アドセンス アフィリエイト。 アフィリエイトとGoogleアドセンスの違いや稼ぐためのポイント

グーグルアドセンスとアフィリエイトの違いとは!始め方~収益の出し方まで徹底解説

アドセンス アフィリエイト

Google Adsense• Googleアナリティクス• Amazonアソシエイト 1つずつ利用規約を見てみましょう。 Google Adsenseのプライバシーポリシー Google Adsenseのコンテンツポリシーにとしてプライバシーポリシーの明記が必要と記載されています。 サイトのプライバシー ポリシーについて プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。 Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、 ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。 Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、 Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。 ユーザーは、でパーソナライズ広告を無効にできること(または、 にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。 にしていない場合、広告の配信時にの Cookie が使用される可能性があります。 その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。 これらのウェブサイトにアクセスすれば、 パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。 または、 にアクセスすれば、 第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。 引用元:Google Adsenseのコンテンツポリシー Googleアナリティクスのプライバシーポリシー Googleアナリティクスのにはプライバシーの項目でプライバシーポリシーの明記が必要と記載されています。 プライバシー お客様は、Google が個人情報として使用または認識できる情報を Google に送信したり、第三者によるかかる行為を支援または許可したりしないものとします。 お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 この情報の開示は、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」のページ( や、Google が随時提供するその他の URL)へのリンクを目立つように表示することで実施可能です。 お客様は訪問者の端末上での Cookie やその他の情報の保存や、そうした情報へのアクセスについて、そうした行為が本サービスに関連して発生する場合、およびかかる行為に関する情報の提供と訪問者からの同意が法律で求められている場合は、訪問者に明確かつ包括的な情報を提供し、同意を得るように商業上合理的な努力を払うものとします。 引用元:Googleアナリティクスの Amazonアソシエイトのプライバシーポリシー Amazonアソシエイト・の【 乙がアソシエイトであることの表示】でサイト上にAmazonアソシエイト参加者である旨を記載することが求めされています。 乙がアソシエイトであることの表示 乙は、本規約、乙によるアソシエイト・プログラム・コンテンツの使用または本プログラムへの乙の参加に関して、いかなるプレスリリースの発行その他の発表または広告もしないものとします。 乙は、本規約により明示的に許可される以外に、甲と乙との関係について不実の表明や誇張(甲が慈善活動やその他の運動を支援、後援、支持または貢献しているという表明または暗示を含みます。 )をせず、甲と乙またはその他のいかなる個人もしくは企業との間の関係または提携を表明したり暗示したりしないものとします。 乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon. jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 」の文言を表示しなければなりません。 甲は、この文言を適時変更することがあります。 引用元:Amazonアソシエイト・ 楽天アフィリエイトやASPはプライバシーポリシーは明記しなくていいの? Amazonアソシエイトと並んで楽天アフィリエイトを利用しているアドセンスブログは多いかと思いますが、楽天アフィリエイトはAmazonアソシエイトのように「楽天アフィリエイトの利用者であることを明記」する必要はあるのでしょうか? 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 Googleを含む広告配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しています。 この目的は、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示するためです。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「」をご覧ください。 パーソナライズ広告を無効にする手続きは「」からお手続きください。 なお、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にする手続きは「」からできます。 Amazonアソシエイトについて また、 [サイト名]は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくは「」をご覧ください。 個人情報の第三者への開示・提供の禁止 当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。 ・お客さまの同意がある場合 ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合 ・法令に基づき開示することが必要である場合 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、お客様の任意となっております。 ご記入いただいた情報に関しては第三者への開示は致しません。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 サービスの利用・商品の購入に関してましては、自己責任でお願いします。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤った情報の場合や、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当サイトに掲載している、文章・画像・動画等の著作権は当サイトに帰属します。 これらの情報を無断転載することを禁止します。 【トレンドアフィリエイトブログ】プライバシーポリシーの書き方テンプレート• Google Adsense• Googleアナリティクス• Amazonアソシエイト のサービスの利用を前提としたプライバシーポリシーです。 Amazonアソシエイトの利用の有無で「Amazonアソシエイトについて」の部分を削除して利用してください。 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 Googleを含む広告配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しています。 この目的は、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示するためです。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「」をご覧ください。 パーソナライズ広告を無効にする手続きは「」からお手続きください。 なお、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にする手続きは「」からできます。 Amazonアソシエイトについて また、 [サイト名]は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくは「」をご覧ください。 個人情報の第三者への開示・提供の禁止 当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。 ・お客さまの同意がある場合 ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合 ・法令に基づき開示することが必要である場合 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、お客様の任意となっております。 ご記入いただいた情報に関しては第三者への開示は致しません。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 サービスの利用・商品の購入に関してましては、自己責任でお願いします。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤った情報の場合や、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせからメールでご連絡ください。 できるだけ迅速に対応させて頂きます。 当サイトに掲載している、文章・画像・動画等の著作権は当サイトに帰属します。 これらの情報を無断転載することを禁止します。 【アフィリエイトサイト】プライバシーポリシーの書き方テンプレート• Googleアナリティクス• Amazonアソシエイト の利用を前提としたプライバシーポリシーです。 グーグルアドセンスを利用せず、ASP商品を紹介するアフィリエイト用のプライバシーポリシーの書き方です。 Amazonアソシエイトの利用の有無によって「Amazonアソシエイトについて」の部分を削除して利用してください。 コメント欄を設けていないアフィリエイトサイトなら「当サイトへのコメントについて」の部分を削除してくださいね。 Amazonアソシエイトについて また、 [サイト名]は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくは「」をご覧ください。 個人情報の第三者への開示・提供の禁止 当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。 ・お客さまの同意がある場合 ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合 ・法令に基づき開示することが必要である場合 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、お客様の任意となっております。 ご記入いただいた情報に関しては第三者への開示は致しません。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトでは各ASPの商品を紹介するアフィリエイトに参加しています。 リンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 サービスの利用・商品の購入に関してましては、自己責任でお願いします。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤った情報の場合や、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせからメールでご連絡ください。 できるだけ迅速に対応させて頂きます。 当サイトに掲載している、文章・画像・動画等の著作権は当サイトに帰属します。 これらの情報を無断転載することを禁止します。 千愛 オーストラリア在住主婦アフィリエイター。 3人の子供を育てながらできる仕事を探していたらアフィリエイトに出会い、会社員並みのお給料を稼いでいます。 このブログでは、私と同じように子育てのスキマ時間を使いお小遣い稼ぎをしたい人に、アドセンスやブログで稼ぐためのノウハウをお届けしています。

次の

アフィリエイトVSアドセンス!どっちが稼げるか違いを徹底比較

アドセンス アフィリエイト

\ブログ初心者にも大好評!/ 僕がGoogleアドセンスとASPアフィリエイトを併用し、取り組んだ経緯 元々、僕はトレンドアフィリエイトと言うものを行なっていました。 トレンドアフィリエイトについて簡単に説明すると 『今、話題になっているニュースで気になることについて調べて記事にして、Googleアドセンスで収益化するサイト』のことです。 一般的なトレンドアフィリエイトについての説明になりますので、人によって若干解釈が異なります。 Googleアドセンスは極端な話、 アクセスさえ集められ れば、報酬を得られます。 記事内容が微妙であってもそこそこは報酬が発生します。 RPMとCTRについて詳しく知りたい方『』をご覧ください。 この計算で行けば 「1万アクセスあれば2500円の報酬を得られる」ということになります。 僕自身はメディアサイトで大量にアクセスを集めていた為、Googleアドセンスである程度の生活ができます。 そんな中、というASPから連絡がきました。 調べてみるとそのような注意喚起はありません。 実際に他サイトでもアドセンスとASPの運用をしているのも見受けられます。 GoogleアドセンスとASPアフィリエイトを併用の注意点 もちろんGoogleアドセンスとASPアフィリエイトの併用は問題ありませんが、注意点があります。 AdSenseプログラムポリシーを守る• ASPアフィリエイトのポリシーを守る• 読者さんが使いやすいように広告を配置する という点です。 Googleアドセンスは停止になるとほとんど復活できませんので、できる限り注意を払ってください。 特に注意する点としてはASPアフィリエイトの広告もコンテンツとして扱われることです。 つまり、 ASPアフィリエイトの広告でコンテンツ ポリシー違反になる可能性があるということです。 ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ• 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ• 過度に下品な言葉遣い などはポリシー違反しやすいので注意されてください。 またASPアフィリエイトの広告の多すぎる配置や無理にクリックさせるような配置はされないようにしてください。 既にGoogleアドセンスを初めていて、月に1万アクセスほどあればASPアフィリエイトから報酬を受け取れる可能性が充分にあります。 面倒がらず、提携できそうなアフィリエイトはないかを探してみてください。 僕がオススメしているASPは• …最大手のASP。 …僕が1番成果が上がっているASP。 …担当者と飲みに行く仲間で公私ともお世話になっているASP。 …個人的に好きなASP。 …今後やるにはおもそろそうな案件が多いASP。 felmatはクローズドASPとなっておりますので、普通では入れませんが僕の紹介と言って頂ければ入れるかもしれません。 ASPアフィリエイトを使っていないと機会損失しているかもしれません。 登録も無料のASPなので気軽に登録してみてくださいね。

次の

アドセンスとアフィリエイトの違いは?初心者はどっちがおすすめ?

アドセンス アフィリエイト

アドセンスとは?アフィリエイトとは? そもそも 「アドセンスとは?」「アフィリエイトとは?」というところから説明していきます。 初耳の方もいらっしゃると思います。 なんせ私もブログを始めるまでは聞いたことありませんでしたから。 どちらにも共通することは、 「広告ビジネス」であることです。 つまり、広告主の商品やサービスを広告し、その対価として報酬を受け取る仕組みであるということです。 Googleアドセンス まず、アドセンスですね。 アドセンスの正式名称は 「Googleアドセンス」です。 みなさまご存知Googleは、広告によって収益を得ています。 Googleで何か検索してみると、いたるところに広告が出てきますよね。 アドセンスとは、この広告をあなたが運営するWEBサイトに貼ることができるシステムです。 そして、その広告がクリックされただけ報酬が受け取れます。 「クリック課金型広告」という言い方もします。 しかもびっくりすることに、サイト訪問者に最適な広告が自動で表示されるようになっているんですね。 とあるサイトに載っていた広告を1度クリックすると、別のサイトでも同じ広告が表示されていた 経験ありませんか? たとえば、とあるブログをみていると、こんな広告が表示されました。 「転職」と「マイカーリース」についての広告ですね。 これは、私が過去に別のサイトで「転職」と「マイカーリース」の広告をクリックしたことがあるから 表示されているんです。 これって、めちゃくちゃ効率的な宣伝方法ですよね。 車に興味ない人よりも、興味ある人に車の宣伝をした方が購買効果が高いに決まっていますから。 アフィリエイト 次にアフィリエイトです。 「affiliate」。 和訳すると「縁組する、加入させる」という意味です。 アフィリエイトを端的に言えば、 ネット上の媒体を使って、主に企業の商品やサービスを広告し、 その広告から商品・サービスが購入されたときに広告主から報酬が受け取れる仕組みです。 ネット上の媒体とは SNS、YouTube、メルマガ、そしてブログなどたくさんあります。 あなたが運営しているネット媒体で、広告主の商品・サービスを広告し、 サイト閲覧者を商品・サービスに アフィリエイトして購入してもらうんです。 サイト閲覧者が購入して初めて報酬が発生するので、 「成果報酬型広告」という言い方もします。 アドセンスのように載せる広告が自動表示されるワケではないので、 自分自身で販売する商品・サービスを選ばなければなりません。 といっても、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)という アフィリエイト用の商品・サービスを斡旋するプロバイダが あるので、 そちらからお好きなものを 選べばいいだけなんです。 アドセンスの特徴 アドセンスの特徴をメリット、デメリットに沿って説明していきます。 アドセンスのメリット まずメリットですが、何といってもクリック課金広告なので、 クリックされた時点ですぐに報酬が発生する点です。 つまり、売り上げが立ちやすいのがアドセンスの魅力なんですね。 また、先ほど説明したように サイト閲覧者に最適な広告を自動表示してくれることもメリットです。 サイトへのアクセス数を稼ぐことだけに集中していれば、自ずと閲覧者が広告をクリックしてくれるワケですね。 【メリット】• 売り上げが立ちやすい• 広告が自動表示される アドセンスのデメリット 反対にデメリットは何でしょう。 まず、 報酬単価が低い点です。 サイトのジャンルや表示広告により単価は変動しますが、 1クリック=30~90円ほどが相場です。 アクセス数を増やせなければ、高い報酬額は望めないということですね。 あのプロブロガーのイケハヤさんが、 自身のアドセンス収益実績から収益早見表なるものを作成し、公開しています。 ikedahayato. html PVというのは「ページビュー」という意味 です。 サイトの閲覧者数のことです。 これによれば、アドセンスで月5万円を稼ごうとすると、20万PVほど必要とあります。 あくまで目安ですが、 20万人がアクセスして、ようやく5万円になるワケですね。 しかも、インフルエンサーのイケハヤさんでこの実績ですから、素人の我々はいかほどに・・・ - -; そして、 「審査」がある点も忘れてはいけません。 アドセンス広告を有効化するためにはGoogle側で審査があるんです。 広告主が求める条件に合うWEBサイトなのかを判断するためですね。 広告タグ自体はすぐに貼ることができますが、そこから自動的に審査が始まり、 合格後に初めてクリック報酬が有効化されます。 アドセンスの審査受からない😓 価値の低い広告枠に悩まされる。 記事の内容が薄いのと独自性がないってことかな? 記事少なくして内容を濃くしてみます。 — アッシュ VISA積立 AshTsumitate そして、 「広告停止のリスク」がある点も見逃せません。 ある日突然、Googleから 「お客様のアカウントは強制停止されています」という警告メールが来るんです。 これは何かというと、アドセンスのプログラムポリシーに違反しているから 広告を停止しましたと 通告しているワケですが・・・ 問題なのは、なぜ停止されたかが分からないってことなんです。 「〇〇な理由で停止しました」・・・なんてご丁寧な説明はありません。 これも審査同様、自分で問題点を推測・分析して、対策を講じなければいけないんですね。 警告もなく広告も表示されているのに、どこを探しても記事が表示されなかったり、 ブログそのものが検索結果に表示されなくなる場合もあるんです。 最悪の場合、アドセンスアカウントの剥奪もあるようです・・・ - -; たまたまたアドセンスの管理画面見たら、1サイトに対して警告&広告停止のお知らせが昨日来てたっぽい。 Googleの警告って、やだねーーー。 そして、月末にGoogleに給料を振り込んでもらう。 アカウント停止という突然の 解雇に日々ビクビクしている。 これでは会社や上司と同じ。 自分のコンテンツ販売をして行こう! — 家康@WEBライター養成専門家 takanamu123 最後に、「サードパーティcookieの規制」がある点です。 詳しくはこちらの記事を見てもらえればと思いますが・・・ 簡単に説明すると、アドセンスのメリットである「広告の自動表示」が徐々に使えなくなってしまうということなんです! そして、2022年までにはなんと完全に使えなくなります! 【デメリット】• 報酬単価が低い• 広告停止のリスク• サードパーティcookie規制 アフィリエイトの特徴 次に、アフィリエイトの特徴を メリット、デメリットに沿って説明していきます。 アフィリエイトのメリット まず、報酬単価が高い点が挙げられます。 アフィリエイトする商品・サービスにもよりますが、 高額商品であれば1回の成約で数万円単位の報酬を得ることも可能です。 なので、アフィリエイトの場合PVはあまり重要ではありません。 これもメリットですね。 アドセンスはアクセス数に比例して報酬額が増えるためPVが全てですが、 アフィリエイトはどれだけ閲覧されていても商品・サービスが購入されなければ報酬はゼロなんですね。 アクセスが多いにもかかわらず成約が無いケースもあれば、それほどアクセスが無いのに 成約するケースもある のでPVは参考にはならないんですね。 ズバリそこまで稼げないんです。 先ほども説明したとおり、アクセス数を増やせなければ収益は雀の涙です。 クリック単価=30~90円ほどですからね。 そのためには、単純に記事を量産しなければなりません。 量産するためには執筆スピードも必要です。 「量とスピード」が求められる典型的な労働集約型ビジネスと言えます。 昨日のアドセンス。 なんか日に日に落ちててしんどいですね! 連日4桁出してた頃が懐かしい。。 PVも先週の5〜6割といった感じ。 でもそこでめげずに頑張ってほしいです。 勿体ないので! — てぃーけー ブログ11年目 blotomotk みなさん日々頑張ってもこんな状況が現実なんです。 執筆だけで忙殺されてしまうんですね。 雑記記事とは様々なジャンル(例:医療+投資+ダイエットなど)の記事を言います。 1つのジャンルに絞る「特化記事」ではなく、様々なジャンルを扱うことで ネタが尽きることを回避しようとするワケです。 ただ、これはSEOの「専門性を評価する」という観点からよろしくないんですね。 多ジャンルであれば当然、記事の専門性は薄れますから。 つまり、検索エンジンの上位に表示されづらい傾向にあるんです。 なので、量産してもなかなかアクセス数に繋がらないという負のスパイラルに陥ってしまいます。 「自分の好きなことを書くだけでお金になる」 そんな甘い誘いに乗って、多くの初心者がこのアドセンスに挑戦するのですが、 こういった点を踏まえて始めてほしいと思います。 実は私もうかつに手を出してしまった1人なんです。 結果は言うまでもなく惨敗でした。 わざわざ、アドセンスのノウハウを学ぶ情報商材まで買ってしまいましたからw ただし!それを逆手にとって、 自分 のアドセンスでの実績をノウハウコンテンツとして販売することもでき ます! ただし、月数十万円は稼げるようにならないと 購入するメリットが無いと思われますので、その覚悟は必要です。 アフィリエイトはどんな人におすすめ? アフィリエイトはどんな人におすすめか? ずばり、稼ぎたい人に向いていると言えます。 収益が発生するまでに数か月は要しますが、単価が高いので高額報酬が望めます。 さきほど、デメリットとしてセールス(営業)が必要と説明しましたが、 実は適切な運用方法が既に確立しているんです。 難しい戦略やサイト構築力みたいなものは必要ありません。 むしろ、独学で始めてしまった方がリスクがあります。 私にはアフィリエイトのメンターがいるのですが、その方のノウハウを実践したおかげで 月30万円を安定して稼げるようになりました。 しかも、週に1~2記事の執筆スピードで、土日は家族との時間をがっつりと確保しながら継続できています。 知識集約型ビジネスですね。 費用対効果抜群です。 正しい運用方法を実践すれば私のようなネットど素人でも再現性があるビジネスなんです。 そうは言っても不安ですよね - -; 本業で扱うワードやエクセル程度のPCスキルと、上司からメール文章を酷評されまくる私でも できるのかと 始めた当初は不安でした。 読者が読んで分かりやすい構成になっているかということです。 ぜひ、書籍を参考にしてみてください。 タイトルで目を引いて、目次があり、見出しがあり、最初に読者に投げかけた疑問を きちんと記事の中で回収できているか、などなど。 そういった文章構成テンプレートを守れば、たとえ拙い文章でも理解しやすい文章になるんですね。 私がメンターから教わった重要なノウハウの1つです。 そして、アドセンスは記事が消費されていきますが、 アフィリエイトは記事が 資産として積み上がり、時間はかかりますが実った時に大きな収益を生んでくれます。 商品・サービスを購入するような導線を記事に含めておくことで、 記事が積み重なれば積み重なるほどに、購買意欲が増す構造になっているからなんですね。 そのため、「資産」になるワケです。 まとめ 今回は 「アドセンスとアフィリエイト、結局どっちが稼げるの?」というテーマについて お話ししてきましたが、いかがだったでしょうか。 【まとめ】アドセンスとアフィリエイト、結局どっちが稼げるの?• 高額収益を得たい方はアフィリエイト• 月1万円程度稼ぎたい方はアドセンス• アフィリエイトは知識集約型ビジネス、少ない労力で大きな利益を得ることができる• アドセンスは労働集約型ビジネス、労力が必要な割に大きな利益は出しにくい あなたの目的に合わせて選んでいただくのがいいかと思います。 私はアフィリエイトを1年間以上実践しています。 週1~2記事の更新で、アクセス100PVにも満たず、30万円の安定収入を得ることに成功しています。 私は、忙しい本業の合間に無理せず副収入を得ることが目的だったので、 少ない労力で大きな収入を得られる知識集約型のアフィリエイトはまさに理想のビジネスと言えます。 じっくり選んでみてくださいね。 私は忙しい本業の傍ら、副業としてブログを運営して早1年が経ちます。 今では、安定して毎月30万円の副収入を得ています。 サラリーマンにとって、月にプラスで30万円入ることがどれほど素晴らしいことなのか・・・実感しています! 私のブログ運営のモットーは「堅実的に副収入を得る」です! 家族を持つサラリーマンにとって、副業は低リスクで効率的に稼げる=堅実的であることが必須条件だからです。 多くの方は、ブログは毎日更新が必須で、記事のネタを探すのも一苦労だと思っていますが、私の取り組むブログは少し違います。 平日は寝る前の2時間を使って、週1~2記事の更新頻度で執筆、土日は家族との時間をばっちり確保できていますし、記事のネタも血眼になって探す必要はありません。 なんせ、そのやり方でないと本業に支障をきたしてしまうので・・・ - -; そもそも、私がブログを始めた理由は・・・.

次の