猫 口 シミ。 猫に斑点ができる原因や考えられる病気

飼い主が知っておきたい猫の皮膚病の症状と対策

猫 口 シミ

【獣医師監修】猫の鼻に黒いシミやほくろ、かたぶたを見つけたら?病気との見分け方とその治療法 2019年8月8日• 猫の鼻の表面には、シミやほくろ、かさぶたなどができることがあります。 今回は鼻の表面に起こる変化や異常とその原因や治療法について詳しく解説します。 猫の鼻にできる黒いシミ・ほくろの原因とは? 猫も、人と同じように加齢によって黒っぽいシミ・ほくろができます。 皮膚にはもちろん、口腔内や唇、目頭や瞼の毛のない粘膜にもよくでき、多くはありませんが鼻にできることもあります。 シミは、過剰生成されたメラニン色素が肌の一部分に沈着したもので平面的な形です。 一方ほくろは、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)が密集してできたもので円形状に盛り上がった形です。 両方とも、年とともに増えますが病気ではありません。 一見ほくろのようでも、きれいな円形ではなく、不定形に盛り上がっていたり、赤味があったりすると、悪性の黒色腫(メラノーマ)などが疑われます。 どんどん大きくなるときはその可能性が高く、早めに獣医師に相談しましょう。 悪性黒色腫(悪性メラノーマ) メラノサイト、つまりメラニン色素を作る細胞に発生する腫瘍で、一見ほくろのようにも見えますが、境界が不明瞭でどんどん大きくなり、出血や潰瘍を伴う場合も。 猫に発生することはまれですが、耳や鼻、口腔、指、眼球などに生じることがあります。 メラノーマには悪性と良性があり、猫の場合ほとんどが悪性とされ、鼻などの顔面や眼球、口腔内にできた場合、腫瘍が大きくなれば顔の変形を伴います。 外科的に患部を広範囲に切除することが必要です。 放射線療法や化学療法を併用することもありますが、抗がん剤治療の方法は残念ながらまだ確立されておらず、完治が難しい病気です。 したがって早期発見・早期治療が肝心となります。 猫の鼻にできるかさぶたの原因とは? ケガをするとかさぶたができますが、病気によってもかさぶたができることがあります。 鼻にも症状が出やすい病気としては、「皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)」という真菌による感染症や好酸球性肉芽腫症候群(こうさんきゅうせいにくがしゅしょうこうぐん)の虫刺されアレルギー、扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)などが考えられます。 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう) 子猫に起きやすい病気で、耳先や鼻先、四肢の先端が脱毛します。 フケやかさぶたが生じ、見た目が白っぽくもなるのが特徴です。 これは人畜共通感染症であり、しかも感染が拡大しやすいため、この病気にかかった猫は隔離し部屋をよく消毒する必要があります。 この感染症の治療には1~4ヵ月ほどかかります。 根気よく薬浴し、抗真菌薬の塗布や投薬を行います。 虫刺されアレルギー アレルギーや過敏症などが原因とされ、脱毛するとともにただれたり、かさぶたができたりします。 アレルギー症状を抑えるために、ステロイド薬の投与を行います。 根本的に治癒させるには、蚊やノミを完全に駆除し、そのような虫のいる場所への出入りを禁止することが大切です。 扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん) 表皮にできる癌で、初めは脱毛と皮膚炎の症状だけだったものが、盛り上がってかさぶたのようになったり、徐々に進行してじゅくじゅくした潰瘍状になったりします。 青目の白猫に多いとされており、紫外線を浴びやすい耳、鼻の表面、鼻腔や口腔などに発生し、10歳以上で発症することが多いとされています。 この癌が鼻にできると鼻全体が盛り上がり、顔が変形してしまうこともある、猫にとって辛い病気です。 なるべく早い段階で気づいてあげることが重要です。 手術による切除または放射線療法、あるいはその両方が行われます。 悪性度の高い腫瘍ですが、早期に対応することで再発率を抑えることができます。 早期に異変に気づくための観察ポイント シミやほくろ、かさぶたによく似た病気の中には、完治の難しい重篤なものあります。 猫にとって辛い病気をできるだけ早期に発見するためにも、次のような異変を見逃さないようにしましょう。 もし、少しでも異変を感じたら、すぐに獣医師へ相談するようにしてください。

次の

【獣医師監修】猫の鼻に黒いシミやほくろ、かたぶたを見つけたら?病気との見分け方とその治療法

猫 口 シミ

猫の口に黒いところがあるんですが、これって大丈夫ですか? 口が黒いといってもいくつかあるので、この記事で謎の黒い正体を3つ暴いていこうと思います。 謎の黒い正体• 口の粘膜に黒いポツポツ• 口の中全体が黒い• あごに黒いポツポツ 猫もいろいろ病気があったり、原因不明の症状があったりするので、これに限らないと思いますが、参考程度に見てくださいね。 猫の口の粘膜に黒いポツポツ 粘膜と言われるとイメージしづらいかもしれませんが、 要は「唇や口の中に、黒いシミみたいなのができている」状態のこと。 直径1ミリくらいの丸くて黒いシミみたいなのができても問題はない なぜなら、茶トラは加齢とともに唇に斑点が出てくるから。 私は茶トラ猫を飼ったことがないのでわかりませんが、よくあることなのだそうです。 粘膜と皮膚の境目あたりにポツポツと増えてくることが多く、3歳などわりと若い頃から出てくる猫ちゃんもいるそう。 茶トラに限らず、しょうが色っぽい猫ちゃんは黒い斑点が出てくるのかも。 プクーっと膨らんでいたり、かゆみや痛みがなさそうなら放置OKです。 ちなみにこの現象の正式名称は「単純黒子(たんじゅんほくろ)」「多発性黒子(たはつせいほくろ)」と呼ばれ、遺伝でメラニンが過剰になっていることが原因です。 最終的にこれらの黒子は1つにつながりあい、粘膜部分が黒茶色になったりしますが、特に問題はありません。 猫の口の中全体が黒い 黒子のように一部が黒い猫ちゃんもいれば、粘膜全体が黒い猫ちゃんもいます。 私の飼っている猫も、粘膜が黒い猫です。 写真の猫は、アメリカンショートヘアーの雑種で、性別はメス、年齢は13歳。 おそらく生まれた時から黒かったんじゃないかと思います。 気づいた頃にはもう黒かった、、、 粘膜全体が黒い場合も、 特に健康に影響はないので、問題なし。 私の飼っている猫は黒いですが、キレイなピンク色をしている猫ちゃんもいますよね。 白猫に多いと思いますが、肉球までピンク色でかわいいですよね〜 猫のあごに黒いポツポツがある あごに黒いゴマのような謎の黒いポツポツ、、、 その正体は、猫ニキビ! 猫種を問わずどんな猫でもできる可能性があるんです。 なぜなら、 猫でも自分であごまでは毛づくろいできないから。 キャットフードの食べかすがついたり、よだれで汚れたりしても、猫にはキレイにするのが難しい部分なんですね。 放っておくと悪化して出血したりするので、ニキビだからと言って甘くみてはいけないのです、、、 猫ニキビを湿らせて、柔らかくなったら拭き取っておしまい。 タオルでもガーゼでもコットンでもなんでも良いので、ぬるま湯で猫ニキビをふやかすと簡単です。 あとは清潔なタオルなどで拭いておしまい。 ティッシュでも大丈夫ですが、水に濡らすとボロボロになるので使いにくい、、、 でも身近にティッシュしかないなら、ティッシュでも全然問題ないですね。 拭きながら、「血が出てないかなー」とか「毛が抜けてないかなー」と症状の重さを見てあげてください。 悪化してくると、皮膚の炎症やかゆみを伴い、猫が足でかきむしることで出血することもあります。 その傷口から、細菌感染してしまうと自力での治療は難しいので、獣医師さんの治療を受けることが必要です。 ニキビだからと言って、甘く見てはいけない・・・ 猫の口が黒いまとめ 猫の口が黒くても、大抵の場合はすぐに処置が必要なわけではありません。 この記事で猫の口が黒い原因を3つご紹介しました。 茶トラは、加齢とともに口に黒い斑点が出てくる。 口の粘膜全体が黒い猫もいます。 猫のあごが黒いのは「猫ニキビ」。 根気よくとっていけば、治ります。 黒い斑点が出るとビックリしますよね。 「これって病気じゃないの?」と疑ったり、、、 でも小さい変化でも気が付けるって、猫のことをよーく観察して愛している証拠だと私は思います。 今回は特に問題ありませんでしたが、万が一ということもありますから、猫の小さい変化に気が付けるってとても大事なことですね。 私も見習いたいと思います。

次の

口や目の周囲に黒いシミができています。これは何ですか?

猫 口 シミ

猫が(ハゲ)てしまうのはどうして? ふと猫の頭を見たら、毛が抜けてハゲができていた…!なんていうことになったら、飼い主としては焦りますよね。 猫がハゲてしまうのには、さまざまな原因が考えられますが、大きな要因としては皮膚病があげられるでしょう。 皮膚病にはいろいろな症状、原因があるので、定期的に猫の体をよく観察して、早期発見・早期治療を心がけましょう。 猫の皮膚病の症状 被毛に覆われている猫は、その下にある「皮膚の異常」がわかりにくいものです。 猫の皮膚トラブルをいち早く発見し、治療してあげるために、どんなことに気を付けておけばよいかをご紹介します。 毛が抜ける 猫は換毛期などに毛が抜けることは正常ですが、どこか一部だけ皮膚が露出するほど毛が抜けている状態は、皮膚トラブルのサインかもしれません。 病気によって脱毛する場所に傾向がある場合もあります。 皮膚炎そのものでも、皮膚炎の痒さで掻きむしってしまうことでも、また内分泌の病気でも脱毛症状が見られます。 かさぶたができる 外傷によるかさぶた以外にも、皮膚病が原因で皮膚に炎症が起きたり、かゆみにより掻きむしってしまった結果、かさぶたができることがあります。 皮膚の細菌が悪さをする「膿皮症」では、特徴的なかさぶたが見られます。 毛が脂っぽくなる 被毛を触ったときにベタベタと脂っぽい感触がする場合、皮脂の分泌異常が起きる皮膚病が原因になっているかも。 その場合、体臭がきつくなるなどの症状を伴うことがあります。 かゆがる 皮膚病では、炎症にともなって強いかゆみが発生するものがあります。 猫が全身を掻きむしったり、身体の一部をしきりと噛んだりなめたりする様子が見られたら皮膚病のサインかもしれません。 や耳ダニなどが原因で、耳にかゆみが生じる場合、しばしば頭を振る動作が見られます。 【関連記事】 発疹が出る 皮膚に赤みが出たり、ポツポツと発疹が見られるのも、皮膚病の症状のひとつです。 背中や首回りなどは被毛に覆われてわかりづらいかもしれませんが、かゆがっている部分があれば、毛をかき分けて皮膚を直接チェックしてみてください。 一方、お腹や足の付け根、耳、顔まわりなどでは被毛が薄いため、比較的発見しやすいかもしれません。 【関連リンク】 猫の皮膚病の原因 人と同じく、猫の皮膚病が起きることにはさまざまな原因があります。 いくつか代表的なものをご紹介します。 アレルギーによるもの 食物、ノミ、ハウスダスト、花粉などのアレルゲンにより、免疫機構が過剰に反応することでアレルギー性皮膚炎が発生します。 食物性アレルギーでは、皮膚(とくに顔や首の部分)のかゆみを発症し、進行すると脱毛や小さな発疹などの症状が見られます。 外耳炎や下痢などの消化器症状を引き起こす場合もあります。 また、ノミアレルギーによる皮膚炎では、お腹や背中に左右対称で広い皮膚炎を起こし、強いかゆみを伴います。 菌の感染によるもの 皮膚や被毛に真菌(カビ)が感染することで起こる「皮膚真菌症」では、顔や四肢に発症することが多く、円形の脱毛がみられます。 また、フケを伴うことが多く、細菌の二次感染が起こるまでかゆみはあまりありません。 免疫力が低い子猫での発症や、抵抗力が落ちているときに発症することが多い病気です。 人獣共通感染症(ズーノーシス)あり、感染したどうぶつと接触することで、ヒトにも感染して皮膚炎を起こすことがあります。 【関連リンク】 ストレスによるもの 身体の一部を舐め続け、その場所が脱毛したり、炎症を起こす「舐性皮膚炎」は、ストレスが原因(心因性)で発症する場合があります。 引っ越しや家族が増えるなど、ストレス源に心当たりがある場合は、要注意。 舐めやすい前足や後ろ足、太ももの内側などに発症しやすいとされています。 猫の舌はザラザラしているので、舐めることで毛が切れたり、皮膚を傷つけます。 また、毛玉を飲み込んでしまい、よく毛玉を吐くような症状を見せることもあります。 【関連記事】 寄生虫によるもの ・ダニ ダニに寄生されることでも皮膚炎が起こります。 屋外で感染しやすい「疥癬(かいせん)」は、非常に強いかゆみを伴うことで知られています。 皮膚の上で病変を作るのではなく、「疥癬トンネル」といって皮膚の中に潜って炎症をおこすため強烈なかゆみを引き起こします。 同じく、屋外で感染しやすい「耳ダニ」は、刺したりはしませんが耳の中をこちょこちょと動き回るため、こちらも痒みや不快感を起こします。 「ツメダニ」は、かゆみがないことも多いようですが、寄生部分から大量にフケが発生するのが特徴です。 【関連記事】 【関連リンク】 ・ノミ 猫につくネコノミでは、その刺傷自体が炎症を起こして痒みを生じさせるだけでなく、ノミが吸血したときに出る唾液がアレルゲンとなり、「アレルギー性皮膚炎」を引き起こすことがあります。 アレルギー性皮膚炎を起こすかどうかは個体差があり、なかには1匹のノミが寄生しただけでも、激しい皮膚炎を起こす子もいます。 症状は、お腹や、首から背中にかけて広範囲かつ左右対称に赤いブツブツが見られ、とてもかゆがります。 かゆさのあまり、皮膚をかきむしって、出血をともなうこともあります。 【関連リンク】 猫の皮膚病を調べる方法 ひと口に皮膚病といっても、菌や外部寄生虫などの感染から、アレルギー性のものなど原因もさまざまですし、それにより症状も違ってきます。 猫が皮膚病にかかっているかも?と疑われた場合に行われる診断法を見てみましょう。 問診 これは皮膚病に限った話ではありませんが、獣医師は診察時に問診でさまざまな質問をします。 その際、診察を受けるに至った経過などをきちんと伝えることは、診断するうえで非常に重要です。 問診の際に、獣医師が重要視しているのは「かゆみの状況」です。 どの部分を、どのくらい、いつからかゆがっているか、あるいはそのかゆみが増してきているか、減ってきているかなどを確認します。 さらに、外に出るのか、のら猫との接触はあるのか、同居動物はいるのか、ノミダニ予防をしているか、といった生活環境を確認します。 問診で聞かれる内容については、診察を受ける前にまとめておくとよいです。 また、脱毛や発疹など、見た目にわかる症状の場合、気づいた時点で皮膚の写真を撮っておくのもおすすめです。 外部寄生虫(ノミ・ダニ)の確認 まずもって重要なのは、ノミやダニといった外部寄生虫がいるかどうかです。 しっかり予防をしており、屋内の単頭飼育であればほとんど可能性はないですが、それでも確認は重要です。 その際、ぴょんぴょん跳ねるノミが目視できることもありますし、砂つぶほどの大きさのノミの糞(黒く見えるが、元は血液のため水に溶かすと赤くなる)がぽつぽつ確認できれば、状況証拠としてノミの寄生が疑われることもあります。 皮膚や被毛の検査 病変部の直接的な確認や、細菌や真菌の培養をすることで、どのような皮膚病なのかを検査します。 アレルギー検査 アレルギーが原因で皮膚病が起きていることが疑われる場合は、何に対してアレルギーを起こしているのかを特定することが大切です。 アレルギーの原因である可能性のある食材を一切含まない食事のみを与えて症状の改善の有無を調べる「除去食試験」や、血液からアレルギーを起こしている物質を調べる「アレルギー試験」などがあります。 血液検査 皮膚に症状が現れる病気の中には、体の中の異常が原因となっているものもあります。 疑われる病気によっては、他の検査と合わせ、血液検査が行われる場合があります。 猫の皮膚病の治療と注意点 前述のようなさまざまな検査の結果、かかっている皮膚病が特定できたら、しっかり治療を行いましょう。 また、予防ができる病気は、日々の生活のなかに予防対策を取り入れて、「皮膚病にかからせない」状況にしてあげられるとよいですね。 まずは原因を調べる 皮膚トラブルが起きていることに気がついたら、自己判断はせず、獣医師に相談しましょう。 どの皮膚病にかかっているかにより、当然治療法も違ってきます。 また、進行した皮膚病のなかには、治癒に時間がかかるものもありますから、症状に気がついたら、なるべく早く診察を受けましょう。 治療にかかる費用は? アニコム損保発表の「家庭どうぶつ白書2016」によると、皮膚病にかかる1頭あたりの年間診療費は平均19,077円。 年齢別に見ると、0歳では10,787円なのに対し、10歳では24,586円と倍増しており、年と共に増加していく傾向にあることがわかりました。 かかった病気の種類や治療内容、治療期間などで当然金額も変わるでしょうが、参考にしてみてください。 【関連記事】 【参考リンク】 家庭どうぶつ白書2016「」 サプリメントは効果がある? サプリメントはあくまで健康サポートが目的なので、日々の予防対策の一環として考えたほうがいいでしょう。 サプリによっては、まったく効果がないばかりか、悪影響をおよぼすものもあります。 詳しくは獣医師に相談してください。 どうすれば予防ができる? たとえばノミやダニといった外部寄生虫が原因となっている皮膚病の場合、予防薬を定期的に投与するなどでノミ・ダニ対策を行うことが有効です。 また、予防とは違うかもしれませんが、定期的にブラッシングを行ったり、一緒にくつろいでいるときになでまわしたりマッサージを行うことは、猫の皮膚・被毛チェックにも通じます。 見た目や手の感触で変化に気づくことができれば、早期発見につなげられるかもしれません。 まとめ 繰り返しになりますが、皮膚病とひと口にいっても、症状も原因もさまざまです。 とくに、痛みやかゆみが生じる病気は、猫にとっても大変苦痛でしょうから、早期発見・早期診断・早期治療に努めたいものです。 病気やケガをする前に… 病気やケガは、いつわが子の身にふりかかるかわかりません。 万が一、病気になってしまったり、ケガをしてしまっても、納得のいく治療をしてあげるために、ペット保険への加入を検討してみるのもよいかもしれません。 【関連記事】 【関連リンク】 可愛い子猫との出会いをお探しならハローべいびぃへ 末永く一緒に暮らせる、大切な家族と幸せな出会いをしたいものですね。 そんな出会いをお探しなら、を活用してみては?全国のペットショップから探すことができる情報サイトです。 受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30 どうぶつの病気に関するデータを公開 アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、猫種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができます。 監修獣医師 RANKING• ペットには公的な健康保険制度がありません。 動物病院は、自由診療なので、思わぬ高額な診療費がかかることがありま... 2020. 飼い主の食事中、猫が人間の食べ物に興味を示したり、欲しがったりすることもあるのではないでしょうか。 しかし... 2020. 猫と暮らしている人であれば、多くの人が疑問に思うのが鳴く理由です。 声色や仕草などで、ある程度何が言いたいのかわかるという... 2018. 猫がよく吐くのはなぜ? 猫と一緒に暮らしていて気がつくのは、「よく吐く」ということではないでしょう... 2020. 愛猫のお手入れをすることには、うれしいメリットがたくさんあります。 まず、身体を清潔に保つことで、健康維持... 2020.

次の