おさいふponta デメリット。 「au WALLET ポイント」→「Pontaポイント」変更のメリットとデメリット

Pontaが2枚になったらどうする? 簡単にできる!Pontaポイントカードの統合の仕方

おさいふponta デメリット

「おさいふPonta」とはどんなカード? このブログで以前Ponta(ポンタ)カードを紹介したことがあります。 参照 ローソンだけでなくPontaポイント加盟店、たとえばビッグカメラ、ケンタッキー、シェル石油、ビデオレンタルのゲオなどでお買い物を沢山するユーザーはポイントが結構貯まりやすいです。 Tポイントとシェアを争っています。 そこで、2015年11月3日からプリペイドカードとして利用できる「おさいふポンタ(Ponta)」が始まりましました。 早速私も近くのローソンで作ってみました。 カード発行手数料や年会費など一切なし、無料です。 ただし来年2016年3月からは発行手数料300円が発生するそうです。 メリットとは? 「おさいふPonta」の特徴はプリペイドカードつまり電子マネーのように利用、さらにPontaカードとしても利用できるので、 一枚で決済とポイント管理が可能という点でしょう。 ローソンで頻繁に買い物を済ませている方は 現金での清算という煩雑さから解放されます。 ちなみに、チャージは一回当たり千円~3万円。 チャージ残高上限は10万円です。 チャージ方法はローソンで現金で。 クレジットカードによるチャージは後記。 この機会にレジでカードをもらい ローソンのレジで1000円をチャージしてみました。 Quoカードや図書カード等のプリペイドカードのように登録しなくても使えます。 ついでに「おさいふPonta」で買い物しました。 高額ですが大人気ロールケーキの「もち触感ロール」です。 レシートには残高と付与されたPontaポイントが記入されていますので、チェックしておきましょう。 有効期限もです。 別のメリットとして、日本国内のJCBカードを利用できる店舗でも使えます。 その数900万店舗です。 もちろんJCBカードを利用できるAmazonや楽天でも利用できます。 当然支払い回数は1回のみ。 つまり クレジットカードを審査で落ちて作れない方も、クレジットカードのように利用できるメリットは大きいかもしれません。 (ただし利用できないショッピングサイトもあり。 ) 注意点) 疑問:現金との併用はできるのか? 答え:できません。 つまり「おさいふPonta」の残金で足りずに、不足分を現金で清算することはできないのです。 疑問:残金がなくても「おさいふPonta」はただの「Pontaカード」として利用できるのか? 答え:答えはYes。 必ずしもプリペイドカードとして利用しなくてもOKなんですね。 助かる。 お得なカードなのか? とはいっても、Edy、nanaco、au WALLET カードのようなプリペイドカード(電子マネー)と比較してお得なカードなのか?という点では大したメリットは感じませんね。 基本的なPonta ポイント付与率プランは以下の通り。 ローソン系列(全国12000店舗)での支払いは、100円(税抜)に対して1ポイントの付与、つまり1%。 では、100円(税抜)または200円(税抜)につき1ポイント付与。 他のJCBカード利用可能な店舗(全国約900万店舗)での支払いは、500円(税抜)に対して1ポイント付与、つまり0. ちなみに、「dポイント」はPontaポイントと相互交換可能になります。 参照 さらにJCBカードが使えるお店でも0. 2%のポイント付与率は低すぎます。 他のカードのほうがお得です。 例えば、審査が通りやすいクレジットカードとして有名な は1%の付与率で圧倒的です。 参照 では「おさいふPonta」では ポイント2重取りは期待できるのでしょうか?実は期待薄です。 2重取りの技として知られるクレジットカードでのチャージでは、手数料の壁があります。 なんと、クレディセゾン(JCB,VISA,MasterCard,アメックス)以外のクレジットカードでのチャージに手数料が200円も発生するのです。 手数料200円の壁はあまりに高く、たとえクレジットカードのポイントが付与されても吹き飛びます。 では、チャージ手数料無料のクレディセゾンのカードならポイントつまりあの有名な永久不滅ポイントが付くのかというと、ゼロです。 クレジットカードポイントは付与されません。 このように「おさいふPonta」はポイントの2重取りなどのメリットはありません。 キャンペーンはお得か? 同じプリペイドカードとして au WALLET カードのように誰でもチャージ額の5%上乗せキャンペーンのようなものは「おさいふPonta」にはありません。 来年(2016年)2月分までです。 以上のことからして「おさいふポンタ」のメリットをあまり多くありません。 強いて挙げると以下のとおりです。 ローソンやPonta提携店を頻繁に利用している人は、「おさいふポンタ」で手早く決済でき、Pontaカードを持ち歩く必要がなくなる。 JCBクレジットカードのように利用できるので、クレジットカードを作れない方には重宝できます。 以上を踏まえて「おさいふPonta」を利用したい方は、ローソンでカードを貰って、チャージして利用してください。 それだけなら、会員登録や申し込みなど一切必要ありません。 ただし、たまったPontaを利用したい方、以前のPonataカードと統合しポイントを移行したい方、スマホやPCで利用履歴を確認したい方、事前に会員登録しておく必要ありますよ。 ローソンのLoppi ロッピー 端末やスマホやPC、また電話(ナビダイヤル:0570-064-836、IP電話:03-5996-1205または06-6261-3702)で可能です。 スマホから会員登録する方法 登録はLoppi ロッピー 端末や、スマホまたはパソコンから登録する方法があります。 私はローソンのロッピー端末で慌てながら手続きするのが嫌ですから、スマホでゆっくりと手続きしました。 スマホやPCは「 」から「会員情報登録」ボタンからどうぞ。 メールアドレスを間違いなく2回記入しましょう。 メールに送信されてくる本登録用のアドレス(URL)タップしてあげてください。 入手済みのカード裏面に「おさいふPonta会員ID(15桁)」と「Pontaセキュリティーコード(7桁)」が記載されていますのでそれを入力します。 その後は、名前、住所、電話番号、ログインパスワード、照会用の合言葉 等を入力して会員登録を完了させます。 翌日からメールアドレスとログインパスワードでログインできるようになり、残高および利用履歴の確認、クレジットカードからのチャージ、既存のPontaポイント移行ができるようになります。 さて「おさいふPonta」のメリットとしてネットショップでクレジットカードのように利用することができる点でした。 以下はパソコンの画面で説明します。 「おさいふPonta」会員サイトにログインし、トップの左のメニューから「カード情報照会・変更」を選択、最下部の「本人認証サービス情報登録」をクリック。 「パーソナルメッセージ」も入力してください。 これは、ネットショップでJCBを利用するためにのパスワード入力画面に一緒に表示されるものです。 安心してパスワードと入力するためのも。 これで「おさいふPonta」をネットショップでいつでも利用できるようになりました。 以上が「おさいふPonta」のメリットと登録手順でした。 何度もいいますが、このプリペイドカードの数少ないメリットで最大のものは、ローソンで現金清算という手間を極力省けることぐらいですよ。

次の

クレカ不要!おさいふPontaでAmazonのダウンロードコンテンツを購入する

おさいふponta デメリット

こちらは、プリペイド式の電子マネーで、利用額に応じて通常のpontaポイントに加えてさらにポイントが貯まるというもの。 ローソン店頭でカードの無料配布を行っているので、見かけたことがあるという方や気になっていた方も少なくはないと思います。 実は私もローソンを利用する機会が多く、この電子マネーが気になっていました。 現金で払うよりもポイントが貯まりやすいなら使ってみようかなと思い、おさいふpontaについて私が調べたことを中心に他の電子マネーの違いやメリット、デメリットなども詳しくご紹介していきます。 おさいふpontaとは?他の電子マネーとの違い まず、おさいふpontaとはどのようなものなのか解説していきますね。 現在、身近な存在となっているプリペイド式の電子マネー、nanacoや楽天Edy、WAON、Suica モバイルSuica 、PASMO・Tマネーは、電子マネー加盟店だけで利用できます。 レジ付近に読み取り端末が置いてあったり、利用できる電子マネーのロゴがついており、加盟店は多いのですが利用できない店舗もあります。 これに対して、おさいふPontaはJCB加盟店で利用可能。 他の電子マネーと同じようにチャージして、JCBのクレジットカードと同じように買い物に使うものです。 国内のJCB取扱店契約数は約900万件 2015年3月末時点 と多いのでほとんどのお店で使うことはできますが、高速道路・ガソリンスタンド・各種公共料金など一部のJCB加盟店で利用できないことがあるのでご注意を。 電子マネーとして使うだけでしたら、会員登録は不要ですが以下のサービスを利用するためには会員登録が必要です。 貯まったpontaポイントを利用する• マイページで利用履歴や残高の確認• クレジットカードを利用してチャージ• おさいふpontaを紛失した際のサポート• 各種キャンペーンへのエントリー ネット通販で利用する 事前にチャージしておけば、全国のJCB加盟店でも利用できるのがおさいふpontaの嬉しいところ。 もちろん、Amazonや楽天などのネットでのお買い物でも利用可能です。 ケータイ料金とまとめて払うようにしたり、クレジットカード払いだとついつい使いすぎてしまいがちな課金アイテムもプリペイドカードで払うと使いすぎを防ぐこともできますね。 現金でチャージする場合 クレジットカードからチャージする場合 1回につき1000円以上1円単位 1回1000円以上1000円単位 1回のチャージ上限額は3万円 月間累計10万円まで チャージ手数料は無料 手数料がかかる場合もある 現金でチャージする場合 現金でチャージする場合は、ローソンのレジで「おさいふpontaのチャージをお願いします」とチャージしたい金額を伝えればOKです。 お会計前にすぐにチャージして利用することも可能ですよ。 クレジットカード おさいふpontaはお手持ちのクレジットカードからもチャージが可能ですが少し手間と手数料がかかります。 手数料を払ってまでチャージしても元が取れないのでセゾンカード以外でのチャージはおすすめしていません。 チャージの際はおさいふponta会員サイトにログインし、クレジットカードの登録を行います。 クレジットカードの登録が完了するとクレジットチャージメニューが表示されますので、そこからチャージすることが可能です。 おさいふponta 5つのメリットと4つのデメリット これまではおさいふpontaの入手方法と使い方をご紹介しましたが、おさいふpontaは本当にお得なのか、使うメリットはあるのかが大切ですよね。 おさいふpontaを使うメリットとデメリットをみていきましょう。 メリット 私がメリットだと感じたのは以下の5点です。 JCB加盟店でクレジットカード同様に使うことができる• JCB加盟店での利用でpontaポイントが貯まる• ローソンでのチャージが無料、クレカでもチャージ可能• これ1枚で電子マネーとポイントカードの1枚2役!• 万が一紛失しても安心サービスが利用できる 要会員登録 おさいふpontaはプリペイド式のクレジットカード 通常の電子マネーは、その電子マネーを導入している加盟店でのみ利用できますが、こちらはクレジットカード同様JCB加盟店であれば利用可能です。 現在、全国のJCB加盟店は約900万店舗 ほとんどの店舗で利用が可能な上、500円に1ポイントのpontaポイントが付与されるお得な電子マネーです。 また、Amazonや楽天などのネットショッピング、スマホゲームの有料アイテムやLINEスタンプの購入の際にも使えるので、カード情報の漏洩が不安な方やカードを使うとつい使いすぎてしまうという方も安心ですよね。 現金でのチャージは無料、セゾンカード以外のクレジットカードからのチャージは手数料がかかってしまいますが、現金同様レジで会計前にチャージして使えば通常のpontaポイントに加えてさらにポイントが貯まるのもメリットの一つだと思っています。 さらに、他の電子マネーカードを持とうとするとpontaポイントカードとは別でもう1枚持たなくてはいけませんがこれなら1枚2役。 ゲオでのレンタルを利用している場合は、レンタル利用手続きをすれば1枚でレンタル会員証にもなり、1枚3役となります。 通常のpontaポイントカードにはないメリットである盗難・紛失保証は会員登録することで連絡時点でのチャージ残高、Pontaポイントが補償されます。 もし紛失・盗難にあった場合にはおさいふPontaデスク 0570-064-836 に連絡すればOKです。 デメリット 私がデメリットと感じたのは以下の3点• JCB加盟店で利用してもポイント還元率が低い• オートチャージができない• クレジットカードからのチャージでは手数料がかかる クレジットカード同様に使えるのは嬉しいですが、ポイント還元率が500円で1ポイントと低め。 また、個人的な意見ですが、よく利用するのはローソン、でもその他にも近所のスーパーやセブンなどpontaが使えない店舗を利用する機会も多く、JCB加盟店で利用できるとはいえ、あまり高額なチャージはできません。 JCB加盟店での利用時、ポイント還元率が高くないので現金でのお支払いがメインで、ネットショッピング利用時やLINEスタンプ購入時など現金が使えないシーンで、でもクレジットカードは使いたくないな、という場合にだけ利用するのが良いのかな、と思います。 おさいふponta利用でpontaポイントはどれくらいもらえる? では次に、1か月間、なるべくおさいふpontaを利用したと仮定して、どれだけポイントが貯まるか計算してみましょう。 例として…• ローソンでの利用:3000円• スーパーでの利用:25000円• ドラッグストアでの利用:10000円 合計38000円で比較してみます。 おさいふpontaを持っていると便利な人はこんな人 通常のpontaカードと比べると、ポイントを貯められる場所は多くなるものの、ポイント還元率が低いのがデメリットのおさいふponta 還元率が高いクレジットカードをすでにご利用中の方やローソンの利用が少ないという方にはあまりメリットはないかもしれませんね。 では、どんな方がおさいふpontaを持つと便利な1枚となるのでしょうか。 買い物は現金がいい方• クレジットカードを持っていない方• ネットでのカード決済は情報漏洩が不安な方• お財布を忘れることが多い方• 万が一のお金を手帳やパスケースに入れている方 おさいふpontaカードは無料配布されているものなので、どんな方でも1枚持っていて損ではないでしょう。 クレジットカードは持っているけど、なるべく現金で買い物がしたいという方、プリペイド式で事前にチャージした分しか使えないので現金感覚で利用可能、その上多少のポイントが貯まります。 クレジットカードを持っていない方や審査が通らないという方は、これ1枚持っておけばネットショッピング利用時やスマホゲーム課金時も気軽に利用することができますね。 お財布を忘れることが多い方や万が一のお金を手帳やパスケースに入れているという方も少なくはないと思います。 クレジットカードをスマホケースやパスケースに入れるのはちょっと不安ですが、いくらかチャージしたおさいふpontaを入れておくと万が一の時に現金同様に使うことができますし。 もし紛失してしまったときは安心サービスを利用して別のカードに残高とポイントを移すことができます。 小中学生のお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんに1枚持たせておくと急なお買い物のお願いもお金を渡す手間が省けます。 おさいふpontaの便利でお得な使い方 まとめ サービスが始まって約2年、他の電子マネーに劣る部分は多々ありますし、ポイント還元率もイマイチ。 しかし、今後新たな加盟店の増加やサービスの向上も期待できなくはありません。 現状では、無理して持たなくてもいいかな、と思う半面、ネットショッピングやLINEスタンプ購入時は便利なカードかなと思っています。 持っていて損するカードではないので、無料配布している時に手に入れておくのも悪くはないでしょう。 以上、おさいふpontaの便利でお得な使い方【メリットとデメリット】こんな人はどんどんポイントが貯まる!でした。

次の

JMB×Ponta会員について|共通ポイント Ponta [ポンタ]

おさいふponta デメリット

2015年10月29日 株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長 玉塚 元一、以下「ローソン」)は、株式会社クレディセゾン、株式会社ジェーシービー、および株式会社ロイヤリティ マーケティングと協業し、2015年11月3日 火 より、JCBブランドのプリペイド機能付きPontaカード「おさいふPonta」の発行を開始いたします。 「おさいふPonta」はローソンが発行するPontaで初めてのプリペイドカードとなります。 「おさいふPonta」は、JCBブランドのプリペイド機能が付いたPontaカードです。 事前にローソン店頭又はWEBサイトでご入金頂くことで、ローソンと国内・海外 EC加盟店のみ のJCB加盟店 注1 でのお支払いにご利用いただけます。 お支払い金額に応じてPontaポイントがたまり、Ponta提携店舗でポイントをご利用頂ける便利でおトクなカードです。 (注2) ローソンは、今後も店舗やサービスの利便性の向上に取り組み、お客様の満足度の向上に努めてまいります。 【おさいふPonta カードデザイン】 注1…国内の取扱店契約数:約900万件 2015年3月末時点 高速道路など、一部のJCB加盟店でご利用頂けない場合がございます。 注2…一部のPonta提携社ではご利用頂けない場合がございます。 1.おさいふPonta概要 2.「おさいふPonta」デビューキャンペーン (1)初回1,000円以上チャージをすると毎月抽選で10,000名様に1,000円分のボーナスチャージをプレゼント 期間 2015年11月3日 火 ~2016年2月29日 月 対象 「おさいふPonta」へ1,000円以上の初回チャージをしていただいたお客様 特典 毎月抽選で10,000名様に1,000円分のボーナスチャージをプレゼントいたします。 (2)月間10,000円以上利用すると毎月抽選で1,000名様に10,000円分のボーナスチャージをプレゼント 期間 2015年11月3日 火 ~2016年2月29日 月 対象 「おさいふPonta」を月間10,000円以上利用していただいたお客様 特典 毎月抽選で1,000名様に10,000円分のボーナスチャージをプレゼント 3.共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」について ロイヤリティ マーケティングが運営する共通ポイントサービスです。 会員数は7,213万人(2015年9月末日現在)で、提携企業79社、全国約24,100店舗(2015年10月1日現在)にて利用が可能です。

次の