仕入れ 転職。 東京都/バイヤー・仕入れの転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職

メルカリ転売での仕入れ方法。プロがオススメする仕入先、仕入れサイトは?

仕入れ 転職

「 買付営業」=不動産購入希望のお客様に対し、物件を紹介する営業• 「 仕入れ営業」=不動産売却希望のお客様に対する営業 新人不動産営業担当者の仕事といえば、不動産の購入希望者に対して物件の斡旋をする「買付営業」で経験を積み、その後、不動産の売主に対応する「仕入れ営業」へとステップアップするのが、一般的なキャリアプロセスとなっています。 なぜなら不動産仕入れ営業は、不動産買付営業よりも難しいと考えられているからです。 実際、私が集客・教育コンサルを行っている不動産仲介会社の新人営業担当者に対しては、 「『売り反響』の対応から仕事をスタートした方がいい」と提案しています。 売主様が抱える「高く売るにはどうすればいいのか」という課題についても、新人だろうと誰だろうと、しっかりとした説明と提案ができれば、納得していただくことは可能だと思います。 むしろ、 買付営業で修業してから仕入れ営業に取り組む人の中には、仕入れ営業で失敗するケースが多いように思います。 なぜなら「買付営業のスタイルで仕入れ営業に臨んでいる」からです。 買付営業と同じ姿勢で 仕入れ営業に取り組むと失敗するワケ では「買付営業のスタイルで仕入れ営業に臨んで失敗する」とは、どういう意味でしょうか? 買付営業は「マイホームという夢のお手伝い」であることが多く、若い年齢層のお客様を相手にすることが多くなります。 買付営業にとっていちばん大切なことは、そのお客様にぴったりの物件を斡旋することではありますが、それ以外にも 「初めてのマイホーム探し」の相談相手として、親しみを感じていただくことも重要になってきます。 「マイホームの夢」という「目に見えないもの」を扱いますので、お客様に「マイホーム探しは楽しい」と感じていただくことも肝心です。 そのため、営業担当者はいつも笑顔を絶やさず、時には冗談を交えた明るいトークでその場を楽しく演出しようと努力します。 また、あまり自信過剰にならず、お客様にそっと寄り添うような姿勢も大切でしょう。 お子様連れのお客様なら「かわいいお子様ですね。 何歳ですか?」と尋ねたり、お子様自身に「かわいいね~。 いま何年生?」と話しかけたり……買付営業ではお客様から見た際の「親近感」が大事なのです。 仕入れ営業は、買付営業と違い、高齢のお客様が多い(画像:PIXTA) 一方で、仕入れ営業の場合はどうでしょうか? 仕入れ営業のお客様は「不動産所有者様」ですから、 買付営業で応対するお客様よりも年齢層が高めです。 新人営業担当の両親や祖父母と同年配のお客様を相手することもあるでしょう。 そして、笑顔や明るいトークが中心の買付営業と異なり、仕入れ営業は 「どのくらいの期間で、いくらの金額で売却できるか?」という現実的な提案が必要になります。 「どのような手法で販売するのか」「その販売手法を採用したときのメリットとデメリットは何か」「自社が他社よりも優れている点は何か」「営業担当自身が他の営業担当者よりも優れている点は何か」といったことについて提案し、納得していただく必要があるのです。 このような提案時に「いつも笑顔を絶やさず、時には冗談を交えた明るいトーク」は必要でしょうか? 私は「特に必要ではない」と思います。 買付営業においては「親近感」を感じていただくことが重要だと先ほど述べましたが、 仕入れ営業においては「信頼感」を感じていただくことが重要です。 そのためにはむしろ、 過度な笑顔は不要でしょう。 お子様のかわいらしさを褒めることも、時候の挨拶も、趣味の話も、営業マンの身の上話も、特に必要性は感じれらません。 真剣勝負の「売却提案」の場にあって過剰に親近感を演出すると、それはお客様におもねり、つたない提案内容を隠蔽するための作戦だと思われる恐れすらあります。 不動産仕入れ営業の基本的な考え方は 「信頼感」を勝ち取ること 不動産のプロとしての自信を胸に、決してお客様におもねることなく、毅然とした態度で売主様にご提案しましょう。 具体的に気をつけるポイントを1つご紹介します。 仕入れ営業においては、「お願いします」という台詞を言うのをやめてみてください。 「査定させてください。 お願いします。 「一度会って提案させてください。 お願いします。 「専任媒介をください。 お願いします。 「買い取らせてください。 お願いします。 」 このようなトークは厳禁です。 「どのくらいの期間で、いくらの金額で売却できるか?」という現実的な提案の中で、あなたは他の不動産会社より好条件(早期・高値)で成約できる方法を売主様にお伝えしようとしているわけです。 つまり、 あなたに会うことは「売主様のメリット」でもあるわけです。 そのようなメリットをご提供しようとしているのに「お願いします」と申し上げる必要はありません。 不動産仕入れ営業は、売主様の「信頼感」を得ることが基本的な考え方だと心得て、仕事に取り組んでください。 【関連記事はこちら】.

次の

仕入れ・バイヤーの転職情報:求人・転職はマイナビ転職エージェントサーチ

仕入れ 転職

仕入れとは何か マンションデベロッパーにとっての仕入れの対象は、マンションを建てるための土地のことを指します。 つまり 仕入れとは土地の仕入れのことで、採算が取れるマンション用地の売地情報を集め、購入することが業務となります。 土地の仕入れでその物件が売れるかどうかが決まると言っていいほど大切な仕事です。 なぜなら、仕入れの段階で立地や環境は決まっていますし、土地の価格によってマンションの販売価格もおおよそ決まってきます。 どんなに建物のグレードを良くしたところで、仕入れの段階で決まる立地・環境・価格の影響で、マンションの売れ行きが左右されてしまうのです。 他にもマンションデベロッパーには企画担当、建築担当、販売担当など会社によっていろいろな担当がいます。 それぞれ会社によって役割の範囲が微妙に違ったりします。 土地の仕入れなのね。 どんな業務内容か マンションデベロッパーによってどのような業務をするかは違ってはくるでしょうが、売地の情報を集めることが基本となります。 そのため、情報源となる不動産会社等から情報を集めます。 その中から、マンション用地として最適なものを探します。 場所、環境、価格など総合的に判断し、収支を組みます。 例えば、ある土地があったとして、ここにはどのくらいの建物が建つのかを簡単に想定(3LDKが30戸の建物がなど)、1戸いくらで売れるのか相場を調べ、てマンション全体での売上を想定します。 この売上予想から建築費や販売経費、税金などを差し引き土地代にいくら支払えるのかを判断します。 実際の売値と、支払える金額(終始に合う金額)とを比べ割に合うのであれば購入へかじをきります。 買うことが決まれば契約に向けての業務へと進んでいきます。 このあたりから会社によっては別のチームへ引き継ぐこともあります。 仕入れ担当の共通の業務といえば以上のものとなります。 どんなところから情報を集めるのか 売り物件の情報はいくつかのルートがあります。 仕入れ担当は下で紹介する情報源から情報を集め、場所を確認し、収支を計算し、事業になりそうなものを購入していきます。 銀行や信託銀行などの金融機関 金融機関にも不動産部門があります。 お金が集まるところには不動産も情報も集まります。 法人などの大きな物件、入札案件などを扱うことも多いです。 不動産会社 不動産仲介会社には売却不動産の情報がよく集まります。 多くの場合、不動産仲介会社からの情報をもとに土地の仕入れを行うことになります。 大手の不動産仲介会社から街の不動産屋まで情報を扱っています。 大手不動産会社は法人所有の物件や大きな物件を取り扱っていることも多く、街の不動産屋は地元の地主さんの物件を扱っていることが多いです。 物件の情報量としては大手不動産会社の方が多いかもしれませんが、街の不動産屋は地主さんとの太い関係性が大きなメリット。 どちらがいいとかではなく、それぞれ持っている情報が違ったり売り主との関係性も違うのでどちらも重要です。 税理士事務所や不動産コンサル会社など 不動産を所有している人は専門家に相談することが多いです。 そのため、特に税理士事務所や不動産コンサル会社などには、不動産の情報が集まる傾向にあります。 不動産所有者からの相談に対しメリットのある方法をアドバイスすることで売却物件を作る立場といっていいかもしれません。 土地所有者 土地を売りたいかどうかは、土地を所有している地主さんに聞くのが一番手っ取り早いともいえます。 ですが、突然連絡し「土地を売りませんか?」などと聞いても相手は嫌な感情を持ってしまうでしょう。 土地所有者はこういった問い合わせを嫌になるくらい受けているので、何者かわからない人からそんなことを言われることに飽き飽きしています。 ですので、土地所有者から直接話を聞くには人間関係を構築する必要があるのです。 確実に売り物件になるだろう案件がすぐそこにある代わりに、それが実際に売りに出されるようになるには非常に時間がかかり、売りに出るとき地主さんから声をかけてくれるかは人間関係によるということ。 近いようで遠い情報源といえます。 また、別のケースとしてはと土地の所有者から、「この土地を売りたいが買わないか?」という問い合わせを受けることもあります。 この場合は、比較的短期間のうちに土地を売る意思もあるので棚ぼた的情報となります。 このケースでは等価交換の相談もあったりします。 設計事務所や建設会社 マンションを建てるということは、設計し建築をするということです。 そのため、その仕事をもらえるよう設計事務所や建設会社もマンションデベロッパーに対し土地情報の持ち込みをします。 要は情報を渡す代わりに、この土地を買えたら仕事くださいということです。

次の

メルカリ転売での仕入れ方法。プロがオススメする仕入先、仕入れサイトは?

仕入れ 転職

Contents• 用地仕入れ営業で活かせる売買仲介営業の経験・スキル 売買仲介営業から用地仕入れ営業へ転職する際、前職で得た経験やスキルのうち、どのようなものが用地仕入れ営業でも活かせるのでしょうか。 不動産に関する知識 まずは不動産に関する知識です。 建築基準法、消防法など、 不動産に関する行政法規は売買仲介営業でも用地仕入れ営業でも欠かせない知識です。 売買仲介営業で得た知識は、そのまま用地仕入れ営業で活かすことができるでしょう。 もちろん、法律知識だけでなく物件の向きによる日照時間の違いや物件の周辺環境のよしあしなど、 経験によるものや感覚的なものもそのまま活かすことができます。 不動産業界の横のつながり 用地仕入れ営業は地主へ直接交渉することもありますが、不動産会社から仕入れることもあります。 そうした時、売買仲介営業を通して得た不動産業界の 横のつながりを活かせます。 不動産業界は横のつながりが強く、一度一緒に仕事をした人と再度仕事することは珍しいことではありません。 そうして得たつながりを、新しい仕事でも活かすことができます。 エンドユーザーの気持ちが分かる 用地仕入れの仕事では、地主や不動産会社を相手に土地を仕入れ、造成して売土地にしたり、マンションを建てたりするところまで考える必要があります。 一方、売買仲介営業の仕事は、出来上がった土地やマンションをお客様に売ることです。 仕入れの段階から、エンドユーザー 土地やマンションを買うお客様 のことを想像できるというのは大きなメリットとなるでしょう。 売買仲介営業から用地仕入れ営業に転職する際にアピールすべきポイント 売買仲介営業から用地仕入れ営業に転職するのであれば、以下のような点をアピールするとよいでしょう。 営業実績• 不動産業界の横のつながり• 視野の広さ それぞれについて、具体的に何をアピールしたらいいのかを確認していきます。 営業実績 まずは 営業実績です。 営業実績は「目標に対してどこまで頑張れたか」を示すもので、これは売買仲介営業でも用地仕入れ営業でも同じことです。 売買仲介営業で成果を出せた人は用地仕入れ営業でも成果を出せる可能性が高く、重要なポイントとなります。 不動産業界の横のつながり 先述の通り、不動産業界は 横のつながりが強く、売買仲介営業で得たつながりを用地仕入れ営業で活かすことができます。 用地仕入れ営業では、不動産会社を相手に営業をかけることも多いです。 そのため売買仲介営業として仕事に取り組みながらしっかり横のつながりを作っていた人と判断されれば採用される可能性は高くなるでしょう。 視野の広さ 最後は 視野の広さです。 経営感覚を持っているかどうか、と言い換えてもよいでしょう。 用地仕入れは、商品をいくらで仕入れ、いくらで売却し、どのくらい利益を得らえるかといった計算をする必要があります。 これには経営感覚が必要で、売買仲介営業の頃からそうした感覚を持って仕事に取り組んでいたことをアピールできれば、よい印象を与えることができるでしょう。 売買仲介営業から用地仕入れ営業に転職する際の志望動機例文 最後に、売買仲介営業から用地仕入れ営業に転職する際の志望動機の例文をご紹介します。 志望動機例文(1)33歳、男性、正社員、転職経験3回の方が転職する場合 まずは、33歳男性、過去に転職経験が3回ある方が売買仲介営業の正社員から用地仕入れ営業に転職を希望する場合の志望動機例文です。 私は「お客様に価値ある不動産を提供する」ことをモットーとされている貴社で、大元となる用地仕入れに携わりたく、志望させていただきました。 私はこれまで売買仲介営業と賃貸仲介営業を経験し、また小さい会社でも大きい会社でも働かせていただきました。 それらの経験を活かして思うのは、 会社の大小を問わず重要なのは商品の仕入れであるということです。 よい商品を提供できれば、それを購入するお客様はもちろん、会社も、それを売る営業も楽しく仕事に取り組めます。 貴社で働かせていただくことになった際には、これまでの経験を活かして魅力的な用地仕入れを実践できるよう取り組んでいきたいと思っています。 志望動機例文(2)25歳、女性、正社員、転職経験0回の方が転職する場合 次に、25歳女性、過去に転職経験がない方が売買仲介営業の正社員用地仕入れ営業に転職を希望する場合の志望動機例文です。 業界No. 1の顧客満足度を持つ貴社で、用地仕入れに携わらせていただきたく志望致しました。 前職の売買仲介営業では、 さまざまな不動産会社の担当者の方と一緒に仕事をする機会をいただき、そうした中で用地仕入れという仕事があることを知りました。 最終的にお客様に提供する不動産の仕入れに携われることに強い魅力を感じました。 また、不動産会社の方達と一緒に仕事をしていく中で貴社の評判を耳にすることが多いのが印象的でした。 貴社でご採用いただいた際には、これまで培ってきた経験やつながりを活かして貴社やその先のお客様の利益となるべく仕事に取り組んでいきたいと思います。 用地仕入れ営業と売買仲介営業は共通することが多い 売買仲介営業として働いたことのある方が、用地仕入れ営業への転職を希望される際にアピールすべきポイントなどお伝えしました。 実際のところ、売買仲介営業で取り組む仕事は用地仕入れ営業でも活かせることが多く、採用においてプラスとなることが多いでしょう。 その際には、会社が用地仕入れ営業に求める能力を見極めた上でしっかりアピールしていくことが大切です。

次の