さん け べつ ヒグマ 事件 nhk。 【北海道】三毛別羆事件復元地 アクセス方法、営業時間、所要時間など

大川春義

さん け べつ ヒグマ 事件 nhk

事件の経緯 [ ] 計画 [ ] 福岡大学ワンダーフォーゲル同好会所属の学生A(リーダー、20歳)、B(サブリーダー、22歳)、C(19歳)、D(19歳)、E(18歳)の5人は1970年7月12日9時に列車でを出発し、14日にへ到着した。 14時半に芽室岳へ入山。 そのまま芽室岳からへ日高山脈を縦走する計画だった。 予兆 [ ] 25日、中間地点である (標高1,979m)の九ノ沢カールでを張ったところ、が現れた。 ヒグマがいない九州から来た彼らは恐れることなく様子を見ていたが、ヒグマが荷物をあさりだしたため音を立てて追い払い荷物を取り返した。 しかしその夜、再びヒグマが現れテントに穴を開けた。 身の危険を感じた彼らは交代で見張りを立てたが、その後は現れなかった。 26日の早朝、ふたたびヒグマが現れテントを倒した。 Aの指示でBとEが救助を呼ぶため下山を始めた。 その途中でのグループやのグループに会ったので救助要請の伝言をし、BとEは他の3人を助けるため山中へ戻った。 大学生を襲ったクマと同種のクマ(ヒグマ) ヒグマの襲撃 [ ] BとEは昼ごろに合流し、5人でテントを修繕した。 16時ごろ、寝ようとしていた彼らのもとにヒグマが現れ居座った。 彼らは鳥取大学のテントへ避難するため、九ノ沢カールを出発し歩き続けた。 しかし、鳥取大学や北海学園大学のグループはヒグマ出没の一報を受け、すでに避難したあとだったため、仕方なく彼らは夜道を歩き続けた。 不幸にもヒグマは彼らを追いかけ、追いついた。 ヒグマはまずEを襲い絶命させた。 Cは他のメンバーとはぐれてしまった。 彼らは一目散に逃げ、その夜はガレ場で夜を過ごした。 27日早朝、深いが出ていたため視界は悪かった。 下山する途中でヒグマはまた現れた。 Aがターゲットとなりそのまま襲われて死亡した。 BとDは無事下山し、逃げ延びた2人は五の沢砂防ダムの工事現場に駆け込んで車を借り、18時にへ到着した。 救助隊 [ ] 仲間とはぐれたCは鳥取大学グループが残したテントに駆け込み一夜を明かしたが、27日の8時ごろにヒグマに襲われ死亡した。 Cは死ぬ直前まで様子や心境をメモに書いていた。 28日、十勝山岳連盟の青山義信を現場隊長とし、署員や十勝山岳連盟、などからなる救助隊が編成された。 さらに帯広警察署は、カムイエクウチカウシ山などの日高山脈中部の入山を禁止した。 翌29日、早朝から捜索していた救助隊は14時45分ごろに八の沢カールの北側ガレ場下で2人の遺体を発見した。 遺体は九州から捜索に加わっていた福岡大学ワンダーフォーゲル同好会会員によってAとEであることが確認された。 29日16時半ごろ、ヒグマは八の沢カール周辺でハンター10人の一斉射撃によりされた。 亜成獣(3歳)の雌であまり大きくはなかった。 30日にはCの遺体も発見された。 雨天で足元が悪いことから遺体を下におろすことができず、31日17時に八の沢カールで3人の遺体は火葬にされた。 八の沢カールには追悼のプレートがかけられ、そのプレートには「高山に眠れる御霊安かれと挽歌も悲し八の沢」と追悼の句が記されている。 3人を殺害したヒグマは解剖されたが、体内からヒトや持ち物などは確認されなかった。 このヒグマは剥製にされ、中札内村の日高山脈山岳センターに展示されている。 教訓 [ ] 野生動物研究家のは次の指摘をしている。 ヒグマがあさった荷物を取り返してはいけない。 彼らは最初にヒグマに遭遇した際、ヒグマにあさられた荷物を取り返したためヒグマから敵と看做された。 ヒグマは非常に執着心が強い動物であるため、一度ヒグマの所有物になったものを取り返すのは無謀な行為である。 ヒグマに遭遇したらすぐに下山しなければいけない。 彼らはヒグマに遭遇したものの、身の危険をすぐには感じず下山しなかった。 Aの母はのインタビューで「カムイエクウチカウシ山はAが日頃から行きたがっていた山だったので、どうしても登頂したかったのかもしれない」と述べている。 ヒグマに背を向けて逃げてはいけない。 ヒグマは背を向けて逃げるものをのように追いかける習性がある。 たとえ敵ではないと認識していても、背を向けて逃げると本能的に追いかけるため非常に危険である。 事前にヒグマに出会ったときの対処法をチェックしておかなければならない。 彼らはヒグマにあまり詳しくなかったので間違った対処をした。 ヒグマは時間や天候に関係なく行動する。 彼らを襲った時間は朝から夜まで規則的ではなく、でも行動した。 事件を題材にした番組 [ ]• テレビ番組『 ヒグマが襲った!秘境日高山脈にみる野生の恐怖』語り:(・、)• テレビ番組『』(、)• テレビ番組『・戦慄のヒグマ襲撃事件…大学生が死の直前書き残したノート』(、) 脚注 [ ] []• 105-111. , p. 192. , pp. 244-249. : p. テレビ欄. 1984年12月29日 参考文献 [ ]• 「第9章 事件をかえりみる「福岡大学ワンゲル部員日高山系遭難事件」」『ヒグマそこが知りたい - 理解と予防のための10章』共同文化社、北海道札幌市、2001年8月、244-249頁。 北の山脈編集部, 編纂. 「福岡大学ワンダーフォーゲル部遭難報告書抜粋」『北の山脈』創刊、北海道撮影社、1971年3月、 105-111頁。 「」『哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan』第5巻第5号、日本哺乳類学会、1972年7月、 192-193頁、 :。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2013年7月11日放送)•

次の

『慟哭の谷――北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』惨劇から100年【ノンフィクションはこれを読め!HONZ】

さん け べつ ヒグマ 事件 nhk

ヒグマ事件を読み解く/苫前事件 三毛別事件) 2.苫前事件(三毛別事件) 1915年(大正4年)の月、道北の留萌管内苫前村三毛別六線沢(現在は苫前町三渓)の開拓集落で起きたヒグマによる連続襲撃事件は、死者8名、とりわけ民家に避難していた女性や子供が犠牲になったという点で、「無惨」「恐怖」「巨羆」などという言葉とともに記憶され、「苫前村三毛別事件」として語られてきた。 だが、それは、忌まわしい、ヒグマを敵として憎むためだけの物語だろうか。 現在もこの国にクマとともに住む我々は、この悲劇から受け継ぐべき教訓はないだろうか。 林務官という仕事の傍ら、この事件の調査発掘に努め、当事者への克明な聞き取りを重ねた木村盛武氏の記録と分析を元に、ヒグマの動きと人間の対応を検証してみた。 木村さんは元ヒグマの会監事。 年に旭川営林局の部内誌「寒帯林」に事件の調査記録を発表。 いくつかの著書でも触れ、年に「慟哭の谷」(共同文化社)にまとめている。 その記録は、戸川幸夫「羆風」「羆荒れ」、吉村昭「羆嵐」などの小説に基礎資料として提供された。 入植後年足らずの戸が、細長く沢沿いに点在していた。 山の中ではヒグマの痕跡は多いが、当時でも人家付近まで出てくることは滅多になかったという。 それが月上旬から下旬に計3回、池田家の軒下に吊したトウモロコシを夜中にクマが荒らした。 さらに月に入って松村家でも同様の被害があり、2人のマタギ(狩人)が発砲したが、傷を負わせただけで取り逃がした。 足跡は見たこともない大きさだったという。 すでに雪が降り始め、通常なら冬眠に入っている時期だ。 2,太田家第1襲撃 最初に事件が起きた月9日は、冬の交通路である氷橋を造るため、男衆は総出で木の伐採作業中だった。 午前中、太田家が荒らされ、蓮見幹雄(6歳)の遺体が残され、妻マユ()も近くの山林で食害された状態で翌日見つかった。 木村さんの推測では、以前と同じように軒先のトウモロコシを食おうと現れたヒグマに、家の中にいた2人が気づき、大声に逆上したクマが室内に入り込んで子供を一撃で殺し、妻マユをくわえて連れ去ったらしい。 クマの出入り口はいずれも山側の窓だった。 3,太田家第2の襲撃 翌日、朝から人余りの捜索隊が、クマの足跡を追跡。 それもはずれ、クマは逃げた。 マユの遺体はこのトドマツの木の根元に埋められていた。 足と頭を残し、ひどく食害されていたという。 2人の遺体は太田家に安置され、親族ら9人だけが通夜をした。 「獲物があるとクマが来る」と言われ、村人は通夜にはあまり来ていなかった。 午後8時半ごろ、ヒグマが太田家の壁を破って突入した。 棺桶をひっくり返し、遺体を食べようとしたらしい。 出席者の1人が銃を撃ったので、クマはすぐ逃走した。 人々は梁の上や便所に隠れて無事だった。 大人は男性1人と女性2人、あとは子供だった。 他の集落などから来た若者や猟師らは、別の家に集結していた。 太田家の通夜を荒らしたヒグマは午後9時ごろ、明景家を襲った。 「クマは火を怖がる」と信じられ、いろりに火を燃やしていたが、効果はなかった。 室内を逃げまどう子供たちが次々と頭や胸をかまれた。 妊娠中だった斉藤タケ()は「腹破らんでくれ。 喉食って殺して」と叫びながら、胎児とともに亡くなったという。 このとき、明景金蔵(3歳)、斉藤タケ、巌(6)、春義(3)と胎児の5人が死亡。 3人が重傷を負い、うち1人は3年後に亡くなった。 5,クマは逃げ人も去る 近くの家に集結していた約人の救援隊が明景家を囲んだが、ヒグマの気配や人のうめき声で、家の中には入れず、発砲もできなかった。 1時間あまりして、ヒグマが飛び出したが、このときも一番近い射手は不発で、ヒグマは逃げおおせた。 その夜のうちに、六線沢のすべての住民は、下流の三毛別に避難した。 真冬の夜の雪道を、たいまつを手に逃れたという。 約人の救援隊だけが、集落に残った。 6,クマ狩り本部結成 日になって、大事件の一報が北海道庁に届き、折り返し、羽幌警察分署出動の指示が出た。 熊狩り本部が六線沢に近い農家に設けられ、本部長は警察分署長、副本部長は帝室林野局の職員と分教場の教頭。 最大の方針は、問題のヒグマを三毛別川より下流に侵入させない、というものだった。 その夜、葬儀を待つ遺体でクマをおびき寄せる、という苦肉の案が出され、6遺体が明景家に置かれた。 室内にやぐらを組んで射手が待ち伏せしたが、ヒグマは家の近くまで来たものの、気配を察したのか、中には入らなかった。 翌日には、六線沢の無人の農家をヒグマが次々と荒らし、ニワトリを殺し、穀類を食い、衣類を引きずり出した。 この日だけで被害は8軒にのぼった。 日午後8時ごろ、三毛別川の氷橋を見張っていた討伐隊員が、暗闇で動くものに気づいた。 「人か、クマか」と声をかけ、返答がないところに数丁の銃を撃ちかけたが、またも不発が多く、クマは逃げ去った。 7,射殺 日朝、前夜の川べりの射撃地点では、血痕が残り、クマに命中弾があったことは確かめられた。 数人の討伐隊が、雪上の足跡と血痕を追跡した。 午前時ごろ、隣村の腕利き猟師、山本兵吉がいち早くミズナラの大木の下にいるヒグマを見つけ、2発発射して胸と頭に命中させ、ヒグマを撃ち取った。 7〜8歳くらいのオス。 背から胸にかけて「袈裟懸け」と言われる白い模様があった。 射殺直後、日から日にかけ、大暴風雨が留萌・宗谷地方を襲い、住民はこれを「羆嵐」と呼んだといい、多くの小説や映画のタイトルにもなっている。 木村さんは三毛別を取材した当時の機材や写真などを出してくださり、ノートを見ながら、事件の経過とその要因や人間側の対策の問題を論じた。 木村さんは「この事件は本当に残念だ。 責めるわけにもいかないが、しっかり対応すれば、襲撃を未然に防ぐか、少なくとも2番目の明景家の被害は防げた可能性がある」という。 まず、ヒグマ接近の予兆があった月の3件のトウモロコシ荒らしだ。 「軒先の作物をとるのは、人を恐れなくなってきている危険な兆候。 三毛別は入植して日が浅く、ヒグマの通常の行動と、異常行動の区別がつきにくかったのだろう。 最も大事にされていた馬が無事だったので、安心していたというか、無関心だったような印象だ」 また、数度のチャンスに射撃に失敗し、2度も「手負い」にしてしまったことも、大きな失敗だ。 「銃の手入れも操作も悪く、ともかく撃ち損じが多い。 クマに対してはそれほど熟練していないうえ、寄せ集めの面々で、牽制し合うというか、連携がよくなかった。 まるで烏合の衆」と厳しい。 組織にも問題があった。 「熊狩り本部」といっても、トップは警察分署長、副隊長は林務官と教頭先生。 素人が指揮を執ると、あまりいいことはない。 人数も数人と多いが、肝心な追跡・射殺という場面では、あまり役には立っていない。 実際、あとから参加した隣村の腕利き猟師が、事実上1人で仕留めたのが今回の結末だ。 そもそも、このヒグマはなぜこんな連続襲撃をしたのだろう。 最初の太田家の2人殺害について、木村さんの見方は、「トウキビ狙いだったのが、騒がれて逆上し殺害」というものだ。 「マユさんは室内で強く抵抗した跡があるといい、それがかえってクマを攻撃的にしたのではないか。 不確かだが、このクマが以前、ほかの場所で人を襲って食べた、という話も伝わっている」 クマはいったん手にした獲物には強く執着する。 太田家の通夜を襲ったのは、その例だ。 「獲物を取り戻す、という行動は、ほかでも見られる。 人間にとっては大切な肉親の遺体を回収し、通夜を営むのは当然だが、クマはそれを獲物を奪われたと思いこむ」 太田家を襲って撃退された後、ヒグマはすぐに女性・子供ばかりの明景家に侵入する。 クマは危険を避け、男たちが集まる家ではなく、「獲物」になりやすそうな家を襲撃した。 「人間の方も油断というか、判断の誤りがあった。 明景家は大きな家だと言うが、成人男性は1人だけ。 銃も持っていない。 人くらいの射手が別の家に集結していたのだから、護衛をつければいいのに、それをしていなかった。 リスクの判断をしていないし、きちんと判断する人もいなかった状態なのだろう」 木村さんは初冬という時期にも注目する。 「普通なら冬の穴ごもりに入る時期。 穴に入らず、肉食に依存するタイプのクマだったのかもしれない。 海外でも『穴持たず』は危険だと恐れられている」 木村さんは「ヒグマは『猛獣』ではなく、『強獣』だ」という。 力は強く、牙や爪も鋭いが、本来ならむやみに人を襲うことはない。 何かのきっかけで、異常な行動を起こすようになる。 「三毛別のこのクマも、どこかで特殊になったのではないか」と語った。 (山本牧) Copyright C 2010 higumanokai. All Rights Reserved. site map 個人情報保護について このサイトについて.

次の

『慟哭の谷――北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』惨劇から100年【ノンフィクションはこれを読め!HONZ】

さん け べつ ヒグマ 事件 nhk

事件の経緯 [ ] 計画 [ ] 福岡大学ワンダーフォーゲル同好会所属の学生A(リーダー、20歳)、B(サブリーダー、22歳)、C(19歳)、D(19歳)、E(18歳)の5人は1970年7月12日9時に列車でを出発し、14日にへ到着した。 14時半に芽室岳へ入山。 そのまま芽室岳からへ日高山脈を縦走する計画だった。 予兆 [ ] 25日、中間地点である (標高1,979m)の九ノ沢カールでを張ったところ、が現れた。 ヒグマがいない九州から来た彼らは恐れることなく様子を見ていたが、ヒグマが荷物をあさりだしたため音を立てて追い払い荷物を取り返した。 しかしその夜、再びヒグマが現れテントに穴を開けた。 身の危険を感じた彼らは交代で見張りを立てたが、その後は現れなかった。 26日の早朝、ふたたびヒグマが現れテントを倒した。 Aの指示でBとEが救助を呼ぶため下山を始めた。 その途中でのグループやのグループに会ったので救助要請の伝言をし、BとEは他の3人を助けるため山中へ戻った。 大学生を襲ったクマと同種のクマ(ヒグマ) ヒグマの襲撃 [ ] BとEは昼ごろに合流し、5人でテントを修繕した。 16時ごろ、寝ようとしていた彼らのもとにヒグマが現れ居座った。 彼らは鳥取大学のテントへ避難するため、九ノ沢カールを出発し歩き続けた。 しかし、鳥取大学や北海学園大学のグループはヒグマ出没の一報を受け、すでに避難したあとだったため、仕方なく彼らは夜道を歩き続けた。 不幸にもヒグマは彼らを追いかけ、追いついた。 ヒグマはまずEを襲い絶命させた。 Cは他のメンバーとはぐれてしまった。 彼らは一目散に逃げ、その夜はガレ場で夜を過ごした。 27日早朝、深いが出ていたため視界は悪かった。 下山する途中でヒグマはまた現れた。 Aがターゲットとなりそのまま襲われて死亡した。 BとDは無事下山し、逃げ延びた2人は五の沢砂防ダムの工事現場に駆け込んで車を借り、18時にへ到着した。 救助隊 [ ] 仲間とはぐれたCは鳥取大学グループが残したテントに駆け込み一夜を明かしたが、27日の8時ごろにヒグマに襲われ死亡した。 Cは死ぬ直前まで様子や心境をメモに書いていた。 28日、十勝山岳連盟の青山義信を現場隊長とし、署員や十勝山岳連盟、などからなる救助隊が編成された。 さらに帯広警察署は、カムイエクウチカウシ山などの日高山脈中部の入山を禁止した。 翌29日、早朝から捜索していた救助隊は14時45分ごろに八の沢カールの北側ガレ場下で2人の遺体を発見した。 遺体は九州から捜索に加わっていた福岡大学ワンダーフォーゲル同好会会員によってAとEであることが確認された。 29日16時半ごろ、ヒグマは八の沢カール周辺でハンター10人の一斉射撃によりされた。 亜成獣(3歳)の雌であまり大きくはなかった。 30日にはCの遺体も発見された。 雨天で足元が悪いことから遺体を下におろすことができず、31日17時に八の沢カールで3人の遺体は火葬にされた。 八の沢カールには追悼のプレートがかけられ、そのプレートには「高山に眠れる御霊安かれと挽歌も悲し八の沢」と追悼の句が記されている。 3人を殺害したヒグマは解剖されたが、体内からヒトや持ち物などは確認されなかった。 このヒグマは剥製にされ、中札内村の日高山脈山岳センターに展示されている。 教訓 [ ] 野生動物研究家のは次の指摘をしている。 ヒグマがあさった荷物を取り返してはいけない。 彼らは最初にヒグマに遭遇した際、ヒグマにあさられた荷物を取り返したためヒグマから敵と看做された。 ヒグマは非常に執着心が強い動物であるため、一度ヒグマの所有物になったものを取り返すのは無謀な行為である。 ヒグマに遭遇したらすぐに下山しなければいけない。 彼らはヒグマに遭遇したものの、身の危険をすぐには感じず下山しなかった。 Aの母はのインタビューで「カムイエクウチカウシ山はAが日頃から行きたがっていた山だったので、どうしても登頂したかったのかもしれない」と述べている。 ヒグマに背を向けて逃げてはいけない。 ヒグマは背を向けて逃げるものをのように追いかける習性がある。 たとえ敵ではないと認識していても、背を向けて逃げると本能的に追いかけるため非常に危険である。 事前にヒグマに出会ったときの対処法をチェックしておかなければならない。 彼らはヒグマにあまり詳しくなかったので間違った対処をした。 ヒグマは時間や天候に関係なく行動する。 彼らを襲った時間は朝から夜まで規則的ではなく、でも行動した。 事件を題材にした番組 [ ]• テレビ番組『 ヒグマが襲った!秘境日高山脈にみる野生の恐怖』語り:(・、)• テレビ番組『』(、)• テレビ番組『・戦慄のヒグマ襲撃事件…大学生が死の直前書き残したノート』(、) 脚注 [ ] []• 105-111. , p. 192. , pp. 244-249. : p. テレビ欄. 1984年12月29日 参考文献 [ ]• 「第9章 事件をかえりみる「福岡大学ワンゲル部員日高山系遭難事件」」『ヒグマそこが知りたい - 理解と予防のための10章』共同文化社、北海道札幌市、2001年8月、244-249頁。 北の山脈編集部, 編纂. 「福岡大学ワンダーフォーゲル部遭難報告書抜粋」『北の山脈』創刊、北海道撮影社、1971年3月、 105-111頁。 「」『哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan』第5巻第5号、日本哺乳類学会、1972年7月、 192-193頁、 :。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2013年7月11日放送)•

次の