凪 の おい と ま 次回 予告。 【My Hair is Bad/次回予告】歌詞の意味を徹底解釈!ノスタルジックな雰囲気の正体とは?

「凪のお暇」中村倫也が知った恋心、高橋一生に異変も気分は「最高」!?

凪 の おい と ま 次回 予告

『凪のお暇』9話のあらすじネタバレ 大島凪(黒木華)の母・大島夕(片平なぎさ)は、我聞慎二(高橋一生)の両親に会いたいと、慎二に母(西田尚美)と連絡をとるようさりげなく促します。 困った凪と慎二は、スナックのママ、中善寺森蔵(武田真治)に助けを求め電話しますが、ママはカラオケ熱唱中で伝わりません。 結局、慎二は母に電話を入れます。 夕と慎二の母は電話で話し、両家の顔合わせへ話が進んでいきます。 凪と慎二は困惑したまま何もできず。 その様子を戸口で聞いていた安良城ゴン(中村倫也)は複雑な気持ちになります。 ご機嫌で夕が北海道に帰った後、坂本龍子(市川実日子)は凪と結婚したいがために、わざと慎二が凪と付き合っているふりをしたのだと疑い、慎二は責められます。 否定しながらも、凪との結婚生活を思い浮かべ、にやける慎二。 凪は白石みすず(吉田羊)に、「結婚の話、このまま進めていいんですか?」と心配され、自分なりに結婚生活を想像し困り果てます。 部屋に戻った慎二はゴンに、凪とのことをどうするのか、もう1回やり直そうと思わないのか聞かれますが否定します。 「じゃあ、泣かないでね。 誰かにとられても。 」と意味深な言葉を言うゴン。 複雑な気持ちで部屋を出ていく慎二。 慎二のお暇は終了したのでした。 ゴンはエリィ(水谷里穂)に凪と慎二のことを話していました。 ゴンは、今まで、なぜみんなに優しくしたらダメなのか、それによってなぜみんなが壊れていくのかわからなかったけれど、今は理解できること。 好きな人が自分のものにならないと思うと壊れそうだと話します。 負けたくない、本気を出してみるというゴンをエリィは見送ります。 親同士の顔合わせを阻止しようと、慎二は実家に帰りますが、久しぶりの家族行事を喜んでいる母に何も言いだせません。 凪も、慎二の母からクッキーが届き、困惑しながら夕に電話をかけますが、夕と慎二の母は毎日電話しあうほど打ち解けており、本格的に結婚話が動いていることに困惑します。 いい年して親の顔色を伺うのは変だと、坂本は吉永緑(三田佳子)に話していました。 そこで坂本は、以前耳にした、緑の実家は資産家だということを思い出し、実家は金持ちなのにどうしてこんな暮らしをしているのかと緑に尋ねます。 ちょうどその時、緑の実家の弁護士がやってきて、実家の緑の妹が病気だと告げます。 弁護士が帰り、緑は坂本に、自分はいいなずけとの結婚式直前にとんずらし、すべてを妹に押し付けてきた身であり、妹は唯一の身内だが今さら会えない、家族は厄介なものだと、しみじみと語るのでした。 市川円(唐田えりか)は会社で、慎二が来週から復帰することを耳にします。 かつての同僚と偶然会いますが、かつて担当していた客は円の顔が目当てだったのだと嫌味を言われ、さらに自分が「空気クラッシャー」と言われていたと足立心(瀧内公美)らに噂され傷つきます。 それぞれ母に本当のことを伝えられないままの凪と慎二は、とりあえず顔合わせは乗り切って、ほとぼり冷めたら別れたということにしようとスナックで話し合っていました。 嘘が本当になるのではとママはちゃかします。 ちょうどそこへ円が現れ、両家顔合わせの話を本当だと誤解して聞いてしまいます。 円はやけ酒を飲みながら、自分は、「空気クラッシャー」というあだ名で、自分の存在が空気を壊すと昔から言われていたこと、かわいこぶってる、いい子ぶっている言われ続け、頑張っても何の意味もつかめないと悩みを打ち明けます。 ちゃんとわかってくれる人はいると、凪は励ましますが、分かってくれていると思っていたと円に問われた慎二は、「ごめん」と謝ります。 その言葉ですべてを察した円は「ご結婚おめでとう」と出ていきます。 つまみ食いをして放置した慎二を最低と責めるママと杏(中田クルミ)。 追ってきた慎二に円は、自分のどこが好きだったのか聞きます。 まずは顔だと思った慎二を察し、円は思い切りひっぱたくのでした。 スナックではママが凪に、慎二と凪は似た者同士だと伝えますが、凪は否定します。 家のベランダで凪が考えこんでいると、ゴンも出てきました、顔の傷を心配する凪を、ゴンはお昼に誘います。 外でゴンとお昼を食べながら、凪は付き合っていたのに慎二の家族のことを知らなかったことを話します。 ゴンから慎二の兄のことも聞き驚く凪。 ゴンは凪の手を取り、昔自分が凪にしていたことが今は恥ずかしくてできないこと、前の自分と今の自分は違うことを伝え、「人って本当に変わりたいと思ったら、変われると思うよ。 」と励ましました。 凪は、髪をストレートにするのをやめ、そのまま顔合わせに向かいます。 くるくる頭できた凪を母は責めますが、そこに慎二が来て二人を自分の両親のもとへ連れていき紹介します。 さらに慎二の祖母の米寿の祝いで集まっていた親戚のもとへ、なごやかに向かいます。 慎二の兄や凪の父親のことも嘘で取り繕い、一見和やかに話していた4人ですが、突然慎二の母は、夕からの贈り物を断り、病気で亡くなった父が実は借金で蒸発していることや、凪が今ではスナックで働いていると指摘。 驚いた慎二が何とかその場を取り繕うとしていると、そこへ慎二の兄が現れます。 アメリカで働いていることにされていた兄は、とまどう慎二をよそに、自伝の宣伝に来たことや、母の整形、父には別宅があり別に子供もいることなど、遠慮なく真実をぶちまけました。 なんとか取り繕うと右往左往する慎二をみて、凪は自分と同じだと感じます。 兄が出て行ったあと、夕は笑い出し、凪が選んだ慎二の家族をみっともないとけなし、昔から期待通りでなかった凪を責めます。 そんな夕に凪は「嫌い」と言い放ちました。 外では、いい子ぶり、自分ではできないことを凪に期待してきた母のことを逆に攻め始めます。 ひとりぼっちでかわいそうだが、自分は夕のためには生きられないことを伝え、慎二に、「もう、やめよう。 空気を読むのは。 」と言い、二人は出ていきました。 ホテルの庭で凪と慎二は、それぞれ、空気を読まず幸せだった子供の頃を懐かしみ、破談になってよかったと泣きます。 それでもなお、母のことや、お祝いを言い忘れた祖母のことを二人は気に掛けるのでした。 夕は北海道に帰りました。 坂本は、旅に出るという緑に、自分のパワーストーンを御守りにと渡します。 路で待つゴン。 凪と慎二の歩く姿を見つけたゴンは、車にひかれそうになりながら駆け寄り、「凪ちゃんが好き。 」と叫びます。 告白の仕方が分からず悩んだ末、自分が女性たちに渡してきた合鍵を回収してきたゴン。 顔の傷は、その時つけられた傷だったのです。 凪だけにやさしくすると決めたゴンは、「おれと付き合ってください」と凪に思いをぶつけるのでした。 スポンサーリンク 『凪のお暇』9話のネタバレ感想 凪と慎二はそれぞれ空気を読み続け、真実を話せないまま、両家の顔合わせまでいってしまいましたが、そこですべてが破綻してしまいましたね。 最後までその場を取り繕おうと必死な慎二に胸が痛みました。 でも、その慎二の姿が自分と重なったからこそ、凪は夕に正直な気持ちをぶつけることができたのですね。 ゴンの「人って本当に変わりたいと思ったら、変われると思うよ。 」という言葉も、ありのままの髪で母のもとに向かう勇気を凪に与えてくれました。 空気を読まずに、素直に自分の心と向き合うゴンの姿にも感動してしまいます。 今まで多くの女性に安易に自分の部屋の合鍵を渡してきたゴンが、傷つけられながらも回収してきたのは、凪への真剣な思いの証ですね。 最後の、ゴンのまっすぐな告白から、3人の関係がどう動いていくのか、凪、慎二、ゴンの心の変化をこれからも楽しみに追いたいと思います。 — ヨル Yorurx ゴソゴソゴソ…ガシャガシャーンって無数の合鍵が出てきて…。 「一体何人の女に合鍵渡してんだよ!」て思いましたよね。 ていうか、登場シーンカッコいいけど、車が来た瞬間に柵飛び越え車道に飛び出すとか、もうアタリヤ行為。 慎二がビックリするのも無理ない。 ゴンさんはカッコいいし、真っ直ぐで素敵だけど、車が来るところに飛び込んでっちゃう危なさとかを知ったら…今後の未来が心配。 凪は次回予告で楽しい未来が見えたって言ってたから、予想としては慎二もゴンさんも選ばないんじゃないかな? 慎二に対する気持ちは変わってきたとは思うけど…。 凪と慎二が心に思い浮かべた結婚生活が真逆すぎ、凪があの未来を楽しみって感じるとは思えない。 ゴンさんは恋人としては、素敵かもしれないが、「未来がみえた」という凪が選ぶ男とは思えない。 よって、凪は、恋人は作らず、一人で生きることを選択すると予想します。 『凪のお暇』10話(最終回)のあらすじ 公式サイトが発表している『凪のお暇』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 凪 (黒木華)と慎二 (高橋一生)は、両家顔合わせで今まで言えなかった家族への不満をぶつけ、互いに距離が縮まったと感じていた。 そんな2人の前にゴン (中村倫也)が現れ、凪に決死の告白。 凪をめぐる慎二とゴンの3角関係にいよいよ終止符が打たれる。 tbs.

次の

凪のあすから 次回予告集 [ニコニコあっぷる]

凪 の おい と ま 次回 予告

毎週金曜夜22時からTBS系で放送されているドラマ「凪のお暇」。 会社や恋人との間の空気を読みすぎて疲れてしまった大島凪 黒木華 の人生リセットストーリーで、凪を引きずる元カレ・我聞を高橋一生さん、いつのまにか凪に恋した隣人・ゴンを中村倫也さんが演じています。 30日に放送された第7話では、序盤からなにやら険悪なムードが。 我聞と交際する市川 唐田えりか がガレットの美味しいお店でランチしていると、そこに会社の同僚でお局的な存在の嫌味ガールズ3人衆が。 意味ありげな顔で「お疲れ様~」と微笑む3人は、可愛い市川に対し敵対心むき出しです。 その空気で我聞は関係がばれていることを察します。 場面が変わり、花火大会で凪を抱きしめるゴン。 ふらふらしているゴンが熱中症かもしれないと2人はいったんアパートに戻ります。 お水を差しだした凪の手に触れ、挙動不審になるゴン。 凪の目をまっすぐ見ながら「凪ちゃん、また遊んでくれる?ただのお隣さんとして」と聞くゴンに視聴者はTwitterで「可愛い無理」と悲鳴をあげました。 ゴンのまっすぐな瞳に見つめられ、「あの目で見つめられるとまだやばいんだよね」とゴンへの恋心を完全には捨てきれていない凪。 そんななか部屋に戻ると、凪の携帯電話に36件もの不在着信が。 着信がすべて母からのもので、お盆に帰ってこなかったことをチクリと言われ、その流れで「おばあちゃんのぬか漬けが食べたい、来月東京に行ったとき楽しみにしてるわね」と懐かしみ食べるのを楽しみにする母。 そこで凪は祖母から受け継いだぬか床を引っ越しの際に処分してしまったことを思い出し、どうしようと1人暴れました。 一方、我聞はデスクに置いておいた資料に「お昼はガレットのお店行きたいです」と市川が書いた付箋を貼っておいたまま出かけてしまったことで店で嫌味ガールズ3人衆に鉢合わせたことを察します。 その様子を見ていた市川は「ごめんなさい、私のせいで」と我聞に駆け寄りますが、「誰かに嫌なことされたりいわれたりしたらいつでも俺に言って、市川何も心配することないから」と優しく悪くないと伝えます。 その言葉に嬉しそうな表情を見せる市川ですが、以前スナック「バブル」のボーイ のちに凪だと分かる に「同僚」と自分を紹介したことが引っかかっていました。 アパートの住民が愛用するコインランドリーで、友人の坂本 市川実日子 にぬか床を処分してしまったと相談する凪。 そんな中、コインランドリーの店主が「君ら無職で暇してるんだったらこの店継いでくれない?」と冗談交じりに聞き、コインランドリーが近々閉店することを知ります。 夜、アパートの住民が集まりお好み焼きを食べているときに凪と坂本はその事実を伝えます。 住民はみんな洗濯機を所有していないことから店を愛用しており、ゴンは「来月から洗濯どうしよう」と困り顔。 その様子を見た坂本は、凪と2人でお金を出しコインランドリーを買うのも一つの手だと提案。 100万円で売りに出されてはいますが、そんなお金がどこにあるのかと凪が坂本に聞くと「考えるだけならただですもんね」と夢の話であることを伝えます。 そこで凪は1話で知った、やりたいことやなりたい自分を書き出すとその通りの自分になれると噂の「ウィッシュリスト」の存在を思い出し、住民は真っ白なお絵描き帳にウィッシュリストを書き出します。 住民は思い思いの気持ちを書き出し、終始和やかなムードで進みました。 その頃の我聞は兄が顔と本名を出してネット上で動画を配信していることを知り、会いたいという趣旨のメッセージを送り続けますが一切返信が来ず。 我聞家では兄はアメリカの投資会社でバリバリ仕事をしているという体であるため、本名を出して活動するのはやめてほしいと考えていました。 そんな中兄がSNSにアップしていた動画にクラブのような場所で踊る投稿があり、ちらりとゴンが映ります。 それに気づいた我聞はゴンがDJのようなことをするクラブまで出向き、「この男を見つけたら連絡してほしい」と伝えます。 我聞はゴンに少しだけ兄の昔話を話し、その流れで凪に恋心を抱いたことを話すゴン。 我聞は少し複雑な表情に。 「凪ちゃんには望まれてなくても何かしてあげたい」と話すゴンのまっすぐな瞳に視聴者は撃ち抜かれました。 そんな中、凪は隣人の白石 吉田羊 に誘われドライブに。 白石に運転を変わってほしいと言われた凪は、「でも、無理です」と拒否しますが「『でも』が口癖になっていませんか?」と問われ言葉に詰まります。 意を決して運転を久しぶりに行なった凪は運転することの気持ちよさを知り、これまで自分が言ってきた「でも」が自分の行動や選択を狭めてきたということに気が付きます。 多くのことに気が付かされた凪。 そして凪は現実的にコインランドリーのオーナーとなることを考え始め、坂本に相談。 坂本も同じことを考えており、2人はコインランドリーの購入・経営に向けて計画を立てることとなりました。 場面が変わり、凪がボーイとして勤めるスナック「バブル」に訪れる我聞。 我聞の元彼女が凪であるということを知ったバブルのママ 武田真治 と杏 中田クルミ は復縁を企てるため我聞を隠し、買い出しから帰ってきた凪にママは我聞との復縁はないのかと問いただします。 凪の本心を知りたいと我聞は身を固くして凪の言葉を待ちますが、「復縁は300パーセントない」「いい思い出が1つもない」と振り返る凪に場が凍り、意地っ張りな我聞は「お前との復縁なんて800パーセントない」と大きな声で強がります。 そして彼女ができたことを勢いで伝え、凪に「そうなんだ、よかったね」と顔色ひとつ変えずに言われたところで心が折れ「彼女との約束がある」と嘘をつきバブルを去る我聞。 我聞は会社での市川への対応がそっけなくなり、それを肌で感じる市川。 そんな中嫌味ガールズ3人衆にランチに誘われ、市川は3人とお昼に出かけます。 そこで3人は図って凪の話を出し、「市川さんが来る前に辞めた子だよ」と凪の写真を見せ、合わせて我聞の元彼女であることを伝えます。 市川は写真をみてバブルのボーイと元彼女が同一人物であることを認識し、「同僚」と紹介したときのことを思い返します。 一方、我聞と市川が担当する会社の商品を販売するイベントの商品がシップバックされてしまい、予定していた個数が用意できないという緊急事態に陥った我聞。 各部署に頭を下げてどうにかならないかと頼みに行きますが、どこも「我聞さんならどうにかなりますって!」の一点張り。 色々なところから商品を集め当初予定していた100個を補填しようとしますがなかなか集まらず。 そんな中、大阪支社から商品を40個送ってもらえることとなり、頭を下げて頼んだのが市川であることを知る我聞。 市川は休日を返上し大阪まで出向き、昔の営業先に頼み込んでなんとか数合わせをすることができたことを知り、我聞は市川にお礼を伝えます。 そんな我聞に市川は、「同僚じゃないですか」とキッパリ。 市川を「同僚」と紹介したことで傷ついていることに我聞がやっと気が付くのです。 その頃凪は、本当にコインランドリーのオーナーになるべく店主とその息子に事業計画案を提出。 店の譲渡をかなり渋る息子ですが、凪の熱心な思いと坂本の東京大学卒という学歴効果で店の経営を任されることに。 夢が実現するかもしれない凪と坂本は抱き合い喜びました。 一方、イベントの設営を行う我聞に一本の電話が。 ゴンの仲間が我聞の兄を捕まえたと聞きクラブへ急ぎます。 兄との久しぶりの再会となり、とりあえず本名で活動するのは辞めろと訴えかける我聞ですが、兄は「相変わらず仮面かぶって生きてんだ」と嘲笑。 1人でもいいから自分の素顔をさらけ出せる人がいればもう少し生きるのが楽になるのではないか、と空気を読んで生きてきた我聞にアドバイスをしその場を去る兄。 我聞はなにかを考えるような表情で兄との再会を終えました。 そして何とか我聞と市川が間に合わせたイベント当日、我聞は客の前で商品の宣伝をしますが、その最中息ができなくなるような感覚に陥り倒れてしまいます。 この時の我聞が覚えた感覚は1話で凪が倒れたときの感覚と全く一緒。 空気を読みすぎてきた2人の苦しさが伝わるような描写でした。 その晩、部屋で休む我聞は市川に連絡し、「ちゃんとするから、俺たちの関係」と決心。 市川が我聞の部屋に来ることになります。 電話を切ったあと、何も知らない凪が我聞の部屋を訪れ動揺する我聞。 凪は処分してしまった祖母のぬか漬けを我聞に分けていたことを思い出し、部屋の冷蔵庫を開けぬか漬けを取り出します。 「よかったあって…捨てないでくれてありがとう」と感謝する凪に、我聞は泣きながら「お前が倒れたの俺のせいだ」と謝ります。 自分が倒れたことで凪の苦しみを知り、追い詰めたことを後悔した我聞は初めて凪に「好きだった」と伝えます。 「幸せにしてやりたかった。 できなかった」と泣きじゃくりながら話す我聞。 いつ市川が部屋に来るかわからないドキドキ感もありながら、我聞が初めて凪の前で泣けたことに視聴者からは「我聞ちゃんが本当の気持ちを吐き出せてよかった」という声が多く挙がりました。 このシーンで第7話が終了。 凪と我聞の関係が大きく変化しそうな予感を残しラストを迎えました。 今回も我聞やゴンにときめく女性が多く見受けられ、Twitterでは「凪もお暇」がトレンド入り。 特に我聞が子どものように泣きじゃくるシーンに涙してしまったという視聴者の声も。 まだまだ目が離せない「凪のお暇」。 来週は凪の奪い合いになる予感!次回予告は下のリンクから見ることができます。

次の

『凪のお暇』9話のネタバレ感想!合鍵の数にドン引き?ゴンよ一体いくつ作って渡してんだよ!

凪 の おい と ま 次回 予告

『凪のお暇』9話のあらすじネタバレ 大島凪(黒木華)の母・大島夕(片平なぎさ)は、我聞慎二(高橋一生)の両親に会いたいと、慎二に母(西田尚美)と連絡をとるようさりげなく促します。 困った凪と慎二は、スナックのママ、中善寺森蔵(武田真治)に助けを求め電話しますが、ママはカラオケ熱唱中で伝わりません。 結局、慎二は母に電話を入れます。 夕と慎二の母は電話で話し、両家の顔合わせへ話が進んでいきます。 凪と慎二は困惑したまま何もできず。 その様子を戸口で聞いていた安良城ゴン(中村倫也)は複雑な気持ちになります。 ご機嫌で夕が北海道に帰った後、坂本龍子(市川実日子)は凪と結婚したいがために、わざと慎二が凪と付き合っているふりをしたのだと疑い、慎二は責められます。 否定しながらも、凪との結婚生活を思い浮かべ、にやける慎二。 凪は白石みすず(吉田羊)に、「結婚の話、このまま進めていいんですか?」と心配され、自分なりに結婚生活を想像し困り果てます。 部屋に戻った慎二はゴンに、凪とのことをどうするのか、もう1回やり直そうと思わないのか聞かれますが否定します。 「じゃあ、泣かないでね。 誰かにとられても。 」と意味深な言葉を言うゴン。 複雑な気持ちで部屋を出ていく慎二。 慎二のお暇は終了したのでした。 ゴンはエリィ(水谷里穂)に凪と慎二のことを話していました。 ゴンは、今まで、なぜみんなに優しくしたらダメなのか、それによってなぜみんなが壊れていくのかわからなかったけれど、今は理解できること。 好きな人が自分のものにならないと思うと壊れそうだと話します。 負けたくない、本気を出してみるというゴンをエリィは見送ります。 親同士の顔合わせを阻止しようと、慎二は実家に帰りますが、久しぶりの家族行事を喜んでいる母に何も言いだせません。 凪も、慎二の母からクッキーが届き、困惑しながら夕に電話をかけますが、夕と慎二の母は毎日電話しあうほど打ち解けており、本格的に結婚話が動いていることに困惑します。 いい年して親の顔色を伺うのは変だと、坂本は吉永緑(三田佳子)に話していました。 そこで坂本は、以前耳にした、緑の実家は資産家だということを思い出し、実家は金持ちなのにどうしてこんな暮らしをしているのかと緑に尋ねます。 ちょうどその時、緑の実家の弁護士がやってきて、実家の緑の妹が病気だと告げます。 弁護士が帰り、緑は坂本に、自分はいいなずけとの結婚式直前にとんずらし、すべてを妹に押し付けてきた身であり、妹は唯一の身内だが今さら会えない、家族は厄介なものだと、しみじみと語るのでした。 市川円(唐田えりか)は会社で、慎二が来週から復帰することを耳にします。 かつての同僚と偶然会いますが、かつて担当していた客は円の顔が目当てだったのだと嫌味を言われ、さらに自分が「空気クラッシャー」と言われていたと足立心(瀧内公美)らに噂され傷つきます。 それぞれ母に本当のことを伝えられないままの凪と慎二は、とりあえず顔合わせは乗り切って、ほとぼり冷めたら別れたということにしようとスナックで話し合っていました。 嘘が本当になるのではとママはちゃかします。 ちょうどそこへ円が現れ、両家顔合わせの話を本当だと誤解して聞いてしまいます。 円はやけ酒を飲みながら、自分は、「空気クラッシャー」というあだ名で、自分の存在が空気を壊すと昔から言われていたこと、かわいこぶってる、いい子ぶっている言われ続け、頑張っても何の意味もつかめないと悩みを打ち明けます。 ちゃんとわかってくれる人はいると、凪は励ましますが、分かってくれていると思っていたと円に問われた慎二は、「ごめん」と謝ります。 その言葉ですべてを察した円は「ご結婚おめでとう」と出ていきます。 つまみ食いをして放置した慎二を最低と責めるママと杏(中田クルミ)。 追ってきた慎二に円は、自分のどこが好きだったのか聞きます。 まずは顔だと思った慎二を察し、円は思い切りひっぱたくのでした。 スナックではママが凪に、慎二と凪は似た者同士だと伝えますが、凪は否定します。 家のベランダで凪が考えこんでいると、ゴンも出てきました、顔の傷を心配する凪を、ゴンはお昼に誘います。 外でゴンとお昼を食べながら、凪は付き合っていたのに慎二の家族のことを知らなかったことを話します。 ゴンから慎二の兄のことも聞き驚く凪。 ゴンは凪の手を取り、昔自分が凪にしていたことが今は恥ずかしくてできないこと、前の自分と今の自分は違うことを伝え、「人って本当に変わりたいと思ったら、変われると思うよ。 」と励ましました。 凪は、髪をストレートにするのをやめ、そのまま顔合わせに向かいます。 くるくる頭できた凪を母は責めますが、そこに慎二が来て二人を自分の両親のもとへ連れていき紹介します。 さらに慎二の祖母の米寿の祝いで集まっていた親戚のもとへ、なごやかに向かいます。 慎二の兄や凪の父親のことも嘘で取り繕い、一見和やかに話していた4人ですが、突然慎二の母は、夕からの贈り物を断り、病気で亡くなった父が実は借金で蒸発していることや、凪が今ではスナックで働いていると指摘。 驚いた慎二が何とかその場を取り繕うとしていると、そこへ慎二の兄が現れます。 アメリカで働いていることにされていた兄は、とまどう慎二をよそに、自伝の宣伝に来たことや、母の整形、父には別宅があり別に子供もいることなど、遠慮なく真実をぶちまけました。 なんとか取り繕うと右往左往する慎二をみて、凪は自分と同じだと感じます。 兄が出て行ったあと、夕は笑い出し、凪が選んだ慎二の家族をみっともないとけなし、昔から期待通りでなかった凪を責めます。 そんな夕に凪は「嫌い」と言い放ちました。 外では、いい子ぶり、自分ではできないことを凪に期待してきた母のことを逆に攻め始めます。 ひとりぼっちでかわいそうだが、自分は夕のためには生きられないことを伝え、慎二に、「もう、やめよう。 空気を読むのは。 」と言い、二人は出ていきました。 ホテルの庭で凪と慎二は、それぞれ、空気を読まず幸せだった子供の頃を懐かしみ、破談になってよかったと泣きます。 それでもなお、母のことや、お祝いを言い忘れた祖母のことを二人は気に掛けるのでした。 夕は北海道に帰りました。 坂本は、旅に出るという緑に、自分のパワーストーンを御守りにと渡します。 路で待つゴン。 凪と慎二の歩く姿を見つけたゴンは、車にひかれそうになりながら駆け寄り、「凪ちゃんが好き。 」と叫びます。 告白の仕方が分からず悩んだ末、自分が女性たちに渡してきた合鍵を回収してきたゴン。 顔の傷は、その時つけられた傷だったのです。 凪だけにやさしくすると決めたゴンは、「おれと付き合ってください」と凪に思いをぶつけるのでした。 スポンサーリンク 『凪のお暇』9話のネタバレ感想 凪と慎二はそれぞれ空気を読み続け、真実を話せないまま、両家の顔合わせまでいってしまいましたが、そこですべてが破綻してしまいましたね。 最後までその場を取り繕おうと必死な慎二に胸が痛みました。 でも、その慎二の姿が自分と重なったからこそ、凪は夕に正直な気持ちをぶつけることができたのですね。 ゴンの「人って本当に変わりたいと思ったら、変われると思うよ。 」という言葉も、ありのままの髪で母のもとに向かう勇気を凪に与えてくれました。 空気を読まずに、素直に自分の心と向き合うゴンの姿にも感動してしまいます。 今まで多くの女性に安易に自分の部屋の合鍵を渡してきたゴンが、傷つけられながらも回収してきたのは、凪への真剣な思いの証ですね。 最後の、ゴンのまっすぐな告白から、3人の関係がどう動いていくのか、凪、慎二、ゴンの心の変化をこれからも楽しみに追いたいと思います。 — ヨル Yorurx ゴソゴソゴソ…ガシャガシャーンって無数の合鍵が出てきて…。 「一体何人の女に合鍵渡してんだよ!」て思いましたよね。 ていうか、登場シーンカッコいいけど、車が来た瞬間に柵飛び越え車道に飛び出すとか、もうアタリヤ行為。 慎二がビックリするのも無理ない。 ゴンさんはカッコいいし、真っ直ぐで素敵だけど、車が来るところに飛び込んでっちゃう危なさとかを知ったら…今後の未来が心配。 凪は次回予告で楽しい未来が見えたって言ってたから、予想としては慎二もゴンさんも選ばないんじゃないかな? 慎二に対する気持ちは変わってきたとは思うけど…。 凪と慎二が心に思い浮かべた結婚生活が真逆すぎ、凪があの未来を楽しみって感じるとは思えない。 ゴンさんは恋人としては、素敵かもしれないが、「未来がみえた」という凪が選ぶ男とは思えない。 よって、凪は、恋人は作らず、一人で生きることを選択すると予想します。 『凪のお暇』10話(最終回)のあらすじ 公式サイトが発表している『凪のお暇』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 凪 (黒木華)と慎二 (高橋一生)は、両家顔合わせで今まで言えなかった家族への不満をぶつけ、互いに距離が縮まったと感じていた。 そんな2人の前にゴン (中村倫也)が現れ、凪に決死の告白。 凪をめぐる慎二とゴンの3角関係にいよいよ終止符が打たれる。 tbs.

次の