アクア タイヤ サイズ。 タイヤサイズ > 2014(平成26)年式 トヨタ アクア

アクアの純正タイヤサイズとおすすめの純正流用ホイールを紹介します!

アクア タイヤ サイズ

トヨタのハイブリッドコンパクトカーとして人気を博しているアクアですが、小回りの利く小さな車体と優れた燃費性能が人気の理由となっています。 トヨタが得意としているハイブリッド技術を惜しみなく注いでいるので、燃費をよくする為に車の性能だけでなくタイヤについてもこだわって純正タイヤを選定して装着しています。 アクアには様々なグレードが販売されていますが、その純正タイヤサイズは以下の通りです。 また、スポーティ仕様にしているグレードはサイズが大きくなっています。 6種類の純正タイヤサイズのグレードを一覧にしてます。 2WD・G G's・CVT• 2WD・クロスオーバー・CVT• 2WD・X アーバン ソリッド・CVT• 2WD・Gソフトレザーセレクション・CVT• 2WD・G・CVT• 2WD・S・CVT• 2WD・L・CVT• 2WD・G GR SPORTS・CVT• 2WD・1. 5・G ブラックソフトレザーセレクション・CVT• 2WD・1. 5・G・CVT• 2WD・1. 5・S・CVT• 2WD・S・CVT•

次の

タイヤサイズ > 2013(平成25)年式 トヨタ アクア

アクア タイヤ サイズ

特別仕様車 Sスタイルブロック• G ソフトレザーセレクション• 気になるエクステリアやスペックなどについては、こちらので詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。 路面の凹凸が原因の振動や車内での会話の妨げとなるノイズを抑えることで、静粛性や乗り心地をアップ。 また、OUT側の剛性を上げることで偏摩耗も抑制されます。 プレミアムで快適な走りが運転を楽しくしてくれるはずです。 操縦安定性を高めることで、運転中に無意識に行なっている細かなハンドル操作を減らして、疲れをにくい運転を実現。 さらに、コンパクト車にありがちな小回りや据え切りによる偏摩耗が起こりにくい設計になっています。 おすすめは、運動性能の高いヨコハマやブリヂストンのスポーツタイヤです。 ただし、インチアップは、ホイールが大きくなることでカッコよく見えるほか、運動性能がアップするという効果がある一方で、燃費が下がる可能性があるため、アクアのようなハイブリッド車にはあまりおすすめできません。 アクアのホイールについては、こちらのをご覧ください。 エンケイの軽量ホイールや、ホットスタッフのスポーティなホイールなどのおすすめを紹介しています。

次の

トヨタアクアのタイヤ情報!サイズや交換時期、空気圧はどれくらい?

アクア タイヤ サイズ

それについても解説するけど、まずはタイヤサイズの読み方をマスターしちゃいましょう!ルールを覚えれば簡単よ! というわけで、今回はタイヤの基礎知識として、「 タイヤサイズの見方」や「 タイヤのサイズを交換するメリットやデメリット」についても解説していきます! スポンサーリンク タイヤのサイズはどうやって見るの? 車にいろいろな大きさがあるようにタイヤにもサイズのバリエーションが多く存在します。 タイヤをよく見てみると側面にこのような数字が表記されています。 一見すると何のことか分からないですが、これは各メーカー独自のスペック表記ではなく、 ISOなど規格に則った表記方法です。 そのため一度覚えてしまうとあらゆる車種・タイヤでもサイズが読めるようになります。 参考元: 聞きなれない専門用語がたくさん出てきますが順番に解説しますね。 断面幅 mm タイヤ自体の横幅を表しています。 単位はmmです。 ただし、先の画像で「ENASAVE」と書かれているような部分(サイドウォール)は含みません。 偏平率が低い数値になるほど薄いタイヤとなります。 また、偏平率が低いと• ハンドル操作が機微になる• ハンドル操作が重くなる• 乗り心地は悪くなる• 見た目はカッコいい というようなメリット・デメリットが出てきます。 タイヤ構造記号 タイヤ構造には「バイアス構造」と「ラジアル構造」があります。 先の画像の「R」はタイヤ構造記号で放射線状を表す「radial(ラジアル)」の頭文字をとっています。 バイアス構造 バイアス構造は、ラジアル構造が開発される50年くらい前の構造でメリットは生産コストが安いことから、現在でもトラックやバスで使用されています。 ちなみにバイアス構造のタイヤの表記は「 6. 45-13 4PR」のように表示され、• 45…断面幅(インチ)• 13…リム径(インチ)• 4PR…強度 を表します。 ラジアル構造 現在の乗用車のほとんどはラジアルタイヤです。 ラジアル構造は、バイアス構造に比べて• 転がり抵抗が小さく燃費が良い• タイヤの寿命が長い(摩耗が少ない)• 高速走行時の耐久性に優れている• グリップ力が高く、操縦安定性に優れている という利点があります。 リム径 リム径とはタイヤの内径です。 タイヤとホイールの接合部分になるので、ホイールの外径でもあります。 単位はインチです。 ロードインデックス ロードインデックスは、タイヤ1本が支えることが出来る荷重能力 kg を表します。 表記数値がそのまま負荷能力 kg というわけではなく、指数で規格化されています。 参考元: この規格は、スタンダード規格です。 他にレインフォースド規格(EXTRA LOAD規格)というタイヤもあります。 簡単に言うと「空気がいっぱい入るタイヤ規格」です。 インチアップして負荷能力が下がった時などに活躍しますが、こちらも解説すると難しくなるので今回はちょっと置いときます。 速度記号 そのタイヤが規定の条件下で走行できる最高スピードを表します。 1つ1つ照らし合わせて見ていくと思ったよりも簡単ですよ。 このタイヤをサイズを読んでみよう! はじめは何が書いてあるのかわからなかったタイヤの記号も、 1つ1つ見ていくと、• 165…タイヤの断面幅が165mm• 65…偏平率が65%(タイヤの厚み)• R…ラジアルタイヤ• 14…タイヤの内径(ホイール外径)が14インチ• 79…タイヤ一本で437kgの重量に耐えられる• タイヤのサイズを変更するというのは、 リム径(インチ)を変更するということです。 リム系…タイヤの内径、ホイールの外形 ですから、タイヤ(ホイール)を「インチアップ」するというのは、リム径のサイズをアップするということです。 参考元: 逆にリム径を小さくする場合は、「インチダウン」と言います。 タイヤサイズを変更する際のルール タイヤサイズを変更する前にルールを確認しておきましょう。 場合によっては 車検に通らなくなるので気をつけて下さいね。 外径は変わらないようにする タイヤの外径が変わるインチアップをすると、タイヤの直径が変わるのでスピードメーターに誤差が生じます。 誤差がヒドイと車検に通らない場合がありますので、外径は変えないようにしましょう。 タイヤが車体から出ないようにする 車体からタイヤがはみ出ていても車検に通りません。 タイヤの断面幅を広げる場合に注意して下さい。 ロードインデックスが標準タイヤよりも下がらないようにする ロードインデックスが標準タイヤよりも下回らないようにしましょう。 車を支えられなくては当然ですが危険です。 空気圧に注意する インチアップして偏平率が下がると通常タイヤよりも空気が入る量が少なくなります。 するとタイヤが支えらる重量が下がります。 そのため 空気圧を高めに入れることで荷重能力をアップさせます。 適正な空気圧は、交換したカーションプで確認しておきましょう。 スポンサーリンク タイヤサイズを変更(インチアップ)するメリットは? タイヤサイズを変更することで、生まれるメリットについて解説していきましょう。 まずタイヤサイズを変更する一番の理由は…、 見た目がカッコ良くなる! こちらは左が純正ホイールで、右側が社外アルミホイールです。 アルミホイールをインチアップする事で、デザイン面が広くなり見た目が良くなりますよね。 やはりコレがタイヤサイズを変更する一番の理由でしょう! 操作性が向上する ホイールをインチアップすることで、タイヤの断面高さ(サイドウォール)は狭くなります。 タイヤの断面高さが減るのに、今まで通りの断面幅だと従来のタイヤに入っていた空気量よりも少なくなります。 そのため、 一般的にインチアップをする場合は、断面高さが狭くなる分、断面幅は広げます。 断面幅が広くなる分、通常サイズのタイヤよりも グリップ力が向上します。 また、グリップ力が向上するので、 コーナーリングでの操作性も向上します。 さらに、断面高さが狭くなる分、タイヤのたわみ(フワフワ感)がなくなるので、 中高速時での操作性が安定します。 地面との接地面が広くなり摩擦抵抗が増える• タイヤの厚みが薄くなることで衝撃の吸収性が落ちる• タイヤの重量が重くなる ので、いくつかデメリットも生じます。 燃費が悪くなる インチアップすることで、摩擦抵抗が増え、タイヤの重量も増えます。 そのため通常のタイヤサイズの時よりも燃費は悪くなります。 段差に気を使う タイヤの断面高さが狭くなることで衝撃を吸収する点が落ちます。 そのため、ちょっとした段差でも気にせず「ドンッ」と突っ込めば、タイヤが破れたり、ホイールが歪んだりする場合があります。 どうしても段差を超えないといけない時は、そっと入るように気をつけないといけません。 走行音が大きくなる タイヤとの接地面が広くなるので、音が大きくなります。 ですが、タイヤによっては走行音が軽減できるタイプもあるので一概には言えません。 ハンドルは重くなる タイヤと地面との接地面が大きくなり抵抗が増すのでハンドル操作は重たくなります。 このように書くとデメリットの方が多くなりますが、 デメリットを抱えても「見た目カッコイイ方が良い!」と思って行うのがドレスアップですよね。 タイヤを長持ちさせるための手入れ方法 せっかく新しくしたタイヤですから、長く使いたいですよね? というわけで、タイヤを長持ちさせるための手入れについて少しアドバイスします。 よくカーショップに行くと「タイヤの艶出し」みたいなケミカル用品を見かけますが、 じつはタイヤにはよくありません。 ゴムの寿命を延ばすための 老化防止剤が落ちてしまい劣化やひび割れの原因となります。 ゴムは石油系の溶剤にとても弱い性質を持っていますから、ボディ・ホイールの保護材、グリス、オイルなどもタイヤに付着しないよう気をつけて下さいね。 また、洗う時も出来れば水だけで高圧洗浄機やブラシを使って汚れを落とし、どうしても汚れが残る場合、中性のカーシャンプーを規定通り薄めて使います。 洗剤は中性であっても残らないようにしっかりすすぎましょう。 スポンサーリンク まとめ 今回はタイヤについてお話してきました。

次の