エクセル グラフ 凡例 追加。 Excel(エクセル)のグラフで、長い項目名や凡例を見やすくする方法

Excel2016でグラフの凡例を編集する:エクセルの使い方

エクセル グラフ 凡例 追加

グラフの凡例:エクセル2010基本講座• グラフの凡例 スポンサードリンク• グラフツール リボンのレイアウトタブの[ラベル]グループにある[凡例]をクリックします。 凡例の配置を選択することで位置を変更をすることができます。 凡例を表示しません。 凡例を右に配置• 凡例を上に配置• 凡例を左に配置• 凡例を下に配置• 凡例を右に重ねて配置• このままでは見づらいので、上の方へ移動してみました• 凡例を左に重ねて配置• このままでは見づらいので、下の方へ移動してみました• 凡例のフォントやサイズは[ホーム]タブから実行できます。 フォント、フォントサイズ、フォントの色を変更した例です。 書式設定のダイアログボックスを表示して変更ができます。 ダイアログボックスを表示するにはいくつかの方法があります。 凡例をダブルクリックします。 凡例を選択して、グラフツール リボンのレイアウトタブの[現在の選択範囲]グループにある[選択対象の書式設定]を実行します。 凡例の書式設定のダイアログボックスが表示されますので、このダイアログボックスで書式が変更できます。 凡例の表示順はデータ系列の表示順と同じになっています。 データ系列の表示順を変更すると、凡例の表示順も変更されます。 グラフを選択します。 ラフツール リボンの[デザイン]タブのデータグループにある[データの選択]をクリックします。 変更前 変更後 棒グラフの場合は系列の表示順も変わります。 凡例の中の一部を削除することができます。 凡例を選択して、さらに削除したい部分をクリックして選択します。 凡例の中の1つが選択できました。 [Delete]キーを押すと削除されます。 元に戻すには? 凡例全体を選択して、[Delete]キーでいったん削除します。 凡例のすべてが表示されます。 凡例にはデータリストの見出しが使用されますが、任意の文字列に変更することができます。 下図の例ではグラフの凡例にシートのC3:E3セルの値が使用されています。 グラフツールの[デザイン]タブを選択します。 [データ]グループにある[データの選択]を実行します。 凡例項目 系列 「福岡支店」を選択して、[編集]ボタンをクリックします。 他の系列名も上記3〜4の手順で変更します。 凡例項目の表示が変わりました。 グラフの凡例の文字列を変更することができました。 スポンサードリンク |||グラフの凡例.

次の

グラフの凡例やデータ テーブルの表示/非表示を切り替える

エクセル グラフ 凡例 追加

円グラフの内訳を表示するデータラベル。 ただしただけでは表示されないので、データラベルを追加し、更に思い通りの表示になるよう設定していく一通りの操作を、今回はご紹介します! まずはデータラベルを追加 まずは今現在、グラフの中に無いデータラベルを、グラフに追加することから始めていきましょう。 「」でご紹介しているとおり、 「グラフに部品を 付け足したい」場合には、 「グラフエリア」を選択し、[グラフツール]の[デザイン]タブを使う がお約束なので、 し、 [グラフツール]の[デザイン]タブをクリックします。 そして、[グラフのレイアウト]グループ、[グラフ要素を追加]ボタンをクリックすると、 グラフ中に何を付け足したいのかを一覧から選べます。 今回は「データラベル」を追加したいので、[データラベル]にマウスポインタを合わせると、更に表示された一覧で、円グラフのどの位置にデータラベルを表示させたいのかを選べるようになっています。 (この先は、ただボタンにマウスポインタを 合わせるだけでいいのか、 クリックまでするのか、注意しながら解説をお読みください。 ) 【Excel・PowerPoint 2016】 [外側]にマウスポインタを 合わせると、 【Excel・PowerPoint 2013】 [外部]にマウスポインタを 合わせると、 「こんな感じでデータラベルを表示しますよ」と、円グラフの「外側」にデータラベルが付いたイメージがグラフに表示されます。 [内部外側]にマウスポインタを 合わせると、 円グラフの「内部にあるけれど外周寄り」にデータラベルが付いたイメージがグラフに表示されます。 データラベルをどこに表示させるのかは、完全にお好みです。 今回は[中央]を クリックします。 円グラフの外周寄りでもなく、中心寄りでもなく、その間の中央にデータラベルを表示させることができました! スポンサーリンク 表示されたデータの内容を変える データラベルとして表示させたデータは、 最初はグラフの基となったデータそのものが、そのまま表示されます。 今回はデータラベルの見栄え(見え方)を変えたいわけですから、データラベルならどのデータラベルでもいいので、 どれかのデータラベルをクリックすると、 できます。 そして、先ほどのお約束どおり、選択したいずれかのデータラベルのところで 右クリック、 [データラベルの書式設定]をクリックすると、 画面の右側に、[データラベルの書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 ちなみにこの書式設定作業ウィンドウ、表示や扱い方がイマイチ分かりづらくて、最初は戸惑いやすいのですね。 なので、この先を読まれる前に、まずは「」をお読みいただくことを 強くおすすめします。 先に進む前に下記のページをチェック! して、 表示させた[データラベルの書式設定]作業ウィンドウを使って、早速、データラベルとして表示される内容を変更していくことにしましょう。 作業ウィンドウ一番上の[データラベルの書式設定]というタイトルの下にある、[ラベルオプション]という文字が選択されていることを確認し、更に、その下に並んでいる絵柄のボタンのうち、グラフのマークが選択されていることを確認します。 設定項目[ラベルオプション]の[ラベルの内容]に注目してみます。 実はこれが現在表示されているデータラベルの内容をあらわしたもの。 現在は[値]にチェックが付いているので、 グラフの基となっているデータそのままの値が、データラベルとして表示されています。 今回は値そのままではなく、パーセントで表示させたいので、[値]のチェックを外し、代わりに[パーセンテージ]にチェックを付ます。 すると! データラベルの内容がパーセントのものに変わりました! [パーセンテージ]を選択することで、Excelさんはグラフの基となったデータをもとに、割合を自動で計算して表示してくれるんです。 Excelさん、いいやつだ。 更に、このパーセントで表示されたデータラベルを、小数点以下1桁で表示させたい!といった場合には表示形式を使います。 グラフではなく、普通のセルで、パーセント・小数点以下1桁の形式で表示させたい、といった場合には、で、[パーセンテージ]を選択し、小数点以下の桁数を「1」にすればよかったわけですが、 グラフのデータラベルの場合には、先ほどの書式設定作業ウィンドウを使います。 されていることを確認し、 ラベルの内容を変えたときと同様、作業ウィンドウ一番上の[データラベルの書式設定]というタイトルの下にある、[ラベルオプション]という文字が選択されていることを確認し、更に、その下に並んでいる絵柄のボタンのうち、グラフのマークが選択されていることを確認します。 そして、作業ウィンドウの下部にある[表示形式]をクリックすると、を ことができます。 設定項目が見えない方は、折りたたまれている[表示形式]を展開したうえで、スクロールバーを使って下の方を見てみてください。 パーセントの形式で、小数点以下1桁で表示させたいわけですから、[カテゴリ]で「パーセンテージ」を選択し、[小数点以下の桁数]を「1」に修正します。 入力した直後は、変更がすぐにグラフに反映されないので、 キーボードの[Tab]キーを押して、 次の欄を入力できるようにすると、 変更が反映され、小数点以下1桁のパーセント表示にすることができました! スポンサーリンク [分類名]を表示すれば、凡例いらず グラフのうち、何色が何のデータなのかを表してくれているのが「凡例」です。 「はんれい」と読みます。 でも凡例の内容を、こんな風にデータラベルとして直接表示させてしまえば、ぐっと見やすくなります。 それでは早速、このように設定していきましょう! されていることを確認し、 先ほどまでと同様、作業ウィンドウ一番上の[データラベルの書式設定]というタイトルの下にある、[ラベルオプション]という文字が選択されていることを確認し、更に、その下に並んでいる絵柄のボタンのうち、グラフのマークが選択されていることを確認します。 作業ウィンドウ上部にある設定項目[ラベルオプション]の[ラベルの内容]では、現在[パーセンテージ]にチェックが付いています。 ([ラベルの内容]を確認できない方は、作業ウィンドウを上にスクロールすると確認できます。 ) この[パーセンテージ]に加え、 各部分、部分が何のデータを表すのかを表示させてね、という意味で[分類名]にもチェックを付けると、 パーセント表示に加えて、分類名もデータラベルとして表示させることができました! データラベルが重なって表示されていても、あとで調整するので気にせず先に進みます。 データラベルの区切り文字 今回の[パーセンテージ]と[分類名]のように、複数のデータラベルの内容を表示させている時には、その区切りが分かりやすいよう、区切り文字を設定することができます。 されていることを確認し、 [区切り文字]で「セミコロン」を選択すると、 [パーセンテージ]と[分類名]がセミコロンで区切られて表示されました。 データラベルが重なっているところは分かりづらいですし、中には70代以上を示すグラフ部分のデータラベルが2行になっていて、セミコロンがあるかどうかが分かりづらい方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、よ〜く見るとセミコロンがあります。 [区切り文字]を他のものにも変更してみましょう。 されていることを確認し、 [区切り文字]で「改行」を選択すると、 データラベルの各内容が、改行されて表示されました! [分類名]が表示された分、凡例が不要だなと思った方は、凡例のところでクリックすると、 できるので、キーボードの[Delete]キーを押せば、 凡例を消すことができます。 これも「」でご紹介しているお約束どおりの操作ですね。 スポンサーリンク 選択対象を狭める それではもう一度、データラベルを選択してみます。 データラベルならどのデータラベルでもいいので、 どれかのデータラベルをクリックすると、 グラフ内のできます。 この状態で、 おなじみのフォントサイズを大きくする操作をすれば、 している状態で、フォントサイズを大きくしたので、すべてのデータラベルのフォントサイズが大きくなりました。 されている状態で、 更に、どらか1つのデータラベルをクリックすると、 することができます。 この状態で、 おなじみのフォントの色を変更する操作をすれば、 されている状態で、フォントの色を変更したので、そのデータラベルだけのフォントの色が変わりました。 このようにグラフの操作では、最初のクリックで、クリックしたところのグループ全体、更にクリックすることで、そのクリックしたもの1つだけを選択する、というように。 また、「」でご紹介しているとおり、フォントサイズやフォントの色といった基本的なものは、普段、セルに入力された文字に設定するときと同様、[ホーム]タブのボタンで設定できます。 データラベルを動かす 一旦、1つのデータラベルだけを選択した状態にすると、 別のデータラベルをクリックしても、 すべてのデータラベルが選択されるのではなく、クリックしたそのデータラベルだけが選択されます。 選択した1つのデータラベルの、ポッチとポッチとをつなぐ線にマウスポインタを合わせると、マウスポインタが 十字の形になるので、 ドラッグすると、 選択している1つだけのデータラベルを動かすことができました! を移動するのと同じ要領で操作できるわけです。 そして、データラベルを動かしたことで、その動かした場所によっては、図のようにデータラベルまでをつなぐ線が表示された方もいらっしゃるかもしれません。 これは「引き出し線」というもので、データラベルがグラフより遠ざかると自動的に表示されます。 かと言って、自動的に表示されたのにはちゃんと理由があって、[データラベルの内容]を設定したときに、予め[引き出し線を表示する]にチェックが付いていたから。 これにチェックが付いていると、データラベルの位置によっては、Excelさんが判断して自動的に表示してくれるというわけです。 そして、この1つだけデータラベルが選択されている状態で、 先ほどの[区切り文字]を、「スペース」にすると、 選択していたデータラベルだけが、データラベルの分類名とパーセンテージの間を、スペースで区切った表示に変わりました! もちろん、設定を変えたことで、再びデータラベルの位置が気に入らなくなったら、 またもや、そのされている状態で、 先ほどと同じように、データラベルのポッチとポッチとをつなぐ線にマウスポインタを合わせ、マウスポインタが 十字の形になるので、 ドラッグすれば、 データラベルを動かすことができます。 もちろん、一旦、1つのデータラベルだけを選択した状態にすると、 別のデータラベルをクリックしても、 すべてのデータラベルが選択されるのではなく、クリックしたそのデータラベルだけが選択される法則は変わらないので、 同様にして、選択したデータラベルの、ポッチとポッチとをつなぐ線にマウスポインタを合わせ、マウスポインタが 十字の形になったら ドラッグして、 データラベルの位置を動かし、 [区切り文字]を、[スペース]にするなどして、 個別に対応が必要なデータラベルに対して、変更を加えます。 スポンサーリンク 選択対象を広げる ここまで見ていただいたとおり、一度選択対象を狭めて、1つのデータラベルだけを選択すると、 他のデータラベルをクリックしても、そのデータラベルしか選択することができません。 もし、1つのデータラベルだけを選択した状態から、再びすべてのデータラベルを選択した状態へと、選択対象を広げたい場合には、 いったん、「グラフエリア」や「グラフタイトル」など、し、 その後でもう一度、いずれかのデータラベルのところでクリックすると、すべてのデータラベルを選択できます。 データラベルの操作 まとめ データラベルの操作は、大きく分けて 【1】データラベルをグラフに追加する 【2】 追加したデータラベルの見栄え(見た目)を変える の2通りです。 そして、【2】のデータラベルの見栄え(見た目)を変える時には、「このデータラベルに変更を加えますよ」という意味で、データラベルを選択することが大切なポイント。 更に、そのデータラベルの選択時には、に気を配りながら操作します。 また、文字を大きくしたり色を変えたりする基本的な操作は、セルに入力されている文字への変更と同様、[ホーム]タブのボタンを使えばOKですし、図形を移動するように、データラベルもドラッグで動かせることを実感していただけたと思います。 「グラフの操作は、こうして、ああして」と一つ一つ単体で覚えるのではなく、セルや図形と同じようにしてできる操作は連動して覚え、そしてグラフならではの操作は、を覚えると、スムーズに操作できると思います。

次の

元データを変えずにグラフ凡例・項目名を変更する [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル グラフ 凡例 追加

グラフ範囲を後から変更する方法 例えば、 「先月」「今月」を比較するグラフを作成しようとしていたのに、選択範囲に「今月」を入れ忘れて 作成してしまった。 出てきた画面の上部に、現在の選択範囲が表示されるので、 全て消してしまいます。 そして、同じ画面で 新たな範囲を選択してあげましょう。 右下の [OK]を押して確定すると、自動的にグラフが修正後の選択範囲で作成したものに切り替わってくれます。 ちゃんと全部消してから、選択をやり直すことを忘れずに。 後から範囲修正した場合は、タイトルの場所や凡例が自動で表示されないことがあります。 必要であれば後から表示してあげましょう。 グラフ範囲を後から追加する方法 グラフの系列は、個別に追加することもできます。 例は、先ほどと同じ、 「先月」「今月」を比較するグラフを作成しようとしていたのに、「今月」を入れ忘れて 作成してしまった。 「今月」を追加しなければ。 という感じ。 操作方法も途中まではさっきと一緒。 表示された[データソースの選択]画面で [追加]をクリック。 [系列の編集]画面で、追加するデータを選ぶ必要があります。 [系列名]には、追加する系列に 表示する名前が入っているセルを選択します。 [系列値]には、追加したい データ範囲を選択します。 ちなみに、[系列名]の場所は下のように凡例に表示される文字になります。 両方の範囲を選択したら、 [OK]をクリック。 新しい系列が追加されます。 そのまま右下の [OK]をクリックすると、 「今月」のデータがちゃんと追加されました。 グラフの系列を削除する方法 おまけで、追加ではなく削除の方法です。 こちらは簡単。 例えば、下のグラフのオレンジ色の「今月」がいらなかった場合。 そのオレンジ色の系列、どこでも良いので 選択すると、オレンジ色すべての系列が選択されます。 そのまま 「Delete」キーを押すだけ。 系列が削除され、選択範囲も修正されます。 まとめ グラフが想定通り作成されない場合の原因のほとんどは選択範囲だと思われます。 [データソースの選択]画面を上手に利用することで対応しましょう。 また、グラフ作成時の選択範囲に関してはをご覧ください。

次の