さとりーぬ 小説。 受け組は色々と大変なようで[すとぷり][続編]

すとぷりbl

さとりーぬ 小説

すとぷりなーです。 さとりーぬ推しの最推しがさとみくんです。 本題に入ります。 すとぷりなーになる前は普通のボカロオタクでした。 しかし、人には隠していて、あまりバレないように陽キャになっていたのですが、歌い 手というのに興味を持ち出してすとぷりを好きになってから、隠すことをやめました。 すると、いじめられることは無いのですが、裏で「オタクとか笑笑」みたいな感じに言われていたり、「オタクやったの?ヤバっ。 」みたいに直接言われたりします。 私的にはそれを言ってくる人はKーPOPとかを好きだったりと誰かのファンじゃん。 同じじゃん。 と思うのですが、その人たちと私のような人達の違いはなんですか?また、なぜ、私のように歌い手が好きな人やアニメなどが好きな人は裏口を叩かれるのですか?教えて頂けたら嬉しいです。

次の

歌い手さん

さとりーぬ 小説

さとりーぬ 嫉妬• さとみside よお!俺はさとみ。 付き合い始めた頃はかわいくて毎日イチャついてたんだけど…どうも最近おかしい。 俺には構ってくれないくせに、るぅとばっかと遊んでるみたいだ。 おれにはさとみっていう彼氏がいるんだけどね、、 ここ最近変なんだ… ころちゃんとばっかり遊ぶし、話しかけても塩対応。 今までこんなことなかったのに…!! まさか…浮気…? さとみくんに限ってそんなわけ…! ない…よね…? り「さとみくーん!今日遊ぼ?」 さ「悪い。 俺今日ころんと動画撮影してくるから。 」 り「そっか。 じゃ、じゃあ明日は?」 さ「明日はころんと1日出掛けてくるから」 り「なんで最近ころちゃんを優先するの…、?」 さ「そりゃ、ころんは俺にとって大切な存在だからな! 最優先にするのは当たり前だろ?」 り「そう…」 さ「約束の時間に送れるからもう行くわ。 夜には帰ってく る」 り「行ってらっしゃい…」 こんなの絶対おかしい…! 絶対秘密突き止めてやる…! ころちゃんばっかりずるいよ… まずは、ころちゃんに聞くべきだよね。 っていうか、ころちゃん彼氏いるくせに浮気だなんて… おれさとみくんに愛想つかされたのかな。

次の

すとぷりbl

さとりーぬ 小説

今回はさとみくんの誕生日なんでさとりーぬのBL書こうと思います。 〜〜さとみ〜〜 明日は、俺の誕生日だ。 付き合ってる莉犬にも言ってないから誰からもお祝いされないんだろうな。 寝るか。 --2月24日0時00分-- ピンポーンピンポーンピンポーン こんな時間に誰だよ。 さ「はーい 今、行きます!」 ガチャ あれ??誰もいない?? って何この箱?? 俺宛だよな。 部屋で見てみるか! さ「よいっしょっと っておもっ!!」 なんとか部屋まで持ってきたけど、誰が持ってきてくれたんだろうな?? まぁいい、開けるか! ビリビリビリ 莉「わぁ!!」 さ「うぁ!!っえ莉犬??どうしたん箱なんかから出てきて えっと、、、」 やばいめっちゃ混乱してる 莉「今日がさとみくんの誕生日でしょ!!1番にお祝いしたくて!」 知っててくれたんだ。 さ「けど、俺今日が誕生日だって言ってないのに 知ってたの??」 莉「彼氏の誕生日くらい覚えてるよ!!」 嬉しい。 さ「で、あの、、、プレゼントとかある??」 自分から言ったらうざいかな 莉「持ってるよ!!目つぶってくれる??」 さ「わかった」 --3分後-- さ「まだ??」 莉「もういいよ!」 えっ!! さ「あっえ、、、???」 まって えっどうしたん?? 莉「さとみくんへの誕生日プレゼントは俺だよ!!」 莉犬くん 全裸で生クリームって えぇ〜これてよく同人誌であるやつじゃん 莉「食べてくれるよね?」 さ「あっうん」 この後は皆さんのご想像にお任せします。 最後までみてくださってありがとうございます。

次の