心理 学 を 学ぶ 理由。 現代心理学部を選んだ理由

社会人になってから心理学を学ぶには?おすすめの4つの方法

心理 学 を 学ぶ 理由

Contents• ストレスに対処しやすくなる ストレスは捉え方次第、と気づく 私たちが普段使っている「仕事が多くてストレスが溜まりいらいらする」といった表現。 心理学の世界ではこの場合、• 仕事が多いという状態を「 ストレッサー」(ストレス要因)• ストレッサーが引き起こすいらいらなどの反応を「 ストレス反応」 と分けて呼びます。 心理学を考える上で、有名なのはLazarusという学者のストレスモデルです。 つまり、ストレッサー(ストレス反応を引き起こす要因)があればすぐにストレス反応に結びつくのではなく、間に「認知」、つまりものごとをどのように捉えるか、という判断が挟まります。 例を挙げてみましょう。 朝出勤して、上司に挨拶したら、完全に無視されたとします。 (=ストレッサー)• 「なんで無視するの?朝から気分悪い」• 「あいつー!むかつく!キィー!!」(=ストレス反応) しかし実は、そのストレッサー(ストレス要因)とストレス反応の間に 「挨拶を無視するのは悪いことだ、だめなやつだ」(= 認知的評価) というその人の認知的評価が挟まるため、気分が悪くなるのです。 ここで、立ち止まって、• 「今朝出勤するまでに嫌なことがあったのかな」• 「たまたま、虫の居所が悪かっただけかも」• 「声が小さくて聞こえなかったのかもしれないな」 などという認知的評価をすれば、キィー!とならずに済むと思いませんか?ストレスになる出来事って世の中にありふれていますが、実はストレスを感じる(ストレス反応になる)かどうかは、個人のものごとの捉え方次第なんです。 心理学を学ぶと、多様なストレスモデルを理解でき、 捉え方次第でストレスになるかどうか決まるんだな、ということがわかります。 自分のストレス対処方法に気づく ストレスのメカニズムを知ると、自分自身はどのようにストレスに対応しているだろうかと振り返ることができます。 先程挙げたLazarusのモデルの「対処」の部分のお話です。 私たちは意識せず、ストレッサーを体験、評価したあとに、「 対処行動」を取っています。 例えば、先程の挨拶の例で言うと、「挨拶しないなんてだめなやつだ」と評価したとすると、• 仕返しとして冷たく接する(=対処行動) あるいは、「声が小さかったかな」という評価をしたのであれば• 上司に駆け寄って近くでもう一度大きな声で挨拶してみる(=対処行動) というふうに、なにかしらの対処をしていると思います。 後者のほうが、その後の人間関係はうまくいきそうですね。 笑 ここまで理解していれば、 自分が「ストレスを感じたとき、どのように対処してるかな」と振り返ってみることもできます。 すると、対処行動はワンパターンだと気づきます。 ある程度、自分の得意な対処は決まっています。 私の場合、「なかったことにしよう」と、否認してしまいがちです。 しかしここで大事なのは、 対処のパターンを増やすこと。 激しく変化している世の中ですから、ストレスのパターンも様々。 対処のパターンをたくさんそろえておくとよいですね。 どんな対処方法のパターンがあるか、というのは心理学を学ぶとある程度、分類分けできます。 自分の対処の傾向を知ってから、普段使わない対処も揃えておくと、うまくストレスに対処しやすくなるのです。 スポンサーリンク 他者に寛容になれる 相手のいやなところはその人の「特性」だという見方ができる 心理学を学び始めると、パーソナリティ(個性、特性)について考え学ぶことが多くあります。 とりわけ、心理学の中でも臨床心理学において必ず学ぶカウンセラーの基本的な態度には、「無条件の肯定的関心」と「共感的理解」があります。 その基本的態度のうち• 「無条件の肯定的関心」とは、相手の言動や感情を無条件に、価値判断することなく受け入れること• 「共感的理解」とは、相手の言いたいことをそのまま受け取り、相手とその世界を理解すること というような意味です。 つまり、クライエントの言動に対して良し悪しの判断をせず無条件に受け入れ、まるでクライエントの中に入り込んでいるかのようにその人の思いや考えを感じ、理解するのです。 そういう意味で、 心理学はその人らしさをそのまま受け入れる、素晴らしい学問だと思います。 これら基本的態度は、相手のいやなところの見方を変えるうえで有用なんです。 例えば、よく遅刻をする人。 普通に考えると、周囲の人には迷惑な話です。 しかし一方で、その人の遅刻を価値判断せず無条件に受け入れ、よく理解しようとすると、「もしかしたら、遅刻をするということは、見通しをもって行動することが苦手なのかもしれない」と考えられます。 それがその人の特性なのだろうと理解できます。 普段、自分の性格に合わない嫌な人だと思っている相手のいやなところは、心理学的に考えて 「これがこの人の特性なんだろうな」という見方ができるのが、心理学を学ぶメリットの一つだと思います。 スペクトラムで理解 DSMという、米国精神医学会が作成する、精神疾患・精神障害の分類マニュアルでは、これまでいわゆる「自閉症」や「アスペルガー障害」と呼ばれていた精神障害が、最近「自閉スペクトラム症」という名称に統一されました。 ここで注目したいのが「スペクトラム」(つまり「連続体」)とい概念です。 これまで発達障害のと捉え方は、「自閉症」や「アスペルガー障害」と白黒はっきりつけて分類されてきました。 しかし近年はスペクトラム(連続体)として、障害の特性を、強いものから弱いものまで幅をもって捉えよう、という考え方をします。 色の濃淡のイメージがわかりやすいと思います。 発達障害に限らず、 他者の特性を理解するときも(自分自身を理解するときも)、白黒はっきりさせるのではなく、特性の強さ、弱さを、幅を持って連続的に見るのです。 難しい言い方をしましたが、先程、例に挙げた遅刻をする人を再び例に挙げて説明してみます。 その人は毎回のように遅刻するのかもしれませんが、月に1回や、年に3回…など、誰しも遅刻の経験は少なからずありますよね。 どの人も特性は持っていますが、その強さ弱さで日常生活に支障が出るレベルかどうか、相手に迷惑をかけるレベルかどうか、が変わってくるのです。 みんな同じ連続体上にいる、ということです。 そう考えると、この人はよく遅刻する人だけど、自分も少なからず遅刻することもあるしな、まいっか。 心理学のさまざまな理論を、自分に結び付けて考えるからですね。 私自身が心理学を学び、内面を見つめた結果、気づいた自分の得意と不得意の例を少し挙げてみます。 得意なことは、私はものごとを言語で整理することです。 例えば、視覚的に図だけで説明されている説明書がありますが、それよりも、言葉でつらつらと書かれている説明書の方がわかりやすいと感じます。 視覚情報より言語情報の方が得意のようですが、視覚情報が得意かあるいは言語情報が得意か、といった視点は心理学を学ぶまでは持ったことはありませんでした。 一方で、ものごとの処理スピードは遅い方で苦手です。 言葉で整理するのは得意なのですが、本を読むスピードは遅く、会話するときには、考えながら話すと頭でぐちゃぐちゃになり、話すスピードは必然的にゆっくりになって、そのうち自分で何を言っているのかわからなくなることがよくあります。 これは「なぜできないんだろう」と悩んでいましたが、心理学を学び、ものごとの処理スピードが遅いせいなのだ、とはっきりと理解できました。 心理学の視点をもって自分の内面を見つめると、自分の得意不得意がはっきりとしてきます。 さらに 「私には他に得意なことがあるからいいじゃん」とも思えます。 これ、かなり大きなメリットですよ! まとめ 心理学を学ぶメリットには、• ストレスのメカニズムを知り、ストレスに対処しやすくなる• 自分も他者も同じ連続体上にあると知り、相手のいやなところも特性だという見方ができる• 自分の内面を見つめることで、自分の特性がわかり、さらに自分を好きになれるかも? といったものがありましたね。 こうやってみると、心理学を学ぶと、身の回りの世界の捉え方が変わり、より豊かに生きていけるような気がしませんか? 心理学を学び、自分を好きになれたら最高ですね! 今週の人気記事• 心理学に興味があるという人は多いと思いますが、これまで全く学んだことがなければ何から手をつけていいのかわかりま... ゲシュタルト療法という名前をお聞きになったことがある方は多いかもしれません。 でも実際にはどういうものかご存知で... 社会人になり、世の中の色んな面を見てしまったからこそ、心理カウンセラーになりたい!と思う人はけっこう多いと思い... 心理学を学んでみたいけど、どんなメリットがあるのだろう?と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。 誰かの心の支えになりたい。 それを仕事にすることができたらもっとすばらしいな。 そのように考えている人は多いのでは... 平成29年に公認心理師法が施行され、心理系資格初の国家資格「公認心理師」が誕生しました!心理系のお仕事に興味の... 私たちは大事なものを失ったとき、悲しみに明け暮れます。 時として、どう乗り越えていいかもわからないときがあります... 認知行動療法は、うつや不安に効果的とされています。 でも、カウンセリングでしか体験できないわけではなく、実は自分... 精神分析学で知られる心理学者のジークムント・フロイトは、無意識について研究する中で、「錯誤行為」の説明をしてい... これから心理系の資格を取ろうと思っている方は、臨床心理士と公認心理師、どっちを取りますか?…いえ、取るなら両方... カテゴリー• 最近の投稿•

次の

大学で学ぶ心理学とは?【現役心理学専攻の大学生がわかりやすく解説】

心理 学 を 学ぶ 理由

心理学を学んでも意味はない? ネットで検索すると、 「心理学は意味がない」「何の役にも立たない」 といった主張の記事を目にします。 これらの記事を見て「心理学を学ぶのをやめようかな?」と考えた人もいるかもしれません。 本記事では「心理学を学んでも意味がないのか?」という疑問について、現在、国立大学院で心理学を専攻している僕がお答えします。 いきなり結論ですが、心理学は大いに学ぶ価値ありです。 理由は自分の心の理解、他人の心の理解に役立つからです。 また、ストレス関連の病気が現代では増えていますが、心理学を学ぶことで予防することができるからです。 このあたりのことは後ほど詳しく解説します。 まずはなぜ心理学を学んでも意味がないと主張する人たちがいるのか? この辺りのことを考えてみましょう。 心理学を学んでも意味がないと主張する人たち ネットで記事を見ていると、心理学を学んでも意味がないという人たちの主張は、以下の2つにまとめることができます。 ・心理学を学んでも人の心は読めないから ・心理学を学んでも心理職に就けるのはごく一部の人だから 順に考えてみましょう。 心理学を学んでも意味がないと考える1つ目の理由は「心理学を学んでも人の心は読めないから」ですね。 残念ながらこれは本当のことです。 ただ、フォローしておくと人の心が読めると思って心理学を学ぼうとするのは、そもそも間違っていたりします。 心理学は本来、数学や医学などと同じく学問の一つです。 心理学で人の心を読むというものに近いのはアセスメントと呼ばれる専門技術ですが、これは臨床心理士など臨床心理学の専門家が行う高度な技術で、大学院レベルの心理学の知識が求められます。 一般に出回っている心理読み物には、「目線で相手の心を読む!」「まばたきが増えたら嘘のサイン!」などよく書かれていますが、そのような内容と専門家が行うアセスメントは全く別次元のものです。 そのため、心理読み物の内容を心理学だと誤解して大学に行った人は、心理学は小難しくて役に立たないものだと感じることでしょう。 しかし、それは心理学を誤解していることから生じている考え方です。 最初から心理学も数学や医学と同じ専門的な内容を学ぶものだとわかっていればこのような誤解は生じないと思います。 心理学を学んでも意味がないと考える2つ目の理由は、「心理学を学んでも心理職に就けるのはごく一部の人だから」ですね。 これも残念ながら本当のことです。 たとえ心理学を大学で学んだとしても、心理学を専門とする仕事につけるかというと難しいのが実情です。 そのため、心理学を専門にしようとする人は大学院に進むのが基本になります。 しかし、大学院の試験は心理学の専門知識を問う問題、英語論文を読みとく問題、研究計画の提出、面接などそれなりに難関で倍率が高いものです。 そのため、大学までは心理学を学んだけれど、その後、一般企業に就職する人も多いです。 これらのことを総合すると「心理学を学んでも心理職に就けるのはごく一部」という主張は正しいといえます。 ですが、直接仕事につながらないから心理学は学んでも意味がないというのは少々言い過ぎのように思えますね。 次は心理学の専門職でなくても心理学は役に立つのか?という視点で考えてみましょう。 心理学は学ぶ価値ありか? 心理学という学問が心理学職にとって不可欠だということは言うまでもないことです。 しかし、「心理職以外の人にも役に立つのか?」という疑問が残りますね。 長くなりましたが、ここが最初にお伝えした以下の結論の説明になります。 いきなり結論ですが、心理学は大いに学ぶ価値ありです。 理由は自分の心の理解、他人の心の理解に役立つからです。 また、ストレス関連の病気が現代では増えていますが、心理学を学ぶことで予防することができるからです。 僕は心理学の専門家以外の人にも心理学は役に立つ、意味があるものだと思っています。 その理由はお伝えしたとおり以下の2つです。 ・心の理解ができること ・心の病の予防に使える まず、心理学を学ぶと人間の心を科学的に理解することができます。 私たちは自分の心がどうなっているかに関心がありますが、そのメカニズムはよくわかっていません。 自分の心がどういう動きをしているのか?これを学問的に学ぶだけでも価値あることです。 自分をよく知るということにつながるからですね。 自分をよく理解できていれば、強みを生かしたり、弱みをケアしたり、性格に合った職業を選んだりなど人生のあらゆる面で有利になります。 次に、心理学を学ぶと心の病の予防を行えます。 ストレス関連の疾患は近年増加しており、うつ病は社会問題となっています。 誰しもが心の病に罹患するリスクを持っていると考えてよいでしょう。 臨床心理学をはじめ心理学では、心の病についての研究が日々行われています。 その最新の成果を得ることができるので、心理学を学ぶことは特にビジネスマンにも非常に役立ちます。 うつ病は自殺につながる病ですから、自分の命や他人の命を守ることにもつながります。 家族など大切な人の心の異変に気付いて適切な機関につなぐこともできるでしょう。 以上のことを踏まえると、心理学を学ぶことは一般の人にとっても大いに役立ちます。 とはいえ、心理学の領域が広すぎて何から学べば良いかわからないという方もいると思います。

次の

放送大学で心理学を学ぶ。社会人におすすめな7つの理由。

心理 学 を 学ぶ 理由

心理を学ぶということ 心理学を勉強するって、なかなかイメージしにくいものだと思います。 大学のオープンキャンパスとかで学科、専攻の紹介で心理学部があるよーって言われても、何を勉強しているのかわからない人がほとんどだと思います。 心理学ってどんな勉強をするのか気になる人はを最初に読んでみてください。 心理学を学ぶメリット 心理学で、どんな勉強をするのか大体わかっている方でも、「じゃぁ実際に勉強して何かメリットあるの?」って気になる方もいると思います。 というわけで、まずはメリットの方から紹介していきます。 自分を知ることができる 心理学では、人の心を対象に研究する学問でもあり、その対象はもちろん自分にも当てはまります。 性格、クセ、好みのタイプや価値観など、あなた自身が気になる部分は、心理学を学ぶことで全貌が明らかになります。 自分を知ることで、良い部分をさらに伸ばしたり、悪い部分を改善して良い方向へともっていったりすることも可能になるわけです。 自分磨きとまでは言いませんが、ステータスの向上につながるといえるでしょう。 人間関係が改善される 自分を知り、他人を知ることで人間関係をよくすることができます。 個性だの価値観だのあらゆる言い訳が出てくると思いますが、心理学では、その「個性」となる行動や「価値観」となる考えを見ることで、最適な対応をすることができるようになります。 そもそも人間は一人で生きていくことができない生き物であり、人の助けなしで過ごすことは不可能です。 ですから、その人間関係を自分の力でプラスに保ち続けることができるならば、煩わしさを感じることなく幸せな生き方を選ぶことができるでしょう。 この部分ではほかの学問ではなかなか教わらないので、かなりの強みだと僕は思います。 ビジネスを成功させることができる 実はお金の勉強をしただけでは、ビジネスは絶対成功しません。 日本の産業では、サービス業といった第3次産業が圧倒的に多いですが、サービスの対象は人に対してのサービスが多いと思います。 つまり、人生において他人とのかかわりは避けては通れない道といえるのです。 自分を知り、他人を知り、他人が求めているもの(それは自分にも帰ってくる)を知ることができれば、あなたが他人からしてもらいたいことや他人があなたにしてほしいことを理解することができるのです。 信頼というものは、商品やサービスに置き換えられて、そこに価値がつけられますが、信頼そのものの価値は誰もつけられません。 ではその信頼はどうしたら効率よく確実に築き上げることができるのか。 やはりそこは自分と他人を研究する心理学ならではの領域だと考えます。 ちなみに僕がおすすめするビジネス向けの心理学を記した本はコチラです。 心理学を学ぶデメリット 心理学を学ぶこと自体は損はしないと思います。 しかし心理学を勉強するにはそれなりの覚悟は必要です。 一体どのような覚悟が必要か簡単に説明しようと思います。 今までの常識が覆されるあまり、萎える 心理学のベースは科学的立場から研究されると先ほど書きました。 つまり、自分が知らないあらゆる法則やルールを知ってしまった時、今まで自分がしてきたことが正しかった、あるいは間違っていたという事実が発見されます。 親から教わってきた話はまったく科学的根拠がなかったり、学校の先生が教えてくれた勉強法がかえって効率を悪くなったりするなど、勉強するたびにいちいち驚愕させられることでしょう。 もっと早く知っておけばよかった。 なぜ今までこれが分からなかったのか。 少なくともネガティブな感情が湧き出てくると思います。 しかし、そこで落ち込んだりする必要はありません。 心理学を今まさに勉強している、あるいは勉強してみたいと興味を持っているあなたは、これからその知識を身に着ける機会があるといえます。 これは大チャンスなわけです。 他の人はだれかに教わらない限り一生知らないまま過ごしてしまうと思います。 心理学の説明が難しい 「心理学ってどんな勉強をするの?」 こんな質問を受けてしまうと、なかなか答えにくいというのが心理学の特徴ともいえます。 たしかに心理学という学問は、高校までは絶対習わないと思います。 一部は道徳や生活といった特別科目の中にちょこっとある程度のものです。 説明する相手によっては、持っている知識にかなりの偏りが出てしまうため、一般的な説明はとても難しいと感じます。 大学のパンフレットを見ても、難しい言葉が並べられて、「じゃあ結局どんなことを勉強するの?」とモヤモヤが残ったまま消化不良で終わってしまうと思います。 本当に心理学について興味があり、どんな勉強をしているのか気になるという方は、必ず大学のオープンキャンパスに行くことをおすすめします。 実際に大学の体験授業や教授の話を聞くことで感覚的に知ることができ、自分に合うか合わないかの判断や知らなかったことも教えてもらえるかもしれません。 扱う領域が多いため、心理学だけでは不十分 一口に心理学といっても、〇〇心理学という科目は非常に多いのです。 大学では一通り勉強しますが、それらの授業を受けて得られるものは心理学だけでは片づけられない領域まで及んでしまっています。 たとえば、教育心理学や生理心理学の場合、教育の前にどのように学習していくかという「学習心理学」が隠れているし、生理心理学となると生物学も勉強しなければなりません。 また心理学の研究では、基本的に統計学を扱います。 統計となると、ある程度の数学は勉強しなければなりませんし、統計処理するためにパソコンのスキルも必要になってきます。 ただ、ほとんどの大学ではパソコンの基本的な使い方を授業として扱っているので、その部分の心配はしなくていいと思います。 まとめ ここまで、心理学のメリット・デメリットについて書いていきました。 実際インターネットで紹介されている心理学の知識は、大半が怪しいと思っておいたほうが良いと思います。 まずは大学推奨の教科書から手を付け始めるほうが無難だと思います。 メンタリストで有名なDaiGOさんも、メンタリズムの基本は心理学に基づいているとおっしゃっていましたので、もしかしたらその道に向かって勉強すればメンタリストになれるかもしれません。 心理学は生涯にわたって必要とされる学問だと僕は思います。 幸せに生きたいのであれば、自身の理解から始めるほうが手っ取り早いです。

次の