指先 の 皮 が むける。 汗疱(カンポウ)とは

指の皮がむける原因と治し方は?これって病気?|sweedy

指先 の 皮 が むける

手足の指の皮がむける主な原因ってなに? 手足の指の皮がむける原因としては、以下のものが挙げられます。• 汗疱(かんぽう、あせもの一種)• 多汗症• 自律神経の乱れ(睡眠不足、ストレスなど)• 手湿疹(主婦湿疹)• アトピー性皮膚炎• 栄養不足 といった具合にさまざまなものが原因として考えられるため、自然に良くならない場合にはまず、皮膚科に行ってみることが大切です。 素人では分からない原因を突き止め、原因に合った対処法を選択してくれます。 指の皮がむける場合の治し方は? 皮膚疾患で治療が必要なものは皮膚科に通うことが大切です。 自己判断で誤った対処法をとることにより、悪化を招く恐れがあるからです。 とくに 水虫、汗疱、多汗症、手湿疹、アトピー性皮膚炎といった症状がひどくなるものの場合には、専門家の力を借りることが早い回復につながります。 このことを前提として家でできる対処法を解説しますが、まずは保湿を挙げることができます。 これは乾燥が原因で指の皮がむける方に合った対処法で、こまめにハンドクリームを使用するのが簡単でおすすめです。 また、クリームを塗布したあとにはよく浸透するように手袋を装着するのも良いでしょう。 なかには睡眠中の乾燥対策として手袋をはめている人もいます。 このほか、指の皮がむける原因には 自律神経の乱れがありますが、これを正すためにはよく休むことがまずは大切です。 なるべく毎日十分な時間の睡眠を確保し、できれば決まった時間にぐっすりと寝て、起きることが大切です。 スポンサーリンク また、自律神経を正常化させるためには、 太陽の光を浴びるのも効果的です。 1日15分程度でも自律神経を整えるためには良いとされていますので、朝起きたあとはカーテンを開けて日光を浴びましょう。 それから、適度な運動を習慣化したり、趣味を楽しむなどしてストレスをためこまないようにしたりすることも、自律神経を整えることにつながります。 また、人によっては使用している洗剤が肌に合わないために、指の皮がめくれている可能性があります。 その場合にはいま使っている洗剤はやめて、低刺激性の商品に変えてみたり、ゴム手袋を装着したりすると良いでしょう。 そして、栄養不足に関しては月並みではありますが栄養バランスのとれた食事を規則正しく摂ることが大切です。 自律神経を正すことにもつながりますので、一度にふたつの原因に対する効果が期待できます。 通常の食事で不足しがちな栄養成分は、サプリメントで補うのも良いでしょう。 秋や冬になると指の皮がむけてくるのはなぜ? 寒い時期になると 空気が乾燥しやすくなるため、これが原因となって指がカサカサになり皮がむけてしまうことがあります。 ほかにも、秋冬になるとブーツや厚手のストッキングを履く人が多くいます。 気をつけたいのがムレてしまうことで、靴のなかは高温多湿の環境になります。 これは水虫にとっては絶好の環境で、白癬菌(はくせんきん)という水虫の原因となるカビが繁殖しやすくなるのです。 実際に水虫になった場合、結果として指の皮がむけることがあります。 そのほか、とくに冬の年末年始などは忙しく、クリスマスや忘・新年会などのイベントが多いこともあり、自己管理がおろそかになりがちです。 十分に休めずストレスがたまると自律神経が乱れてしまいます。 このことが理由となり、指の皮がむけることもあるでしょう。 まとめ 指の皮がむけると、浮いている部分をむいてしまう人がいますがこれはいけません。 クリームなどを使用し浮いている部分をくっつけるか、むける範囲が拡大しないよう、浮いている皮膚だけはさみで切り平らにする方法を選択してください。 むけている範囲が広がると、治りが悪くなったり、症状をひどくすることになりかねません。

次の

指の皮がむける原因は?考えられるのはこの4つ!

指先 の 皮 が むける

手の平や指の皮が丸くむける 手や足の皮が1-2mm大に丸くむけ始め、それが少しずつ拡大してくる。 かゆくも痛くもない。 赤みもない。 でも気持ち悪い。 友人に「それ水虫じゃないの?」などと言われたりする。 水虫でしょうか? 関連記事 手の平や指の皮が丸くむける 手や足の皮が1-2mm大に丸くむけ始め、それが少しずつ拡大してくる。 かゆくも痛くもない。 赤みもない。 でも気持ち悪い。 友人に「それ水虫じゃないの?」などと言われたりする。 水虫でしょうか? 菌を調べても見つからないことが多いのです。 こんな症状で受診される患者さんは少なくありません。 特に高熱を伴う病気や手術のために入院し、回復し、もうそろそろ退院という時期にある患者さんが多いような気がします。 また、手袋をする仕事につき、汗をかくようなことの多い方にもみられます。 もちろん家事で手を酷使する主婦の方にもよくみられます。 原因は汗がうまく出れずに皮膚内にたまってしまうことからくる症状だと思います。 汗の出口からか丸く皮膚(鱗屑:りんせつ)がむけてきます。 治療:皮はむかないようにしましょう。 まだ大人になれない未熟な皮膚が表に出されてしまい、症状が続いてしまいます。 むしろ保湿クリームなどで浮いてきた皮膚をくっつけるようにしてみましょう。 浮いている皮膚ははさみで切ってもいいです。 普通汗は体温の上昇でかきますが、手足は精神的な緊張でも発汗します。 噓発見器として使われています。 サルが木から落ちないために発達した機能だと、聞いたことがありますが、本当でしょうか? 最近の投稿• コメント• に uharahifuka より• に 横浜のムズムズ より• に uharahifuka より• に ロートル皮膚科医 より• に kameyama より• に みさにゃん より• に hirai より• に kojima より• に kiku より• に uharahifuka より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

乾癬はうつるの?体の皮がむける病気。原因や初期症状は?|医師監修

指先 の 皮 が むける

ページコンテンツ• 手のひらの皮膚がむける症状と原因と対策 少し気泡のようなものができ、気付くとその気泡が大きくなって手のひらがボロボロになっていることがありますが、実は手の皮膚がはがれる原因は無数にあります。 手の皮がむけるときには痒みを伴う場合もあり、何度もむけては治りを繰り返していると手の皮が硬く厚くなってしまうこともあります。 慢性的な手湿疹 体のどの部分でも起こる湿疹ですが、手だけに起こる場合もあります。 この湿疹が原因で手の皮がむけることがあります。 症状 手の局所的な部分に発生する症状で、手が赤みを帯びるのが特徴。 かゆみを伴うため掻いているうちに皮膚を破ってしまうこともあり、何度も繰り返していると皮膚が分厚く硬くなってしまいます。 局所的な症状のため他の部分には問題がありませんが、症状が長引く場合があります。 原因 湿疹自体は皮膚を破壊することはそれほどなく、湿疹に伴うかゆみが原因となります。 かゆみが起こることで意識的、無意識的に手を掻いてしまい、結果的に皮膚がはがれることになります。 対策 抗炎症薬であるステロイド外用薬の内服を長期間行うことで、改善する場合があります。。 睡眠導入剤などとの併用が有効なこともあります。 病院での診察と治療を受けましょう。 異汗性湿疹 汗疱 手の皮がはがれる原因で最も多いのが、異汗性湿疹 汗疱 によるものです。 症状 手の皮膚の一部が膨らみ、割れることで皮膚がボロボロの状態になります。 はがれた皮膚が残り、残った部分からさらに剥がれていきます。 手のひらや指先にできることもありますが、手の甲にできることはありません。 剥がれた箇所は皮膚が薄くなりかゆみや痛みを伴う場合もありますが、皮膚がはがれること自体が痛みを起こすことはあまりありません。 発症すると1か月ほどで収まるものの、時間が経つと再び起こります。 原因 汗や金属製のアレルギーが原因とされる場合がありますが、詳しい原因は不明です。 対策 ステロイド外用薬での治療が一般的です。 またアレルギーなど、具体的な原因が分かる場合にはアレルギーに対応した治療が必要です。 病院での診断と治療を受けましょう。 白癬 水虫 足の指に起こることが多い白癬 水虫 ですが、手で起こることもあります。 水虫の足を触るなどすると感染する場合があります。 症状 皮膚糸状菌によって生じる皮膚感染症で、皮膚がはがれかかったような状態になるのが特徴。 汗疱と症状が似ています。 かゆみはなく、あってもそれほど強くはありません。 原因 水仕事などで手が長時間濡れていると発症する可能性が高まります。 そのほかには、水虫の足を触ったり、皮膚糸状菌が付着したバスマットやバスタオルに触れることでも感染します。 対策 まずは皮膚の一部を採取し、皮膚糸状菌が皮膚内にいるのかを確認。 菌がいれば、抗真菌薬の内服か外用を行うことで治療することができます。 素人では確認が難しいため病院での診断と治療を受けましょう。 自律神経の不調 季節の変わり目には手の皮膚がはがれやすいといいますが、その理由は生活リズムや気候の変化による自律神経が不調の場合があります。 症状 手のひらや指の皮膚が気付かないうちにはがれます。 痛みなどは伴わず、気付かないうちに皮膚が浮き上がって膨らみ、割れてはがれます。 一度、はがれだすと連続してはがれますが、時間が経つと自然と収まります。 原因 自律神経の不調によって抵抗力や免疫力が低下することや、手に汗をかきやすくなることが原因とされています。 ストレスも原因の一部とされており、複合的な要因によって引き起こされます。 対策 自律神経には交感神経と副交感神経があり、このバランスが整うことで体調が戻り皮膚が治ります。 しっかりとした食事と睡眠が基本で、ストレスを解消することが大切です。 お風呂に入ったりストレッチをすることでリラックスすることができ、交感神経と副交感神経を整えることができます。 乾燥 手が乾燥してカサカサにあることで、皮膚がはがれてしまいます。 症状 手が乾燥した状態となり、はがれる皮膚も乾いたものとなります。 乾燥によって手の皮膚がはがれる場合には、傷が深くなることも多く出血を伴う場合もあります。 原因 水仕事による手荒れ、洗剤や薬品によって皮膚がダメージを受けることで起こります。 また手には皮脂腺が少ないため、手の潤いを上手く補えないと起こります。 対策 乾燥を防ぐためにハンドクリームをこまめに塗ったり、水仕事を控えると治ります。 どうしても水仕事をする場合には、手を洗う回数を減らしたりゴム手袋を装着すると乾燥を防ぐことができます。 寝るときにハンドクリームを塗ってから手袋をした状態で眠ると、眠っている間にしっかりと保湿することもできます。 まとめ 手の皮がむける原因は多岐にわたり、素人が判断するのは非常に難しい症状です。 ある程度は判断ができても確実に症状を見分けるのが難しいため、なかなか治らない場合には病院で診断を受けるのが最善の対策です。 カテゴリー記事一覧• 398• 117• 868• 461• 141• 139• 146• 147• 240• 211•

次の