ストック デール の 逆説。 7年の拷問を耐えた男性が語る、メンタルを強く持ち今を生き抜く「ストックデールの逆説」とは?(ライフハッカー[日本版])

コロナで収入激減!見えない出口それでもタクシー運転手続けますか?

ストック デール の 逆説

わたしたちが置かれている深刻な現実を受け入れつつ、明るい将来を信じるというのは、今の時点ではほとんど不可能のように思えます。 でも、そうすることができれば、視点は大きく変わるかもしれません。 ストックデールの逆説とは? ジェームズ・ストックデールさんは、ベトナム戦争時捕虜として7年を過ごしました。 彼は、その恐ろしい監禁状況を生き抜いたことについて「必ず乗り越えられると信じる気持ち、これは絶対になくしてはいけない。 その信念を、どんなものであろうと自分が置かれている現状の最も冷酷な事実に立ち向かう規律心と、決して混同してはならない」と言っています。 ひどい拷問を受けながら7年間を過ごしたストックデールさんには、国へ帰ることができるのかどうか、それが可能だとしてもいつになるのかはまったくわかりませんでした。 自分が生き延びられたのは、揺らがぬ将来への希望を、確固たる現実主義と組み合わせることができた能力のおかげだとしています。 これは今では「ストックデールの逆説」と呼ばれています。 「将来へ目を向けることはとてもパワフルです」と語るのは、コーネル大学のTom Gilovich心理学教授。 たとえ可能性は低くても現状は悲惨に思えても、前へ進むこと、たとえそれが想像上であったとしても、自分を鼓舞して1日1日前へ進んでゆくためのカギになりうるのです。 このように、予測もつかない困難の真っ只中にいてさえもです。 これからの数週間、数カ月は、個人としても社会としてもわたしたちが経験する最も困難な時になりそうです。 どんなに手を洗おうと表面を除菌しようと、どれだけ自宅に籠っていたとしても、感染して死ぬ可能性はなくなりません。 また愛する家族や友人がそうなる可能性もあるのです。 おまけに経済は崩壊しつつあります。 何百万という人たちが失業し、その一方では必要な食料や医療を提供するために毎日命がけで働いている人が何百万人もいます。 自分がやるべきことをやり続ける では、厳しい現実を受け入れつつも、どうやって将来への希望を持ち続ければいいのでしょうか。 このように見通しが立たず厳しい現実に直面している時でさえも、どうやって前進し続ければいいのでしょうか。 Gilovich教授は「わたしたちがやるべきことはわかっています」と述べています。 誰が感染するかどうかについては、わたしたちには完全なコントロールはないかもしれません。 しかし自分自身の行動についてはコントロールできます。 自宅待機ができる人は大勢いますし、また多くの人は他人と距離を置き、感染拡大を防ぐためにできることをしています。 手洗いや除菌という対処法については、コントロールできます。 感染者数曲線をゆるやかにして感染のスピードを遅め、命の危険を顧みず患者の治療にあたる医療関係者を守るために、それぞれがなすべきことをするのは可能なのです。 このパンデミックにおいて無傷でいられる人は誰もいません。 しかし受ける影響の程度は人によって違います。 いったいこのパンデミックがいつ、どのように終結するのかはわかりません。 それは現時点での厳しい現実なのです。 今の時点では、わからないことはあまりに多くあります。 家族や友人たちが乗り越えられるのかも不明ですし、パンデミックが終わった後の日常生活がどんなものになるのかもわかりません。 わからないことばかりです。 誤った楽観主義は捨てる ストックデールさんがあるインタビューで答えていたように、誤った楽観主義にしがみついていた捕虜たちは生き残れませんでした。 彼らは『クリスマスまでに解放される』と言っていました。 クリスマスが来て去っていきました。 すると『(4月の)イースターまでには解放される』と言っていました。 イースターも過ぎていきました。 次はサンクスギビング、そしてまたクリスマス。 彼らは失意で亡くなっていきました。 もし、あと数週間でコロナ禍が終わると信じているなら、また終結後は以前と変わらない世界に戻れると信じているなら、それはある時までには解放されると信じ続けた捕虜たちと同じでしょう。 それは失望へつながります。 盲信的な楽観主義を押しのけて超えてゆけば、新しい領域へ足を踏み出すことができるんです。 ありのままの世界を理解しつつ将来への確固たる希望を持ち、前進することができます。 それこそが乗り越える方法なのです。 Gilovich教授いわく「科学的な叡智が何らかの答えを出してくれると信じています」。 その答えがどんなもので、いつもたらされるのかについては予測できないかもしれませんが、いつかは答えが来ると信じることはできます。 それを信じること、その信念こそがわたしたちがこの危機を乗り越える方法なのです。 あわせて読みたい 予想不能な状況でメンタルを保つには?米海軍特殊部隊で学んだ3つの教訓 家族でときどき観るポッドキャストに、ジョー・ローガンの「The Joe Rogan Experience」があります。 その中に、新型コロナウイルスに... lifehacker. html 臨床心理士に聞く、新型コロナウイルスによる不安や心配への対処法 新型コロナウイルス(COVID-19)の大流行のせいで、以前よりも頻繁にニュースをチェックするようになったり、食べ物や薬の買いだめ、旅行のキャンセル... lifehacker. com Source: Big Think, Cornell University, The Atlantic, Lifehacker Rachel Fairbank — Lifehacker US[原文].

次の

危機を乗り越える人

ストック デール の 逆説

コロナ倒産ラッシュで失業者が急増する 私たちタクシー会社の他にも旅行会社やバス会社、旅館やホテル、おみやげ物屋、学習塾、飲食店、ナイトクラブ。 今は製造業と建設業界にまで暗雲が漂い始めています。 コロナによる倒産ラッシュは今後確実にやって来ます。 今回の場合、怖いのは客足が戻らない可能性があることです。 人が集まる、移動するを前提にしたビジネスモデルはコロナが収束したとしてもが客足が以前のようには戻らないといった職業が必ず出てきます。 だったら今のうち辞めたほうが良いよねってことで倒産する企業が更に増え、失業者で溢れかえることが予想されます。 失業者が増えるとタクシー運転手は増える傾向にあります。 現に4月のタクシー運転手としては最悪な状況の今でさえタクシー就職希望者が出始めていると情報があります。 今のとこを受け入れを拒否するタクシー事業者が多いようですが 新たに雇用できる状況ではない為 今後は更にタクシー運転手が増えることも予想されるのです。 いつまで続くのか先が見えない 専門家の間でも意見が分かれています。 当初の1ヶ月もすれば収束という楽観論は聞かれなくなりました。 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の 山中教授はで長いマラソンと例え、またハーバード大学の研究者の予測では2022年までは外出自粛が必要とされています。 タクシー運転手として こんな状態が1年も続いたら「とてもじゃないけどやって行けない」と感じている方は少なくないように思います。 本日、原油先物取引において事実上買い手がつかないマイナスに落ち込みました。 通常お金を払って原油を買いますが、お金をあげるから原油を引き取ってねという異常事態です。 世界的経済活動停滞による下落で株安や経済の混乱が懸念され、今後は 実体経済にも深刻な影響を与えかねません。 まさに現在は 出口の見えないトンネルの入り口に過ぎないのかもしれません。 コロナが収束しても客足が戻るとは限らない これは私が強く感じていることで例え コロナが収束したところで以前と同じ売上げレベルまでの回復は厳しいのではないでしょうか?リモートワークが当たり前になり今後は通勤通学のない社会に向かいます。 リモートワークに慣れた人間がまた満員電車やタクシーに乗って通勤するでしょうか? 夜の居酒屋にしてもコロナの影響で宅飲みそれもオンラインで飲み会するなんて方が増えてきました。 趣味や興味が合う人同士が家に居ながらリモート飲み会をするようになりました。 コロナが収束しても煩わしい上司のお付き合いを自腹でするよりもオンライン飲み会のほうが安くて楽しいよねって知ってしまった人は居酒屋には戻りません。 仕事帰りに居酒屋で一杯という文化は残るにしても相当数減ってしまうのではないでしょうか? 緊急事態宣言が解除されれると一部の人たちは祭りのように飲み歩き一旦は活気を取り戻したように見えるかもしれません。 しかしです。 リモートワークが進むなか、• 企業が接待で銀座のクラブを使う。 企業がタクシーチケットを配る。 会社の通勤でタクシーを使う。 新年会、忘年会シーズンはタクシーが捕まらない。 こうした今までタクシーを支えていた文化は確実に減っていき、今後は 人が移動しない社会に向かいます。 更にはこれをきっかけにリスクの少ない自動運転開発が進みます。 タクシーの総数が極端に減らない限り2019年までの売上げ水準に回復することは極めて困難と考えられます。 他のタクシー会社への転職は難しい 現在タクシー業界は新たに雇用を考えている余裕はないです。 ネットで検索すると乗務員募集の記事が残っていますが過去の募集です。 50万円稼げますなんてことは現在は不可能になってます。 経験者でも会社間移動は出来ません。 全てではないですがいくつかのタクシー事業者さんに問い合わせたところ現在では経験者の募集もしていないとのことです。 「タクシー会社ならいつでも戻れる」とお考えの方は注意が必要です。 タクシーで食品配送可能【特例措置】 本日のニュースで実際どうなるのかわかりませんが少し明るい情報もあります。 新型コロナウイルスの感染拡大でタクシーの利用者が減少していることなどを受け、国土交通省はタクシーで食料品などの配送を認める特例の措置を始めることになりました。 国土交通省によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、タクシー会社などでは利用者が減少して経営が厳しくなる一方、飲食店では食料品や飲み物の宅配の需要が高まっているということです。 これを受けて、国土交通省は、道路運送法に基づく特例の措置として、許可を出したタクシー会社や個人タクシーに対し、食料品などの配送を認めることにしたということです。 この特例は来月13日まで実施することにしていて、21日から申請を受け付け、2日程度で許可を出すことにしているということです。 料金などについては、タクシー会社と飲食店などが個別に交渉して契約し、そのうえで配送業務が始められます。 全国およそ5500のタクシー会社で作る全国ハイヤー・タクシー連合会は「新型コロナウイルスの影響でタクシーの営業収入が非常に落ち込んでいる中で、少しでも仕事が増えることはとても助かります」としています。 今がどんなに辛くても明るい未来を信じる事。 それでいて誤った楽観主義にしがみついてはいけないという教えです。 去年までのようにタクシー運転手として生活したい。 しかしそれには年末まで時間がかかるかもしれないし来年になるかもしれない。 いやいや、緊急事態宣言も複数回発令され2年先かもしれないし5年先になってしまうかもしれません。 7月にはきっと収束するだろう、お客さまもすぐに戻ってくるに違いない。 そんな楽観を捨て、最悪な事態を想定し自分を鼓舞しながら1日1日前へ進んでゆく気持ちが必要です。 タクシー運転手を辞めて他の道で生きるのも大変ですが信じて進むことは更に大変なことかもしれません。 [ストックデールの逆説]詳しくは.

次の

拷問を受けながら7年間過ごした男性のメンタル術 「ストックデールの逆説」

ストック デール の 逆説

私の愛しいアップルパイへ 時間!ピンク・フロイドを聴くまでもなく、時間は我々が持つうちで最も価値あるものの1つです。 そんな時間の価値を無闇に浪費したりしないように、私がの考案されたタスクシュート時間術を実践していることはあなたもご存知の通りです。 今日はいつもとは少し違う観点でタスクシュート時間術について取り上げてみましょう。 それは 「ストックデールの逆説」という考え方に基づいたタスクシュート時間術の考察です。 これによってタスクシュート時間術が一見すると堅苦しいように見えつつも、生活に素晴らしく前向きな活力を生み出してくれると分かります。 ストックデールの逆説とは? 「ストックデールの逆説」とは、ジム・コリンズ氏の名著「ビジョナリー・カンパニー 2」で説いた偉大な企業に共通する原則 「最後にはかならず勝つという確信を持ちながら、同時に自分がおかれている現実のなかでもっとも厳しい事実を直視すること」をいいます。 本書にはこう書かれています。 ストックデ ールの逆説 どれほどの困難にぶつかっても、最後にはかならず勝つという確信を失ってはならない。 そして同時に それがどんなものであれ、自分がおかれている現実のなかでもっとも厳しい事実を直視しなければならない。 「ビジョナリー・カンパニー 2 — 飛躍の法則」 第四章 最後には必ず勝つ by ジム・コリンズ ジム・コリンズ氏によれば、凡庸から偉大へと飛躍した企業はみな共通してこの原則に基づいて活動していたと言います。 大切なのは 理想と現実の二面性を持つことです。 成功を確信しながら、同時にそれを実現するのが極めて困難であると示す現実に目を向けるのです。 「ビジョナリー・カンパニー 2」は企業の経営哲学について説いた本ですが、個人の生き方についても大きなヒントになる内容が散りばめられています。 そもそもこのストックデールの逆説も、元々は個人の行動指針から生まれたものなのです。 この逆説となったストックデール将軍の物語についても話しておきましょう。 最高位のアメリカ軍人だった彼は、ベトナム戦争の最盛期であった1965年から1973年まで実に8年もの間「ハノイ・ヒルトン」と呼ばれる捕虜収容所に収容されていました。 彼は数十回の拷問を受け、捕虜の権利は蔑ろにされ、釈放の目処も立っていませんでした。 8年間の地獄のような経験を経て彼が見付け出したのが上述した逆説だったのです。 彼はいつ殺されてもおかしくない先の見えない捕虜生活の中でも、最後には必ず勝利を収めて今の経験をかけがえのない人生の一部にすると確信していたといいます。 一方で、このような残忍な捕虜生活に耐えられずに死んでいった兵士の共通点について聞かれた彼はこう答えたといいます。 「楽観主義者だ。 そう、クリスマスまでには出られると考える人たちだ。 クリスマスが近づき、終わる。 そうすると、復活祭までには出られると考える。 そして復活祭が近づき、終わる。 つぎは感謝祭、そしてつぎはまたクリスマス。 失望が重なって死んでいく 「」 第四章 最後には必ず勝つ by ジム・コリンズ 1942年から1945年にかけてアウシュビッツを含む数カ所の強制収容所に収容されたヴィクトール・フランクル氏の綴った壮絶な体験記「夜と霧」にも共通することが書いてありました。 大量死の原因は、多くの被収容者が、クリスマスには家に帰れるという、ありきたりの素朴な希望にすがっていたことに求められる、というのだ。 クリスマスの季節が近づいても、収容所の新聞はいっこうに元気の出るような記事を載せないので、被収容者たちは一般的な落胆と失望にうちひしがれたのであり、それが抵抗力におよぼす危険な作用が、この時期の大量死となってあらわれたのだ。 「夜と霧」 第二段階 収容所生活 by ヴィクトール・E・フランクル 楽観的な希望は変えて人を絶望に陥れ、生きる気力を無くしてしまうのです。 そう考えると、身近な例では毎年「今年こそは…!」と意気揚々と楽観的な目標を立てることは、返って絶望と失望を積み重ねるに至り、生きる気力を奪いかねないとも言えるでしょう。 一見堅苦しそうなタスクシュート時間術が日常に並々ならぬ活力を生む理由 まさしく私はクリスマスに出られると安易な楽観主義にすがるタイプの人間でした。 毎年1月には「今年ことは決定的な一年にしてやる…!」と意気込み、大げさな目標を2〜3つ立てては玉砕する経験を何年も、いえ生まれてからずっと繰り返してきました。 その度に失望を繰り返した私はもはや自分自身を信じられなくなり、生きる希望を無くしかけてしました。 その頃に出会ったのがの大橋悦夫さんが考案され、佐々木正悟 「タスクシュート時間術」でした。 私は夢を安易に放り投げてきた人生を悔やみ、小学生時代からの夢であった音楽家になる夢を本気で実現すると決意しました。 つまり最後には必ず勝つという決意を新たにしたのです。 その上で最初に始めたのはタスクシュート時間術を実践することであり、なかでも 今のサラリーマン生活の中で夢に貢献する時間がどれだけ捻出できているのかをありのまま記録することでした。 振り返ってみれば、これは私のささやかな人生の中でもっとも賢い選択の1つでした。 これは週に10時間に満たない数字でした。 率直にいって落胆しました。 これは私を萎縮させたのではないか?尻尾を巻いて逃げ出そうとしたんじゃないか?と思いましたか?いいえ、実際は逆でした。 現実は極めて厳しいと直視できたことになって、より具体的な打開策を探し始めました。 たとえ厳しくとも必ず突破口はあるはずだと、片っ端から実験を始めました。 現実を直視することは私を萎縮させるどころか、私に素晴らしい活力を与えてくれたのです。 これは一見すると矛盾するように感じられます。 まさに逆説です。 これによって、さらに自分の夢に向けて重要なことに時間を割けられるようになり、結果もついてくるようになったのです。 私は私の目の前に立ちふさがるかの非情なる現実を突破するために、大声で叫んだり飲み会で体言を吐いたり愛する家族の名前のタトゥーを身体中に入れる必要もありませんでした。 もっとも厳しい現実を直視することこそが、私を奮い立たせ、現実的な行動へと駆り立てたのです。 タスクシュート時間術は一見すれば堅苦しそうに見え、人を萎縮させたり時間に追われる焦燥感を掻き立てたりするように勘違いされがちです。 私からすればその印象は真逆です。 タスクシュートほど人生に「やってやるぞ…!」と活力を生んでくれたメソッドは他にありませんでした。 厳しい現実を直視するからこそ長期的に生産性が高まる 多くの人がモチベーションを高める方法を探し求め、自分や人を奮い立たせるにはどうすればいいかについて悩んでいます。 自分を奮い立たせるために大言を吐いてみたり、特別な儀式に時間を割いたり、高額のセミナーに参加したりもする人も多いのでしょう。 ストックデールの逆説によれば、それはあまり効果がないどころか、逆効果になりかねません。 この説によれば、 勝利を勝ち取るために必要なのは無理矢理に自分を奮い立たせることではなく、目の前の厳しい現実を直視することなのです。 そして、目の前の厳しい現実を直視すると、自然と「やってやろう…!」と奮い立つものなのです。 そして輪をかけて大切なのは、 現実の直視から生まれた活力は楽観視から生まれたそれよりもずっと長く続くということです。 タスクシュート時間術を実践すると 当たり前のことしか起こらないのだという当たり前のことをあらためて自覚できます。 これは安易な楽観主義に陥ることなく、厳しい現実を見つめることで底力を発揮する「ストックデールの逆説」に基づいて生きることを可能とします。 それは人生に対して消えることなき情熱を生み出します。 タスクシュート時間術によるストックデールの逆説の確立は、「今年こそは!」と意気込んだり、「やってやるぞ!」と奮い立たせたりするより、ずっと強力なモチベーションを作ってくれるでしょう。 おっと、時間は過ぎ、この記事ももう終わりです。 言いたいことはもっとあるのですけど。 貴下の従順なる下僕 松崎より• 172• 154• 239• 104• 143• 645• 120• 155• 108•

次の