体臭薬。 アトピーが原因で体臭が臭い・汗が臭いかも?|ハダノコト

体臭がアンモニア臭いのはどんな病気が隠れてる?原因と対策法とは

体臭薬

漢方薬による「体質改善」効果 漢方薬は自然素材のお薬です。 植物の根や茎、葉などから作られた生薬をいくつか組み合わせることで、複数の病気や症状、不調などを改善していきます。 西洋医学では、薬や手術により部分的な問題解決を進めていきますが、漢方医学では、新陳代謝や抵抗力の向上、疲れにくい身体づくりなど一部の症状だけにとらわれない全体的な問題解決により、症状が出にくい体質へと改善していくのが特徴です。 漢方薬のメリット 体内環境を根本的に改善する効果 漢方薬は、本来人間がもつ自然治癒力を高めることで、悪化した体内環境を根本的に改善します。 自律神経やホルモンバランスの乱れ、血行不良や脂肪・水分代謝の異常など、カラダの不調を内側から治していくので、一時的な治療とは違う症状の緩和が期待できます。 複数の不調を予防・改善できる効果 漢方薬は体質改善を促すことで病気や不調を緩和していきます。 そのため、自覚症状のない病気や原因がはっきりと分からない病気などの予防・緩和にも有効といえます。 さらに、ひとつの症状のみに特化するのではなく身体全体にアプローチするので、思っても見なかった他の不調が同時に改善されるケースが多くみられます。 副作用のリスクが低い 西洋薬に比べると「副作用」のリスクが低いこともメリットです。 西洋医学では、強力な有効成分を利用するために、下痢や胃痛、肝障害、腎障害などのリスクが高まります。 しかし、漢方薬の場合は、自分の体質に適した天然成分を選んで服用していくので、副作用の心配が少なく長期間飲み続けていけるお薬です。 漢方薬のデメリット 様々な症状を抑えてくれる漢方薬ですが、もちろんデメリットもあります。 ひとつは、「即効性が低い」という点です。 体質改善によって原因を根本的に解消していく漢方では、どうしても効き目が緩やかになるので、症状の緩和が現れるのに時間がかかります。 また、漢方選びでは、飲む人の体質や体調を正しく見極める必要があります。 そのため、生薬が自分に合っていない場合は、飲んでもまったく効果を感じられなかったり、アレルギーや副作用により発熱や食欲不振、むくみや不眠などが現れたりする恐れがあります。 多汗や体臭を改善する漢方薬 ストレスが原因の多汗や体臭 年齢や性別、職種に関わらず、慢性的なストレスからくる様々な不調に悩まされる現代。 多汗や体臭も例外ではありません。 ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱すことで、精神性多汗症などの発汗異常による汗臭、皮脂の過剰分泌による皮脂臭、内蔵の機能低下によるアンモニア臭などの体臭の原因になります。 ストレス、イライラを解消する漢方薬 緊張緩和や気分を安定させる作用のある漢方薬を利用することで、ストレスが引き起こす多汗や体臭を緩和していきましょう。 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) 漢方の精神安定剤とも呼ばれる柴胡加竜骨牡蛎湯は、神経の興奮を抑える作用によりストレスや不安、イライラ、不眠などの解消に効果があるとされています。 緊張などで大量の汗をかいてしまう人に向いています。 比較的体力があり、胃腸が丈夫な人に利用します。 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう) 柴胡加竜骨牡蛎湯と一部同じ生薬が使われており、こちらもストレスによる多汗や体臭の改善が期待できます。 自律神経を整えカラダのほてりや緊張を穏やかにして神経過敏を鎮めます。 体力が弱っている人や首から上に汗をかく人に向いていると言われています。 とくに顔汗や頭部の汗にお悩みの方に効果的です。 女性ホルモンが原因の多汗や体臭 女性ホルモンのバランスが崩れることも多汗や体臭の原因です。 女性ホルモンの分泌量が変化すると、更年期障害でみられるホットフラッシュと呼ばれる大量の発汗、過剰な皮脂の分泌、加齢臭の発生など様々な汗や体臭の問題へと繋がります。 ホルモンバランスを整える漢方薬 このような多汗や体臭には、女性ホルモンのバランスを安定させて乱れを緩和してくれる漢方を活用しましょう。 加味逍遥散(かみしょうようさん) 加味逍遥散は、更年期障害や月経不順による症状を和らげる代表的な漢方です。 女性ホルモンのバランスを整え、影響を緩和する働きがあります。 多汗にくわえ、口渇やのぼせ、手足のほてりなどの症状を落ち着かせ、イライラや不眠も解消してくれます。 体力のない方に処方します。 女神散 にょしんさん) こちらも更年期障害などの女性特有の不調に効果的な漢方です。 血行や水分の巡りを改善して神経系の不調を緩和します。 更年期障害だけでなく、月経トラブルや産前産後の悩み、自律神経失調などにも使われます。 比較的体力がある方に向いています。 食生活が原因の多汗や体臭 肉類や揚げ物など脂質が多い食事ばかりしていると、消化にかかるエネルギーが増えて体内に熱がこもり多量の汗をかく場合があります。 さらに、中性脂肪が増えることで皮脂量が増えるので、酸化臭などによる体臭がきつくなります。 体内の熱を冷ます漢方薬 体内の熱による発汗は、胃腸の熱を冷ます作用のある漢方を利用しましょう。 黄連解毒湯(おうれんげどくとう) 黄連解毒湯は、暑がりで体内に熱がこもりやすい人に効果的です。 カラダの熱を冷まして活発になりすぎた機能を鎮める働きがあります。 消炎作用や解熱作用をもつ生薬が配合されているので多汗などの熱による症状を取り除く効果が期待できます。 比較的体力があり、イライラして落ち着かない傾向の人やのぼせのある人に向いています。 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう) 手のひらや足の裏がほてって多量の汗をかく人に有効とされている漢方です。 その他にも、頬から顎にかけてニキビができる人や毛穴が開いた脂性肌の人など皮脂の過剰分泌が原因となる症状の緩和にも使われます。 熱や炎症を抑える精熱作用のある生薬が入っています。 漢方薬の効果的な飲み方 4か条 1. 食前、食間に飲む 漢方薬を飲むときは、「空腹時の食前(食事30分前)」、「食間(食後2時間後)」に飲むのが効果的とされています。 漢方薬は数種類の生薬が絶妙なバランスで組み合わされているので、食後すぐに飲んでしまうと食べ物や飲み物と混ざり合って配合バランスが崩れてしまう場合があるからです。 さらに、空腹時の胃の中は、生薬が速やかに吸収されやすい環境であり、一部の作用が強い有効成分については緩やかに吸収されるという理由もあります。 飲み忘れた場合は …… 漢方薬は続けることが大切です。 食前・食間に飲み忘れたからといって服用を止めるよりは、「食後」だったとしても飲むほうがいいでしょう。 自分の体質にあった漢方を選ぶ 漢方ではカラダを構成する物質を4つに分類して、体質や原因、使用目的などに合った生薬のバランスを見つけていきます。 気(き) … 活動や運動を支えるエネルギー• 血(けつ) … 血管を巡り栄養を与えるもの、血液• 津液(しんえき) … 体内で必要な水分、潤い• 精(せい) … 成長や発育などのエネルギー これらを元に、不足している点や滞っている点を探り出し、その人が本来もっている体のバランスに合った漢方を処方します。 今現在の体の状態を見ながら自分に「丁度よい」漢方を選んでみて下さい。 漢方選びは一般の方には判断がむずかしい面があります。 自分に合いそうな漢方を見つけたら、使用前にかかりつけのお医者さんや漢方医、薬剤師さんなどに相談してみることをオススメします。 焦らずゆっくり改善していく 漢方薬は効き目が穏やかなので、効果を実感するには早くても「2~3週間」くらいは必要とされています。 さらに症状によっては「1~2ヶ月」くらいは様子をみる必要がある場合も。 基本的に漢方は「長期的」な視野をもって体質改善をすすめていくことが大切です。 焦らずにゆっくりと続けてみて下さい。 生活態度も改めよう 漢方薬の服用と平行して、日常生活の問題点を解決することも大切です。 カラダを冷やさない、ストレスをためない、暴飲暴食や偏った食事をしないなどの病気や不調を引き起こす原因をできるだけ改善していきましょう。 せっかくの漢方薬の働きを妨げないためにも日々の生活を見直すことを心がけてください。 まとめ : 多汗や体臭を改善する漢方薬 漢方薬は、数種類の生薬による絶妙なバランスで成り立っています。 そのため、他のお薬やサプリメントと併用する場合は、かかりつけのお医者さんや薬剤師さんに必ず相談してから服用して下さい。 また、漢方は症状や体質だけでなく、その人の体力の状態や飲む量、水やお湯での飲み方なども重要な要素としています。 もしも近くに漢方に詳しいお医者様がいる場合は、専門家の指導のもとで漢方を始めるのが安心です。

次の

女性の【7タイプのにおい原因】体臭予防と改善策まとめ

体臭薬

漢方薬はオーダーメイド 例えば、人より汗を多くかく体質も体臭トラブルの原因になりますが、発汗量が多い理由は多岐に渡ります。 食生活が影響している場合、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)や茵陳蒿湯(いんちんこうとう)などの漢方薬が処方される確率が高いでしょう。 ツムラ漢方黄連解毒湯エキス顆粒A 引用元: 肥満体質で体内の水分が溢れているような状態なら、肥満を解消し水分代謝を改善する防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)の処方箋が出されるかもしれません。 ツムラ漢方防已黄耆湯エキス顆粒 引用元: 緊張した時だけ一気に大量の汗が流れるタイプの体質なら、リラクゼーション効果の高い柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)が効果的です。 ツムラ漢方柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒 引用元: また、更年期障害の代表的症状、ホットフラッシュのせいで体臭が臭っている場合は、加味逍遥散(かみしょうようさん)、女神散(にょしんさん)でホルモンを安定させます。 ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒 引用元: 漢方薬はオーダーメイドで、 症状だけで薬を決めることはできません。 関連記事 漢方効果は本人次第?! 漢方薬は万能ではありません。 体臭改善のために体質に合った薬を調合してもらっても、 普段の生活習慣で注意点を守らなければ漢方薬の効果が台無しになってしまいます。 例えば、食生活が体臭に影響している場合、漢方処方だけではなく、辛い食べ物や油っこいメニューは避けるよう指導されるはずです。 それなのに「薬を飲んでいるから大丈夫」と油断して暴飲暴食を繰り返していれば、いつまでも体質を改善し体臭を抑えることはできません。 医師の指導を守らずに、「漢方は効かない」と嘆くのは愚かなことです。 漢方効果を最大限に引き出すためには、本人の日々の努力も欠かせないということは肝に銘じておきましょう。 関連記事 関連記事 漢方薬の副作用とツムラ以外のメーカーについて 近年、保険で漢方処方してくれる病院が急増中です。 ステロイドなど副作用の強い西洋薬剤の恐ろしい一面がクローズアップされ、漢方薬で治したいと希望する患者さんが増えている証拠です。 ただ、 漢方薬にも副作用はあります。 そう深刻なものはあまりありませんが、医師に体質診断を誤って薬を調合されてしまうと、胃腸障害が引き起こされる恐れがあります。 処方薬の材料にアレルギー反応を起こしてしまうケースも否定することはできません。 万が一こういった副作用が起きた場合、食欲不振やむくみ、熱などの症状が出るはずですから、異変を感じたらすぐに担当医か、薬を調合してもらった薬局に連絡しましょう。 また、漢方薬はツムラが有名ですが、クラシエ、コタローなど他のメーカーのものも色々あります。 メーカーによって飲みやすい、飲みにくいと感じることがあるようですが、大きな違いはありません。 関連記事.

次の

体臭:医師が考える原因と対処法|症状辞典

体臭薬

このアミノ基は強いアンモニアの一種で、毒性を持っている身体にとって有害なものとなっています。 そのままアミノ基が体内に循環してしまうと身体のいたる部分に悪影響を及ぼしてしますので、まずは肝臓でアミノ基を尿素に変換します。 次に尿素は腎臓へと送られ、尿と一緒に排泄されるという仕組みです。 腎臓の機能が低下したり、腎臓病にかかると尿素の排泄がうまく出来なくなってしまいます。 すると、 血液の中に尿素やアンモニアが多く含まれるようになって、 それが血液から肺へと渡り、呼吸に含まれたり体臭として発散されるようになります。 これが腎臓と体臭の関係です。 腎臓病の原因 腎臓の機能が低下する原因のほとんどは感染症によるものであるとされています。 身体の中に細菌やウイルスが侵入して腎臓部分で炎症を引き起こし、腎機能の低下を招いてしまいます。 腎臓は比較的症状が現れやすい部分なので、重症化する前に病院に相談する人が多く、 早期発見・早期治療で完治するケースが多いです。 その一方で、慢性化しやすいという特徴も持っています。 また、腎臓機能と生活習慣には密接な関係があります。 生活習慣病のひとつである糖尿病は合併症によって腎機能を著しく低下させてしまいます。 そのため、 規則正しい生活を心がけること 、 栄養バランスの取れた食事を意識すること 、 減塩を行うこと などを心に留めておくようにしましょう。 腎臓の機能が正常に機能しているのかをチェックしてみましょう。 チェック項目に当てはまるものが多ければ多いほど腎機能の低下が懸念されます。 尿の回数が極端に減った 夜中のトイレが近くなった 尿が泡立って消えにくい 尿の色が濃い 赤みを帯びた尿が出る 肩こり、首こりが増えた 慢性的な頭痛に悩んでいる 身体のだるさが抜けない むくみが強く、なかなか改善されない 関節に痛みを感じることがある 食欲の増減が激しい 動悸が起こりやすい 吐き気が起こりやすい 短期間で血圧が上がった 糖尿病の可能性がある もしもこの中で5つ以上の項目に当てはまる場合にはかなり腎臓の機能が低下している可能性があります。 加えて体臭にアンモニア臭を感じるのであれば、すぐに医師に相談するようにしましょう。

次の