絶品 ちらし 寿司 レシピ。 絶品「酢飯」のアレンジレシピ12選♪作りすぎても安心な活用法とは

ちらし寿司の作り方

絶品 ちらし 寿司 レシピ

その後お釜に入れ、昆布と水を合わせておいた昆布だしを加える。 みりんも加え炊飯器で炊く。 2、合わせ酢を作る。 小鍋に米酢、砂糖、塩を加えて火にかけ溶ける程度温めたらOKです。 香りが飛ばないように沸騰させないことが大切です。 3、ごはんが炊きあがったら飯台にあけ、熱々のうちに2の合わせ酢をかけしゃもじで切る用に混ぜる。 4、あなごは小口切りにしたら酒、砂糖、しょうゆを加える。 煮立ったら弱火にして約8分間落し蓋をして煮て甘辛く味付けをする。 焦がさないように注意します。 煮汁が少しのこるくらいで火からおろす。 5、かんぴょうは洗って塩少々をふってもみ、熱湯で2~3分間ゆでる。 その後小鍋に入れ、だし、砂糖、しょうゆを加える。 煮立ったら弱火にして約8分間落し蓋をして煮る。 煮汁が少しのこるくらいで火からおろす。 6、かんぴょうを先に加え混ぜ合わせる。 あなごは汁ごと加えて混ぜ合わせる。 ふきんなどをかけ、少しおいておく。 煮汁や具をごはんになじませることでより深い味わいになります。 7、卵は溶きほぐし塩を加えて混ぜた後ざるでこす。 卵焼き器にサラダ油を熱し、一度ぬれふきんで冷ました後お玉1杯分を加える。 全体に広げ、乾いたらお箸を下に差し入れて裏返し反対の面も焼く。 巻きすの上に取り出す。 何枚か同じように焼いて重ね、細切りにする。 端の部分はみじん切りにしてすし飯に混ぜる。 8、しいたけの旨煮を作る。 干ししいたけは水につけて戻す。 軸を切り落とし、薄切りにする。 鍋に薄切りにしたしいたけ、戻し汁を加えて中火にかける。 煮立ったらアクを取って砂糖大さじ4、しょうゆ大さじ2を加え、落としぶたをして弱火で20分間ほど煮る。 20分煮たら落としぶたを取りサラダ油を回し入れる。 煮汁がとんでつやが出るまでいりつける。 9、酢れんこんを作る。 れんこんは皮をむく。 半月形の薄切りにしたらサッと洗う。 だし、酢、砂糖、塩、れんこんを鍋に入れ中火で煮立てる。 透き通ったら汁ごとボウルに移して冷ます。 10、絹さやはヘタと筋を取る。 熱湯に塩を加え塩ゆでにする。 その後冷水にとる。 紅しょうがは千切りにする。 11、上に乗せる具材はそれぞれ別の器に盛り付ける。 食べる際にすし飯を盛り付けた後、具材をお好みの量乗せていただきます。 以上『土井善晴さんのちらし寿司の作り方』のご紹介でした。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 こちらもおすすめです。

次の

ちらし寿司の作り方

絶品 ちらし 寿司 レシピ

カキオコ 岡山県日知で親しまれている牡蠣を使ったお好み焼き『 カキオコ』です。 牡蠣好きにはたまらないレシピ。 たっぷり使うのがポイントです。 生地にすりおろし長芋を入れるのですがとっても美味しいですよー! 京都マドラグのコロナサンド 有名な京都マドラグさんの厚焼きタマゴサンドが家庭でも再現できるレシピ『 コロナサンド』です。 実際に作り方を動画でもご紹介しながら作ってみましたが、素人でもふわふわの厚焼き玉子がフライパン1つで作れてとっても美味しかったですよ。 厚焼きタマゴサンド好きの方にとてもおすすめです。 レシピ動画あり 玉めし(煮卵おにぎり) 福岡県にあるお店発祥の美味しい『 煮卵おにぎり』です。 すき焼きのたれで味付けした半熟に卵を味付けごはんで包んだおにぎりで、とっても美味しいですよ。 我が家でも人気のレシピです。 お夜食にもおすすめ。 レシピ動画あり たまごふわふわ 静岡県のご当地料理『 たまごふわふわ』です。 土鍋で作る茶碗蒸しのようなメニューなのですが、未体験のふっわふわに仕上がりとっても美味しいですよ。 我が家では子供たちも大好きです。 ふわふわを成功させるためには少しコツもあるので、その辺りも詳しくご紹介しています。 レシピ動画あり 豚汁ラーメン 新潟県のご当地料理『 豚汁ラーメン』です。 市販の味噌ラーメンに玉ねぎと豚バラ肉、豆腐を加えた豚汁をかけて作れるラーメン。 とっても美味しいですよ。 レシピ動画あり 芋煮 山形県の郷土料理だという、里芋を使った牛丼のような煮物『 芋煮』のレシピです。 これものすごく美味しいのでかなりおすすめですよ。 実際に山形で親しまれているという味の決め手になる味マルジュウという調味料を使って作りました。 味マルジュウがない場合はだししょうゆや濃口醤油でいいかな?と思います。 味マルジュウ自体はとっても美味しいので、1本買ってみても損はありません。 お刺身醤油としても使えますよ。 油揚げごはん 福井県で親しまれているという分厚い油揚げを入れて炊いた『 油揚げごはん』です。 お揚げに味が染みてとっても美味しいですよ~ 食べ応えのある炊き込みご飯になりました。 普通の薄いあげではなく、できる限り分厚いものを使うのが本場の味に近づけるポイントかなと思います。 とうきびごはん 北海道で親しまれているという『 とうきびご飯(とうもろこしご飯)』です。 とうもろこしの実だけではなく芯も一緒に入れるのがポイント。 コーンポタージュみたいな深みと甘みのある味に仕上がります。 お子さんにもおすすめですよ。 コーン缶でも代用して作ることができます。 レシピ動画あり 焼豚玉子飯 愛媛県のご当地料理『 焼豚玉子飯』です。 たれに漬け込んで焼いた焼き豚をご飯の上に乗せ、半熟に焼いた目玉焼きを乗せた豪華などんぶりメニュー。 黄身に絡めながら食べると最高ですよー! レシピ動画あり 豚丼 北海道のご当地料理『 豚丼』です。 甘めのたれがポイントで、家庭でもお店の味が簡単に真似できる割合をご紹介しています。 部位はお好きな部位で大丈夫ですが、バラ肉で作ってみたらすごく美味しかったですよ。 5分もあればできるので忙しい日にもおすすめです。 ニラせんべい 信州の郷土料理で、小麦粉に片栗粉と味噌、刻んだニラを混ぜて焼いたチヂミのようなレシピ『 ニラせんべい』。 子供のおやつにも、おつまみにもいける美味しいメニューです。 糖質が気になる方向けに、おからパウダーで代用した低糖質タイプのレシピもご紹介しています。 我が家でも大人気のレシピです。 バラ焼き 青森県で大人気の牛バラ肉と玉ねぎを炒め合わせたおかず『 バラ焼き』です。 たれがポイントですが、焼肉のたれを活用して家庭でも作ることができます。 溶き卵につけてたべるのも最高に美味しいのでおすすめです。 個人的にも大好きなレシピ。 レシピ動画あり ぴっぴ飯 香川県のご当地料理『 ぴっぴ飯』です。 香川と言えば讃岐うどんが有名ですが、ぴっぴとは赤ちゃん言葉でうどんのこと。 このぴっぴ飯は余ったうどんを刻んで具材と炊いたご飯と炒め合わせた、リメイクに使えるメニューです。 具沢山で美味しいですよ。 レシピ動画あり そばめし 兵庫県で親しまれている、刻んだ焼きそばとごはんを炒め合わせて作る『 そばめし』です。 我が家では小さいころから祖母がよく作ってくれたおなじみのメニューだったのですが、兵庫発だったとは知りませんでした。 そばめしはマヨネーズをかけても美味しいですよ。 具材に牛肉とこんにゃくが入った豪華なそばめしです。 この牛肉とこんにゃくは『 ぼっかけ』という甘辛煮なのですがこのまま食べても美味しいです。 細かく切ってあるのでお子さんにもおすすめの料理です。 鶏ちゃん焼き 岐阜県のご当地メニューで、皮付きの鶏もも肉とキャベツを甘めの味噌味で蒸し焼きにして作るメニュー『 鶏ちゃん』です。 私の住んでいる愛知でも割となじみのあるメニューですが、とっても美味しいのでおすすめですよ。 作り方をレシピ動画でもご紹介しています。 是非ご覧ください。 レシピ動画あり 手こね寿司 かつおとまぐろをたれにからめて酢飯の上に乗せ、薬味もたっぷり散らした『 手こね寿司』です。 我が家では男子ごはんで話題になったときのレシピがかなりお気に入りでよく作っています。 ミョウガや大葉、たれに青唐辛子を入れて少しピリ辛にして作るのですがすごく美味しいですよ。 いただき 鳥取県のご当地料理で、油揚げの中にごはんを詰めて炊いた『 いただき』です。 鍋でも炊飯器でも作ることができますが美味しいですよ。 お揚げにだしが染みて、ボリューム感のあるごはんになります。 レシピ動画あり 鯖缶ばら寿司 京都で親しまれているという、鯖の醤油味缶を使って作るそぼろを使ったちらし寿司『 鯖缶ばら寿司』です。 押し寿司のようなレシピで、ご飯の間にも挟んで入れ、さらに上に錦糸卵やかまぼこを一緒に散らしたお寿司です。 お祝いの席などで食べられることが多いそうです。 ちらし寿司は作るのが大変ですが、見た目も華やかでとっても美味しかったですよ。 層にして作るので、ガラスの器で作るときれいに見せることができます。 レシピ動画あり キムタクご飯 長野県塩尻市のオリジナル給食メニュー『 キムタクご飯』は、木村拓哉さんのことではなく、キムチとたくあんを使った混ぜご飯のこと。 豚キムチとたくあんの混ぜご飯で、食感もよく食べ応えがあって美味しいですよ。 簡単にできるので、忙しい日のメインにもおすすめ。 レシピ動画あり スタミナ納豆 鳥取県の給食で大人気というメニュー『 スタミナ納豆』。 そぼろにした鶏ひき肉にひきわり納豆を加え、タバスコで味付けをした少しピリ辛のごはんのお供になるレシピです。 ごはんにかけても、うどんにかけても美味しいですよ。 ふかしかじゃがいもをこんがり焼いて、サクラエビとねぎを加えウスターソースたっぷりで味付けしたおかず。 濃い目の味付けがおいしいですよ。 レシピ動画あり からそば 沖縄のご当地料理で、サバの味噌煮缶と八重山そばを和えるだけで簡単にできる『 からそば』です。 今回ご紹介しているレシピの中でおそらく一番簡単な超お手軽メニュー。 ポリ袋の中に麺と味噌煮缶を入れて和えるだけ。 八重山そばが手に入らない場合は沖縄そばでも代用可能です。 忙しい日におすすめですよ。 シャンゴ風スパゲッティ 群馬県の人気イタリア料理店、シャンゴさんの人気メニューを真似した『 シャンゴ風スパゲッティ』です。 本物はソースが黒いのですが、手軽に出来合いのとんかつとレトルトのミートソースやデミグラスソースを使って再現できるレシピ。 ミートソースを甘めにするのがポイントで、見た目も豪華ですしすごく簡単にできるのに美味しいですよ。 手軽に豪華なメニューを楽しみたいときにもおすすめです。 名前が素敵ですよね。 おだしで油揚げとネギを炊いて、卵を流し入れて閉じるだけ。 すごく簡単にできますし、お値打ちに作れるのですがお揚げにおだしがしっかり染みてとっても美味しいですよ。 節約メニューとしてもおすすめです。 宇和島の鯛めし 宇和島名物の『 鯛めし』が家庭でも簡単に楽しめるレシピ。 甘めのだしを溶き卵とあわせたたまごだしに鯛のお刺身を絡めてご飯の上に乗せて食べる絶品卵かけごはんです。 豪華ですが簡単にできる点が嬉しいですね。 えびめし 『 えびめし』は岡山県のご当地料理で、ソースやカラメルソースで味付けした真っ黒なごはんにエビなどが具材として入ったチャーハンのようなレシピです。 男子ごはんで紹介された際の本格的な作り方をご紹介しています。 れんこんの蒲焼き うなぎの代用にすりおろしたれんこんを使って作る蒲焼風のレシピです。 愛知県愛西市の郷土料理として親しまれています。 味噌ポテト 埼玉県秩父地方で愛されているという、じゃがいもがメインのレシピです。 揚げたじゃがいもに甘味噌のたれをたっぷりとかけていただきます。 肉なししゅうまい 栃木県足利市で愛されているという、お肉を一切に使わずにみじん切りの玉ねぎだけを具にして作るしゅうまいです。 お肉が買えないときの節約にも使えますね。 漬物ステーキ 岐阜の飛騨地方で親しまれている鉄板の上に白菜の古漬けを乗せて卵を上からかけて焼くメニューです。 名前が面白いですよね。 愛知でも居酒屋さんなどで食べることができますよ。 田舎寿司 高知県で親しまれているという、干ししいたけやミョウガを乗せた野菜寿司のレシピです。 前日から仕込みが必要になりますが、ごはんにサバ缶やゆず果汁を使うなど独特の風味が楽しめる美味しいお寿司です。 山形県のだし 『 だし』とはつゆのことではなく、みじん切りにしたきゅうりとなす、薬味を混ぜてめんつゆやだしじょうゆで味付けをしたおかずになるソースのようなレシピです。 ご飯の上にかけて食べる、ごはんのお供的なメニューになっています。 ご飯の他、冷ややっこにかけても美味しいですよ。 夏にオススメのレシピです。 なすそうめん 石川県金沢で親しまれているという、なすとそうめんをめんつゆで一緒に煮込んで作る『 なすそうめん』のレシピです。 麺つゆが染みたなすとそうめんが最高に美味しく、とても簡単にできるメニューです。 かなりおすすめですよ。 いか人参 福島県ではおなじみのするめとにんじんを使ったレシピ『 いかにんじん』です。 ごはんのお供にも最適です。 個人的にはおつまみとしておすすめ。 細切りにしたにんじんとスルメの食感も最高ですよ。 レシピ動画あり がね 『 がね』とは鹿児島県の郷土料理の1つで、細切りにしたさつまいもの天ぷらです。 カニ(鹿児島ではがねというそうです)が手を広げた形に似ていることからこの名前がついたそうですよ。 冷や汁そうめん 蒸し暑い時期でもさっぱりと食べられる、冷や汁をそうめんにしたレシピです。 アジの干物を使った本格的なレシピをご紹介しています。 貝焼き味噌 青森県で親しまれているお料理です。 本当は貝焼き用の大きな貝殻の上に乗せて作るそうですが、家庭で作る場合は土鍋でも代用可能ということです。 山賊焼き たれに漬け込んだ鶏もも肉を揚げたボリュームのあるおかずです。 おつまみにもよさそうですし、子供も喜びそうですね。 イカメンチ 包丁でたたいて細かくしたイカににんじんや玉ねぎなどを加えて混ぜ合わせ、揚げ油で揚げたイカのメンチカツです。 コーンを入れるのもおいしいそうです。 ねぎ味噌天 岐阜県の料理です。 衣に水で溶いた合わせ味噌を加えたねぎの天ぷらです。 ねぎすら入っていない味噌天というものもあるそうです! お麩の唐揚げ お肉の代わりにお麩を使った唐揚げです。 唐揚げの他にも酢豚にも使うことができるということでした。 鶏焼肉 三重県松阪市で親しまれているという赤味噌だれに漬けこんだ鶏肉を焼いた濃厚な味わいのレシピです。 さらに焼いた後もおなじたれにつけていただきます。 タルタルソースたっぷりのチキン南蛮 宮崎県で愛されているという、タルタルソースがたっぷりのチキン南蛮です。 甘めのタルタルがポイントで、パン粉をつけずに揚げた鶏肉をこれまた甘めの南蛮酢につけて作ります。 ちゃんちゃん焼き 北海道のご当地料理で、鮭の切り身とたっぷりの野菜を味噌だれで炒めた『 ちゃんちゃん焼き』です。 ホットプレートでできるので、家族みんなで囲んで食べるにもいい料理ですね。 ビールにも最高によく合うおかずです。 石狩鍋 こちらも北海道のご当地料理の1つ『 石狩鍋』です。 昆布だしベースの鍋つゆに酒粕と味噌を入れるのがポイント。 具材もじゃがいもや鮭など北海道産の具材を使う鍋料理です。 石垣餅 大分県の郷土料理、『 石垣もち』です。 よく似たものに愛知の鬼まんじゅうがありますが、角切りにしたさつまいもを使った蒸し饅頭です。 甘くてホクホク&しっとりしていてとてもおいしいですよ。 家庭でもプロの味が楽しめる人気店のレシピです。 レシピ動画あり 以上『 秘密のケンミンショーで話題になったご当地料理のレシピ』のご紹介でした。 是非作ってみてくださいね。

次の

土井善晴さんのちらし寿司のレシピ。絶品酢飯の作り方も紹介。

絶品 ちらし 寿司 レシピ

その美味しいメニューを引き立てるのは、何と言っても「酢飯」です。 しかし気合いを入れて用意した酢飯なのに、余ってしまったことありませんか? 酢飯は炊いたご飯の分だけ作るので、なかなか分量の調整がしにくいですよね。 そして、みんな食べるであろうと思っていても、残ってしまうこともあります。 酢飯は普通に炊いたご飯と同じように冷凍保存が可能ですが、せっかく酢飯を作ったなら、早めに消費したいですよね。 実は酢飯には、意外とアレンジレシピがたくさんあるんです。 定番メニューでは飽きてしまう酢飯を使って、さらに美味しいメニューにアレンジできたら素敵ですよね! 人気のアレンジレシピを集めてみたので、ぜひ参考にしてください。 <酢飯に合う食材> ・うなぎ ・カニかま ・お刺身 ・野菜 ・アボガド 冷蔵庫にこれらの食材があれば、組み合わせて美味しくまた酢飯をいただけます。 それでは早速、酢飯を使った人気のアレンジレシピを見ていきましょう。 棒状に伸ばした酢飯の上に鯖を乗せ、ラップなどで軽く巻いて落ち着かせてから食べると、ご飯が崩れにくくなるのでおすすめですよ。 脂の乗った鯖の臭みも、酢飯が程よく和らげてくれるので、半身を丸々美味しく食べることができます。 鯖が苦手なら、さんまやうなぎに変えてみてはいかがでしょうか。 酢飯は魚介類との相性がいいので、とっても美味しくいただけますよ。 それは、酢飯を使ってピザにすること! なんと酢飯をカリカリに焼き上げていて、本物のピザのようなトッピングがされているアレンジレシピなんです。 こちらの酢飯ピザなら、ビールのおつまみにももってこいです。 パーティーなどの残り物と合わせて、お家でもう一度パーティー気分が楽しめるのではないでしょうか。 アボカドを乗せることで、味にさらにコクが出てトマトの酸味とマッチしてくれるそうです。 「トマトをしょうゆ漬けして、美味しいの?」と、少し不安にもなりそうですが、酢飯とよく合うので、食べていくうちに食が進むレシピになっていますよ。 トマトとアボカドは、多くの女性が好む食品でもあるので、早速試してみたくなった女性も多いのではないでしょうか。 トマトに含まれているリコピンは、美容効果もあるので積極的に食べたいですよね。 食欲がないときでも、あっさり、さっぱり食べることができます。 すると翌日は、酢飯が硬くなっていることもあるのではないでしょうか。 そのときにおすすめのアレンジレシピが、チャーハンです。 冷凍庫に入れて硬くなってしまった酢飯は、いっそのことチャーハンにして卵と一緒に炒めてみて! 和の酢飯から中華のチャーハンにリメイクすることができるので、味も新鮮でついつい食べてしまいそう。 余った酢飯を使えばサンラータン風のお粥にすることもできるんですよ。 すでにお酢で味付けをされた酢飯との相性が抜群のアレンジレシピ。 基本的な作り方をマスターしたら、あとはお好みで辛さを調節すればいいので、自分好みの味に仕上げることができます。 そして卵もたっぷり入れて、温かいうちにいただきましょう。 そこでおすすめしたいアレンジレシピは、洋風に仕上げることです。 エビはもちろん、ピンクペパーやバジルなど、イタリアンなものを使って仕上げることで、一気に和から洋の酢飯に変えることができるんですよ。 さらにこちらのアレンジレシピでは、チーズとトマトも使われているので、男性からも喜ばれる味になること間違いなし! 女子会で作るなら、ワインをお供にするのもおしゃれですよね。 本当にイタリアンレストランで食べているような雰囲気も楽しめそうです。 残った酢飯の中に、きゅうりやかにかまを入れれば、さっぱり食べることができますし、彩りもキレイなので、そのままお弁当に入れるのもいいですよね。 丸々一本にするなら、持ち手部分におしゃれなワックスペーパーを巻いてみましょう。 スティック酢飯でおしゃれも楽しめます。 ワックスペーパーは、100円均一などでもデザインが豊富にあるので、ピクニックなどの予定があるならぜひ用意してみてください。 また、卵の味によって酢飯も変わってくるので、好みで調節してみてくださいね。 こちらのチャーシュー丼は、ヘルシーな鶏むね肉と味ぽんでシンプルに作られているので、がっつりだけどさっぱり食べることができるレシピになっています。 酢飯のさっぱり感もプラスされ、さらにガツガツ食べることができそう。 意外かもしれませんが、ホワイトソースと組み合わせることで酢飯の酸味がマイルドになり、最後まで美味しく食べることができます。 酢飯が苦手な方にもおすすめです。 チキンやブロッコリー、チーズなどをたっぷりトッピングして、パーティーのような一品にするのもいいですよね。 翌日まで残してしまったときにも、アレンジレシピが活躍するときです。 カレーやドリアも美味しいですが、もっとサクッと簡単に作るならオムライスがおすすめ! 元々お米にしっかり味が付いているので、旨味を増すことができます。 一口サイズの軍艦巻きは、おもてなし料理としても活躍してくれるほどおしゃれです。 ローストビーフではなく、さまざまな野菜や納豆などの変わり種を用意して楽しむのもおすすめですよ。 それは、酢飯を使って桜もち風にすることです。 酢飯に桜の塩漬けを混ぜることで、一気に桜の香りが広がり、混ぜていくことで酢飯にももっちり感を出すことができます。 せっかくなので、お花見をするときに持って行くのもいいのではないでしょうか。 酢飯を使った人気のアレンジレシピをご紹介させていただきました。 お酢の味がついてしまった酢飯も、工夫次第で全く別物に生まれ変わることができるので、飽きずに最後まで美味しく食べることができますよ。 ピクニックやパーティーの時は、あえて酢飯を少し多めに作って、気になったアレンジレシピにチャレンジしてみてくださいね。

次の