ばん びと 影 あらすじ。 中国ラブ史劇「晩媚と影~紅きロマンス~」第11

<ネタバレ注意>「晩媚と影~紅きロマンス~」あらすじ 第1話~第18話(DVD

ばん びと 影 あらすじ

2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 28 BS12 トゥエルビ 視聴者相談センター 年末年始休業についてのご案内• 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 21 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 08 本日のプロ野球中継は悪天候のため中止となりました。 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 03 本日のプロ野球中継は天候不良のため中止となりました。 2015. 31 TwellVサイトリニューアルいたしました.

次の

ばんび(晩媚)と影中国ドラマのあらすじやキャストは?最終回ネタバレも!

ばん びと 影 あらすじ

======== 【第19話】絶望からの生還 李嗣源(りしげん)は14歳で母に視力を奪われたときの自分と同じく、血蓮教の心法で絶望の淵にいる晩媚(ばんび)を救うことに。 そして、長安(ちょうあん)から受け取った流光(りゅうこう)の処方箋を月影(げつえい)に渡し、顔の傷を治す薬を作らせる。 7日後、心法の修業を終えた晩媚は生まれ変わって戻ってくる。 一方その頃、晩香(ばんこう)は姹蘿(たら)から天殺の姹嫵(たぶ)を殺す任務を与えられていた...。 【第20話】非情な復讐 晩香(ばんこう)の暗殺任務の見届け人を命じられた晩媚(ばんび)は姹嫵(たぶ)に近づき、生き別れの娘のふりをしてほしいと言う姹嫵の願いを聞いて一緒に酒楼へ出かける。 娘の誕生日にそこで1年に1回花開く優曇華を見るのが姹嫵の心の慰めだったのだ。 実は晩媚は晩香こそが彼女の娘だと知っていた。 何も知らない母娘を戦わせるのは姹蘿(たら)の復讐だった...。 【第21話】神隠剣の秘法 兄・韓修(かんしゅう)を殺した刺客を探す韓玥(かんげつ)に代わり塩の密売を担ったのは武術界の盟主・方歌(ほうか)。 その弟分・秦雨桑(しんうそう)を殺して方歌に罪を着せるのが、晩媚(ばんび)の新たな任務となる。 しかし、秦雨桑が武術にしか興味のない堅物で色仕掛けも通じないと知った晩媚は暗殺計画を立てるのに難儀する。 すると、李嗣源(りしげん)が彼女に神隠剣とその剣法を授けて...。 【第22話】仁義なき暗殺 神隠剣で秦雨桑(しんうそう)の興味を引くことに成功した晩媚(ばんび)の計画はうまく運んだかに見えた。 しかし、姹蘿(たら)はこの任務をひそかに天殺に昇進した晩香(ばんこう)にも命じていた。 そのため途中で割りこんできた晩香によって晩媚の計画は意図しなかった結果になってしまう。 一方その頃、李嗣源(りしげん)は塩密売の権利を譲ってもらうため方歌(ほうか)と取引きをして...。 【第23話】噬心蠱の呪い 度胸、学識、運を試す3つの関門を突破して塩密売の権利を得た李嗣源(りしげん)。 その際に危険を冒して毒酒を飲んだ彼は体調を崩すと同時に、晩媚(ばんび)への気持ちが抑えられなくなっている自分に気づく。 一方、長安(ちょうあん)は姹蘿(たら)の影である堂主の刑風(けいほう)によってある罰を与えられる。 そして、再び晩媚の影となる代わりに大きな苦痛を引き受けることに...。 【第24話】姽嫿城の危機 越軽涯(けいえつがい)の指令で謝瑩(しゃえい)が禁軍を率いて姽嫿城に夜襲をかける。 そして、長安(ちょうあん)に仇討ちの時が来たと知らせるが、罪のない人々を死なせたくない長安は姽嫿城を守る側につく。 だが、数で勝る禁軍を前に苦戦を強いられ、わずかに生き残った者たちは李嗣源(りしげん)の指揮の下、彼岸殿に立て籠もることに。 そんな中、晩媚(ばんび)は晋王の元へと急ぎ...。 【第25話】命の約束 長安(ちょうあん)は謝瑩(しゃえい)と取引きし、姽嫿城の者たちを解放してもらう代わりに李嗣源(りしげん)を人質として残すことを承知する。 だが、晩媚(ばんび)に必ず彼を守ると約束したため、謝瑩が李嗣源を殺そうとしているのを知ると、それを阻止するため無字詔を手に入れて謝瑩の元に戻ることに同意する。 一方、兵を退けという王命を授かって戻ってきた晩媚は...。 【第26話】欲望の対価 長安(ちょうあん)の秘密を知ってひそかに無字詔を奪った李嗣源(りしげん)は、晩媚(ばんび)の心をも奪いたいと渇望し始める。 だが、韓修(かんしゅう)を暗殺した刺客を引き渡すという方歌(ほうか)との約束を果たさないわけにはいかず、晩媚を連れて彼の屋敷を訪問。 そこに軟禁された晩媚は韓玥(かんげつ)の元に送られることになる。 そんな中、方歌が溺愛する妹・盈盈(えいえい)が行方不明となり...。 【第27話】頑なな良心 盈盈(えいえい)が自分と同じく妓楼に売られ"処女の血"を取られていたと気づいた晩媚は真実を方歌に告げる。 そこで晩媚のまっすぐな心を知った方歌(ほうか)は彼女を殺さずに逃がすことにしたのだった。 こうして晩媚(ばんび)は生きて戻り、安堵した長安(ちょうあん)はついに彼女を抱きしめる。 そんな彼に晩媚は姽嫿城を出る時は一緒に連れていってほしいと告げて...。 【第28話】差し伸べられた手 次の李嗣源(りしげん)の指令は方歌(ほうか)を江湖の盟主の座から下ろすことだった。 そこで晩媚(ばんび)と長安(ちょうあん)は正義山荘の荘主・黄喩(こうゆ)を騙し、方歌が血蓮教と組み彼の暗殺を企んだと思いこませる。 その結果、孤立無援となった方歌はこれまでの一連の事件はすべて李嗣源の策略だったと気づく。 一方、晩媚を連れて逃げる機会をうかがっていた長安は...。 【第29話】芽生えた野心 長安(ちょうあん)と一緒に逃げるつもりだった晩媚(ばんび)は刑風(けいほう)から姹蘿(たら)が盈盈(えいえい)の命を狙って晩香(ばんこう)を差し向けたことを知らされる。 そこで、急いで盈盈の元に駆けつけるが、悲劇はすでに起こった後だった。 その結果、自分のせいで彼女を死なせたと責任を感じた晩媚。 彼女は弱き者を助けるには姽嫿城に戻って自ら権力を握るしかないと決意を固め...。 【第30話】夜空に散る花火 姽嫿城で元の生活に戻った晩媚(ばんび)はこのまま長安(ちょうあん)と一緒に何事もなく暮らしたいと夢見るが、すぐに現実を突きつけられる。 長安には果たさなければならない使命があり、謝瑩(しゃえい)からも身を引いてほしいと頼まれたのだ。 そこで悩んだ末に答えを出した晩媚は、絶望を悟ってついに"天光尽"を修得、己の進むべき道に踏み出すのだった...。 【第31話】宿命の対決 流光(りゅうこう)は9年も囚われの身となっている師匠・姹如(たじょ)の暗殺を長安(ちょうあん)に依頼。 これを知った姹蘿(たら)は流光に裏切られたと思い激怒する。 その結果、流光は死を覚悟するが、そんな彼女に長安はある提案をする。 一方、自分よりも晩媚(ばんび)の命を選んで火狐の毒を飲み、余命3日となった李嗣源(りしげん)。 彼は晩媚を人質にした越軽涯(けいえつがい)と最後の対決に臨み...。 【第32話】生死の尊厳 姽嫿城では長安(ちょうあん)が流光(りゅうこう)に代わって城主に挑戦、それを姹蘿(たら)の代理として刑風(けいほう)が受けて立つ。 そして、予想に反し長安が勝利を収めると、流光は姹蘿に許しを請うが、刑風が二人に同調するのを見た姹蘿は怒りを露わにする。 その頃、死にゆく越軽涯(けいえつがい)から李嗣源(りしげん)の命を救えるのは蛇蔓だと聞き出した晩媚は、必死にその在処を探していた...。 【第33話】愛と情の間 晩媚(ばんび)は蛇蔓で命を取り留めた李嗣源(りしげん)に付き添うつもりだったが、彼から長安(ちょうあん)の身が危険だと聞くと急いで姽嫿城に戻る。 そして、長安がついに姽嫿城を脱出したことを知ったのだった。 一方、姹蘿(たら)は亡き流光(りゅうこう)に代わる新しい絶殺を決めるため、晩媚(ばんび)と晩香(ばんこう)を競わせることにする。 だが、晩媚はその裏に姹蘿の策略があると見抜いて...。 【第34話】それぞれの戦い 姽嫿城で晩媚(ばんび)が絶殺の地位を勝ち取った頃、李嗣源(りしげん)は梁軍を討って潞州を守り北衙統軍大将軍に任命される。 そして、彼は約束通り晋王に姽嫿城を渡し、朝廷の直属機関となった姽嫿城では姹蘿(たら)が令牌を手にしたのだった。 一方、長安(ちょうあん)は江城で楚王を名乗り決起。 それを討つよう晋王に命じられた李嗣源はわざと不利な条件を与えられ...。 【第35話】唯一の勝機 長安(ちょうあん)は李嗣源(りしげん)の罠だと知りつつも晩媚(ばんび)を助けるため姽嫿城に急ぐ。 その頃、狂気を深める姹蘿(たら)に勝負を挑んだ晩媚は己の命と引き換えに彼女を倒し、姽嫿城を救おうと考えていた。 それに気づいた長安はあえて姹蘿を襲い、刑堂に囚われる。 彼は「主人を命より大切にするなら力を貸す」という刑風(けいほう)の言葉に賭けようとしていた...。 【最終話】最期の伝言 瀕死の長安(ちょうあん)から気を譲り受けた晩媚(ばんび)は姹蘿(たら)との勝負に勝つが...。 ======== 「晩媚と影~紅きロマンス~」.

次の

中国ドラマ「晩媚と影~紅きロマンス~」のあらすじ・ストーリー

ばん びと 影 あらすじ

「晩媚と影」第1話 血に染まる傘 五代十国時代、血に濡れた暗黒の時代に暗殺組織がひそかに現れた。 民を虐げる有力者を始末するのだという。 ある話では一人の女、また別の話では群衆の女とも言われ、皆赤い傘をさしているという。 蘇 七雪 しちせつは骸を埋める仕事に付くため墓地にやってきた。 仕事の途中、誤って遺体を入れた袋を落とし、中の女人が転がり出てしまう。 その女は不思議な宝玉を握っていた。 仕事を終えて家に戻ると、薬草を届けに 鼎香 ていこう閣に行けと父・蘇 旺 おうが言う。 弟・小八は幼く、父は体を壊しているようだ。 七雪は薬を売りに来たと酒楼の者に言うが、売られたのはお前だと連れて行かれてしまう。 七雪は粟と引き換えに妓楼に売られたのだ。 「処女の血は不老長寿の薬になる」男はそう言うと七雪の腕を切り、血を抜き始めた。 七雪は抵抗し男の頭を殴りつけ逃げ出す。 無我夢中で逃げた七雪は酒宴の間に入ってしまう。 そこでは校尉・黄勇が女を品定めしていた。 七雪はその相手に選ばれてしまう。 手を拘束され黄勇の相手をさせられそうになったところへ、赤い花が描かれた傘を持った女がやってくる。 女は不思議な力で黄勇を殺してしまった。 女は、日没までに墓地に来ることができれば命を救い、姽嫿城に連れて行くと言った。 七雪は黄勇の武具を身に着け、変装して抜け出した。 追手を巻くため鎧を着せたわらを馬に乗せて走らせ、自らは墓地へ向かう。 だが目前で意識を失い落馬してしまう。 約束の時間は過ぎてしまった。 雨が降りしきるなか、黒装束の男たちが一台の輿を狙っている。 だがいくら矢を放っても輿に垂れ下がった布が邪魔をして仕留められない。 同じ時に七雪も墓地にやってきた。 刺客たちはみな殺され、輿からは李嗣源と言う男が出てきた。 皆殺しにされた斉家の一族が所有していた九命というものを探しに来たらしい。 側には「若様」と李嗣源を呼ぶ女護衛・月影もいる。 九命が見つからず墓地を去ろうとした李嗣源は七雪を見つける。 助けようとするが七雪は崖から落ちてしまう。 月影は助けたいようだが、李嗣源は明日生きていれば姽嫿城に迎え入れると言った。 虐げられひどい目にあった七雪は、それでも生きたいと崖の淵にしがみついていた。 翌朝、赤い傘をさした月影が迎えに来る。 「晩媚と影」第2話 暗殺者の城 姽嫿城で目覚めた七雪。 寝台に寝かされていたが部屋を見回すと人影がある。 その男は長安。 七雪を見て貧しい家の出だと見抜き、冷静になるよう言った。 姽嫿城で「地殺」となれば生きる道があると。 着替えをして連れて行かれたのは姽嫿城城主の吹杏楼だった。 城主・姹蘿は新入りの二人に「晩媚」「晩香」という名を与える。 だが、月影が七雪を連れて来たことで新入りの1人は名を奪われ追放された。 七雪は新たに「晩媚」という名を付けられる。 城主と李嗣源は敵対しているらしい。 晩香は昨夜の酒楼で舞を披露していた遊女だった。 晩媚が迷い込んだことで彼女の試験を邪魔したらしい。 残り一席の「地殺」は私が貰う、と晩媚は敵視される。 晩媚は長安を「影」に選んだ。 影は暮らしや修練、任務まで共にする護衛のような存在らしい。 長安は七雪の疑問に答えてくれる。 地殺は最下層の刺客、晩媚の容色と度胸は武器になる、武術は影が、ここは仮住まいで地殺になれば地殺院に行ける、明日の宴で認められれば何でも話す。 長安は晩媚に、肌が荒れているので湯浴みをするように言った。 李嗣源は聴竹院で暮らしている。 目が見えないため月影が世話をしているらしい。 李嗣源は、晩媚を連れて行ったのは城主への警告だという。 李嗣源のやり方が気に食わない城主は、晩媚に蠱毒入りの頬紅を送ることに。 褒美としてそれをもらった晩媚は、幸運だと喜ぶ。 だが、目をかけることで七雪を非難の的にしたいのだろうと城主の思惑も推察している。 城主に認められた晩媚を連れて、長安は姽嫿城をめぐる。 姽嫿城は則天武后の時代に隠密機関として誕生した。 そして数百年存続し、今ではこの一帯が姽嫿城の土地だという。 仮住まいは雲璟館、新入りが住まう場所。 地殺などの身分が与えられれば別の場所に移る。 刺客は下から、地殺12席・天殺4席・絶殺2席となる。 一席ずつ棟が与えられる。 地殺は美貌と知恵で、天殺は気功と武術で任務を遂行する。 昇格するには地殺になると与えられる傘に10人の標的の血を吸わせ花を咲かせる必要がある。 絶殺の1人は月影。 山の上には今までの戦いに敗れた城主の祠堂があった。 明日から晩媚の修練が始まる。 美女 今の所、好みの美女がいません、残念でなりません。 主役の子が一番可愛いかなあ。 瓔珞の皇后様が今年最大の美女だわやっぱり。 大好き。 今回は転校生初めての学校見学ということで、そんなとこまで説明する必要ある?ってくらい色々案内してくれました、長安が。 とりあえず任務に成功してればいい暮らしができるみたいですな。 「晩媚と影」第3話 水中の試練 晩媚は琴・舞・碁・書写などあらゆる教養を叩き込まれる。 厳しい修練に毎日同じ食事、晩媚は「なぜ私をいじめるのか」と聞くが長安は意に返さない。 ある日湖に飛び込むよう言われた晩媚。 戸惑っていると長安に突き落とされる。 水の中で意識を失った晩媚は長安に助けられ、そのまま寝込んでしまった。 長安に腹を立てた晩媚は彼の胸にかんざしを突き刺す。 長安は避けることなく刺された。 そして「殺しは一撃必殺」と言い出ていく。 晩媚は耳に聴覚が鋭くなる薬を入れられる。 それは晩媚の代わりに姽嫿城から追放された晩媚の爪と崑崙の氷虫を混ぜて作られたものだった。 それを聞いて衝撃を受け、出ていくという晩媚だが、長安はある場所へ連れて行く。 そこでは、あらゆる残酷な仕打ちで殺されたものや四肢を切断されたまま放置されているものもいる。 もう後戻りはできない、と長安は言った。 城主の褒美としてもらった頬紅は、水に入ると視力を奪うという特殊なものだった。 地殺になるための試験は、湖の底に沈む石碑から、かつての城の名前を探してくること。 石碑には「虫二」と刻まれており、晩香はそれを答えた。 だが晩媚はそれが隠語であると気づき「風月無辺」と答え、候補に残ることができた。 長安は試験の内容を知り、それを見越して晩媚に修練をさせていた。 人身を読む訓練をしていなければ勝てなかったと晩媚は笑う。 始末するつもりだった晩媚が残ってしまった。 城主は気に入らない。 刑風は、若様の例の任務を二人にやらせ競わせては?と提案する。 李嗣源と姹蘿の関係はこうだ。 かつて姽嫿城の主は李嗣源の母・ 藍禾 らんかだった、そして姹蘿を城主にしてやったが刑風を毒で犯した。 姹蘿は藍禾を恨んだが、武術に優れ後ろ盾もある藍禾に手が出せなかった。 そして母が行方不明となった今、好機を見て動いている。 晩媚と晩香は彼岸殿で傘を渡された。 これに一人目の血を吸わせれば紅魔傘となる。 そして最初の任務が与えられる。 禁断の愛 あらすじとか人物相関図とか事前情報あんまり仕入れないタイプなので見始めはいつも何が何やらです!なので禁断愛ってことで影と恋愛するのはわかるんだけど、長安はイケメンなのか?あれでいいのか?.

次の