アシダカグモ 販売。 【閲覧注意】アシダカ軍曹7匹を飼うことにしました!

【閲覧注意】アシダカ軍曹7匹を飼うことにしました!

アシダカグモ 販売

梅雨本番! ジメジメとした気候は実に不快だが、その一方で 「ジメジメめっちゃ最高!」と思うヤツらがいる。 ……そう、黒光りした音速の特攻アウトロー野郎・ゴキブリである。 まもなく奴らの季節がやってくる。 というか、実はもう来ている。 その名は「アシダカグモ」……、通称・軍曹と呼ばれている史上最強のゴキブリハンターだ。 なぜアシダカグモが古くからネットで「軍曹」と呼ばれているのか。 その理由を簡単であるが、以下に箇条書きで記しておきたい。 ・ゴキブリの天敵であり、ゴキブリを食べてくれる。 ・めっちゃ足が速く、逃げるゴキブリをも捕まえる。 ・ゴキブリがいそうな家に、さりげなくやってくる。 そして常駐。 ・人には無害。 しかも臆病。 日中はどこかに隠れていることが多い。 ・ゴキブリを食い尽くし、任務が完了すると「さよなら」も言わずに姿を消す。 ……ほかにもいろいろあるが、ざっとこのような具合である。 かっこよすぎる! なんという仕事人。 なんという必殺仕事人。 いや、必殺仕事蜘蛛とでも言おうか。 アシダカ軍曹の仕事っぷりは、YouTubeにアップされた動画でも確認できる。 そこまでグロテスクではないので是非ともご覧頂きたい。 文句なしのヒットマンっぷりに、アシダカ軍曹ファンなら狂喜乱舞するはずだ。 しかしながら、アシダカ軍曹は家庭にいるクモとしてはサイズが大きく、しかも足がメチャクチャ速いとあって、 「気持ち悪い」と毛嫌いする人が多いのも事実である。 ゴキブリとクモ、どっちを取るかで「ゴキブリ」を選ぶ人もいるくらいだ。 でも、でも……でも! どうかアシダカ軍曹の仕事っぷりをそっと見守っていてほしい。 姿はキモくても我慢していただきたい。 間違っても気持ち悪いからといって叩き潰したりしないで欲しいと私(記者)は切に思う。 いつもお疲れ様です、アシダカ軍曹! 参照元:Youtube 執筆: [ ].

次の

バカ「アシダカグモが家にいればゴキブリは死滅する!軍曹最高!」←は? : りぷらい速報

アシダカグモ 販売

かつて『BE-PAL』で連載していた「なんでも飼ってやろう」のトミちゃんこと富田京一さんが帰ってきた! 珍獣飼育40年以上のノウハウをつめこんだ新刊『ヘンな動物といっしょ』から、よりぬきをお届けします。 F1並のスピードでゴキブリをキャッチ! もしゴキブリが自動車ぐらいのサイズだったら、そのスピードはF1並だという。 アシダカグモはそんなゴキブリにヒョイと飛びかかり食ってしまう。 まるでカウボーイが、あばれ牛やあばれ馬を乗りこなす「ロデオ」のようだ。 このクモがお出ましになると、ゴキブリはなかまに「ヤバいので引っこしましょ」という信号を発して退散することも多いと聞く。 ゴキブリも逃げ出す、頼れる友 多くのクモとちがってあみを張らず、夜に壁や天井を歩き回って狩りをする。 子ネズミくらいは仕留めるが、人間にとっては、かまれたら少し痛いくらいで基本的に無害。 容器は小さなプラケースでもじゅうぶん。 えさは大まかな目安として、ゴキブリやコオロギなら3日に1ぴきでよい。 水分は基本的に獲物の血液などで満たされるから、あまり気にする必要はない。 肉食動物のイメージが強いけど、リンゴのかけらを入れておくと、ときどきなめて水分と栄養を補給するから、ちょっとした留守に便利。 クモはふつう、生まれて1年やそこらで産卵を終えて死ぬ。 しかしアシダカグモの場合は数年、ことによっては10年近くも生きるらしい。 末永く付き合えていいんじゃないかな、ゴキブリもいなくなるし。 寒さに弱く、沖縄や奄美地方以外では野外越冬できないので、人家がかっこうの生息環境になっている。 えさのゴキブリもいるしね! 北限は福島県あたりと書かれた文献が多いが、目下少しずつ北上中だ。 【アシダカグモのいきものデータ】 <蛛形類(ちゅけいるい)> 分類……クモ類・アシダカグモ類 大きさ…体長約1~3㎝ 分布……ほぼ世界中(インド原産) メスは8本のあしを広げた直径が最大13㎝にもなり、CD盤をも上回る。 オスはふた回りほど小さい。 著者/富田京一 1966年福島県生まれ。 肉食爬虫類研究所代表。 は虫類・恐竜研究家として、国内各地で開催されている恐竜展に学術協力者として参加。 『そうだったのか! 初耳恐竜学』(小学館)が好評発売中! 『ヘンな動物といっしょ』 イラスト/コハラアキコ この記事をシェアしよう!•

次の

【閲覧注意】アシダカ軍曹7匹を飼うことにしました!

アシダカグモ 販売

関連記事: オオジョロウグモは飼育できる? Sponsored Link オオジョロウグモは飼育をすることは可能ですが、かなり難しいです。 それもジョロウグモの仲間はクモの中でも寿命が短いクモです。 1年サイクルで世代交代をするので春に孵化して脱皮を繰り返し、9月~10月頃に成虫になって交尾後に産卵をするという流れになります。 そのため 大きくなった状態で飼育できる期間は2ヶ月程度ということですね。 飼育する場合は飼育ケースなどで飼う場合はプラスチックケースではなく、 等身大くらいのカゴに網を張らせてこまめにエサを与えるような方法がいいと思います。 ただ、寿命も1年程度なのでその手間に対して楽しめる期間はかなり少ないですね…。 オオジョロウグモは販売されている? オオジョロウグモは寿命が短いこともあって中々取り扱いされていませんが。 過去に取り扱いがあった店舗はあるようです。 日本の南西諸島にナメクジやサソリなどマニアックな動物を取り扱っているので面白いですね。 また、タイミングにもよりますが オオジョロウグモがヤフオクでも取り扱われていることもあるので購入を考えている人はチェックしてみると良いでしょう! 値段も数千円で販売されているので入手はそれほど難しくないようです。

次の