バジリスク絆テーブル。 バジリスク絆2(バジ絆2) スロット新台

バジリスク

バジリスク絆テーブル

最近ひたすら再導入されているバジリスク絆。 基本的な打ち方はわかるけど、詳しい仕組みがあまりよくわからないって人結構多いんですよね。 ここでは、バジリスク絆のテーブルについて これだけは知っておきたいポイントについて簡単に説明します。 ・朧で半月出現時はATに当選するまでやる! ・5スルー以上しているときはATに当選するまでやる! これだけです。 これをしっかり守っていれば、露骨にハイエナされてムカつくこともまずありません。 いちいち詳しい解析を調べるのが面倒だという人は、これだけでOKです。 スポンサードリンク でも、もっと詳しく知っておきたいって方に、なるだけわかりやすくテーブルシステムについて解説していきます。 バジリスク絆は、AT(バジリスクタイム)に入って初めて出玉が増える機種ですよね。 テーブルシステムは、言わば バジリスクタイムに入りやすいかどうかのモードを決めるものなんです。 ちなみに、そのモードはBC(バジリスクチャンス)に当選するまで基本的には変わりません。 だから 朧BCを選んだ時の最後の月の種類で次回のBCでのAT当選期待度がわかるわけです。 それだけのことなんで、一見大して複雑に思えないシステムなのですが、そのテーブルの種類が異常に多いんですよね。 27種類くらいあります。 また先ほど言ったATに入りやすいかどうかのモードってのも6段階あります。 さらに通常時にも低確・高確・超高確なんていう状態の概念もありますから、 今がどのテーブルでどのモードになっていて、どんな状態で引いたBCなのかっていうのがハッキリと見えることが少ないんですよね。 むちゃくちゃ打ち込んだ人ならなんとなくわかるようになるのですが、あまり打っていない人にとっては考えるだけでも面倒な話です。 ただ、この仕組みにこそ設定看破要素の大部分が乗っているわけですから、設定狙いをしている方にとっては避けては通れないポイントでもあります。 でも面倒だ!って人向けに私なりに考えた高設定看破術をお教えします。 スポンサードリンク まず、バジリスク絆の高設定狙い方法は 1、設定5以下は捨てる覚悟 2、店のクセを読む 3、3スルーしない 4、ヒヤヒヤさせられない軍資金を持っていく 5、やっぱり出る です。 1、設定5を狙えば悪魔のような設定を打たされることが多くなります。 熟練者でないのなら5でもいいなんて考えはNGです。 2、システムを理解するのが面倒なら、店が高設定を置きやすいポイントを狙いましょう。 3、設定6はなかなか3スルーしません。 序盤にしてしまったら縁の無い6だったとあきらめましょう。 4、設定6でもクソみたいな引きの時は結構金を使います。 軍資金が尽きて泣く泣くというパターンが無いように、10万くらいは持っておきましょう。 ない場合はノーマルとかでも十分勝てますよ。 5、なんやかんやで設定6は出ます。 出ないというのは6じゃないという要素の一つです。 バジリスクのテーブルシステムって覚えようとしても結構な情報量なんで、面倒なんですよね。 今はスマホがありますからポチポチすれば、わかるからいいけど、打っているときにそれをするのも面倒という方も多いんではないでしょうか。 そんなときにご活用ください。

次の

バジリスク絆2 モード移行テーブル(表)と振り分け、各モードの期待度

バジリスク絆テーブル

スポンサーリンク バジリスク絆:175回転 6回スルー なかなか美味しい台です。 ここまでハマってると、だいたい高モードにいるので初当たりは早くなりやすいです。 このク〇テーブル感。。。 まさか… 早速打っていきますが、いきなり400回転以上まで連れていかれました。 さらに、ここまで2回BCを当てて朧BCの月が満月と三日月。 この時点で、頭によぎりましたよ。 これはテーブルNだと。 次のBCは150回転くらいで当たりました。 高確っぽい所で当たったんですが、どうせモードAだろうと思って朧BCで赤満月を出して記念撮影しようとしたら、、、 まさかの弦之介登場。 この場合に考えられるパターンは…? 可能性としては、以下のパターンが考えられます。 ・ノーマルテーブルの天井である10スルーで当選した ・モードAだったが薄い所を引いてBTに直撃当選した ・実はBC中に瞳術揃いを引いていてそれで当選した これがテーブルNだったら3つ目の瞳術揃いによる自力当選の可能性が高いと思います。 したがって、このタイミングでは自力当選が察知できる弦之介BCもしくは天膳BCで消化するべきでしたね。 さらに言うなら、弦之介BCは開始時の人数でBC当選時の状態がある程度分かるので、ここは弦之介BCがベストだったと思います。 まあ当たってしまったのは仕方ないので、たくさん出るように祈るのみです。 ちなみに、ここまでの投資はちょうど30kです。 みなさんもご存じだと思いますが、テーブルNの後はBCを引いただけでBTも確定するテーブルY or Zが確定します。 仮に、前回がテーブルNではなくて普通にモードAだったとしても、これを打ってしまうマイナスの期待値よりもモードD以上を取りこぼすマイナスの方が大きいと判断して続行を決断。 テーブルYかZなら、少なくともモードD以上のスタートになるので、モードCよりも高確への移行が優遇されます。 こういうときはちょっとハマってモードアップした方が継続率が上がるのになあ 小声 ここは、テーブルN ? の恩恵を活かして… 単発。 つまり、必然的にBT初当たりが上がるため期待値があるというわけですね。 しかも、1回高テーブルに移行してしまえば、上記の表と同じ移行率で高テーブルをループします。 したがって、YZ抜けは1回BCを当ててテーブルを推測してみるという立ち回りもアリかなと個人的には思います。 ということで、ここでもモードを推測しながらBCを1回当てるまで打ってみました。 天井当選。 朧BCで三日月。 でも、間違いなく期待値はあると思うので、普段モード狙いをするような方は積極的に打ってもいいと思います。 笑 マイジャグとギアスは挙動自体はそんなに悪くなかったんですが、設定1だったということにしておきます。 どっちにしろ、当たり台に辿り着けていない時点で、低設定をずっと打ち続けてしまった可能性が高いですし。 上手く切り替えて、バジリスク絆の高期待値台を打てたのは良かったんですが、結果は散々でしたね。 笑 それでも、期待値を最大限に取れるようなヤメ時だったと思うのでまあ仕方ないです。 とっておきのメシウマを応援ポチで励ましてください。。。

次の

%page_title%

バジリスク絆テーブル

モード狙い考察 高モードをハイエナするというのは厳しいという印象があります。 朧BCにより半月が出た場合AT当選まで全ツッパで期待値はあると思います。 私がおすすめするのは、ゲーム数・BCスルー回数狙いの場合に朧BCで滞在テーブルを見抜く立ち回りです。 モードC以上をそれなりの確率で確定できる朧BCは優秀です。 半月の振り分けはモードC・Dにしかないので 半月時はモードCorD確定。 赤満月の振り分けはモードDにしかないので 赤満月時はモードD確定 モードCなら62. 4%の確率で半月。 モードDなら75%で半月or赤月が出てくれます。 もちろんゲーム数天井狙いで半月以上がでれば、AT当選まで打ち切りで問題無いと思います。 それ以外にも 朧BCの月の結果をテーブル別のモード移行率 シナリオ に照らし合わせれば見えてくる場合があるはずです。 これを補佐的要素として、高テーブルが期待できる場合のみ様子を見る…という形にすることで期待値を上乗せできる場面がきっとあると思います。 ) ただ、あくまで 確証がある場合のみに限定するべきだとは思います。 例えば、9連続三日月で10回目のBCで当選。 この表が詳細版となっていますが、 設定差はどんな点にあるのでしょうか? それをわかりやすくしたものが 簡易版テーブル移行率になります。 設定1は地獄テーブルに比較的移行しやすく ハマると中々抜けだせません。 設定6はループしにくいですが、 それでもループをしないわけではない点には注意。 逆に言えば、設定1のマイナスの割は 「KLM」に詰まっています。 ここに入らなければちょっといい 挙動になることがある点に注意。

次の