とくダネ 今日 の 出演 者。 『とくダネ』でイジメ!? 不倫被害者を“公開処刑”する出演者に批難

田崎史郎が絶句した「とくダネ」動画あり!古市憲寿の質問がヤバかった。

とくダネ 今日 の 出演 者

(C)Krakenimages. 6月11日放送の『とくダネ』(フジテレビ系)でも、この騒動について特集が組まれていた。 ところが同番組では、ゲスト出演していた元衆議院議員・金子恵美氏に矛先が変わる一幕が。 出演者たちの心無い〝公開処刑〟に、ネット上で批判の声が上がっている。 かつて夫の宮崎謙介氏に不倫された経験のある金子氏。 しかし彼女は離婚という道を選ばず、関係の修復に努めたのだった。 そんな彼女だからか、司会の山﨑夕貴アナウンサーは「金子さん、私そこまで心広くないんですけど、どうしたらいいとかありますか」と話を振る。 どこか嘲笑混じりにも見える山﨑アナだったが、これに金子氏は「慰謝料請求だったり、決別というのも一つの結論ですけど」「やり直そうと思うのであれば外部の声を気にせず、前だけ向いて2人でやって行けばいいと思います」などと余裕の表情を浮かべながらコメントしていた。 また別の場面でも、不必要に彼女の話題を蒸し返す一幕が。 離婚相談士の岡野あつ子氏は、金子氏に対して「(旦那が)相手に対して本気だと(浮気を)許せないものなんですけど、金子さんどうだったんでしょうか」と質問。 金子氏は「(浮気相手に)思いがなかったのを私は感じとれたので」「信じました」と答えるのだが、続けて岡野氏は「本気じゃなかったということで、許せたということで金子夫婦はOK」と、あからさまに馬鹿にするようなコメントを返すのだった。 味方は皆無! 孤立無援で闘った金子恵美に称賛と同情の声 ちなみに番組冒頭では、社会学者の古市憲寿氏が金子氏に「今日経験者としてここに呼ばれてるんですよね」と冷やかしの言葉を投げかける場面も。 完全に味方のいない状況だった彼女に対し、ネット上では、 《金子さんが責められすぎてて可哀想。 論点が完全にズレてる》 《マジで金子さんが不憫だった。 これじゃ公開処刑だよ》 《渡部の話題なのに金子夫妻が公開処刑されてる……かわいそう……》 《なぜ金子さんに集中砲火してるのかよく分からんのだが。 金子さん可哀想すぎるんだけど、引き合いに出す必要ある?》 《『とくダネ』めちゃくちゃ胸糞悪いな》 《番組として終わってんな… 最低すぎない?》 《金子さん、コレされるのわかってて出演したんだろね。 冷静に答えてる》 などの非難が殺到。 また一方では、出演者たちの意見を冷静に受けとめる彼女を称賛する人も多く見受けられた。 人を貶めることが趣味なのかと疑いたくなるような、昨今のフジテレビ。 木村花さんの一件から何も学んでいないのだろうか。 【画像】 Krakenimages.

次の

とくダネ!来年終了し新番組スタートか。小倉智昭の後任は笠井信輔アナ? 番組打ち切り予定で新MCに注目集まる

とくダネ 今日 の 出演 者

今日もリモート出演しているMC・小倉智昭の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、あるVTRが炎上しました。 「ガス抜きですね。 報道でコロナで死んでる人は、よく報道されてると思うんですけど、コロナ鬱っていうかリストラ、倒産、破産で、僕の友達は1カ月で12名亡くなってるんです…もともと社会人サークルなんで、こっちが強制的に『来てくれ』じゃなくて、タイムラインに書いたら勝手に集まった」 主宰者はバーベキューを開催した理由を堂々と話します。 そして、半分は初対面だという50人ほどが、かなり近距離の濃厚接触で、マスクもしないまま談笑する姿が映像に流れます。 そこで主催者は、視聴者がひっくり返るようなことを言い放ちます。 「僕的には今、通勤もしてますけど、正直マスクもしてないんですよ。 なんていうか、実感ないと言えば実感ないと思うんですよね。 満員電車の中で毎日通勤してて、コロナになってないわけですよ。 それで、自分がなってない…マスクをしてない状況で、マスクうっとおしいんで、正直」 ここで、インタビュアーに「今日もマスクをしてない理由は?」と聞かれてこう答えます。 「なるんだったら俺がなった方がいいかなくらい」 これを見た視聴者からはあっという間に、怒りの言葉がネットやSNS上に並びます。 「真面目に自粛してる人を不快にする…こんな報道しなけりゃいいのに。 どんな意図で報道するんでしょう? インタビュー受けた人を誰かに襲わせたいの?」 たしかに、主宰者含めて参加者全員にモザイクがかかってるとはいえ、場所も多摩川の河川敷と特定できるので、そんな危惧も考えられます。 しかし、そんな懸念もないかのように主催者は、悪びれることもなく、開き直ったかのようにこう主張します。 「これがね…自粛じゃなくて、パクられるとかいう話であればできないです。 何かあれば保健所が入るでしょうし、逃げるつもりも隠れるつもりもありませし、リスクはあると思ってますよ、正直」 これが「自粛」の限界かもしれません。 罰則もなく、強制的に彼らを縛ることはできないのです。 番組冒頭で「ストレスが溜まっている」と伝えたMCの小倉智昭は、このバーベキューの様子を見て「我慢している人もいるのに、よくやれるよな」と理解できないといった様子。 とはいえ、リスク(間接的殺人の意味も知ってか知らずか)を承知で自粛しない…そんな考えの人間は、この日本にはまだまだ大勢いると思われます。 正直者がバカを見る社会ではあってはならないはずです。

次の

『とくダネ』でイジメ!? 不倫被害者を“公開処刑”する出演者に批難

とくダネ 今日 の 出演 者

(C)Krakenimages. 6月11日放送の『とくダネ』(フジテレビ系)でも、この騒動について特集が組まれていた。 ところが同番組では、ゲスト出演していた元衆議院議員・金子恵美氏に矛先が変わる一幕が。 出演者たちの心無い〝公開処刑〟に、ネット上で批判の声が上がっている。 かつて夫の宮崎謙介氏に不倫された経験のある金子氏。 しかし彼女は離婚という道を選ばず、関係の修復に努めたのだった。 そんな彼女だからか、司会の山﨑夕貴アナウンサーは「金子さん、私そこまで心広くないんですけど、どうしたらいいとかありますか」と話を振る。 どこか嘲笑混じりにも見える山﨑アナだったが、これに金子氏は「慰謝料請求だったり、決別というのも一つの結論ですけど」「やり直そうと思うのであれば外部の声を気にせず、前だけ向いて2人でやって行けばいいと思います」などと余裕の表情を浮かべながらコメントしていた。 また別の場面でも、不必要に彼女の話題を蒸し返す一幕が。 離婚相談士の岡野あつ子氏は、金子氏に対して「(旦那が)相手に対して本気だと(浮気を)許せないものなんですけど、金子さんどうだったんでしょうか」と質問。 金子氏は「(浮気相手に)思いがなかったのを私は感じとれたので」「信じました」と答えるのだが、続けて岡野氏は「本気じゃなかったということで、許せたということで金子夫婦はOK」と、あからさまに馬鹿にするようなコメントを返すのだった。 味方は皆無! 孤立無援で闘った金子恵美に称賛と同情の声 ちなみに番組冒頭では、社会学者の古市憲寿氏が金子氏に「今日経験者としてここに呼ばれてるんですよね」と冷やかしの言葉を投げかける場面も。 完全に味方のいない状況だった彼女に対し、ネット上では、 《金子さんが責められすぎてて可哀想。 論点が完全にズレてる》 《マジで金子さんが不憫だった。 これじゃ公開処刑だよ》 《渡部の話題なのに金子夫妻が公開処刑されてる……かわいそう……》 《なぜ金子さんに集中砲火してるのかよく分からんのだが。 金子さん可哀想すぎるんだけど、引き合いに出す必要ある?》 《『とくダネ』めちゃくちゃ胸糞悪いな》 《番組として終わってんな… 最低すぎない?》 《金子さん、コレされるのわかってて出演したんだろね。 冷静に答えてる》 などの非難が殺到。 また一方では、出演者たちの意見を冷静に受けとめる彼女を称賛する人も多く見受けられた。 人を貶めることが趣味なのかと疑いたくなるような、昨今のフジテレビ。 木村花さんの一件から何も学んでいないのだろうか。 【画像】 Krakenimages.

次の