車検 場 お盆 休み。 車検は土日・祝日でも出来るか|車検の速太郎

車検は日曜日や土曜日も受けられるのか|車検や修理の情報満載グーネットピット

車検 場 お盆 休み

車検の日程調整が難しくなりそう 平成と新元号「令和」の節目となる大型連休。 かつてない10連休が続くことに、自動車関連の現場にも緊張が満ちている。 最も影響を受けるとみられるのが、車検に関わる現場だ。 自動車登録の窓口となる関東運輸局 東京運輸支局に聞いた。 「日曜祝日が重なる関係で、確かに今年は10日間、登録窓口が閉まります。 受付業務は短くなりますが、これによる特例はありません」 すでに登録済みの車両を車検を受けて乗り続ける場合、車検証に記載されている満了日の1か月前にならないと、検査を受けることができない。 運輸支局や自動車検査登録事務所が休業する期間は4月27日土曜日~5月6日月曜日まで10日間。 最も影響が大きい5月6日に満了日を迎える車両の場合、大型連休前の土日を差し引くと、1か月間の稼働日は15日しかない計算になる。 通常月であれば、22日前後は稼働するので、車検を依頼するユーザーも日程調整が難しくなるが、それ以上に登録業務の現場は多忙を極めることが予想される。 そんなタイトな日程を見越して救済措置を求める声も上がるわけだが、特例が認められないのは前述の通りだ。 ただ、通常通りの判断をした国土交通省自動車局も、大型連休の影響を心配しないわけではない。 「特に4月25日と26日、10連休の直前となる稼働日には混乱が予想される。 支局や事務所の窓口だけでなく、整備団体や販売団体にも事前周知活動を行うことで注意を呼び掛けている」(整備課) 『大型連休前に余裕を持って車検を受けましょう』という呼びかけは、国土交通省自動車局のホームページにも掲載され、誰でも見ることができる。 早めの車検依頼を心がけたい 車検サービスを担う整備工場と整備士団体「日本自動車整備振興会連合会」も、かつてない10連休に気をもんでいる。 「国からも連絡があって、大型連休前は申請が多くて混雑するでしょう。 その後は混乱するかもしれない、という連絡があったので、そうした情報を整備工場などにも流している。 (ユーザーもこうした状況に)注意して車検に出してほしい」(調査企画部) 整備関係者は休日に検査場が閉まることがわかっていても、ユーザーが気が付かなければスムーズに検査を終わらせることはできない。 早めに車検を依頼することが、最も有効な対策といえよう。 さらに大型連休中は多くの整備工場も休業する。 連休中の遠出で故障が起きても、なかなか対応できない状況にある。 こうした故障は日頃から点検を行うことなどで、ある程度防ぐことができるが、それも注意が必要だ。 「法定点検などの依頼も連休前後は混み合う。 10連休は初めての経験なので、仕事量の変動がわからない。 ディーラーであれば連休中の対応に選択肢があるかもしれないが、不意な故障修理は、連休明けの入庫をお願いするしかない」(前同) 史上空前の10連休前の車検や点検は、ユーザーのゆとりある依頼が必要。 では、10連休中に故障が発生した場合、ユーザーはどうすればよいのか。 その対応について次回、お伝えする。

次の

車検は日曜日や土曜日も受けられるのか|車検や修理の情報満載グーネットピット

車検 場 お盆 休み

年末年始になると、その間、休みになるお店が多く通常の営業とは異なるのが一般的でしょう。 しかしながら、車の購入時期によっては、年末年始が車検のタイミングになる場合がありますが、この時期きちんと車検を受けることができるのか不安に感じる人もいるのではないでしょうか。 車検を受ける場合、民間車検場(指定工場)や認証工場で車検を受けますが、民間車検場(指定工場)であれば運輸支局に車両を持ち込まずに自社内のラインで車検を実施できるため、たとえ役所が休みの期間であっても車検を受けることは可能であると言えます。 しかしながら、実際のところは、民間車検場(指定工場)においても年末年始は休業としているところが多いため、基本的には年末年始に車検を通すのは難しいと考えておいた方が良いでしょう。 車検を年末年始に受けられない場合の理由とは? 車検を年末年始に受けられない大きな理由としては、工場自体が休業していることが挙げられます。 どうしても年末年始ということもあり、指定工場、認証工場のいずれにしても、基本的には休業しているところがほとんどです。 そして、認証工場においては、車検やユーザー車検が年末年始に受けられないもう一つの理由として、公共機関が休みという理由が挙げられます。 車検を受ける場合、認証工場では国の車検場に持ち込み車検を行う必要がありますが、年末年始は車検場は休みになるため、検査を受けることができません。 同じく、運輸支局へ車両を持ち込むユーザー車検も実施できません。 また、認証工場には保安基準適合証を発行する権限もないため、最終的には運輸支局など役所での手続きが必要となります。 年末年始は役所も休みですから、手続きを進めることができず、結果的に認証工場では車検を受けることができません。 車検を年末年始に受ける場合の注意点 ディーラーや車検専門店などの民間車検場(指定工場)であれば年末年始でも理論上は車検の実施が可能ですが、民間車検場(指定工場)であっても多くのお店が年末年始は休みとなっているので、営業しているかどうかの事前確認は必須となります。 また、もし車検に出せたとしても保安基準を満たすために部品交換が必要となった場合、自社に部品がない場合は取り寄せになってしまいます。 その場合、部品を扱っているお店が休みである場合が多いため、結局は車検を進めることができません。 これらのことを踏まえると、基本的には年末年始に車検を通すのは難しいと考えておいた方が良いでしょう。 車検は有効期限の1ヶ月前から受けることが可能なので、年末年始が期限である場合は、車検業者と相談した上で余裕を持って早めに受けることをおすすめします。

次の

ユーザー車検の混雑する時期

車検 場 お盆 休み

車検の日程調整が難しくなりそう 平成と新元号「令和」の節目となる大型連休。 かつてない10連休が続くことに、自動車関連の現場にも緊張が満ちている。 最も影響を受けるとみられるのが、車検に関わる現場だ。 自動車登録の窓口となる関東運輸局 東京運輸支局に聞いた。 「日曜祝日が重なる関係で、確かに今年は10日間、登録窓口が閉まります。 受付業務は短くなりますが、これによる特例はありません」 すでに登録済みの車両を車検を受けて乗り続ける場合、車検証に記載されている満了日の1か月前にならないと、検査を受けることができない。 運輸支局や自動車検査登録事務所が休業する期間は4月27日土曜日~5月6日月曜日まで10日間。 最も影響が大きい5月6日に満了日を迎える車両の場合、大型連休前の土日を差し引くと、1か月間の稼働日は15日しかない計算になる。 通常月であれば、22日前後は稼働するので、車検を依頼するユーザーも日程調整が難しくなるが、それ以上に登録業務の現場は多忙を極めることが予想される。 そんなタイトな日程を見越して救済措置を求める声も上がるわけだが、特例が認められないのは前述の通りだ。 ただ、通常通りの判断をした国土交通省自動車局も、大型連休の影響を心配しないわけではない。 「特に4月25日と26日、10連休の直前となる稼働日には混乱が予想される。 支局や事務所の窓口だけでなく、整備団体や販売団体にも事前周知活動を行うことで注意を呼び掛けている」(整備課) 『大型連休前に余裕を持って車検を受けましょう』という呼びかけは、国土交通省自動車局のホームページにも掲載され、誰でも見ることができる。 早めの車検依頼を心がけたい 車検サービスを担う整備工場と整備士団体「日本自動車整備振興会連合会」も、かつてない10連休に気をもんでいる。 「国からも連絡があって、大型連休前は申請が多くて混雑するでしょう。 その後は混乱するかもしれない、という連絡があったので、そうした情報を整備工場などにも流している。 (ユーザーもこうした状況に)注意して車検に出してほしい」(調査企画部) 整備関係者は休日に検査場が閉まることがわかっていても、ユーザーが気が付かなければスムーズに検査を終わらせることはできない。 早めに車検を依頼することが、最も有効な対策といえよう。 さらに大型連休中は多くの整備工場も休業する。 連休中の遠出で故障が起きても、なかなか対応できない状況にある。 こうした故障は日頃から点検を行うことなどで、ある程度防ぐことができるが、それも注意が必要だ。 「法定点検などの依頼も連休前後は混み合う。 10連休は初めての経験なので、仕事量の変動がわからない。 ディーラーであれば連休中の対応に選択肢があるかもしれないが、不意な故障修理は、連休明けの入庫をお願いするしかない」(前同) 史上空前の10連休前の車検や点検は、ユーザーのゆとりある依頼が必要。 では、10連休中に故障が発生した場合、ユーザーはどうすればよいのか。 その対応について次回、お伝えする。

次の