごく数日といった引越し期間だけガソリンを抜くのではやや適しません。 最も簡単にガソリンを抜くのであれば• ガソリンスタンドにいってガソリンをある程度抜いてもらう• まだタンクにガソリンが多すぎると思えば少し走行したり、空運転で調整する• 運送業者にガソリンは抜いたと伝えて陸送してもらう• 新居ですぐにガソリンを入れにいく というようにすれば良いと思います。 少量のガソリンが残っていても問題としないことが多いと思います。 <スポンサード リンク>.

次の