胸 が 張る。 【医師監修】妊娠期の胸の張り|いつまで?痛みは?時期別原因&対策を解説|cozre[コズレ]子育てマガジン

胸を張ると胸骨辺りが痛いあなたへ(;;)

胸 が 張る

心配は無用!PMSや妊娠は胸の張りの代表的な原因! 生理前になると胸が張るという人は多いですよね。 そろそろ生理かな?というタイミングで胸が張るならば、PMSであるケースが一番多いです。 しかし、そのまま生理が来ない、つまり妊娠しているということもあり得ます。 まずは、このような心配する必要のない胸の張りの原因についてお話します。 PMSによる胸の張り 女性の体内では、生理周期に合わせて2種類のが分泌されています。 くわしいことはこちらの記事()をお読みいただきたいのですが、生理前になるとの影響により、胸の張りをはじめ様々な不調があらわれることがあります。 これがPMS(月経前症候群)です。 PMSなら生理が始まれば胸の張りもなくなりますので、どうしてもツライという時以外はそれほど心配はいりません。 乳腺症の可能性も! とは、胸の張りや良性のしこりなどの症状を示すもので、これもやはり生理前に症状が強くなり、生理が始まれば改善するのが特徴です。 したがって、乳腺症もPMSの一種と捉えられています。 乳腺症についても良性の病変であり、特に治療の必要もないので、心配には及びません。 そうね。 他にも胸が張る原因には、バストの成長期だからっていうのもあるのよ。 思春期の女の子で胸が張るのは、ほとんどがこの成長期が原因だから心配いらないわ。 バストアップに励む女性は、その成果が表れるときに胸の張りを感じることもあるわ。 これらもやっぱり、女性ホルモンの分泌が活発になって、乳腺が発達するからなのよ! 胸の張りに潜む可能性のある病気とは?こんな時は病院へ! ここまで、特に心配のない胸の張りについてお話してきましたが、中には治療の必要があるケースもあり得ます。 そこで、胸の張りという症状が出ることのある病気についてお話します。 乳腺炎 乳腺炎とは、文字通り乳腺に起こる炎症です。 母乳育児をしている女性によくある病気ですが、まれに授乳経験のない女性が罹ることがありますのでご注意ください。 高プロラクチン血症 プロラクチンとは、妊娠中から授乳中にかけて大量に分泌されるホルモンで、排卵を抑制して妊娠を継続させたり、乳腺を発達させて母乳の分泌を促進したりする働きがあります。 しかし、妊娠中や授乳中でないときにもこのプロラクチンがたくさん分泌されてしまうことがあり、これを高プロラクチン血症といいます。 そして、高プロラクチン血症でも胸が張るという症状が出ることがあるのです。 その他の症状には、• 母乳が出る• 視野が狭くなる• 不妊 などがあります。 原因には薬による影響などがありますが、中にはプロラクチノーマと呼ばれる脳の下垂体にできる腫瘍も挙げられます。 腫瘍であってもほとんどが良性ですし、まずは薬物治療で様子を見ますが、大きな腫瘍だと手術が必要になることもありますので、やはり病院での検査や治療が欠かせません。 病気が原因でバストが張ることもあるんだね。 ただの生理前の張りだと思って放置してちゃいけないこともあるのか~。 まずは、胸が張る時期が生理前だけかどうかをチェックする必要がありそうだね。 それで、生理が始まっても続いたら、病院へ行った方がいいってことだね。 高プロラクチン血症なんて知らなかったけど、不妊の原因にもなってしまうみたいだから、早めに対処したほうが良さそう! 胸の張りは心配ないケースも多い!でも気になるようなら病院へ! 胸の張りの原因で考えられるのは、紹介してきたように乳腺症やPMSなど、心配ないものがほとんどです。 しかし、「しこりがある気がする」、「胸の張りが生理になっても治まらない」など自分では解決できない不安がある場合は、素直に病院で検査を受ける、医師に相談する方胸の張りの原因がわかるのでオススメです。 心配しすぎるのもストレスとなってしまいますが、「大丈夫だろう」と不安を押しつぶしてスルーしてしまうのも、将来の身体にとってよくないことになる可能性があります。 自分の身体ですから、自分できちんと見てあげるようにしましょうね。

次の

胸が張るときは大きくなるチャンス!育乳に最適なタイミングとは?

胸 が 張る

生理前に胸が張る原因 生理前になると胸が張るのは何故なのでしょうか。 胸が張る原因にはさまざまなものがありますが、大きな原因としては女性ホルモンの影響が考えられます。 女性ホルモンとは、女性の身体に生理を発生させるために必要なもので、身体にいろんな作用を生み出します。 また、女性ホルモンには種類がありそれぞれ役割が異なりますので詳しくご説明しておきましょう。 女性ホルモンの影響で 女性の身体に生理が発生するのは、女性ホルモンの働きが作用しているからです。 女性の身体にはさまざまな種類の女性ホルモンが働いていますが、生理を発生させるために関係しているものとしては、黄体ホルモンと卵胞ホルモンがあります。 黄体ホルモンは、排卵された卵子が育つ期間多く分泌され、生理が始まる頃に減少してきます。 卵胞ホルモンは、生理が終わってから卵子が排卵されるまでの期間に多く分泌され、排卵された後には徐々に減少してきます。 どちらのホルモンも、生理が始まるときには急激に減少し最小の分泌量となるのが特徴です。 生理前に分泌されているホルモンは 女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2種類がありますが、生理前に積極的に分泌されているのは黄体ホルモンです。 黄体ホルモンは、排卵された卵子が育つ期間多く分泌されるもので、生理前に近づくにつれてどんどん減少していきます。 そして、生理直前には最も少ない状態になるのが特徴です。 生理前に胸が張るのは、この時期に積極的に分泌されている黄体ホルモンの働きが、大きく影響していると言えるでしょう。 黄体ホルモンには、身体にさまざまな変化をもたらす作用があるため、そのひとつとして胸の張りが発生してしまうのです。 黄体ホルモンと胸の張りの関係 生理前の胸の張りは黄体ホルモンが影響していることが原因ですが、具体的に黄体ホルモンと胸の張りはどのように関係しているのでしょうか。 黄体ホルモンには、排卵された卵子を育てるために必要な準備を整える作用があるため、乳腺を活発に刺激する働きがあります。 黄体ホルモンの働きにより乳腺内の血管が拡張したり、乳腺組織が増えたりすることで、胸が張る感覚が発生するのです。 これは、赤ちゃんのために母乳を出しやすい状況に近づけるために起きるもので、卵子が受精しなかったり着床しなかったりした場合は生理が始まり、胸の張りも消失していきます。 生理前の胸の張り方 生理前に胸が張ると、乳がんなど病気の心配をする方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、生理前の胸の張り方について、さまざまな特徴を取り上げておきましょう。 まず、生理前の減少として胸の張りが起きている場合、両方の胸に同じような張りが発生します。 乳房全体に張りを感じることが多く、生理が始まることで胸の張りは消失していくことがほとんどです。 ただ、人によっては左右で胸の張り方に違いを感じたり、強い痛みを感じたりする場合もあります。 いつもとは違う胸の張りを感じて心配になったときは、一度婦人科で相談してみると良いでしょう。 心配な胸の張り方 生理前に胸が張る場合、左右同じような張り方で生理と共に消失すれば問題ないと考えて良いでしょう。 しかし、中には病気が関係している可能性がある胸の張り方もあります。 以下のような症状が出た場合は、一度婦人科に診察してもらうようにしましょう。 胸の張り方が左右均等ではなく、片方の胸だけが以上に張ったり痛かったりする場合。 胸に強い張りを感じ、高熱が出ている場合。 胸に大きなしこりがあり、触ると痛みを感じる場合。 生理が始まったり、生理が終わったりしても胸の張りが消失しない場合。 乳頭から、分泌液が出てきたり、血液のようなものが出てきたりした場合。 胸の張りが我慢できないほど辛い場合。 このような場合は、我慢せずにすぐに病院で診てもらうようにしましょう。 乳腺症の可能性 胸の痛みは生理前の女性ならある程度発生するものなので、毎月同じような痛みなら病気の可能性は少ないといえます。 しかし歩くだけで胸に響いて痛いとか、生理後も酷い痛みが続くような場合は乳腺症を疑って見ましょう。 乳腺症は乳腺に弾力性のある良性のしこりが胸に大小できる病気で、セルフチェックをして触ったしこりを乳がんだと勘違いしてしまう方も多いです。 しかし、乳腺症のしこりは乳がんのしこりと違って、生理周期にあわせて排卵後から生理直前までは大きくなり、生理後は小さくなるという特徴があります。 乳腺症は体の変化の一つと考えられているため、特に治療は行いませんが、乳がんやその他の病気を疑い精密検査と定期検診を行う必要があります。 胸の張りの予防策 生理前にいつも胸が張って不快な思いをしているという方は、事前に予防策を行っておきましょう。 胸の張りは、黄体ホルモンの働きから乳腺が刺激されることから発生します。 黄体ホルモンの分泌が多すぎたり、乳腺が詰まりやすくなったりしていると、胸の張りを強く感じてしまいますので、調整することが必要になります。 規則正しい生活習慣 胸の張りを予防するなら、まずは規則正しい生活習慣を心掛けるようにしましょう。 規則正しい生活習慣を心掛けることにより、ホルモンの分泌量が安定し過剰に多くなりすぎることを予防することができるからです。 睡眠やストレスなどを緩和するだけでも、ホルモンの分泌量を抑えることができるでしょう。 食生活で予防 生理前に起きる胸の張りは、食生活でも予防することができます。 規則正しい生活習慣の中に、バランスの良い食生活も追加しておけばより安心です。 黄体ホルモンの働きにより、乳腺が活発になって胸が張る現象が発生しますが、脂肪分の多い食事をとりすぎていると乳腺が詰まりやすくなり、胸が張る感覚がさらに強くなる可能性があります。 血液がドロドロの状態になると乳腺をスムーズに通過できなくなるため、血液をサラサラにさせる食物繊維やビタミン、ミネラルを積極的に摂るようにしてください。 脂っこい食事や、甘いスイーツを毎日のように食べているという方は、生理前の少しの期間だけでもいいので、ヘルシーな食生活を心掛け、血液をサラサラにして乳腺を必要以上に張らないようにしましょう。 カフェインに注意 生理前に胸が張るという方は、カフェインの摂取も控えた方が良いでしょう。 カフェインには、血管を拡張させる作用があるため、胸の張りがより強くなることがあるからです。 また、カフェインを過剰に摂取することで女性ホルモンの分泌量が変化し、胸が張りやすくなることもあります。 コーヒーや紅茶だけでなく、チョコレートや栄養ドリンクなどにもカフェインは含まれていますので、嗜好品としてちょっと取り入れる程度に抑えておきましょう。 張りを和らげるマッサージ 生理前に胸が張って辛いという方は、優しくマッサージするのもオススメです。 乳房を手で包むようにしたら、時計回し、反時計回しにゆっくりとマッサージしていきましょう。 優しくマッサージすることで、詰まりがちな乳腺や血流の流れを改善し、胸の張りや痛みを和らげることができます。 ただ、マッサージすることで痛みを感じたり、張りがさらに強くなったりした場合は中断するようにしてください。 また、強くマッサージすると血管を傷つけて逆効果になりますので、グリグリと強い力は入れないようにしましょう。 ストレスに注意 規則正しい生活をしていても、優しくマッサージしていても、ストレスが溜まり続けている状況だとホルモンの分泌量は乱れ、胸の張りが強くなることがあります。 ストレスを強く感じることが多いという方は、定期的に発散することを心掛けましょう。 軽く運動をして汗を流すのも良いですし、好きな香りでリラックスするのもオススメです。 また、お風呂のお湯にゆっくりつかることで身体の緊張がほどけ、気持ちも和らぎやすくなるので試してみてください。 ゆったりした服装を考える 生理前は体に水分を溜め込むため胸が大きくなりやすいのですが、通常の下着に大きくなった胸を押し込んでしまうと、余計に痛みが酷くなります。 胸の痛みがある時はブラジャーのホックを1・2個緩めてみましょう。 太ったわけではなく、生理後には元に戻るので心配しないでください。 また、オフの時にはスポーツブラやブラジャーの代わりにタンクトップを着るなど、胸を締め付けるようなものは避けましょう。 胸だけでなく、生理前はあちこち体調が悪くなるので、1サイズ上のトップスやウエストフリーのパンツなど、体が少しでもリラックスできるような服装にしてみては。 妊娠したときの胸の張り 生理前になると胸が張るという現象が起きますが、実は妊娠したときにも胸の張りが発生することがあります。 生理前の胸の張りと、妊娠による胸の張りを見極めるなら、胸が張っている時期に注目してみると良いでしょう。 通常の生理前の胸の張りは、生理予定日の2週間ほど前から発生することがほとんどです。 妊娠による胸の張りの場合、生理予定日を過ぎても胸の張りが継続する場合は、妊娠している可能性が高くなっていると言えるでしょう。 妊娠検査薬について 胸の張りが生理前によるものだと思っていたら、妊娠が原因だったということは良くあります。 しかし、生理予定日を過ぎてすぐに妊娠検査薬を試しても反応しないこともあるでしょう。 妊娠検査薬が反応するのは、生理予定日を過ぎてから10日ほど過ぎてからが良いとされています。 早く反応する妊娠検査薬もありますが、確実性を求めるなら、2週間ほど過ぎたころが良いでしょう。 できるだけ早く妊娠かどうか確かめたいという方は、基礎体温に注目してみてください。 排卵日から体温が高い状態が継続しているようなら、妊娠している可能性が極めた高いと言えるでしょう。 閉経前の胸の痛みや違和感 45歳ごろから55歳ごろまでを更年期と呼んでいて、女性ホルモンの急激な変化に伴う症状に悩まされる方が多いです。 これまで生理周期が一定で毎月生理があった方でも、この年齢になれば生理不順になってしまう事も珍しくありません。 更年期によってホルモン分泌に影響される月経前症候群の症状は悪化しやすく、胸の痛みもこれまでより酷くなってしまう可能性もあります。 実際、それまで無かった胸の痛みが更年期に入って急に出てくるようになったケースもあり、悩みが更に増えてしまった方もいらっしゃいます。 更年期によるホルモンバランスの崩れにはピルが効果的なので、あまりにも辛い場合には、病院でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。 痛みや張りを我慢しないこと 胸が張る原因は、生理前の黄体ホルモンや、生活習慣、食生活、ストレス、妊娠などさまざまなことから発生します。 しかし、原因不明でいつまでも胸が張る状態が続いていたり、いつもと違う胸の張りを感じたりしたときは、すぐに病院に相談するようにしましょう。 乳腺炎が発生していたり、思わぬ病気を発見したりする可能性があるからです。 たかが胸の張りと安易に軽視せず、違和感がある場合はすぐに対処することが大切です。 まとめ 生理前に胸が張る原因や予防方法、対策について幅広くご紹介しました。 胸が張る原因にはいろいろあるので、ひとつひとつチェックしながら胸の張りと向き合っていきましょう。 毎月訪れることだからこそ、予防策を行い適切に対処していくことが大切です。 生理前に訪れる胸の張りは、さまざまなケアで少しずつ和らげていきましょう。

次の

母乳育児で、胸が張って痛いとき│胸の張りを解消する5つのヒント

胸 が 張る

日本産婦人科専門医。 2008年東北大学医学部卒。 初期臨床研修を終了後は、東北地方の中核病院で産婦人科専門研修を積み、専門医の取得後は大学病院で婦人科腫瘍部門での臨床試験に参加した経験もあります。 現在は... 生理前に胸の張りを感じる女性は多くいます。 ひどいと痛みを伴うという人もいますが、体の中で一体なにが起きているのでしょうか?今回は、生理前に胸の張りが起こる原因や、いつからいつまで続くのか、胸の張りがなくなったときの妊娠の可能性などについてご説明します。 「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は排卵前後に多く分泌される女性ホルモンですが、生理前もゆるやかに分泌が続き、女性の乳房のなかにある、「乳管」という部分を発達させます。 一方「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、生理前にぐっと分泌量が増える女性ホルモンです。 妊娠に向けた体づくりをする働きがあり、母乳を分泌するための「乳腺」を発達させます。 乳管と乳腺が同時に発達することで、胸が張りや固さを持つようになるのです。 関連記事 生理前に胸が張るのはいつからいつまで? 生理前に胸の張りが現れる時期には個人差がありますが、エストロゲンは排卵前から分泌が続いていて、プロゲステロンは排卵後に分泌が増え始めるので、早い人なら排卵後すぐ、つまり生理予定日の約2週間前から張りを感じ始めます。 そして生理予定日の1週間ほど前にはプロゲステロンの分泌量がピークを迎えるので、その頃には胸の張りを強く感じるようになります。 その後、生理が始まる少し前には、エストロゲン、プロゲステロンどちらも分泌量が急減し、胸の張りは治まるのが一般的です。 ただし、ホルモンバランスが乱れている、プロゲステロンの分泌量がもともと多い、などという人は、生理が始まっても胸の張りが続く場合があります。 必ずいつからいつまでという指標はないので、「だいたい生理前から生理中まで」のように、ざっくり捉えておくと良いでしょう。 関連記事 生理前と妊娠兆候の胸の張りに違いはある? 妊娠を望んでいる人は「生理前の胸の張りが妊娠兆候ならいいのに…」と考えると思います。 胸が張ったときに、これが生理前の現象なのか、それとも妊娠兆候なのか、見分ける術はあるのでしょうか? 結論から言うと、生理前と妊娠初期症状の胸の張り方に明確な違いはありません。 胸の張りだけをみても、妊娠しているかどうかを特定するのは難しいのが現状です。 ただ、妊娠すると生理予定日が来てもプロゲステロンが分泌され続けるので、普段と違って生理予定日を過ぎても胸の張りが続き、なかなか生理が来ないという人は、妊娠している可能性も考えられます。 予定日を1週間過ぎても生理が来なかったら、妊娠検査薬で調べてみてください。 関連記事 胸の張りがなくなると妊娠していない? 胸の張りを妊娠兆候かもしれないと感じていた人にとっては、突然張りがなくなると心配になりますよね。 「やっぱり妊娠じゃなかったのか」と落胆してしまうこともあるかと思います。 しかし、胸の張りがなくなったからといって妊娠していないと断言はできません。 妊娠初期症状は個人差があり、妊娠したら必ず胸が張るというわけではないからです。 妊娠しているかどうかは、生理予定日の1週間以上あとに、妊娠検査薬で検査をし、病院で妊娠判定をしてもらうまで誰にもわかりません。 生理前になると毎回ハラハラしてしまうという気持ちもわかりますが、胸の張りなどの症状に一喜一憂しすぎず、できるだけ穏やかな気持ちで過ごせるといいですね。

次の