王になった男 韓国ドラマ。 王になった男(韓国ドラマ)の視聴率や評価は?DVDレンタル日も決定 | ドラマのメディア

王になった男ドラマのキャストと相関図画像付きまとめ!ヨジングに注目!

王になった男 韓国ドラマ

「王になった男」は、反乱と王位をめぐる権力争いによって混乱がピークに達した朝鮮中期、王イ・ホンが自身の命を狙う者から逃れるために、自分とそっくりな道化師を宮に入れて繰り広げられるストーリーだ。 本作品は、2012年にイ・ビョンホンが主役を演じ、観客動員1,230万人を超え当時史上歴代3位の大ヒットを記録した映画 のリメイク版だ。 大ヒット映画が7年振りにリメイクされるということで、放送開始前から大きな期待が寄せられていた。 本ドラマで主人公を演じるのは、 等で急成長中の人気俳優ヨ・ジング。 王イ・ホンと道化師ハソンの一人二役を演じる。 また、ヒロインの大妃ユ・ソウン役は等に出演したイ・セヨンが演じた。 尚、映画ではイ・ビョンホンとハン・ヒョジュが主演を務めており、このようなトップクラスのベテラン俳優と同じ役を今回若手俳優が演じることで、さぞプレッシャーも大きかったであろう。 視聴者からも心配の声が寄せられたのも事実だ。 一般的にリメイク版というとどうしても原作と比較されてしまい、また原作をいかに壊さずに新たな作品を作り上げるかという点でハードルが高くなり、評価を受けるのは至難の技だ。 特に本作品のような多くの人々に愛された原作であれば尚更。 しかしながら、本作はそういった一部の心配の声を押しのけるかのように、放送開始前から「映画と遜色ない顔ぶれだ」「期待したい」「原作を超える作品になることを祈る」など、圧倒的に肯定的な意見や応援が多く見られたのが新鮮だった。 特に、視聴者のヨ・ジングに対しての期待感は並々ではないようだ。 安定した演技力はもちろんのこと、近年は「ヨ・ジングは時代劇をやるために俳優になった」と言われるほど、彼は時代劇に欠かせない俳優として認識されている。 よって本作品も「彼が出演しているから安心だ、きっと良い作品だ」と期待感を抱かせる。 若手俳優にしてこの知名度とは、さすがである。 そして放送開始からも、視聴者の期待は裏切られることはなく順調な出だしとなった。 初回視聴率は5. 以後安定した視聴率を獲得し同時間帯で1位を獲得。 平均視聴率は8. 主人公の二人も、ドラマでは映画とはまた違った魅力を見せ、彼らなりの新たなキャラクターとして演じ切った。 映画・ドラマ両方を見た視聴者も「ヨ・ジングが大人になったらイ・ビョンホンになるのではないか。 」「イ・ビョンホンは少し太々しい感じならば、ヨ・ジングは可愛らしい感じ」と、ヨ・ジングが見せた演技に魅了されたようだ。 また「ヒロインもハン・ヒョジュとイ・セヨン、それぞれの魅力があり、どちらも美しかった」と、イ・セヨンに対しても好印象だった様子。 映画とドラマ、どちらが良いと優劣をつけるのではなく、どちらも良かったと多くの人が思えた作品だったようだ。 そして何より本作品の一番の成功ポイントは、ストーリー展開にある。 原作とはまた異なる時代的背景や感性を前面に出し、映画が残した情緒を壊さなかったのだ。 本ドラマは、冒頭は映画と同じであった。 しかしその後、中盤から原作と完全に違った作品として新たな展開を迎え、 映画では見られない設定で視聴者たちに衝撃を与えた。 そして最終回を終え、一部の視聴者からは「自分が思った結末と少し違って残念」との声があったものの、それでもドラマ全体を視聴して高評価を得たようだ。 MBC で感覚的な演出力を認められた実力派演出家キム・ヒウォン監督は原作リメイクに果敢に挑戦し、結果として大成功をおさめたようだ。 韓国メディアも本ドラマ放送終了後、「演技、演出、ストーリー全部備えたドラマ」「映画に続きドラマでも人気を博した」「成功的なリメイク作品の例として残った」 などと一斉に報じ、ドラマを賞賛した。

次の

王になった男ドラマのキャストと相関図画像付きまとめ!ヨジングに注目!

王になった男 韓国ドラマ

王になった男のメインキャストexを画像付きで紹介 イホン王とハソンという影武者の男を一人二役でヨジングが演じています。 早速メインキャストからご紹介します。 妹や仲間と共に漢陽を訪れたところ、王様に似ているとイ・ギュによって王宮に連れて来られます。 王様のふりをして王宮で暮らすのですが、重臣達に振り回されることなく 平等で正義感あふれる王様になっていくのでした。 王妃を愛するようになりますが、偽物の王なのでもどかしい関係です。 イホン役 王 王位を継いだ第15代王 イ・ホンは、 父王の言葉を守らず弟の敬仁 キョンイン 大君を謀反の罪で毒殺します。 しかしその後、 罪悪感に苛まれて精神錯乱し狂気をまとい暴君と化していきます。 異母弟の命を奪ったので大妃には恨まれ命の危機も感じています。 王妃との関係もうまくいかず、 側近のイギュが連れてきたハソンを身代わりにたてることに同意し寺に隠れることにします。 しかし、ある時から王が別人のように優しく明るくなりました。 戸惑いながらも 少しずつ王に近づいていくソユンですが・・。 王様側のサブキャスト3名、敵対する勢力サブキャスト2名、ハソン側サブキャスト1名です。 漢陽の妓楼で、王妃を笑いものにするハソン達の芸を見た都承旨のイ・ギュは、諫めようと仮面を外したハソンの顔を見て驚きます。 王イ・ホンに瓜二つの彼を王の影武者にしようと考えます。 壊れていく王を見かねてそっくりな顔のハソンを王宮に連れて来て、本物を隠すことにしたのです。 イホン王のため偽物のハソンが周囲にバレないように見張ります。 正義感のあるハソンの人柄の良さをわかってからは支えるようになっていきます。 幼いダルレを襲ったイギョムの父でもあります。 シン・イギョムに暴行され失語症になってしまいます。 兄ハソンが突然姿を消したので帰りを待ちわびています。

次の

王になった男(韓国ドラマ)の視聴率や評価は?DVDレンタル日も決定 | ドラマのメディア

王になった男 韓国ドラマ

- 2019年 1月月14日午前6時07分PST 同じ作品でも違う点がある「王になった男」 2019年1月から韓国で放送がスタートしているドラマ「王になった男」。 原作は映画「光害 王になった男」として知られていますが、実はこのふたつは数々の違いがあることが明らかになってきています。 そこで今回はドラマ「王になった男」と映画「光害 王になった男」の違いを徹底調査!これから見始めるという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。 映画版の王は光海君(クァンヘグン)で、この人物は実在していたと言われています。 一方、ドラマ版の王はイホンという人物で、この人物は仮想という設定。 ここからすでに大きな違いがあることが分かります。 子供の頃は天才子役と呼ばれており、現在はドラマ「太陽を抱いた月」や「オレンジマーマレード」などに出演している21歳です。 一方、映画版の主人公はビョン様ことイ・ビョンホン。 映画版が劇場公開されたのは2012年のことですが、この当時イ・ビョンホンは42歳でした。 主人公を比べてみると、20歳もの差があることが分かりますね。 20歳と言うと、自分の子供であってもおかしくない年齢なのですが、この年の差は他にも違いを生み出すことになりそうです。 映画版でイ・ビョンホンが演じた光海君はヒゲを生やしており、厳格な雰囲気を漂わせています。 さすが王!といった雰囲気を持っていますね。 一方でドラマ版でヨ・ジングが演じているイホンは、ヒゲを生やしておらずどこからどう見ても好青年といった印象! これは役者の実年齢に関係していると言われていますが、確かにヨ・ジングがヒゲを生やしていたらちょっと違和感を感じそうな気もしますね。 しかし、ドラマ版では家族構成がしっかりと描かれており、妹がひとり居るということが明らかとなっています。 映画の中の王は漢陽の言葉使いだけを使用していたのに対し、ドラマの中の王は漢陽の言葉に加え、方言もよくつかっています。 漢陽(ハニャン)というのは、遷都当初の呼び名で現在のソウル特別市のことを意味しています。 映画版では罪を重(ハン・ヒョジュ)のお兄さんが濡れ衣をきせられてしまいます。 一方、ドラマ版にも同じ人物である重(イ・セヨン)が登場しますが、濡れ衣を着せられるのは重のお兄さんではなくお父さんという設定となっています。 彼は影武者と言われており、影で様々な人を動かしているという設定で、王の秘書長官といった役回りです。 このトスンジは重要人物なのですが、映画版では実在の人物であるホ・ギュンが、このトスンジを任せられていました。 一方、ドラマ版でトスンジを任せられているのはイギュという、実在していない人物。 しかし、映画版ではホ・ギュンに焦点を当てた話は出てきていませんが、ドラマ版では今後イギュのストーリーを盛り込んでいくと発表されています。

次の