エリンギ 冷凍。 エリンギの冷凍保存方法を詳しく解説!切り方から調理法まで覚えよう

エリンギは冷凍前に洗う?洗わない?正しい冷凍方法

エリンギ 冷凍

エリンギの 賞味期限 はいつまで?1週間~2週間日持ちする?• 賞味期限や 消費期限の正しい意味をご紹介。 キノコ類に賞味期限が書かれていないのはなぜ?• エリンギは 腐るとどうなる?見た目の変化などをご紹介• エリンギの正しい 保存方法。 常温or冷蔵庫どっちがいいの?• エリンギは 冷凍 で1ヶ月保存可能• エリンギを 半年間保存する方法 エリンギは、保存して時間がたつと 水分が出てきて、軸が 茶色に変色します。 そんな状態になっても食べたことはあるのですが、実際の 食べても大丈夫かどうかの見分け方を、もっとしっかり知りたいです。 キノコ類や野菜は、収穫してからも 成長し続ける• 成長(成熟)と腐敗の見極めや、料理に使うタイミングをその都度判断する• 収穫後の 配送や小売店での 保存方法で、賞味期限が左右される など エリンギも、 収穫後に成熟していきます。 冷蔵庫で何日か保存して、 カサの後ろ側が茶色になってきた経験はないでしょうか? 茶色の部分は、エリンギの カサが開いて見えてきた内側の部分です。 普通は「 腐ってる?」と疑ってしまうような見た目ですが、 成熟したエリンギのだしを楽しむために、その状態を待って料理するのが好みの方もいらっしゃいます。 このような理由で 賞味期限 がないエリンギですが、今回は 「 一般的に美味しく食べられる期限」という意味で「 賞味期限」という言葉を使っていきますね。 次に、成熟を通り越して 完全に腐っているエリンギの状態を確認しましょう。 エリンギは腐るとどうなるの?傷んだときの見分け方がコレ! 食品は、人間にとって 無害なら成熟、 有害なら腐敗と表現されます。 食べるとお腹を壊す可能性もある、完全に有害な状態を知っておきましょう! エリンギが腐ったときの特徴 エリンギが腐るとどうなるのでしょうか? しっかり見極めて、ご自分や家族の健康を守りましょう。 見た目• 軸やカサの裏側の 色が変わる(濃い茶色)• 表面に汁のような水が浮く• 表面に ぬめりが出る• カビ 臭い• すっぱいにおい• アンモニア臭 味• 調理しても すっぱい• 味の好みは人それぞれですが、一般的には、「 エリンギは新鮮でシャキシャキとした食感が美味しい」とされています。 ご紹介したような 腐った状態になる前には、 「少し怪しいな。 でも 濃く味付けすれば食べられるかな?」という期間が数日あると思います。 人は不安な気持ちから、 食べると腹痛が起こることもあります。 豆知識:菌糸とカビの見分け方 エリンギを買ってしばらく経つと、 細い糸のような菌糸が発生します。 これは、 エリンギから発生したもので、 洗い流せば食べられます。 と言っても、冒頭でもお話しした通り、私は食べる気が起きません。 菌糸もカビなので、 有害なカビとの見分けはとても難しいです。 注意!エリンギを生で食べないで エリンギを含むキノコ類は、 生で食べられないことに注意です。 生のキノコ類には、 発がん性があると言われるホルムアルデビドが含まれています。 明らかに発がん性があるとは言えないという研究結果もありますが、 ホルムアルデビドが加熱で減少することは確かです。 また、キノコ類は繊維がとても強いので、 加熱しなければ消化が困難です。 新鮮なマッシュルームだけは生食が可能ですが、それも慎重な判断が必要です。 「エリンギは生だったらもっといい食感なのでは?」などと考えて 生食するのは、絶対にやめて下さいね。 次に、エリンギの 正しい保存方法をご紹介します。 エリンギにとって 最適な保存環境を知って、少しでも長持ちさせたいですね。 エリンギの正しい保存方法とは?常温と冷蔵のどっちがいいの? エリンギの製造販売メーカーから、保存方法についての情報が出されていました。 野菜室で保存するときのポイントを2つご紹介します。 エリンギに限らず、 キノコ類全般に共通する情報ですよ。 ポイント1. 洗わないで保存 キノコの香り成分は 水溶性です。 キノコに含まれる栄養分も水溶性なので、 水で洗うと、 キノコの魅力が流れてしまうというイメージです。 洗わないで、目につく汚れを取って調理するのが理想ですが、私は 目に見えない汚れも気になります。 そんな場合は、 キッチンペーパーを水で濡らし、固く絞ってキノコを拭くのがおすすめです。 *例外として、 なめこだけは水洗いが必要です。 ポイント2. 呼吸をしていますので、 パックを未開封のままだと内部に水滴がつき、 カビや劣化の原因となります。 キノコを キッチンペーパーにくるんでから、保存袋に入れて野菜室に入れましょう。 キッチンペーパーが 水滴を吸収してくれます。 エリンギを 縦に切る(エリンギの繊維は上下にはしっています)• 食べやすい大きさに 切り分ける• 1回分ずつ ラップに包む• ジップつきの保存袋に入れて 空気を抜く• しっかり 密閉して冷凍庫に入れる キノコ類は 臭いを吸収しやすいです。 少し面倒ですが、 ラップと保存袋の両方を使うのがおすすめです。 1ヶ月程保存可能です。 解凍は必要なく、 冷凍庫から出してそのまま加熱調理に使えます。 水分を抜くことで 食材の旨味が凝縮し、普通に加熱調理するのとは違う味わいが楽しめます!• 生のエリンギの 賞味期限は冷蔵庫で1週間、冷凍で1ヶ月ほど• エリンギは 腐ると見た目、臭い、味が変化する• エリンギに出る 白い糸のようなものは菌糸。 カビとの見分けが難しい• エリンギの最適な保存場所は冷蔵庫の 野菜室• エリンギを 乾物にすると、半年間保存可能 エリンギは、 トレハロースという成分で細胞が守られています。 トレハロースが含まれている生物の中には、何年も枯れていた状態でも、 1滴の水で復活するものもあります。 乾物にした エリンギが水で元に戻るのは、トレハロースの力が強いからです。 トレハロースは人間が摂取すると 骨粗しょう症を改善するとも言われていて、 子どもを出産した女性が注目したい成分ですね。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

エリンギの保存方法は冷凍?冷蔵?おいしい時短レシピに早変わりするコツ

エリンギ 冷凍

エリンギを冷凍するとまずくなる? エリンギを冷凍する際にはコツがあります。 これをしっかりとしていないと、まずいエリンギになってしまうのです。 原因は水にあります。 エリンギは水気に弱く、水につけると旨みが逃げてしまい、味が落ちてしまうからです。 冷凍する前にはエリンギを洗わず保存することが、とても大切なのです。 汚れが気になる場合や水滴が付いている場合は、キッチンペーパーで拭いてあげましょう。 そして 調理に使う時には、必ず凍ったままで使いましょう。 解凍してから調理すると、水分が出て食感・味が悪くなり、臭いも出てしまいます。 また冷凍保存をするとやわらかくなりすぎて、エリンギの特徴である歯ごたえが悪くなってしまいます。 このため、まずいと感じる人もいるようです。 この場合は冷凍する前に、スライスしたエリンギを軽く炒めるといいでしょう。 また細かく刻んで、歯ごたえの気にならない料理に使うのも、おすすめです。 スポンサードリンク エリンギの臭いと対処法 エリンギの臭いは、先ほど説明した水分も関係してきますが、早く冷凍させることもポイントになります。 金属製のバットの上に並べて冷凍すると、早く冷凍ができます。 また 冷凍保存する際は、ラップや冷凍用保存袋になるべく空気を抜いて入れ、密封するようにしましょう。 こうすることで、酸化や冷凍庫内の臭いが付くことを防ぐことができるのです。 またキノコ類は冷凍することによって旨み成分が増えるのですが、この旨み成分に含まれるアミノ酸のにおいを、臭いと感じる人もいるようです。 そんな時は、炊き込みご飯など味付けをしっかりとする料理に使用すると、気にならないでしょう。 冷凍したエリンギの賞味期限は約1か月ですが、霜などで風味が損なわれないうちに早めに食べきった方がよいでしょう。 まとめ エリンギを長期保存するには便利な冷凍ですが、美味しさを保って冷凍するにはコツがあることが分かりましたね。 余分な水分が出ないように、密閉して早く冷凍することが大切です。 上手に冷凍して、美味しくいただきたいものですね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

【種類別】きのこの冷凍保存の方法:切り方や解凍の仕方まで総まとめ

エリンギ 冷凍

冷凍したエリンギはすっぱい? エリンギは、どんな料理にも合わせやすく、年中リーズナブルな値段で売っているので、安い時にたくさん買って冷凍できればいいですよね。 でも、冷凍したエリンギを使うと、なんとなくすっぱかったり、美味しくないと感じたりすることがあります。 エリンギはもともとにおいがありますので、においだけなら気にしなくても大丈夫です。 本当に痛んでいる場合は、味も酸っぱくなるので、そのような場合は食べないようにしてください。 エリンギの傷みの見分け方はこちらの記事をご覧ください。 また、エリンギは水に弱いので、水で洗うと旨味が逃げて、味が落ちてしまいます。 そのため、 冷凍する場合も水で洗わないようにします。 冷凍エリンギを調理するときは、凍ったまま使うのがコツです。 自然解凍やレンジで解凍してしまうと、水分が出て、すっぱい臭いの原因になることもあります。 キノコ類は冷凍するとアミノ酸といううま味成分が増えるのですが、このアミノ酸を臭いと感じる方もいるようです。 冷凍のまま調理しますので、冷凍保存する前に調理用のサイズにカットしておくと良いですね。 冷凍エリンギの臭い対策には、早く冷凍させることもポイントで、金属製のバットの上に並べて冷凍することで、短時間で冷凍ができますよ。 エリンギは元々、他のキノコよりもキノコ臭が強いので、腐っていないエリンギでも、匂いに抵抗を感じる人もいます。 ちなみに、エリンギは衛生面を厳守した中で人工栽培されているキノコなので、基本的には洗う必要はありません。 洗わずに、そのまま調理しましょう。 洗ってしまうと、エリンギの風味を損ねてしまいます。 汚れが気になる場合は、湿らせたキッチンペーパーで拭いて落としてください。 スポンサーリンク エリンギの冷凍の賞味期限 エリンギを冷凍した場合、賞味期限は約1ヶ月です。 常温だと3~4日、キッチンペーパーや新聞紙で包んで、フリーザーバッグかビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存すれば、約1週間持ちます。 1週間以上食べる予定がなければ、冷凍した方が良いでしょう。 エリンギは冷凍すると、弾力のある食感は落ちてしまいますが、旨味は凝縮されておいしくなります。 冷凍保存をする場合は、エリンギを適当な大きさに切って、一回分の量ごとにラップで包み、フリーザーバッグに入れます。 金属トレイがあれば、エリンギを入れたフリーザーバッグを金属トレイの上に置いて、冷凍庫に入れて急速冷凍をしましょう。 冷凍したエリンギは、凍ったまま、そのまま調理できます。 凍ったまま炒めたり、似たり、電子レンジにかけても大丈夫! 先にもお話しましたが、電子レンジで解凍したり、自然解凍したりすると、水分が出てしまい、風味が損なわれてしまいますので注意してください。 ちなみに、干しエリンギにすれば、約1年保存することができます。 エリンギを薄くスライスした後、ザルやカゴに重ならないように並べて、天気の良い日に3日ほど天日干しすれば干しエリンギができます。 野菜干しネットがあると便利かもしれません。 エリンギが乾いてカラカラになったら、瓶かタッパーに入れて、乾燥剤と一緒に入れて常温保存するか、フリーザーバッグに入れて冷凍保存すれば、約1年の保存が可能になります。 完全にカラカラになっていないようなら、電子レンジで2分ほど過熱してください。 その後、粗熱を取ってから保存しましょう。 干しエリンギを料理に使うときは、干ししいたけのように水で戻してから使います。 戻した水には、ダシが出ているので、料理に使うことができます。 乾燥させたエリンギは、旨味が凝縮し、栄養価も増しますよ。 まとめ 今回は、エリンギの保存期間についてお話ししてきました。 ちなみに、新鮮なエリンギの見分け方ですが、軸が白く、かさが開いておらず、同じ大きさならば重いものを選びましょう。 パックに水滴がついているエリンギはNGです。 ちょっとでも違和感があれば、食べるのはやめておいてくださいね。

次の