死亡 診断 書 コピー。 【死亡届・死亡診断書】の違いと手続き|さくらほーるこもり

家族に渡す死亡診断書は原本とコピーのどちらがよいか?【法的・社会的な重要性を考慮した取り扱いを】|Web医事新報

死亡 診断 書 コピー

遺族でない限り、法的に無理だと思います。 遺族は医師から死亡診断書を発行してもらい、24時間以内に役所へ『死亡届』を提出し『埋葬許可証』を受取っています。 昨今では役所への手続きは葬儀社が行うことが多いかと思います。 遺族は葬儀後のあらゆる手続きに『死亡診断書』が必要となる場面がありますが、これは死亡診断書のコピーを何枚か葬儀社からもらってあり利用しています。 ですので、遺族の手元にはコピーは確実にあるはずですので、そういう理由でしたら、遺族の方に相談するしかないと思います。 こんなサイトがありました。 遺族からの死亡診断書 死体検案書 の追加発行の要請や内容の質問は拒否できない 医師法第19条2。 さもないと守秘義務違反で罪を問われる。 Q このカテゴリーでよろしいんでしょうか? 医師は求められたときに「診断書」を書かねばならないという 法律が医師法19条にあります(下記)。 ただし、この法律には「正当な事由があれば」医師は 診断書を書かなくて良いとなっております。 赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、 「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの でしょうか。 医師法 第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、 正当な事由がなければ、これを拒んではならない。 2 診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは 検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、 正当の事由がなければ、これを拒んではならない。 第二十条 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方 せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を 交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。 但し、診 療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書 については、この限りでない。 このカテゴリーでよろしいんでしょうか? 医師は求められたときに「診断書」を書かねばならないという 法律が医師法19条にあります(下記)。 ただし、この法律には「正当な事由があれば」医師は 診断書を書かなくて良いとなっております。 赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、 「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの でしょうか。 医師法 第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、 正当な事由がなければ、これを拒んではなら... 1、お答え 基本的に不可能と考えます。 2、理由 (1)刑法134条 医師(医療関係者)は、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知りえた人の秘密を漏らすと処罰の対象になります(刑法134条、感染症予防法67条、68条、児童福祉法61条等)。 個人の診察結果も、本人が結果の開示を容認する意思表示をしない限り、本状の秘密に含まれると考えられまので、医師が、本人の医療結果について、第三者の請求のみで公開することは、許されないといえます。 もっとも、同法のいう「正当な理由」があれば、医師が人の秘密を漏らすことも認めています。 ここでいう「正当な理由」の具体例としては次のようなものがあります。 ・法令上の義務によるもの(たとえば、感染上予防法12条のように、医師は患者を保険所長、都道府県知事などに届ける義務がある) ・秘密の主体である本人が同意したとき ・他人の利益を害する差し迫った危難を避けるために、やむを得ず行う緊急避難としての開示であるとき 上記例を満たす場合、医師は秘密を第三者に漏示することが許されますが、秘密漏示罪の重大な例外ですのでその解釈適用については慎重になされます。 ご質問のケースからは、上記例外に当たるような事由は見当たりませんので、原則通り、第三者に対して本人のの治療情報の開示は許されないといえます。 (2)医師法19条2項について 確かに同条にいうように、医師は診断書の請求があったら交付しなければなりません。 しかし、上記刑法134条の秘密漏示禁止事由に当たる場合、医師法19条2項にいう「正当な理由」に該当すると考えられます。 となると、第三者に対しての診断書の交付は、刑法134条の例外事由に当たらない限り、医師法19条2項にいう「正当な理由」に該当し、拒否しえるということになります。 前述のように、ご質問のケースからは、刑法134条の例外事由がみあたりませんので、第三者による請求の場合、医師は医師法19条2項にいう「正当な理由」を根拠に交付を拒否しえることになります。 補足 法律の原則とおり解釈すると以上のような結論になります。 しかし、刑法134条は親告罪です。 診断書の請求をする第三者が、配偶者や親、子といった関係であり、かつ、本人の意思確認が取れないような場合などは、第三者の請求でも認められる場合もあるといえるといえます。 ご参考になれば幸いです。 1、お答え 基本的に不可能と考えます。 2、理由 (1)刑法134条 医師(医療関係者)は、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知りえた人の秘密を漏らすと処罰の対象になります(刑法134条、感染症予防法67条、68条、児童福祉法61条等)。 個人の診察結果も、本人が結果の開示を容認する意思表示をしない限り、本状の秘密に含まれると考えられま... A ベストアンサー 法律は、個人情報保護法です。 第二十三条で、第三者への情報提供を制限しています。 第三者とは、親兄弟も含まれます。 第二十三条 個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。 一 法令に基づく場合 二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。 三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。 四 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。 (Q)本人以外が診断書を受取る場合、本人の同意書は必要ですか。 (A)はい。 必要です。 (Q)同意書がなければ身内でも受取りは不可能ですか。 (A)原則として、そうなります。 (Q)子供の診断書を受け取る場合は、本人の同意書は必要ですか。 不要ですか。 この場合の子供とは、何歳までですか。 (A)明確な規定はありません。 一般的には、15歳、18歳、20歳で線引きされるでしょうが、 提供側がどのように判断するかにかかっているでしょう。 法律は、個人情報保護法です。 第二十三条で、第三者への情報提供を制限しています。 第三者とは、親兄弟も含まれます。 第二十三条 個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。 一 法令に基づく場合 二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。 三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ること... A ベストアンサー 戸籍法で「誰でも(他人の)戸籍(除籍を除く)を請求できることができる」としながら、「不当な目的による場合は請求を拒むことができる」としているため、結果的に、委任なく第三者が他人の戸籍を請求する場合は、目的を明らかにする必要があります。 しかし、実務上、ほとんど難しいことになってしまっています。 戸籍をとりたいということであれば、その人が既婚者か、子供がいるのか、親はだれか、まぁ、大体知りたい情報といったらそんなところでしょうが、そういう目的でも、たいていの窓口のお役人さんは出し渋るでしょう? だいいち、その人の本籍地がわからないことには、請求書の書きようがありません。 わからなければ、基本的には、本人に教えてもらうことになるわけで、そうであれば、委任状を作成して、代理人として請求すれば済むことです(住民票をまず請求すれば、本籍地は出ていますが、御自分の住民票を取る時のことなど、思い出していただくとお分かりいただけると思いますが、そんなときでさえ、住民課のお役人さんって、なるべく本籍地の記載は省略させようとしたりするくらいですから・・・) 本来戸籍法に定められている「不当な目的」とは、出身地に絡んだ、就職や、婚姻における不当な差別的観点からの調査を意識したものだったはずなのでしょうが、現実問題、そういう目的の人が、正直にそう書くわけないので、結果として、それ以外の第三者請求も実務上難しい状況が出来上がってしまっているようです。 対して、専門家の職務請求の場合は、それぞれ所定の用紙があるので、それで以って、専門家の人が窓口で請求すれば、すんなり出してくれます。 ちなみに 2の方の「行政書士・司法書士・弁護士・税理士・社会保険労務士などの特定の資格がある者が」という記述に特に間違いはありません。 戸籍法10条・12条の2を受けて、法務省令でこれらの者には職務上の請求であれば、請求することを認められているのです。 ですから、kodemariさんの目的しだいで、これらの専門家のいずれかに依頼すれば、なんら問題なく正当に請求はできますし、現実問題出してもらえます。 例えば、司法書士に依頼することができる動機だとして、戸籍1通であれば、手数料プラス3000円程度の費用で取ってもらえます。 弁護士など立てずに自分で裁判をする場合、相手方の戸籍が必要な場合は、訴状等その旨証明する書類の写しと、免許証などを添付して、請求できるように自治省の通達でなっていますが、これなども不勉強な役人が少なくなく、「そんな請求はできません」と窓口で突っぱねられ、大喧嘩をしたことがありますが・・・とにかくご自分で請求されるのは大変なのが現実です。 戸籍法で「誰でも(他人の)戸籍(除籍を除く)を請求できることができる」としながら、「不当な目的による場合は請求を拒むことができる」としているため、結果的に、委任なく第三者が他人の戸籍を請求する場合は、目的を明らかにする必要があります。 しかし、実務上、ほとんど難しいことになってしまっています。 戸籍をとりたいということであれば、その人が既婚者か、子供がいるのか、親はだれか、まぁ、大体知りたい情報といったらそんなところでしょうが、そういう目的でも、たいていの窓口のお... Q 仕事の関係で、病院で亡くなられた身内が全くいない方の死亡届をお願いすることになりました。 亡くなられた方の担当の民生委員をされている方が、大家さんでもあったので「死亡届は家屋管理人でできるのでお願いしますと説明し死亡届をしていただきました」 しかし、市役所から連絡があり、戸籍法で1週間以上他の住居で生活していたことが分かっている場合は大家さんは対象ではなくるように定められており今回のケースでは病院長でなければ受理できないと言われました。 直接死因の死亡までの期間に約25日間と記載されていたためこのような結果になったんだと思っております。 後学の為、戸籍法の何条何項にそのように定められているのか調べたいので教えてください。 (文章が下手で理解しづらいかと思いますがどうぞよろしくお願いします。 ) A ベストアンサー 文字通り市長職権による消除という意味です。 住民異動は、原則として世帯員、その親族などからの申し出によって 行われるものです。 ですが、住所地を管轄するのは当該の 市区町村役場になります。 ですから、これらの住居地を管理する上で 市長職権により、その住民は居住していないと認め、 その住居地からの住民登録を消除する事を指しています。 結構よく聞かれるのは、会社の寮などに半年以上つめていて、 ・住民登録地で、保険料や住民税などを未払いにしていたのに気付か なかった。 というケース。 本当に多いです ですが他にも実は色々なケースがあります。 ・・例えば、 ・本人の失踪宣告があった為にこれに基づいて実態調査によって不在住を 確認する時。 孤独死で死亡が確認されていれば「死亡」とされます ・虚偽の転入、転居であると判断された為に、住民登録を抹消する場合。 ・世帯主の資格を有しない者 15歳未満 だけで、正当な理由もなく世帯を 構成した場合。 もしくは、正当な理由が失効した場合。 この時は、事件本人を親族などの世帯に、入れる様にするのが普通ですが、 それを拒否すると、職権消除を発動する権利があります。 正当な理由を有して、世帯を構成している事が示されれば、そういう 但し書きをもって認められる事もあります。 正当な理由というのは、 仮の世帯主が生計を立てる能力があると認められる場合。 世帯を同一にしない者 近隣の親族や、養護施設の園長さんなど が、 世帯主としての役割を果たせると認められる場合。 住民登録が出来ない者 簡単に言えば外国人 が実質的に世帯主として そこにいる場合。 こんなところですね。 逆にこれらの理由が失効すると、他に世帯主を探さねばなりません。 更に続けます。 で、これが意外と多いのですが。 ・前住所での転出の届出をしないまま、新住所地で転入、あるいは 住所設定での転入を行うと、「こっちに住所を置きました」と 新住所の役所から連絡があったりします。 それによって市長職権で これを消除します。 転入には転出証明書が必要なのですが、例えば 現在の居住地も既に転入未届けで、そこから転出証明書が発行 出来ないケースなどもあり得ます。 それと、こういうものがお客さんの目に触れる事はまずあり得ませんが、 ・職員の過誤により、2重登録などをしてしまった場合。 という時が本当にたま~にあるんです。 本当にごくたま~~~にですよ!) それが市民の目に触れる事はあり得ませんが、間違って発行してしまう ミスも、もしかしたらあり得るかも・・・。 人間のする事ですから・・・ 住民基本台帳について、職権消除を行えるのは、住民記録係です。 ですから、最終的な判断を行うのは、必ずこの係となります。 下にも色々と書かれてある通り、その人が実際に居住していないのでは? と考える判断基準はたくさんあります。 国民健康保険料 社会保健では分りません の滞納、住民税の滞納、 これらの不審事があると、保健課や、市民税課などの徴収員が まずその人の家に徴収にうかがい、同時に居住の調査を行います。 そこで居住しているか分らない。 などの事件があると、 「注意してください」と当該の係から、住民記録係へ連絡が来ます。 また、近隣の住民、大家さん、などから、通報がある場合も同様で、 これで、初めて 注意を行う者 として、メモをつけます。 この状態が長く続くと、住民記録係の実態調査対象者として リストに載り、そのリストに基づいて住民記録係が実態調査をします。 (家屋内に侵入する権利がないのでガス、水道、電気など、外観からの 情報で判断しています。 ) その結果によって初めて、住民票に「不在住につき職権消除」と 記載されるんです。 付け加えると、職権消除される理由は防犯の他にもあります。 住民登録のある者には、国民健康保険に加入する権利と、 当該の市区町村で行う印鑑登録を行う権利。 また、登記簿の作成、お金の借入、その他の契約において公文書として、 とても絶大な威力を持っているからです。 本当に長々と申し訳ありませんでした。 お分りになりましたか? 文字通り市長職権による消除という意味です。 住民異動は、原則として世帯員、その親族などからの申し出によって 行われるものです。 ですが、住所地を管轄するのは当該の 市区町村役場になります。 ですから、これらの住居地を管理する上で 市長職権により、その住民は居住していないと認め、 その住居地からの住民登録を消除する事を指しています。 結構よく聞かれるのは、会社の寮などに半年以上つめていて、 ・住民登録地で、保険料や住民税などを未払いにしていたのに気付か なかった。 というケース... A ベストアンサー 補足ありがとうございます。 先ほどの回答の中で一つ間違いがありました。 >全相続財産(支払われた保険金も含みます。 生命保険に対する控除は計算されます) と記しましたが、生命保険に対する控除は計算されません。 の誤りでした。 申し訳ございません。 再度の質問についてですが、元夫様がどれだけの財産を残されたかによって税率は変わります。 後、負債等があればそれも差し引きされます。 その他、葬式代、最後が病院に入院していたなら病院代等です。 貴方様の事例では 元夫様が今回の生命保険金以外に4000万円以上の財産を残された場合に相続税が課税されます。 税率は国税局のホームページ等で解ります。 相続税の申告・納付ですが、申告期間が10ヶ月ではなく納付期間が10ヶ月のはずですのでご遺族は期限が迫っていると思われます。 相続税の計算ですが、一旦相続財産の総額を計算し、そこから控除額等を差し引きプラスとなった場合その時点で相続税の課税金額を計算され、相続税額が決まります。 その相続税額を受け取った相続財産の割合と同じように按分され、遺贈の場合は按分された税金額に20%加算されます。 kankurou21様が受け取る保険金は遺贈とみなされるため決定した税金額に20%加算されます。 しかし、相続財産が課税対象額に満たない場合は相続税は0円と言うことになります。 課税されない相続財産をどのように按分しても受け取った人たちは税金0円です(0円を割りようが無いです)。 (遺贈と認められる財産は遺言状によるもの、受取人指定された生命保険金です) 相続であれ、贈与であれ問題は貴方が遺贈を受けたかどうかになると思いますので、先ほどの回答の(2)のような方法でお金はkankurou21様を通過して行っただけと証明した方が安心されると思いますがいかがでしょう。 どうされるにせよ、税務署ではそれぞれの税務署によって取扱が異なる事例も多々あります。 私たちもお客様に相談を受けた場合は回答に対して必ず税務署に確認を入れるようにしています。 必ず所轄の(近隣では駄目)税務署に確認はしてください。 つたない文面のため解りにくいところが有ればご質問下さい。 補足ありがとうございます。 先ほどの回答の中で一つ間違いがありました。 >全相続財産(支払われた保険金も含みます。 生命保険に対する控除は計算されます) と記しましたが、生命保険に対する控除は計算されません。 の誤りでした。 申し訳ございません。 再度の質問についてですが、元夫様がどれだけの財産を残されたかによって税率は変わります。

次の

死亡診断書の原本

死亡 診断 書 コピー

遺族でない限り、法的に無理だと思います。 遺族は医師から死亡診断書を発行してもらい、24時間以内に役所へ『死亡届』を提出し『埋葬許可証』を受取っています。 昨今では役所への手続きは葬儀社が行うことが多いかと思います。 遺族は葬儀後のあらゆる手続きに『死亡診断書』が必要となる場面がありますが、これは死亡診断書のコピーを何枚か葬儀社からもらってあり利用しています。 ですので、遺族の手元にはコピーは確実にあるはずですので、そういう理由でしたら、遺族の方に相談するしかないと思います。 こんなサイトがありました。 遺族からの死亡診断書 死体検案書 の追加発行の要請や内容の質問は拒否できない 医師法第19条2。 さもないと守秘義務違反で罪を問われる。 Q このカテゴリーでよろしいんでしょうか? 医師は求められたときに「診断書」を書かねばならないという 法律が医師法19条にあります(下記)。 ただし、この法律には「正当な事由があれば」医師は 診断書を書かなくて良いとなっております。 赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、 「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの でしょうか。 医師法 第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、 正当な事由がなければ、これを拒んではならない。 2 診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは 検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、 正当の事由がなければ、これを拒んではならない。 第二十条 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方 せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を 交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。 但し、診 療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書 については、この限りでない。 このカテゴリーでよろしいんでしょうか? 医師は求められたときに「診断書」を書かねばならないという 法律が医師法19条にあります(下記)。 ただし、この法律には「正当な事由があれば」医師は 診断書を書かなくて良いとなっております。 赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、 「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの でしょうか。 医師法 第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、 正当な事由がなければ、これを拒んではなら... 1、お答え 基本的に不可能と考えます。 2、理由 (1)刑法134条 医師(医療関係者)は、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知りえた人の秘密を漏らすと処罰の対象になります(刑法134条、感染症予防法67条、68条、児童福祉法61条等)。 個人の診察結果も、本人が結果の開示を容認する意思表示をしない限り、本状の秘密に含まれると考えられまので、医師が、本人の医療結果について、第三者の請求のみで公開することは、許されないといえます。 もっとも、同法のいう「正当な理由」があれば、医師が人の秘密を漏らすことも認めています。 ここでいう「正当な理由」の具体例としては次のようなものがあります。 ・法令上の義務によるもの(たとえば、感染上予防法12条のように、医師は患者を保険所長、都道府県知事などに届ける義務がある) ・秘密の主体である本人が同意したとき ・他人の利益を害する差し迫った危難を避けるために、やむを得ず行う緊急避難としての開示であるとき 上記例を満たす場合、医師は秘密を第三者に漏示することが許されますが、秘密漏示罪の重大な例外ですのでその解釈適用については慎重になされます。 ご質問のケースからは、上記例外に当たるような事由は見当たりませんので、原則通り、第三者に対して本人のの治療情報の開示は許されないといえます。 (2)医師法19条2項について 確かに同条にいうように、医師は診断書の請求があったら交付しなければなりません。 しかし、上記刑法134条の秘密漏示禁止事由に当たる場合、医師法19条2項にいう「正当な理由」に該当すると考えられます。 となると、第三者に対しての診断書の交付は、刑法134条の例外事由に当たらない限り、医師法19条2項にいう「正当な理由」に該当し、拒否しえるということになります。 前述のように、ご質問のケースからは、刑法134条の例外事由がみあたりませんので、第三者による請求の場合、医師は医師法19条2項にいう「正当な理由」を根拠に交付を拒否しえることになります。 補足 法律の原則とおり解釈すると以上のような結論になります。 しかし、刑法134条は親告罪です。 診断書の請求をする第三者が、配偶者や親、子といった関係であり、かつ、本人の意思確認が取れないような場合などは、第三者の請求でも認められる場合もあるといえるといえます。 ご参考になれば幸いです。 1、お答え 基本的に不可能と考えます。 2、理由 (1)刑法134条 医師(医療関係者)は、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知りえた人の秘密を漏らすと処罰の対象になります(刑法134条、感染症予防法67条、68条、児童福祉法61条等)。 個人の診察結果も、本人が結果の開示を容認する意思表示をしない限り、本状の秘密に含まれると考えられま... A ベストアンサー 法律は、個人情報保護法です。 第二十三条で、第三者への情報提供を制限しています。 第三者とは、親兄弟も含まれます。 第二十三条 個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。 一 法令に基づく場合 二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。 三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。 四 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。 (Q)本人以外が診断書を受取る場合、本人の同意書は必要ですか。 (A)はい。 必要です。 (Q)同意書がなければ身内でも受取りは不可能ですか。 (A)原則として、そうなります。 (Q)子供の診断書を受け取る場合は、本人の同意書は必要ですか。 不要ですか。 この場合の子供とは、何歳までですか。 (A)明確な規定はありません。 一般的には、15歳、18歳、20歳で線引きされるでしょうが、 提供側がどのように判断するかにかかっているでしょう。 法律は、個人情報保護法です。 第二十三条で、第三者への情報提供を制限しています。 第三者とは、親兄弟も含まれます。 第二十三条 個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。 一 法令に基づく場合 二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。 三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ること... A ベストアンサー 戸籍法で「誰でも(他人の)戸籍(除籍を除く)を請求できることができる」としながら、「不当な目的による場合は請求を拒むことができる」としているため、結果的に、委任なく第三者が他人の戸籍を請求する場合は、目的を明らかにする必要があります。 しかし、実務上、ほとんど難しいことになってしまっています。 戸籍をとりたいということであれば、その人が既婚者か、子供がいるのか、親はだれか、まぁ、大体知りたい情報といったらそんなところでしょうが、そういう目的でも、たいていの窓口のお役人さんは出し渋るでしょう? だいいち、その人の本籍地がわからないことには、請求書の書きようがありません。 わからなければ、基本的には、本人に教えてもらうことになるわけで、そうであれば、委任状を作成して、代理人として請求すれば済むことです(住民票をまず請求すれば、本籍地は出ていますが、御自分の住民票を取る時のことなど、思い出していただくとお分かりいただけると思いますが、そんなときでさえ、住民課のお役人さんって、なるべく本籍地の記載は省略させようとしたりするくらいですから・・・) 本来戸籍法に定められている「不当な目的」とは、出身地に絡んだ、就職や、婚姻における不当な差別的観点からの調査を意識したものだったはずなのでしょうが、現実問題、そういう目的の人が、正直にそう書くわけないので、結果として、それ以外の第三者請求も実務上難しい状況が出来上がってしまっているようです。 対して、専門家の職務請求の場合は、それぞれ所定の用紙があるので、それで以って、専門家の人が窓口で請求すれば、すんなり出してくれます。 ちなみに 2の方の「行政書士・司法書士・弁護士・税理士・社会保険労務士などの特定の資格がある者が」という記述に特に間違いはありません。 戸籍法10条・12条の2を受けて、法務省令でこれらの者には職務上の請求であれば、請求することを認められているのです。 ですから、kodemariさんの目的しだいで、これらの専門家のいずれかに依頼すれば、なんら問題なく正当に請求はできますし、現実問題出してもらえます。 例えば、司法書士に依頼することができる動機だとして、戸籍1通であれば、手数料プラス3000円程度の費用で取ってもらえます。 弁護士など立てずに自分で裁判をする場合、相手方の戸籍が必要な場合は、訴状等その旨証明する書類の写しと、免許証などを添付して、請求できるように自治省の通達でなっていますが、これなども不勉強な役人が少なくなく、「そんな請求はできません」と窓口で突っぱねられ、大喧嘩をしたことがありますが・・・とにかくご自分で請求されるのは大変なのが現実です。 戸籍法で「誰でも(他人の)戸籍(除籍を除く)を請求できることができる」としながら、「不当な目的による場合は請求を拒むことができる」としているため、結果的に、委任なく第三者が他人の戸籍を請求する場合は、目的を明らかにする必要があります。 しかし、実務上、ほとんど難しいことになってしまっています。 戸籍をとりたいということであれば、その人が既婚者か、子供がいるのか、親はだれか、まぁ、大体知りたい情報といったらそんなところでしょうが、そういう目的でも、たいていの窓口のお... Q 仕事の関係で、病院で亡くなられた身内が全くいない方の死亡届をお願いすることになりました。 亡くなられた方の担当の民生委員をされている方が、大家さんでもあったので「死亡届は家屋管理人でできるのでお願いしますと説明し死亡届をしていただきました」 しかし、市役所から連絡があり、戸籍法で1週間以上他の住居で生活していたことが分かっている場合は大家さんは対象ではなくるように定められており今回のケースでは病院長でなければ受理できないと言われました。 直接死因の死亡までの期間に約25日間と記載されていたためこのような結果になったんだと思っております。 後学の為、戸籍法の何条何項にそのように定められているのか調べたいので教えてください。 (文章が下手で理解しづらいかと思いますがどうぞよろしくお願いします。 ) A ベストアンサー 文字通り市長職権による消除という意味です。 住民異動は、原則として世帯員、その親族などからの申し出によって 行われるものです。 ですが、住所地を管轄するのは当該の 市区町村役場になります。 ですから、これらの住居地を管理する上で 市長職権により、その住民は居住していないと認め、 その住居地からの住民登録を消除する事を指しています。 結構よく聞かれるのは、会社の寮などに半年以上つめていて、 ・住民登録地で、保険料や住民税などを未払いにしていたのに気付か なかった。 というケース。 本当に多いです ですが他にも実は色々なケースがあります。 ・・例えば、 ・本人の失踪宣告があった為にこれに基づいて実態調査によって不在住を 確認する時。 孤独死で死亡が確認されていれば「死亡」とされます ・虚偽の転入、転居であると判断された為に、住民登録を抹消する場合。 ・世帯主の資格を有しない者 15歳未満 だけで、正当な理由もなく世帯を 構成した場合。 もしくは、正当な理由が失効した場合。 この時は、事件本人を親族などの世帯に、入れる様にするのが普通ですが、 それを拒否すると、職権消除を発動する権利があります。 正当な理由を有して、世帯を構成している事が示されれば、そういう 但し書きをもって認められる事もあります。 正当な理由というのは、 仮の世帯主が生計を立てる能力があると認められる場合。 世帯を同一にしない者 近隣の親族や、養護施設の園長さんなど が、 世帯主としての役割を果たせると認められる場合。 住民登録が出来ない者 簡単に言えば外国人 が実質的に世帯主として そこにいる場合。 こんなところですね。 逆にこれらの理由が失効すると、他に世帯主を探さねばなりません。 更に続けます。 で、これが意外と多いのですが。 ・前住所での転出の届出をしないまま、新住所地で転入、あるいは 住所設定での転入を行うと、「こっちに住所を置きました」と 新住所の役所から連絡があったりします。 それによって市長職権で これを消除します。 転入には転出証明書が必要なのですが、例えば 現在の居住地も既に転入未届けで、そこから転出証明書が発行 出来ないケースなどもあり得ます。 それと、こういうものがお客さんの目に触れる事はまずあり得ませんが、 ・職員の過誤により、2重登録などをしてしまった場合。 という時が本当にたま~にあるんです。 本当にごくたま~~~にですよ!) それが市民の目に触れる事はあり得ませんが、間違って発行してしまう ミスも、もしかしたらあり得るかも・・・。 人間のする事ですから・・・ 住民基本台帳について、職権消除を行えるのは、住民記録係です。 ですから、最終的な判断を行うのは、必ずこの係となります。 下にも色々と書かれてある通り、その人が実際に居住していないのでは? と考える判断基準はたくさんあります。 国民健康保険料 社会保健では分りません の滞納、住民税の滞納、 これらの不審事があると、保健課や、市民税課などの徴収員が まずその人の家に徴収にうかがい、同時に居住の調査を行います。 そこで居住しているか分らない。 などの事件があると、 「注意してください」と当該の係から、住民記録係へ連絡が来ます。 また、近隣の住民、大家さん、などから、通報がある場合も同様で、 これで、初めて 注意を行う者 として、メモをつけます。 この状態が長く続くと、住民記録係の実態調査対象者として リストに載り、そのリストに基づいて住民記録係が実態調査をします。 (家屋内に侵入する権利がないのでガス、水道、電気など、外観からの 情報で判断しています。 ) その結果によって初めて、住民票に「不在住につき職権消除」と 記載されるんです。 付け加えると、職権消除される理由は防犯の他にもあります。 住民登録のある者には、国民健康保険に加入する権利と、 当該の市区町村で行う印鑑登録を行う権利。 また、登記簿の作成、お金の借入、その他の契約において公文書として、 とても絶大な威力を持っているからです。 本当に長々と申し訳ありませんでした。 お分りになりましたか? 文字通り市長職権による消除という意味です。 住民異動は、原則として世帯員、その親族などからの申し出によって 行われるものです。 ですが、住所地を管轄するのは当該の 市区町村役場になります。 ですから、これらの住居地を管理する上で 市長職権により、その住民は居住していないと認め、 その住居地からの住民登録を消除する事を指しています。 結構よく聞かれるのは、会社の寮などに半年以上つめていて、 ・住民登録地で、保険料や住民税などを未払いにしていたのに気付か なかった。 というケース... A ベストアンサー 補足ありがとうございます。 先ほどの回答の中で一つ間違いがありました。 >全相続財産(支払われた保険金も含みます。 生命保険に対する控除は計算されます) と記しましたが、生命保険に対する控除は計算されません。 の誤りでした。 申し訳ございません。 再度の質問についてですが、元夫様がどれだけの財産を残されたかによって税率は変わります。 後、負債等があればそれも差し引きされます。 その他、葬式代、最後が病院に入院していたなら病院代等です。 貴方様の事例では 元夫様が今回の生命保険金以外に4000万円以上の財産を残された場合に相続税が課税されます。 税率は国税局のホームページ等で解ります。 相続税の申告・納付ですが、申告期間が10ヶ月ではなく納付期間が10ヶ月のはずですのでご遺族は期限が迫っていると思われます。 相続税の計算ですが、一旦相続財産の総額を計算し、そこから控除額等を差し引きプラスとなった場合その時点で相続税の課税金額を計算され、相続税額が決まります。 その相続税額を受け取った相続財産の割合と同じように按分され、遺贈の場合は按分された税金額に20%加算されます。 kankurou21様が受け取る保険金は遺贈とみなされるため決定した税金額に20%加算されます。 しかし、相続財産が課税対象額に満たない場合は相続税は0円と言うことになります。 課税されない相続財産をどのように按分しても受け取った人たちは税金0円です(0円を割りようが無いです)。 (遺贈と認められる財産は遺言状によるもの、受取人指定された生命保険金です) 相続であれ、贈与であれ問題は貴方が遺贈を受けたかどうかになると思いますので、先ほどの回答の(2)のような方法でお金はkankurou21様を通過して行っただけと証明した方が安心されると思いますがいかがでしょう。 どうされるにせよ、税務署ではそれぞれの税務署によって取扱が異なる事例も多々あります。 私たちもお客様に相談を受けた場合は回答に対して必ず税務署に確認を入れるようにしています。 必ず所轄の(近隣では駄目)税務署に確認はしてください。 つたない文面のため解りにくいところが有ればご質問下さい。 補足ありがとうございます。 先ほどの回答の中で一つ間違いがありました。 >全相続財産(支払われた保険金も含みます。 生命保険に対する控除は計算されます) と記しましたが、生命保険に対する控除は計算されません。 の誤りでした。 申し訳ございません。 再度の質問についてですが、元夫様がどれだけの財産を残されたかによって税率は変わります。

次の

死亡診断書の必要枚数はどのくらい?

死亡 診断 書 コピー

死亡届・死亡診断書のコピーは必ず取る! まず、コピーについては必ずしましょう。 人が亡くなった時は、 診断を行った医師から「死亡診断書」 というものを発行してもらうのですが、 その 死亡診断書と死亡届は一枚にまとまっていて、 その用紙を役所へ提出します。 一度提出するともう返ってこないので、元には残りません。 この死亡届(死亡診断書)が 年金や保険の請求、携帯電話の解約など、 なにかと手続きの際必要となります。 役所へ提出する時以外は 死亡診断書はコピーで良い場合がほとんどです。 死亡届 死亡診断書 のコピーは何枚必要? それでは死亡届(死亡診断書)のコピーは何枚必要なのでしょうか。 死亡診断書の原本は基本的に役所への提出用の1枚で問題ありません。 不安であれば1度に複数枚発行してもらうことも可能ですが、 その分お金もかかります。 死亡診断書の発行にかかる費用は 病院によっても異なりますが、 3,000円から10,000円くらいで、 2枚目以降は少し安くなっていることがあります。 そしてコピーする分は、 何に加入しているのかによって 人それぞれ異なります。 ・医療保険 ・労災保険 ・雇用保険 ・生命保険 ・自動車保険や損害保険 ・携帯電話の解約 ・共済年金、国民年金、厚生年金など これらの手続きの際に 死亡診断書のコピーが必要になります。 加入している保険の数などを確認して、 少し多めにコピーを取っておくと安心かと思います。 そして注意点なのですが、 保険金を受け取る際の必要となる書類は、 保険会社によっては 死亡診断書のコピーでは不可の場合があります。 その場合、保険会社の所定の死亡証明書が必要となります。 高額な金額の保険金を請求する場合や 加入している保険の内容、 死因などによってはこのような場合があります。 この所定の死亡証明書は 医師に記入してもらう必要があるので、 病院へ提出します。 そして後日郵送または受け取りに行くということになります。 2~3週間とかなり時間がかかる場合がほとんどです。 死亡届 死亡診断書 のコピーを取り忘れた時は 亡くなってしまってからは 悲しんでいる余裕もなく、 本当にやるべきことが多いので、 バタバタしていて気づけばどこにいったか分からない、 コピーを取る前に役所に提出してしまった なんてことも起こるかもしれません。 そんな時、役所へ行っても 一度提出したものは返してもらえないです。 なので、 死亡診断書を発行してもらった病院で 死亡診断書の再発行をしてもらうことになります。 死亡診断書の再発行も手数料がかかります。 また、再発行に関しては 時間がかかる場合もあるので 詳しくは死亡確認をした病院へ問い合わせましょう。 Sponsored Link こちらもたくさんの方がチェックしています: 死亡診断書ではなく、 役所では死亡届のコピー(死亡記載事項証明書)をもらうことも可能ですが、 こちらは使える目的が限られています。 ・郵便局の簡易保険を受け取る時 ・労働者災害補償保険法の遺族補償給付 ・遺族厚生年金を受け取る時 以上3つの場合のみに 使用することが出来ます。 これ以外の場合ではもらうことが出来ません。 死亡届とは? そもそも死亡届とはどういうものなのか、改めて確認したいと思います。 死亡届の正式な名前は 死亡届書(しぼうとどけしょ)です。 人が亡くなった時に 市区町村の役所へ提出する書類のことです。 これは戸籍法によって決められている為、 必ず提出しなければいけません。 そして、 死亡届を提出することで 火葬許可証をもらえます。 これがないと火葬出来ないです。 そして、火葬の後は埋葬許可証をもらえます。 これも納骨の際に必ず必要となるので紛失に気を付けましょう。 死亡届の手続き場所 死亡届の手続きが出来る場所は 「亡くなった場所」 「亡くなった方の本籍地」 「届出人となる人の所在地」 これらに当てはまる場所にある役所で出来ます。 死亡届は誰が出す?届出人の範囲 届出人になれるのは 親族、同居人、地主、家主、家屋管理人、土地管理人、後見人、補助人、保佐人、任意後見人などです。 死亡届と死亡診断書または死体検案書( 基本的にこの2つは1枚になっている)、 届出をする人の印鑑(認印でも可) これらを持って役所の窓口へ提出します。 死亡届は前もって記入しておきましょう。 左側が死亡届、右側が死亡診断書となっているので、 左側の死亡届を記入しましょう。 記入する内容は ・亡くなった方の氏名 ・亡くなった方の生年月日 ・死亡した日時と時間 ・死亡した場所 ・住所と本籍 ・亡くなった方の夫または妻について(内縁は含まれません) ・死亡した時の世帯の主な仕事、死亡した方の職業 ・届出人の署名、捺印 このような内容を書きます。 死亡届は葬儀屋が代行して提出してくれる また、死亡届を提出する手続きは 葬儀屋さんが代行してくれる場合もあります。 Sponsored Link 提出するまでの流れをまとめると、 1.死亡した際に診断してもらった病院で死亡診断書をもらいます。 2.届出の義務がある人が死亡届を書きます。 3.役所へ提出します。 4.火葬許可証をもらいます。 このような流れになります。 そして注意点ですが、 死亡届は亡くなったことを知ってから 7日以内に提出しなければいけません。 そして、火葬許可証がなければ 火葬が出来ないということなので、 実際には亡くなった当日から翌日には 提出することになると思います。 よって役所でも24時間、365日受付をしているので いつでも出すことが出来ます。 ただし、海外で亡くなられた場合は その事を知った日から3カ月以内に提出となっています。 死亡届はコピー必須のまとめ 死亡届のコピーは加入している 年金の手続きの分と 加入している保険の数の分、 携帯電話の解約用の分は 必ずしておいた方が良いということでした。 役所へ提出してしまうと返ってこないため 病院で再発行の手続きを行わなければいけなくなりますし、 時間もお金もかかってしまうので気を付けて。 参考サイト:.

次の