うな と と 調布。 調布駅

調布市市民プラザ あくろす

うな と と 調布

「」も参照 京王電鉄の前身である京王電気軌道の開業時より存在する、最も古い駅のひとつである。 (2年)の開業時は、 - 調布駅間が先行して開通した(も参照)。 、後述する京王線調布駅付近により地下化された。 地上線時代は、京王線下り列車と相模原線上り列車がしていたものが、上下線が別々の階層となることで、互いに影響を与えることなく発着できるようになった。 2018年2月22日現在、以外の全ての列車が停車する (を含む) [ ]。 (2年) - 京王電気軌道の駅として開業。 (大正5年) - 当駅 - 多摩川原駅(現在の)間の分岐線が開業(のち京王相模原線として延伸)。 (19年) - ()に併合。 同社京王線の駅となる。 (昭和23年) - 東急から京王帝都電鉄が分離。 同社の駅となる• (昭和28年) - 現在地に移設。 (昭和46年)4月1日 - 京王相模原線、まで開業。 (平成13年) - により準特急が新設され、停車駅となる。 (20年)• - 仮設使用開始。 - 東口が終日営業となる。 (平成24年)• - 連続立体交差事業により地下駅へ切り替え。 - 使用開始。 (平成25年) - KO18のを導入。 (平成26年)度 - 調布駅付近連続立体交差事業完了。 地下2階と地下3階にそれぞれ1面ずつホームがあり、(東口・中央口)および駅事務室は地下1階にある。 のりば 番線 路線 方向 行先 下りホーム(地下2階) 1・2 京王線 下り ・・方面 相模原線 ・方面 上りホーム(地下3階) 3・4 京王線 上り ・・・ 方面 地下化に伴い配線が変更され、上下線とも・京王多摩川駅寄りにが設置された。 これにより、2番線から相模原線への進入および相模原線から4番線への進入も可能になり、地上駅時代では不可能だった、相模原線同士の緩急接続も可能となった。 当駅では京王線列車と相模原線列車の接続が終日行われる。 その他、京王線列車同士や相模原線列車同士の緩急接続も頻繁に行われる。 のダイヤ改定以降、両路線が使用する線路は時間帯により変わるため、特に定められていない。 2015年9月25日のダイヤ改正からは平日の日中と土休日ダイヤでは主に1・3番線を相模原線の列車が、2・4番線を京王線の列車が使用している。 また、下り線は双方の同時発車が、上り線は双方の同時到着が可能である。 平日夕方ダイヤでは、当駅を境に列車種別を変更する列車がある。 下りの区間急行行きは当駅からに種別変更。 また当駅発着の列車も設定されているが、引き上げ線がないため、到着後は回送される。 広場口外観(2015年7月11日) 地上駅時代 2012年8月18日までは島式ホーム2面4線を有するであった。 相模原線からの上り列車が3番線に在線している場合、京王線の上り列車は4番線へ入線していた。 改札口は南口と東口は地下に、北口は地上の駅舎内にあったが、当駅付近の連続立体交差事業の進捗に伴い、2008年9月14日より全て仮橋上駅舎上となり、北口と南口を統合して中央口とした。 北口以外はを前に閉鎖されていたが(東口は21時15分、南口は0時10分)、2006年6月中旬からは東口が7時から、北口・南口は時点から開き、全ての改札口がまで開くようになった。 その後、東口も中央口と同様に始発から終電まで開けるようになった。 東口が終電前に閉鎖されていた時は連絡通路も閉鎖されたため、上りホームと下りホームとの移動は南口と北口を結ぶ通路を経由するしかなかった。 ホームからは東口に通じるが1か所、中央口に通じる階段が2か所存在し、ホーム間の乗り換えにはいずれかの通路を使う必要があった。 東口への通路と中央口を結ぶ通路はつながっていなかった。 また、仮橋上駅舎使用開始に伴い、各ホームにが設置された。 は中央口にのみ設置されていた。 詳細は「」を参照 当駅が地上駅であった頃、京王線と相模原線はしていたため、相模原線の上り列車が到着中には京王線の下り列車を発車させることができなかったなど、長年ダイヤ設定上のネックとなっていた。 また当駅を発着する1時間あたりの上り列車本数は平日7時台で28本、日中でも21本(当駅始終着3本を含む)と他路線よりも比較的多い。 当駅西側にあった調布1号踏切をはじめとする沿線のはが降りている時間が長く、また朝には後続の列車が踏切上で入線待ちをするなど、いわゆる「」状態となっていたため、慢性的な交通渋滞が発生していた。 2路線の平面交差の解消、踏切による渋滞緩和などを目的に、路線の移設工事と駅舎の建て替えが行われている。 2004年9月に着工し、2012年8月に地下駅の供用を開始したことは前記した。 原状回復や周辺整備などの付帯工事を含め、2014年度に竣工した。 当駅周辺には大規模な代替用地がないため、地下化工事にあたっては、地上路線直下の限られたスペースで行われ、工事帯の確保に苦労を強いられた。 2012年8月19日から、地下駅舎供用開始にともない・とともに、京王電鉄および京王線では初となるが設置された。 また地下化に合わせて、改札階から上りホームへ直通するエスカレーターが設置された。 同日、 - ・間が地下線に切り替えられ、調布1号踏切を含む18か所の踏切は廃止された。 また同日よりとして、『』の主題歌であるの『』が起用されている。 仮設橋上駅舎(南口)(2009年7月9日) 地下化後の状況 地上時代には調布止まりの上り列車があり、列車は調布駅到着後に新宿側本線上で折返しをしていた。 一方で地下化後には当駅付近に折り返し設備は設置されておらず、上り電車の折返しはで行うようになった。 地下化直後の暫定ダイヤでは、調布終着の上り電車および調布始発の下り電車は、調布駅 - つつじヶ丘駅間を回送していた。 2013年2月のダイヤ改定後に、上り方面に設定された「快速つつじヶ丘」は、快速の停車駅を調布以西の各駅に変更した上で、当駅止まりであった各駅停車の営業運転をつつじヶ丘駅まで延長し(ただし調布駅 - つつじヶ丘駅間の途中駅は通過)、同駅で片渡り線を使用して折り返し、下りはつつじヶ丘 - 調布間を回送した上で再び当駅から下り各駅停車として営業運転を行っている。 その他大多数の列車は、新宿駅 - 橋本駅・京王八王子駅・高尾山口駅間を直通して運転しており、当駅発着の相模原線内の区間列車は、上りの土休日ダイヤにおける最終列車1本のほかは、下りの早朝と深夜の数本のみである。 利用状況 2019年度の1日平均は 130,065人である。 京王電鉄の駅では、、に次いで4番目に多く、京王電鉄単独の駅では最多となっている。 近年の1日平均 乗降人員及び 乗車人員の推移は下表の通りである。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 出典 1955年(昭和30年) 11,510 1960年(昭和35年) 20,368 1965年(昭和40年) 38,239 1970年(昭和45年) 57,506 1975年(昭和50年) 74,157 1980年(昭和55年) 76,584 1985年(昭和60年) 83,156 1990年(平成 02年) 100,607 50,422 1991年(平成 03年) 52,306 1992年(平成 04年) 52,951 1993年(平成 05年) 52,778 1994年(平成 06年) 53,430 1995年(平成 07年) 106,933 53,811 1996年(平成 08年) 54,301 1997年(平成 09年) 106,859 54,321 1998年(平成10年) 106,825 54,342 1999年(平成11年) 106,189 53,432 2000年(平成12年) 106,259 43,926 2001年(平成13年) 108,354 53,915 2002年(平成14年) 107,681 53,559 2003年(平成15年) 108,164 53,623 2004年(平成16年) 108,438 53,816 2005年(平成17年) 109,956 54,219 2006年(平成18年) 110,723 54,326 2007年(平成19年) 114,647 56,552 2008年(平成20年) 116,432 57,616 2009年(平成21年) 115,654 57,268 2010年(平成22年) 114,906 56,926 2011年(平成23年) 113,423 56,101 2012年(平成24年) 113,385 44,479 2013年(平成25年) 115,061 56,953 2014年(平成26年) 115,238 57,058 2015年(平成27年) 117,781 58,257 2016年(平成28年) 119,639 59,277 2017年(平成29年) 125,624 62,266 2018年(平成30年) 129,968 2019年(令和元年) 130,065 駅周辺 駅前には北口・南口ともがあり、多数のが発着する。 地下へ移された駅や線路の跡地では「」(後述)が建設されたほか、調布市が2025年度完成を目指してロータリー拡張などを進めている。 バス路線 当駅には、広場口南側(南口)と広場口北側(北口)のそれぞれにがある。 調布駅南口 南口には・・が乗り入れる。 また、北口の停留所と間違えないために南口停留所の乗り場番号は「1桁」となっている。 各路線の詳細は営業所記事を参照のこと。 京王バス東(京王): L ・世田谷営業所• 小田急バス(小田急): D ・ F• また、南口の停留所と間違えないために北口停留所の乗り場番号は「2桁」となっている。 ロータリーの乗り場はバスの進行方向順に乗り場13・14・11・12と並んでいる。 12・13は線路に対して斜めに、11・14は線路に直角にバスが停車する。 旧の乗り場はロータリーの先の信号を渡ったの前にある。 13・14はトリエ京王調布A館側、11・12はパルコ側にある。 各路線の詳細は営業所記事を参照のこと。 京王バス東(京王):調布営業所 L• 京王バス中央(京王): B• 小田急バス(小田急): A ・ B ・ C ・狛江営業所 D• 東京空港交通• 1日3便程度の運行。 終日夜間1本運行し、深夜バスは11番乗り場から発車。 休日のみ、季節運行。 周辺のバス停留所• 旧甲州街道上の若干府中寄りに進んだ所に 調布銀座および 調布の停留所がある。 当駅のロータリーに入らず、 調布の停留所を経由する系統も存在している。 へのも発着する。 沿線でのイベントなどの開催時には、通常の隣の停車駅との間にある以下の駅に停車することがある。 開催時などには、一部の・が東府中駅に停車する(同駅で行に接続)。 競馬場線から直通の上り臨時準特急も、東府中駅に停車する(同駅で方面に連絡)。 でのイベント開催時(主にFIFA()主催サッカー国際試合、・、の公式戦、など系の大規模なコンサート)には、一部の特急・準特急・がに停車する場合もある。 開催時と開催時には、一部の特急・準特急・急行がに停車する場合がある。 脚注 注釈• 調布経済新聞. 2017年9月29日. 2017年9月30日閲覧。 平澤崇、2001、「京王電鉄のダイヤ改正は高速志向」、『』(通巻415号)、、2001年5月 p. 京王グループ. 2015年8月28日閲覧。 - 京王電鉄• - 京王電鉄 ニュースリリース 2012年5月24日• - 京王電鉄 ニュースリリース 2012年7月17日• - 京王電鉄• - 調布市• - 関東交通広告協議会• - 東京都• 京王電鉄プレスリリース 2017年7月5日. 2017年7月10日閲覧。 ビックカメラ 公式Webサイト• イオンシネマ 公式Webサイト 出典 東京都統計年鑑.

次の

ちょうふどっとこむ|調布市のお店、求人、イベント情報ホームページ

うな と と 調布

「」も参照 京王電鉄の前身である京王電気軌道の開業時より存在する、最も古い駅のひとつである。 (2年)の開業時は、 - 調布駅間が先行して開通した(も参照)。 、後述する京王線調布駅付近により地下化された。 地上線時代は、京王線下り列車と相模原線上り列車がしていたものが、上下線が別々の階層となることで、互いに影響を与えることなく発着できるようになった。 2018年2月22日現在、以外の全ての列車が停車する (を含む) [ ]。 (2年) - 京王電気軌道の駅として開業。 (大正5年) - 当駅 - 多摩川原駅(現在の)間の分岐線が開業(のち京王相模原線として延伸)。 (19年) - ()に併合。 同社京王線の駅となる。 (昭和23年) - 東急から京王帝都電鉄が分離。 同社の駅となる• (昭和28年) - 現在地に移設。 (昭和46年)4月1日 - 京王相模原線、まで開業。 (平成13年) - により準特急が新設され、停車駅となる。 (20年)• - 仮設使用開始。 - 東口が終日営業となる。 (平成24年)• - 連続立体交差事業により地下駅へ切り替え。 - 使用開始。 (平成25年) - KO18のを導入。 (平成26年)度 - 調布駅付近連続立体交差事業完了。 地下2階と地下3階にそれぞれ1面ずつホームがあり、(東口・中央口)および駅事務室は地下1階にある。 のりば 番線 路線 方向 行先 下りホーム(地下2階) 1・2 京王線 下り ・・方面 相模原線 ・方面 上りホーム(地下3階) 3・4 京王線 上り ・・・ 方面 地下化に伴い配線が変更され、上下線とも・京王多摩川駅寄りにが設置された。 これにより、2番線から相模原線への進入および相模原線から4番線への進入も可能になり、地上駅時代では不可能だった、相模原線同士の緩急接続も可能となった。 当駅では京王線列車と相模原線列車の接続が終日行われる。 その他、京王線列車同士や相模原線列車同士の緩急接続も頻繁に行われる。 のダイヤ改定以降、両路線が使用する線路は時間帯により変わるため、特に定められていない。 2015年9月25日のダイヤ改正からは平日の日中と土休日ダイヤでは主に1・3番線を相模原線の列車が、2・4番線を京王線の列車が使用している。 また、下り線は双方の同時発車が、上り線は双方の同時到着が可能である。 平日夕方ダイヤでは、当駅を境に列車種別を変更する列車がある。 下りの区間急行行きは当駅からに種別変更。 また当駅発着の列車も設定されているが、引き上げ線がないため、到着後は回送される。 広場口外観(2015年7月11日) 地上駅時代 2012年8月18日までは島式ホーム2面4線を有するであった。 相模原線からの上り列車が3番線に在線している場合、京王線の上り列車は4番線へ入線していた。 改札口は南口と東口は地下に、北口は地上の駅舎内にあったが、当駅付近の連続立体交差事業の進捗に伴い、2008年9月14日より全て仮橋上駅舎上となり、北口と南口を統合して中央口とした。 北口以外はを前に閉鎖されていたが(東口は21時15分、南口は0時10分)、2006年6月中旬からは東口が7時から、北口・南口は時点から開き、全ての改札口がまで開くようになった。 その後、東口も中央口と同様に始発から終電まで開けるようになった。 東口が終電前に閉鎖されていた時は連絡通路も閉鎖されたため、上りホームと下りホームとの移動は南口と北口を結ぶ通路を経由するしかなかった。 ホームからは東口に通じるが1か所、中央口に通じる階段が2か所存在し、ホーム間の乗り換えにはいずれかの通路を使う必要があった。 東口への通路と中央口を結ぶ通路はつながっていなかった。 また、仮橋上駅舎使用開始に伴い、各ホームにが設置された。 は中央口にのみ設置されていた。 詳細は「」を参照 当駅が地上駅であった頃、京王線と相模原線はしていたため、相模原線の上り列車が到着中には京王線の下り列車を発車させることができなかったなど、長年ダイヤ設定上のネックとなっていた。 また当駅を発着する1時間あたりの上り列車本数は平日7時台で28本、日中でも21本(当駅始終着3本を含む)と他路線よりも比較的多い。 当駅西側にあった調布1号踏切をはじめとする沿線のはが降りている時間が長く、また朝には後続の列車が踏切上で入線待ちをするなど、いわゆる「」状態となっていたため、慢性的な交通渋滞が発生していた。 2路線の平面交差の解消、踏切による渋滞緩和などを目的に、路線の移設工事と駅舎の建て替えが行われている。 2004年9月に着工し、2012年8月に地下駅の供用を開始したことは前記した。 原状回復や周辺整備などの付帯工事を含め、2014年度に竣工した。 当駅周辺には大規模な代替用地がないため、地下化工事にあたっては、地上路線直下の限られたスペースで行われ、工事帯の確保に苦労を強いられた。 2012年8月19日から、地下駅舎供用開始にともない・とともに、京王電鉄および京王線では初となるが設置された。 また地下化に合わせて、改札階から上りホームへ直通するエスカレーターが設置された。 同日、 - ・間が地下線に切り替えられ、調布1号踏切を含む18か所の踏切は廃止された。 また同日よりとして、『』の主題歌であるの『』が起用されている。 仮設橋上駅舎(南口)(2009年7月9日) 地下化後の状況 地上時代には調布止まりの上り列車があり、列車は調布駅到着後に新宿側本線上で折返しをしていた。 一方で地下化後には当駅付近に折り返し設備は設置されておらず、上り電車の折返しはで行うようになった。 地下化直後の暫定ダイヤでは、調布終着の上り電車および調布始発の下り電車は、調布駅 - つつじヶ丘駅間を回送していた。 2013年2月のダイヤ改定後に、上り方面に設定された「快速つつじヶ丘」は、快速の停車駅を調布以西の各駅に変更した上で、当駅止まりであった各駅停車の営業運転をつつじヶ丘駅まで延長し(ただし調布駅 - つつじヶ丘駅間の途中駅は通過)、同駅で片渡り線を使用して折り返し、下りはつつじヶ丘 - 調布間を回送した上で再び当駅から下り各駅停車として営業運転を行っている。 その他大多数の列車は、新宿駅 - 橋本駅・京王八王子駅・高尾山口駅間を直通して運転しており、当駅発着の相模原線内の区間列車は、上りの土休日ダイヤにおける最終列車1本のほかは、下りの早朝と深夜の数本のみである。 利用状況 2019年度の1日平均は 130,065人である。 京王電鉄の駅では、、に次いで4番目に多く、京王電鉄単独の駅では最多となっている。 近年の1日平均 乗降人員及び 乗車人員の推移は下表の通りである。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 出典 1955年(昭和30年) 11,510 1960年(昭和35年) 20,368 1965年(昭和40年) 38,239 1970年(昭和45年) 57,506 1975年(昭和50年) 74,157 1980年(昭和55年) 76,584 1985年(昭和60年) 83,156 1990年(平成 02年) 100,607 50,422 1991年(平成 03年) 52,306 1992年(平成 04年) 52,951 1993年(平成 05年) 52,778 1994年(平成 06年) 53,430 1995年(平成 07年) 106,933 53,811 1996年(平成 08年) 54,301 1997年(平成 09年) 106,859 54,321 1998年(平成10年) 106,825 54,342 1999年(平成11年) 106,189 53,432 2000年(平成12年) 106,259 43,926 2001年(平成13年) 108,354 53,915 2002年(平成14年) 107,681 53,559 2003年(平成15年) 108,164 53,623 2004年(平成16年) 108,438 53,816 2005年(平成17年) 109,956 54,219 2006年(平成18年) 110,723 54,326 2007年(平成19年) 114,647 56,552 2008年(平成20年) 116,432 57,616 2009年(平成21年) 115,654 57,268 2010年(平成22年) 114,906 56,926 2011年(平成23年) 113,423 56,101 2012年(平成24年) 113,385 44,479 2013年(平成25年) 115,061 56,953 2014年(平成26年) 115,238 57,058 2015年(平成27年) 117,781 58,257 2016年(平成28年) 119,639 59,277 2017年(平成29年) 125,624 62,266 2018年(平成30年) 129,968 2019年(令和元年) 130,065 駅周辺 駅前には北口・南口ともがあり、多数のが発着する。 地下へ移された駅や線路の跡地では「」(後述)が建設されたほか、調布市が2025年度完成を目指してロータリー拡張などを進めている。 バス路線 当駅には、広場口南側(南口)と広場口北側(北口)のそれぞれにがある。 調布駅南口 南口には・・が乗り入れる。 また、北口の停留所と間違えないために南口停留所の乗り場番号は「1桁」となっている。 各路線の詳細は営業所記事を参照のこと。 京王バス東(京王): L ・世田谷営業所• 小田急バス(小田急): D ・ F• また、南口の停留所と間違えないために北口停留所の乗り場番号は「2桁」となっている。 ロータリーの乗り場はバスの進行方向順に乗り場13・14・11・12と並んでいる。 12・13は線路に対して斜めに、11・14は線路に直角にバスが停車する。 旧の乗り場はロータリーの先の信号を渡ったの前にある。 13・14はトリエ京王調布A館側、11・12はパルコ側にある。 各路線の詳細は営業所記事を参照のこと。 京王バス東(京王):調布営業所 L• 京王バス中央(京王): B• 小田急バス(小田急): A ・ B ・ C ・狛江営業所 D• 東京空港交通• 1日3便程度の運行。 終日夜間1本運行し、深夜バスは11番乗り場から発車。 休日のみ、季節運行。 周辺のバス停留所• 旧甲州街道上の若干府中寄りに進んだ所に 調布銀座および 調布の停留所がある。 当駅のロータリーに入らず、 調布の停留所を経由する系統も存在している。 へのも発着する。 沿線でのイベントなどの開催時には、通常の隣の停車駅との間にある以下の駅に停車することがある。 開催時などには、一部の・が東府中駅に停車する(同駅で行に接続)。 競馬場線から直通の上り臨時準特急も、東府中駅に停車する(同駅で方面に連絡)。 でのイベント開催時(主にFIFA()主催サッカー国際試合、・、の公式戦、など系の大規模なコンサート)には、一部の特急・準特急・がに停車する場合もある。 開催時と開催時には、一部の特急・準特急・急行がに停車する場合がある。 脚注 注釈• 調布経済新聞. 2017年9月29日. 2017年9月30日閲覧。 平澤崇、2001、「京王電鉄のダイヤ改正は高速志向」、『』(通巻415号)、、2001年5月 p. 京王グループ. 2015年8月28日閲覧。 - 京王電鉄• - 京王電鉄 ニュースリリース 2012年5月24日• - 京王電鉄 ニュースリリース 2012年7月17日• - 京王電鉄• - 調布市• - 関東交通広告協議会• - 東京都• 京王電鉄プレスリリース 2017年7月5日. 2017年7月10日閲覧。 ビックカメラ 公式Webサイト• イオンシネマ 公式Webサイト 出典 東京都統計年鑑.

次の

ちょうふどっとこむ|調布市のお店、求人、イベント情報ホームページ

うな と と 調布

神代植物公園のバラ園と大温室 多摩地区の東端に位置し、区部と境界を接している隣接5市の内の一つである。 隣接する自治体は、東京都:・・・・・、神奈川県。 東京都内では・・・府中市に次ぎ5番目(市町村では4番目)にが多い。 「調布」という市名の由来は、名称は、昔の税金であるの調(その土地の特産物を納める)で布を納めていたことに由来する。 そのため以前は、当地の他にも都内に幾つかの「調布」地名があった。 は元は荏原郡調布村(のちの東調布町)であり、のの調布は西多摩郡調布村(現在の長渕地区)にあった(南多摩郡にあって現在の内という説もある)。 調布と書いて「たづくり」もしくは「てづくり」とも読んでいた(調布市の総合文化施設の名称が「たづくり」なのもそれに由来する)。 調布市内には布田(ふだ)、染地(そめち)など布にかかわる地名が存在する。 江戸時代まではで布をさらしていた記録が残っている。 「多摩川にさらすてづくりさらさらに何ぞこの児のここだ愛(かな)しき」というの歌が、布多天神社に残っている。 (の項を参照) また市内の「金子」「神代」などの地名は、はるか昔のに由来したものであると言われている(狛江なども同様)。 ととして提携している。 地理 [ ] 野川 都心(新宿駅)との距離は約20。 地質学的に言うと、調布市はとによって構成されており、武蔵野台地部分は更に 武蔵野II面と立川I面 [ ]に分けられる。 武蔵野II面と立川I面の間にはが存在しており、立川I面と多摩川低地の間にはが存在している。 国分寺崖線の比高はおよそ12である。 河川 [ ]• - と接する市域の南端を東西に流れており、その北岸には市内全域に渡ってサイクリングロードが整備されている。 また、は市内唯一の多摩川を横断する橋梁で、片側2車線合計4車線の車道の両外側には歩行者および自転車専用の道路が併設されている。 橋をはさんで対岸の南武線矢野口駅付近は東京都稲城市であるが、その数100m東側は同じ対岸でも神奈川県川崎市となっている。 - 市を北西から南東へと縦断。 両岸はサイクリングロードとして整備、護岸工事も土を多く残す形で工夫され、植物や生き物にも配慮されて市民やすらぎの空間となっている。 - 市北東部・緑ケ丘と仙川町の境を流れ世田谷区へ。 - 以前は三鷹市中原から流れていたが暗梁化され、現在はつつじケ丘の甲州街道と交差する地点が上流端と表記。 入間町の狛江ハイタウン目前で野川へと合流。 根川 - 染地小付近から多摩川住宅外周を流れ狛江市へ。 - 飛田給小付近で市内地表に現れ、住宅地では暗梁化されながら日活撮影所の前で多摩川へと合流。 歴史 [ ]• 現在の市域に当たる区域は 内の一部として属した。 があり、の(より4番目の)・・・と(同8番目)がこの地にあった。 と脇本陣が無くだけの小さな宿場であったが、のは賑わった。 旧石器時代 市域にはから人類が居住していたと考えられている。 この時期の遺跡に、飛田給北遺跡、野水遺跡、仙川遺跡、がある。 そのほとんどは野川や仙川沿いの崖線の上に存在している。 縄文時代 市域からは特にの大規模な遺跡が多く見つかっている。 代表的なものに入間町城山遺跡、蛇久保遺跡、東原遺跡、原山遺跡、飛田給遺跡など(いずれも縄文中期)がある。 縄文晩期のからは国の重要文化財に指定されている土製耳飾(保管)なども出土している。 弥生時代 市域に弥生文化が到達したのは、中期後半とされる。 この時期、野川や仙川沿いの低湿地に小規模な水田が出現している。 集落は引き続き崖線上に築かれている。 主な遺跡として深大寺城山遺跡、染地遺跡、入間町城山遺跡がある。 古墳時代 市域にが出現するのは5世紀中頃で、7世紀までに相当数の古墳が築造された。 その大半は円墳である。 代表的な古墳群は下布田古墳群、上布田古墳群、国領南古墳群、飛田給古墳群である。 現在までに確認された古墳の数は23基である。 ただし、大半の古墳は墳丘部が崩されており、石室や濠しか残っていない場合が多い。 末期になると崖線周辺に横穴墓が築かれる例も現れる。 これらは野川沿いの深大寺付近や入間町の蟹沢に集中している(御塔坂横穴墓群、上野原横穴墓群、蟹沢横穴墓群)。 この時期の集落も基本的には弥生以前と似たような場所に築かれている。 代表的な集落跡として深大寺城山遺跡、蛇久保遺跡、上ヶ給遺跡、染地遺跡、飛田給遺跡、上石原遺跡がある。 奈良時代 には市域は武蔵国の多麻郡に属した。 現在の府中市に置かれた国府から近かったこともあり、国府に勤務する官人の一部が市域に居住していたと考えられている。 主な遺跡として飛田給遺跡、上石原遺跡、下石原遺跡、上布田遺跡、染地遺跡などがあるが、特に上布田遺跡や染地遺跡からはかなり高価なものと思われる装飾品が出土している。 染地遺跡からは軒丸瓦、緑柚陶器などが出土しているので、が存在していたのではないかと考えるものもいる。 入間町城山遺跡からは「高大寺」と書かれた土器も出土しており、この時期に仏教も市域に伝わったのではないかと考えられている。 また市域に存在するの銅造釈迦如来倚像(国の重要文化財)は7世紀のものである。 平安時代 の市域には、のうち西党の、村山党のが進出していた。 狛江氏の館は現在の敷地内に存在したと考えられており、平成6年の発掘では館の周囲を取り巻く空堀の跡と思われる遺構が見つかっている。 一方、旧金子村(現在の東つつじヶ丘1 - 3丁目)は金子氏の所領であったという説もあり、現在の三鷹市新川にある島屋敷跡は金子時光の館跡ではないかと考えられている。 鎌倉時代 に入ると武蔵国はの直轄地「関東御分国」に含まれた。 戦国時代 1537年、後北条氏と対峙していたが深大寺城を築く。 しかし朝定はこの年のうちに後北条氏に本拠地を急襲されて敗れており、深大寺城での戦闘は無かったと考えられている。 その後、市域は中条出羽守、(新六郎、太田道灌の曾孫)、太田大膳亮ら後北条氏の家臣団に分け与えられた。 行政区画の変遷 [ ]• 4月1日 - 施行により、 神奈川県北多摩郡に現在の市域にあたる以下の2町村が発足。 (布田小島分村、上石原村、下石原村、上布田村、下布田村、国領宿、上ヶ給村、飛田給村が合併)• (深大寺村、佐須村、金子村、柴崎村、下仙川村、入間村、大町村の全域および北野村の一部 が合併)• 4月1日 - が神奈川県から に移管される。 7月1日 - 施行。 11月3日 - 施行により、神代村がに。 4月1日 - 調布町と神代町が合併し、施行。 調布市となる。 863倍の人口になる。 夜間に比べて昼の人口は3万人近く減ることになる。 通勤者・通学者で見ると市内から市外へ出る通勤者65,616人、市外から市内へ入る通勤者は37,266人と通勤者では市外へ出る通勤者のほうが多く、また学生でも市外から市内へ入る通学生は9,592人で市内から市外に出る通学生10,776人と学生でも昼は市外へ流出する人数のほうが多い。 東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行150 - 151ページ 国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。 上のグラフには年齢不詳のものを含め、昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないので数字の間に誤差は生じる) 町名 [ ] 調布市では、に基づくは実施されていないが、河川敷を除く全域に亘って町名と地番を整理する方法(町名地番整理)により、住所整理が実施されている(ただし、西町では地番は変更されず、旧町時代のものが使用されている)。 多摩川河川敷部分には、上石原、下石原、小島町、上布田町、下布田町、国領町、上ケ給の町名が残っている。 表のは分譲住宅の最寄り駅である金子駅をとしたことで地名もつつじヶ丘に変わった 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 飛田給一丁目 とびたきゅう 1967年6月1日 未実施 飛田給二丁目 1967年6月1日 未実施 飛田給三丁目 1967年6月1日 未実施 上石原一丁目 かみいしわら 1967年3月1日 未実施 上石原二丁目 1967年3月1日 未実施 上石原三丁目 1967年3月1日 未実施 ふじみちょう 1965年11月1日 未実施 1965年11月1日 未実施 1965年11月1日 未実施 1965年11月1日 未実施 下石原一丁目 しもいしわら 1976年9月1日 未実施 下石原二丁目 1976年9月1日 未実施 下石原三丁目 1976年9月1日 未実施 小島町一丁目 こじまちょう 1975年1月1日 未実施 小島町二丁目 1975年1月1日 未実施 小島町三丁目 1975年1月1日 未実施 布田一丁目 ふだ 1971年6月1日 未実施 布田二丁目 1971年6月1日 未実施 布田三丁目 1971年6月1日 未実施 布田四丁目 1971年6月1日 未実施 布田五丁目 1971年6月1日 未実施 布田六丁目 1971年6月1日 未実施 国領町一丁目 こくりょうちょう 1966年3月1日 未実施 国領町二丁目 1966年3月1日 未実施 国領町三丁目 1966年3月1日 未実施 国領町四丁目 1966年3月1日 未実施 国領町五丁目 1966年3月1日 未実施 国領町六丁目 1966年3月1日 未実施 国領町七丁目 1966年3月1日 未実施 国領町八丁目 1966年3月1日 未実施 染地一丁目 そめち 1966年7月1日 未実施 染地二丁目 1966年7月1日 未実施 染地三丁目 1966年7月1日 未実施 多摩川一丁目 たまがわ 1977年10月1日 未実施 多摩川二丁目 1977年10月1日 未実施 多摩川三丁目 1977年10月1日 未実施 多摩川四丁目 1977年10月1日 未実施 多摩川五丁目 1977年10月1日 未実施 多摩川六丁目 1977年10月1日 未実施 多摩川七丁目 1977年10月1日 未実施 佐須町一丁目 さずまち 1985年9月1日 未実施 佐須町二丁目 1985年9月1日 未実施 佐須町三丁目 1985年9月1日 未実施 佐須町四丁目 1985年9月1日 未実施 佐須町五丁目 1985年9月1日 未実施 柴崎一丁目 しばさき 1970年3月1日 未実施 柴崎二丁目 1970年3月1日 未実施 菊野台一丁目 きくのだい 1969年3月1日 未実施 菊野台二丁目 1969年3月1日 未実施 菊野台三丁目 1969年3月1日 未実施 東つつじケ丘一丁目 ひがしつつじがおか 1968年5月1日 未実施 東つつじケ丘二丁目 1968年5月1日 未実施 東つつじケ丘三丁目 1968年5月1日 未実施 西つつじケ丘一丁目 にしつつじがおか 1968年7月1日 未実施 西つつじケ丘二丁目 1968年7月1日 未実施 西つつじケ丘三丁目 1968年7月1日 未実施 西つつじケ丘四丁目 1968年7月1日 未実施 入間町一丁目 いりまちょう 1962年5月1日 未実施 入間町二丁目 1962年5月1日 未実施 入間町三丁目 1962年5月1日 未実施 仙川町一丁目 せんがわちょう 1961年11月1日 未実施 仙川町二丁目 1961年11月1日 未実施 仙川町三丁目 1961年11月1日 未実施 緑ケ丘一丁目 みどりがおか 1961年11月1日 未実施 緑ケ丘二丁目 1961年11月1日 未実施 野水一丁目 のみず 1970年3月1日 未実施 野水二丁目 1970年3月1日 未実施 西町 にしまち 1970年3月1日 未実施 若葉町一丁目 わかばちょう 1962年5月1日 未実施 若葉町二丁目 1962年5月1日 未実施 若葉町三丁目 1962年5月1日 未実施 調布ケ丘一丁目 ちょうふがおか 1972年3月1日 未実施 調布ケ丘二丁目 1972年3月1日 未実施 調布ケ丘三丁目 1972年3月1日 未実施 調布ケ丘四丁目 1972年3月1日 未実施 深大寺元町一丁目 じんだいじもとまち 1984年11月1日 未実施 深大寺元町二丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺元町三丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺元町四丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺元町五丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺北町一丁目 じんだいじきたまち 1984年11月1日 未実施 深大寺北町二丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺北町三丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺北町四丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺北町五丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺北町六丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺北町七丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺東町一丁目 じんだいじひがしまち 1984年11月1日 未実施 深大寺東町二丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺東町三丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺東町四丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺東町五丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺東町六丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺東町七丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺東町八丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺南町一丁目 じんだいじみなみまち 1984年11月1日 未実施 深大寺南町二丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺南町三丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺南町四丁目 1984年11月1日 未実施 深大寺南町五丁目 1984年11月1日 未実施 八雲台一丁目 やぐもだい 1985年9月1日 未実施 八雲台二丁目 1985年9月1日 未実施• (調布市西つつじケ丘、一部は狛江市西野川) - 昭和61. 12変更:調布都市計画事業(一団地の住宅施設)• UR 金子団地 - 昭和60年, 昭和58. 30変更、平成16. 29廃止:調布都市計画事業(一団地の住宅施設)• UR ライフタウン国領(国領町8-2-9)• UR ココスクエア国領(国領町3-1-38)- 再開発ビル。 商業施設との複合施設• UR 国領団地(国領町、1964年)• (調布市染地・狛江市西和泉) - 昭和45年、狛江市・調布都市計画事業(一団地の住宅施設)• 東京都住宅供給公社 調布富士見町団地 - 昭和46年:調布都市計画事業(一団地の住宅施設) 都営住宅• 都営調布くすのきアパート(国領町3-8ほか)- 1000戸を超える市内最大の都営団地• 都営調布緑ケ丘ニ丁目アパート• 都営仙川アパート - 平成元年、昭和62. 25変更、平成17年廃止:調布都市計画事業(一団地の住宅施設)• 都営入間町二丁目アパート・入間町三丁目アパート• 都営国領三丁目アパート・国領三丁目第2アパート• 都営染地一丁目アパート・染地三丁目アパート• 都営佐須町アパート(佐須町4-1)• 都営調布富士見町アパート 市営住宅• 富士見第1市営住宅• 富士見第2市営住宅• 調中前市営住宅(富士見町4-40)• 八雲台市営住宅• 深大寺市営住宅• 山野市営住宅(深大寺北町6-42)• 下石原市営住宅 その他• 西調布住宅 (多摩川1-8、跡地)• - 再開発ビル。 商業施設との複合施設 市長・議会 [ ] 歴代市長 [ ]• 山岡柳吉 1955年5月 - 1957年3月• 青木貞治 1957年3月 - 1958年6月• 竹内虎雄 1958年7月 - 1962年7月• 1962年7月 - 1978年7月• 1978年7月 - 1986年7月• 1986年7月 - 2002年7月• 2002年7月 - 現職(5期目) 調布市議会 [ ] 詳細は「」を参照• 定数:28人• 任期:2019年6月1日 - 2023年5月31日• 議長:渡辺進二郎(創政会)• 選挙区:北多摩第三選挙区(調布市、)• 定数:3人• 任期:2017年7月23日 - 2021年7月22日• 投票日:2017年7月2日• 当日有権者数:258,067人• 投票率:53. 48% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 備考 尾崎大介 当 43 現 45,358票 中嶋義雄 当 67 現 30,431票 井樋匡利 当 53 新 26,974票 2017年11月15日に辞職。 栗山欽行 落 58 現 26,328票 新井匠 落 48 無所属 新 3,666票 小野寺通 落 48 無所属 新 2,165票 衆議院 [ ]• 選挙区: (調布市・・・の一部)• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 議員名 党派名 当選回数 備考 8 選挙区 4 比例復活 公共機関・事業 [ ] 本市に関わる公共機関および事業について記す。 警察(警視庁) [ ] が本市と狛江市の2市を管轄している。 庁舎は両市を合わせた地域の中心である国領町の甲州街道沿いにある。 両市在住者が運転免許証を更新する場合、優良者の場合は世田谷区ので行うことができる。 消防(東京消防庁) [ ] の調布消防署が調布市を管轄している。 下石原に位置し甲州街道近くにある。 他につつじヶ丘・国領・深大寺に出張所がある。 調布消防署(下石原1-16-1)救急隊1、• つつじヶ丘出張所(西つつじヶ丘3-8-3)救急隊1• 国領出張所(国領町7-50-8)救急隊1• 広域行政 [ ]• 東京都十一市競輪事業組合 - 八王子、武蔵野、青梅、昭島、町田、小金井、小平、日野、東村山、国分寺、および本市の11市で当市に所在するを開催している。 - 八王子、昭島、武蔵野、町田、小金井、および本市の6市でを開催している。 二枚橋衛生組合 - の項を参照。 ゴミ処理 [ ]• ふじみ衛生組合 - 二枚橋の施設に代わるごみ処理施設として、と共同で不燃ごみの処理やリサイクル事業を実施。 両市境 深大寺東町7 に新たなごみ焼却施設「クリーンプラザふじみ」を2013年4月より本稼働した。 - 小金井市、府中市及び調布市で構成していた。 3市に跨る市境に在ったが、施設の老朽化が著しく、2007年3月31日に全ての焼却炉が停止され、2010年3月に組合を解散した。 が跡地にゴミ処理施設を建設することを決めたが、調布市、府中市の市有地に建設する内容であり、そもそも市有地管理の当市の同意を得ずに決定した計画である為、調布市は同市有地に公園設置を予定していたことから拒否している。 そのため推進不可能であると共に、もし建設、稼働してもされても調布市用ではない。 環境省の「一般廃棄物処理事業実態調査(平成19年度実績)」によると、人口10万人以上50万人未満の自治体において調布市はリサイクル率全国第3位となっている。 地域放送 [ ]• - 周波数83. 8 MHz。 放送局は「たづくり」内にある。 コールサインはJOZZ3AW-FM 調布市・狛江市の全域三鷹市・世田谷区・川崎市多摩区・稲城市・府中市・小金井市・武蔵野市の一部で受信可能。 - 株式会社 ジュピターテレコム連結子会社 ブランド名は「J:COM 調布・世田谷」 サービスエリアは調布市、世田谷区京王線沿線の一部 防犯対策 [ ] 市は、生活安全や国民保護また緊急対策に関する条例や規則を定め、市民の意識向上と犯罪を防止に務めている。 調布安全安心メール - 交通・防犯・その他緊急情報を配信。 子どもの家 - 子どもの緊急時に対応• 防犯パトロールを市内の事業所と協力して実施• 安全安心パトロールを実施• 市内全域夜間パトロール - 警備員によるパトロール• 調布子ども安全安心パトロール - 市内の学校周辺、通学路を制服警備員がパトロール• 調布駅南口パトロール - 調布市安全・安心見廻組屯所を拠点とし、制服警備員が調布駅南口広場周辺をパトロール• 不法投棄防止・防犯パトロール隊 - 不法投棄対策、ゴミ置き場の不審火を青色回転灯パトロールカーで警戒 公共施設 [ ] 国の施設 [ ]• JAXA 本社、(旧)• 独立行政法人• 独立行政法人• 国立大学法人 市の施設 [ ] コクティーと市民プラザあくろす。 2009年撮影• 調布市文化会館たづくり 調布駅南口に位置する。 1995年完成。 くすのきホール・むらさきホール・大会議場・調布市立中央図書館・調布FMなどがある。 自習室(100席)があり、多くの学生や社会人が利用。 調布駅南口に位置する。 1977年完成。 大ホール・小ホールがあり、コンサートや演劇に利用されている。 2006年2月26日放送のNHK「のど自慢」では大ホールから生放送した。 調布市総合体育館 - 神代植物公園北側にある。 大体育室や屋内プール、トレーニング室がある。 - 国領駅北口前にある地上34階、地下2階の高層ビル。 高さは118m。 2004年10月完成当初は多摩地域で最も高いビルであった(現在は3番目)。 市の施設として市民プラザあくろすが、下層部は商業施設、上層部は住宅が入る。 コクティー(Kokuty)とは、市民公募により決定した愛称で、国領という地名と、複合施設である再開発ビル及び駅前広場などの公共施設により形成された都市(シティー)という言葉をミックスした造語。 調布市市民プラザあくろす 国領駅北口コクティー内にある。 多様な市民活動、男女共同参画社会の実現に向けた活動、新たな産業の集積、起業家育成を目標に開設された。 子ども家庭支援センターすこやか 国領駅南口ココスクエア内にある。 子育てについての総合的な施設。 青少年ステーションCAPS(キャプス) 西調布駅に位置しているおもに中高生を対象とした施設。 スポーツ・音楽・ダンス・物造り・デザイン・パソコンなど様々なことを通して知識を高め、お互いに交流する場とする事を目的に開設。 経済 [ ] 第1次産業 [ ] 市内では・宅地化が進んでいるものの、としても存在する。 かつては豊かなを利用した耕作も盛んだったが、現在はやを栽培するが中心である。 やなども多数存在する。 農業 -• 1948年7月、府中市・調布市・狛江市に各を発足。 1992年4月1日、3市内の5つの農協が合併し、JAマインズとなる。 第2次産業 [ ] 大消費地である都心に近く、高速道路の便も良く、昔から豊かな水に恵まれた立地を生かした、関連の企業が多い。 主な事業所 [ ]• - 仙川町2。 に仙川工場を設置、閉鎖。 本社が置かれていた時期もある。 2014年6月に研究施設「」と完全予約制見学・体験施設「マヨテラス 」としてリニューアルされた。 も参照。 - 仙川町2。 1962年に西府産業として設立。 2013年10月、本社を府中市宮町1丁目40から仙川キユーポートへ移転。 - 仙川町2。 1999年設立、キユーピーと三菱商事の。 2013年10月、本社を府中市のキユーピー中河原工場内から仙川キユーポートへ移転。 仙川キユーポート・マヨテラスがあることにちなみ、では4月1日始発より、に『』のテーマ曲として知られる『』を採用している。 - 本社。。 2018年1月29日、本社を仙川町3丁目2-4(小田急バス本社ビルの向かい)から、調布ヶ丘1丁目18-1の調布センタービル5階へ移転。 - 多摩川1。 調布工場。 「」で知られる。 「深大寺ビール」「調布ビール」の製造も行う。 - 富士見町1。 1974年創業。 中華・韓国食材、スパイス・ドレッシングなど、調味料やエスニック系食材を中心とする食品製造販売。 - 多摩川1。 首都圏西支店。 月兎ソース(げっとソース) - 入間町1。 など業務用食品の製造販売。 浜食(はましょく) - 多摩川3。 炉ばた漬、など漬物製造販売。 漬けなどもある。 1960年4月、下布田にて創業。 1976年9月、本社と工場を現在地へ移転。 ラスター食糧 - 小島町3。 1961年創業。 ・の皮などのの卸売・小売販売。 - 柴崎2。 本社および東京製作所。 の完全子会社。 第3次産業 [ ] 映画・映像関係の会社が多い市の南部は、昭和10年代から30年代にかけて「映画のまち」として栄え「 東洋の」と呼ばれた。 現在も撮影所などの事業所が活動している。 調布市では「 映画のまち調布」をアピールし、映画産業や映画文化の振興を図るとともに、やとしても積極的に活用している。 近年は多摩地域の他の自治体(・など)と同様に、関連企業や、などのも増えている。 主な事業所 [ ]• - 仙川町2。 1932年に「武蔵野乗合自動車」 として調布で創業。 1950年に入りして現社名へ変更。 と本社のあるをターミナルとして、調布市内に多数のバス路線を運行している。 調布市民 大会にも有志チームが毎年出場している。 研修センター - 入間町。 約6万坪の広大な敷地に、業務の研修施設だけでなく、グラウンドや各種スポーツ設備も整備されている。 時代には広く一般にも開放されていたが、民営化以後は桜の開花時期のみ限定開放。 またの試験等にも施設が使用されることがある。 - 調布ヶ丘1。 調布センター。 地図に名称は載っているが、現地には企業名を示す表札等は掲示されていない。 - 国領町8。 東京情報センターがある。 - 小島町2。 事務センターがある。 ケアコム - 多摩川3。 本社・技術開発センター。 システム、病院・福祉施設用の緊急通報システムなどを専門とする電気通信工事業。 - 布田4。 海外向け販売運営。 映画・映像・ビジュアル関連の主な事業所 [ ]• - 多摩川6。 角川大映スタジオ。 2006年8月撮影• - 染地2。 - 国領町1。 高津映画装飾および高津装飾美術。 映画・ドラマ用美術品制作で業界最大手。 - 布田4。 、制作プロダクション。 かつては国領町で設立されたが布田に移転した。 イメージングシステムズ調布事業所 - 柴崎1。 と写真展示施設「富士フォトギャラリー調布」を併設。 - 富士見町。 1955年に設立された日本を代表する現像所、映像ポストプロダクション。 衣装部 - 富士見町。 演劇・映画などの衣装の制作とレンタル。 東京現像所と同敷地に所在。 - 国領町8。 グループの日本有数の映画フィルム現像所、映像ポストプロダクション。 調布スタジオ - 多摩川5。 ・の企画、制作およびVFXを主な事業とするプロダクション。 当事業所はSFX製作スタジオ。 - 飛田給1。 映画フィルム倉庫。 温度・湿度自動調整装置を備えている。 - 富士見町4。 映像撮影用照明会社。 - 佐須町。 テレビ番組・CM・イベントなどの装飾・小道具などの美術制作。 - 柴崎。 、イベントの特殊造形を主な事業とするプロダクション。 1970年代には下石原2丁目31番地付近や調布ヶ丘などで工房が稼働後、現在地へ移転。 - 深大寺東町。 映画やテレビなどの映像編集会社。 - 多摩川1。 映画やテレビなどの撮影効果会社。 - 布田4。 映画、テレビドラマ等の制作会社にを紹介。 - 富士見町4。 映像撮影用照明会社。 - 多摩川。 映画、テレビドラマ等のVFXのポストプロダクション。 - 国領町。 映画、テレビドラマ等の用造形を主な事業とするプロダクション。 - 布田。 作品の・制作や管理を行うプロダクション。 過去に所在した事業所 [ ]• - 仙川町2。 ・で知られるのメーカー。 1956年に調布工場が仙川町2に完成。 工場があった縁から仙川駅前に小売店舗の営業もしていたが、2013年に工場はに移転した。 調布市立で、の描いた絵を缶にプリントしたオリジナルの榮太樓飴が土産物として販売されている。 - 若葉町2。 かつてはなどを製造していたの東京工場であった。 用地に掛かっていたこともあり、2004年に生産機能はへ機能移転し、研究所のみが残った。 2017年にアサヒグループ食品へ吸収合併。 工場跡地は仙川店となっている。 - 国領町8。 本社・事業所があったが、2002年にに移転。 跡地にはマンションが建設された。 - 国領町8。 工業用等製造会社。 用の製造工場も併設されていた。 用地売却により、跡地には国領店が開店。 本社ビルだけは売却せず残っていたが、12月に多摩市へ本社を移転、翌9月に旧本社ビルもイトーヨーカドーのグループ会社へ売却された。 旧本社ビルは既存の建物を解体せずに移設して継続使用していたが、建物移設が珍しかったためなどで取り上げられた。 現在は解体されて残っていない。 (旧・第百生命) - 国領町4。 本社ビルの耐震性などを理由として、2015年3月に渋谷区初台のに移転。 本社ビルは解体され、跡地にはの分譲マンション「Brillia(ブリリア)調布国領」が建設された。 - のの夫が創立したメーカー。 1962年に調布工場が調布ヶ丘に完成。 2000年に工場は川崎市へ移転し、跡地はマンションとなったが、移転時には当地にあるの伐採に反対する運動がおこり、大寒桜は市の指定保存樹として保護されることとなった。 - 調布ヶ丘1。 地元不動産企業ニビックのビルを「調布技術センター CTC 」として使用し、研究開発やサポート部門が入っていた。 2015年4月に品川本社に統合された。 なお2018年5月現在、調布技術センターの表記はマイクロソフト社のウェブサイト上に存在するが、実際には機能していない。 - 前身となった株式会社やまきSC開発は、2003年1月の創業以来、本社を調布市内に置いていた。 2006年11月ににフォレストモール南大沢を開業し、本社も同モール内へ移転した。 現在の本社は。 過去に所在した映画・映像関連の事業所 [ ]• - 入間町1。 映画製作および芸能プロダクション。 1960年代の映画最盛期には、入間町にかかる敷地にも撮影用のセットが組まれていた。 現在は調布市側の敷地は売却され、跡地はとマンションになった。 世田谷区側の敷地にプロダクションは残っている。 - 多摩川。 1950年代に活動した独立系スタジオ。 1955年に「調布映画撮影所」に改称。 跡地は公務員宿舎となっている。 1970年代初頭から1980年代前期にかけて運用されていた映画・テレビスタジオ。 、の特撮シーン及び、のドラマ撮影などが行われていた。 1974年から「大映テレビ仙川スタジオ」と名称変更され、多くの作品の収録が行われたが、府中市中河原へ機能移転し閉鎖された。 - 小島町1。 1989年の調布パルコ開業とともにオープンした映画館 139席。 系作品を中心に上映された。 また2010年に映画化された『』も上映された。 2011年9月に閉館。 2017年9月29日にC館に「 シアタス調布」が開館するまで、市内から映画館が6年間消滅することになった。 このためシアタス調布の開業時には「映画のまちに、映画館がないって問題だ。 」とのキャッチコピーで宣伝された。 交通 [ ] 調布市内を走る鉄道路線は・のみであり、市内の駅はすべての駅となっている。 当市は東京都のほぼ中央部に位置しており、鉄道を利用すると調布駅から新宿駅へ14分(日中特急利用)、渋谷へ15分(日中特急利用で明大前からへ乗り換えて急行利用)で到着する。 路線バスは調布駅を中心に整備されており、北口からは京王線国領駅、西調布駅、狛江駅、京王井の頭線・JR・吉祥寺駅、JR中央線・総武線三鷹駅、JR中央線・武蔵境駅、JR中央線武蔵小金井駅、西武多摩川線多磨駅方面、 南口からは京王線仙川駅、つつじヶ丘駅、飛田給駅、京王相模原線京王多摩川駅、小田急線成城学園前駅、狛江駅、京王井の頭線・JR・・・・・・渋谷駅、東急田園都市線・三軒茶屋駅、東急田園都市線・二子玉川駅方面へのバス路線が主に発着している。 このほか、駅から市内の団地などを結ぶ市内完結路線、主要駅と公共交通空白地区を結ぶなどがある。 また調布駅には成田・羽田両空港からの直通も発着している。 跡地の開発にともない、飛田給駅北口が再開発され、飛田給駅始発のバス路線が整備された。 飛田給駅南口でもバスロータリーが整備され、コミュニティバスの発着が北口から南口へ変更された。 また西調布駅の橋上駅舎化、国領駅・布田駅の地下化にともない、駅前バスロータリーが整備された。 その後も、調布駅前再開発による北口・南口のバスロータリー整備工事が進行中である。 鉄道 [ ] 地下化された調布駅ホーム 2012年9月撮影 京王線連続立体交差事業 [ ] 京王電鉄の線路と、狛江通りや三鷹通りなどの道路との平面交差(踏切)による慢性的な交通渋滞の解消を主目的とした連続立体交差化事業。 施行区間は京王線の柴崎駅 - 西調布駅間(2808m)と相模原線の調布駅 - 京王多摩川駅間(886m)で、国領駅・布田駅・調布駅の3駅が地下化され、18箇所の踏切が解消される。 事業主体は東京都。 2003年3月に事業認可を取得、2012年8月19日に地下化が完成。 地下化3駅の駅舎工事と地上線撤去工事を行い、2014年度に事業は完了した。 総事業費は約1149億円で京王電鉄・国・東京都・調布市の四者で分担した。 これらと連動して駅前再開発や都市計画道路の整備が行われている。 調布市ミニバス「鬼太郎バス」の車両 をホームとする、への応援メッセージが書かれている 調布市内のバス路線は非常に多く、路線網はかなり発達している。 市内の各駅から・の各駅に向かう路線は多数あるものの、の駅に向かう路線は週に数本程度しかない。 柴崎駅を除く市内全駅にてバス路線の発着があるが、長年駅周辺が整備されていなかった事情などから、西調布駅・布田駅・仙川駅は駅前ロータリーに直接乗り入れる路線が少なく、駅周辺にあるバス停を鉄道駅との接続バス停としていることがある。 路線の詳細については各駅の記事を参照。 路線バスは仙川町に本社が所在する(ただし、市内に運行を担当する営業所は存在しない)、布田にあるの路線が中心を占め、の運行受託もこの2社が行っている。 調布市は運賃区分では近隣の狛江市・武蔵野市・三鷹市とともに 都区内地域となり、23区と同様に乗車する区間に関わらず均一の運賃が適用される。 都区内地域外へ乗り入れる路線は乗車区間に応じた運賃が適用される。 市内にがあるため、高速バスの便も発達している。 調布駅から・への、行きのも定期運行されている。 高速バスと空港連絡バスは、とその会社の運行となっており、小田急バスグループは担当しない。 また、市内の中央自動車道沿いにが設けられており、各方面への高速バスが停車する。 もかつては調布市内に路線を持っており、との共同運行でが調布駅へ、が国領駅へ乗り入れていたが、玉08系統は1975年、渋26系統は1977年に撤退し小田急バスの単独運行となった(も参照)。 また、1972年まではも調布市内に路線を持っており、京王帝都電鉄(当時)との共同運行で旧甲州街道に沿って新宿駅 - 八王子駅間を結ぶ路線バス()が運行されていた。 一般路線バス• 京王電鉄バスグループ(・・)• (・・・・)• (のみ。 本数少)• 空港連絡バス(羽田空港・成田空港)• 京王電鉄バスグループ・の共同運行• 高速バス(東京ディズニーリゾート)• 京王電鉄バスグループ・の共同運行 コミュニティバス [ ]• 調布市の。 調布駅・飛田給駅・仙川駅を発着する。 専用車両には、調布市のであるの代表作『』のキャラクターが描かれている。 市内の飛田給駅近くにあるをホームグラウンドとする、のプロサッカークラブ・への応援メッセージが書かれた車両もある。 隣接する三鷹市のコミュニティバス「みたかシティバス」の「新川・中原ルート」は、調布市内のつつじヶ丘駅を発着するため、このルートのみ三鷹市と調布市の共同運営となっている。 道路 [ ]• 東西方向 1964年東京オリンピックでのマラソン折り返し地点• 市を東西に横断する幹線で、甲州街道に平行して開業した京王線は現在甲州街道の南側に線路が敷設されており、甲州街道に踏切はない。 東京オリンピックでマラソン及び競歩のルートに選定されたことに伴い道路整備が行われた。 当時の市街地を避けたため、環八を越えてすぐから京王線仙川駅の東方及び野川西方(京王線柴崎駅 - 国領駅間)から府中市本宿町までは新しく道路を造った。 この道路が現在の甲州街道であり、地元では新甲州街道、もしくは単に甲州街道と呼ばれており、昔からあった道路は旧甲州街道と呼ばれている。 京王線は駅間距離が短いこと及び昔の市街地に旧甲州街道があるため路線バスは甲州街道は運転していない。 歩道橋が整備された頃は東京の東西を結ぶ主要幹線だったため、都心なみに設置されているが使用者は少ない。 のマラソンでは飛行場付近が折り返し地点となり、記念碑が味の素スタジアム近くにある。 および。 甲州街道と京王線の間を走る。 野川西方(京王線柴崎駅 - 国領駅間)で甲州街道から分かれ府中市まで続く。 各駅を発着するバス路線はこちらを走る。 江戸時代5街道として整備され、国領駅から調布駅までは布田五宿があったためこの区間は昔からの商業施設が多い。 最近再開発により商業設備が市内に整備されてきたため、駅に近い立地を生かし商業施設はマンション等に建て替えられ、商店街の活気は無くなってきている。 京王線の南側を走る。 かつては府中のから品川まで続いた古道で「品川道」と呼ばれた。 その旧道は「旧品川みち」として現存している個所もある。 現在の「品川通り」はつつじヶ丘方面に延伸されている。 京王線布田駅の近くに京王バスの車庫(調布営業所)がある。 横断歩道が多いため信号も多い。 国領町付近では狛江通りとの交差点があるため、特に土日・休日は渋滞が激しい。 また、京王相模原線との交差部は、以前は道路が鉄道の下をくぐる構造であったが、京王線地下化工事のため一時的に数年間、道路を跨線橋化し鉄道をまたぐ構造となった。 京王相模原線地下移行後は跨線橋を撤去し平面道路となった。 柴崎から飛田給まで市内を東西に続く古道、江戸時代に甲州街道が整備されるまで調布の主要道路であった。 桜堤通り 多摩川沿いに走る。 、都立調布南高校がある。 市の北端を通る。 国道20号線の混雑解消のためのバイパスとして計画されたが、世田谷区の反対運動もあり現在も部分開通のままである。 新設した当時は三鷹通りから小金井街道までしか開通しておらず、交通量もほとんどなく車線も一部ふさがれていた。 道路幅が約30mありこの近辺ではこの様な巨大道路がなかったため、地元では30m道路と呼ばれていた。 現在も高井戸(甲州街道からの分岐点)八王子間が開通していないために道路地図では東八道路と記載されているが、依然30m道路と呼ばれる場合もある。 南北方向• 狛江通り 国領駅付近旧甲州街道から狛江駅付近世田谷通りまで至る。 バスが多く通行する。 現在拡張工事途中。 この通りは吉祥寺通りと直通する予定であり、現在甲州街道まで道路が出来ている。 三鷹通り。 前を通り、地域を縦貫し、北側のまで至る。 鶴川街道 調布市と稲城市を結ぶ多摩川原橋。 町田市から川崎市麻生区等を経て当市甲州街道までの道路。 地元ではダンプ街道とよばれるほどダンプの通行量が多く、2車線の上多摩川を越えた先に南武線の踏切があり常時渋滞していた。 多摩川にかかる多摩川原橋が2006年4月23日に4車線化し、慢性化していた渋滞が幾分緩和され、また、南武線の立体交差事業の完成により踏切が無くなり渋滞が緩和された。 調布駅の連続立体交差事業による地下化が決まったが、京王線の踏切渋滞対策として東京都の「踏切すいすい事業」として、仮設の跨線橋(ユニットとして組み立ることにより短期間で施工可能で、撤去後も他の箇所で使用できる跨線橋)第1号として立体化を行い、2003年3月30日に「調布鶴川陸橋」として完成したが、京王線の地下化に伴い2013年に撤去され、平坦な道へと改良された。 武蔵境通り。 鶴川街道の延長上にある。 旧甲州街道から中央高速までバイパスが並走する。 主要5路線の1つとして、現在、御塔坂下付近から東八道路の間で拡幅工事が進められている。 天文台通り。 や飛行場の東側を三鷹方面に走る。 道幅が狭かったが近年改修工事が行われている。 大映通り 角川大映撮影所の脇を、京王相模原線と平行に走る。 その他• 天神通り 天神通り商店街 布田天神の参道。 調布駅北口商業地区の一部をなす。 近年、鬼太郎などの妖怪キャラクターのモニュメントが造られた。 電通大通り 調布駅北口から調布田無線へ接続する道路として計画され、現在調布駅北口から甲州街道(国道20号)まで開通している。 甲州街道から調布駅北口への駅前通りであるが自動車の交通量が少なく、実質電通大への通学路となっていること及び電通大の東端の敷地を道路用地として計画している関係から、正式な愛称名として電通大通りとなった。 トロッコ道 三中の西側から二小の東側を通る道。 大正から昭和にかけて多摩川の砂利を輸送するためのトロッコが走っていたことに由来する。 高速道路• 甲州街道の北側を通り、富士見町での交差個所にが設けられている。 農業高校実習場付近に高速バスの停留所がある。 の曲『中央フリーウェイ』が作られた頃は、調布ICより東京方が開通していなかったため、調布ICから八王子方面(本市や府中市の光景)が歌われている。 (建設中) 当市付近ではの下側を通る予定となっている。 (三鷹市)と(世田谷区)の間にはインターチェンジは置かれない。 空港 [ ]• 調布飛行場。 武蔵野の森公園から撮影。 、、等の東京都諸島間を結ぶ航空路線の拠点。 平成4年7月に東京都が国から管理を引き継ぎ、平成13年3月に場外離着陸場から正式飛行場(その他飛行場)となる。 防災、医療、消防など緊急活動にも使用されている。 第二次世界大戦中には三式戦闘機「飛燕」が配備されており、現在も格納庫跡が保存されている。 ナンバープレート [ ] 調布市は、多摩ナンバー()を割り当てられている。 多摩ナンバー割り当て地域• 立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・東村山市・国分寺市・国立市・西東京市・東大和市・狛江市・東久留米市・清瀬市・武蔵村山市・多摩市・稲城市。 観光・文化 [ ] 名所・旧跡 [ ] 布多天神社。 2006年8月撮影• - 延喜式内神社。 祭神はとを祀る。 毎月25日の月例祭には三番叟(さんばそう)などの里神楽が奉納され、境内には市が立ち、参道には出店が立ち並ぶ。 9月には例大祭神輿渡御がある。 - 神木である境内の藤の大木「千年乃藤」で有名。 祭神は、、を祀る。 10月には例大祭、御神幸祭がある。 - 延喜式内神社。 深大寺との縁が深い。 神木とされる巨木「」がある。 - 延喜式内神社。 深大寺との縁が深い。 神木とされた巨木「」があった。 生家跡• 市制30周年を記念して指定• 近藤勇の史跡と野川公園• 深大寺と神代植物公園• 布多天神と市(いち)• 調布不動尊と国領神社の千年藤• 上石原若宮八幡とはけの緑• 四季の多摩川と花火• 実篤公園と記念館• 糟嶺(かすみね)神社と明照院(みょうしょういん) 公園・植物園・遊園地 [ ] 京王フローラルガーデンANGE 過去の施設 [ ]• - 多摩川。 1927年に開園した遊園地。 戦争の影響で次第に寂れ、1947年に売却された。 - 多摩川。 1955年に開園、1971年に閉園した。 跡地は京王テニスクラブとなっている。 博物館・劇場・文化団体 [ ]• ・ - 若葉町1。 の屋敷跡である実篤公園に隣接して、作品及び資料を収集・保存する記念館がある。 調布市 - 小島町3。 京王多摩川駅下車。 調布市の歴史に関する資料を所蔵・展示する。 調布市立中央 - 小島町2。 調布市文化会館たづくり内、1995年に開室。 映画資料室では、地域産業である映画の資料収集・提供を行う。 また市内在住の、水木しげるとの作品と関連資料の収集・提供も行っている。 東京アートミュージアム - 仙川町1。 2004年開館。 前の再開発で道路が開通することになり、町並みを守ることを目的として、土地を所有する個人が建設。 設計はによる。 館の半分は市に貸される。 - 仙川町1。 2008年に開場した市営の演劇劇場。 - 仙川町1。 2009年に開館したコンサートホール。 - 2007年発足。 調布市民合唱団 - 1978年発足。 調布フィルハーモニー管弦楽団 - 1981年発足。 - 2010年に調布市文化・コミュニティ振興財団と相互協力協定を締結。 祭・イベント・街おこし [ ]• ( - ) - 日本三大だるま市の一つ• - 1980年代は総合体育館を拠点に深大寺を周回するコース、90年代に入り市役所前をスタート地点とし品川通りを使用するコースで開催された。 2014年からは味の素スタジアムとその周辺一帯の周回コースで開催されている。 - 1982年から毎年、多摩川河川敷で開催されている花火大会。 約10,000発打ち上げられ、市内外から35万人前後の観客を集める。 ほおずき まつり - 毎年7月に深大寺界隈にて行われる、提灯に見立てた鬼燈 ほおずき を並べ精霊たちをお迎えする。 - 『関東有数の古刹である「深大寺」の発祥は、その名前の由来でもある「深沙大王」という神様にまつわる「縁結び」の物語に由来する』と、1300年前から深大寺に今も伝わる「深大寺縁起絵巻」に記載されていることから事業の拠り所とし、2005年から行っている恋愛小説の公募事業。 入賞作品は冊子になり販売される。 - 2008年より毎年8月上旬に開催。 - 2013年に「調布から音楽を発信する」音楽祭としてリニューアルされ開催。 () - 「映画のまち調布」ならではの映画祭を目指す。 毎年3月に開催。 デカ盛りウォークラリー - 2012年以降開催。 毎年、期間限定で、市内の飲食店が一般的な大盛りよりはるかに量が多い「デカ盛り」メニューを創作し、販売する 一部飲食店では、期間終了後も販売する。 後に、辛口より辛いメニューを販売する、「Oh!! 辛チャレンジ」も同時開催されるようになった。 よさこいソーラン祭り in 調布• - 2014年から調布駅前で開催。 海外の飲食やダンスを提供。 スポーツ [ ] スポーツ施設 [ ]• (施設命名権名称「味の素スタジアム」) - 、のホームスタジアム。 2002年のではのキャンプ地となった。 味の素スタジアム• (施設命名権名称「アミノバイタルフィールド」) - 東京スタジアムに隣接する、球技専用の補助グラウンド。 主にアメフトの試合に使われる。 味の素スタジアム西競技場 - 2012年に開場した味の素スタジアムに隣接する競技場。 調布市総合体育館 - 財団法人調布市体育協会が運営• - 旧名は金子スイミングクラブ。 シンクロの藤丸真世が出身。 調布基地跡地運動広場• - 京王多摩川駅下車。 - 多摩川。 京王遊園の跡地の東側敷地に、京王レクリエーションが1972年より運営するテニスクラブ。 - 深大寺元町。 1981年に設立、ジュニア育成が特色のテニスクラブ。 - 多摩川。 ゴルフショートコース、同練習場、テニスクラブによる複合スポーツ施設で、東宝共榮企業が経営。 敷地面積約4万坪。 会調布グラウンド - 染地。 元三菱重工調布グラウンド。 2003年(平成15年)に開場。 - 布田。 (旧・フットサルコート調布) - 染地。 2018年(平成30年)2月28日営業終了後、現在は一般社団法人日本ソサイチ連盟が運営。 過去の施設 [ ]• - 上石原。 大正後期、水泳の全国大会が開催され、日本水泳界の中心地として機能した。 スポーツチーム [ ]• - に加盟するプロサッカークラブ。 をホームスタジアムとする。 2001年から市として公式に応援するページも制作されている ほか、鹿島建設グラウンド 菊野台 など市内3か所でジュニア向けサッカースクールの定期活動も。 - Jリーグに加盟するプロサッカークラブ。 同じく味の素スタジアムをホームスタジアムとする。 (旧・鹿島ディアーズ) -。 菊野台にある「鹿島建設柴崎グラウンド」を拠点として活動。 年1回、練習場にて地元との交流イベントを開催するほか、チアチームが地域イベントに出演するなどの活動もしている。 - プロチーム。。 布田に運営拠点を置き、市内にてチアスクールの活動もしている。 - のチーム。 2009年よりを練習場として使用している。 - ほか 上石原にクラブハウスを置く。 2015年には市民駅伝大会にもゲストとして出場。 アカデミー東京 - 世界的な名門サッカークラブであるACミランの世界各国に存在するアカデミーの1つ。 東京では、東京スタジアム(味の素スタジアム)をメイングラウンドとして活動している。 ミランより派遣されているテクニカルディレクターは、セリエAで100試合以上の出場歴を持つ氏。 過去にゆかりのあったスポーツチーム [ ]• 野球部 - 菊野台に「鎌田球場」と称した球場及び寮施設を所有し拠点としていた。 1976年にに移転し、同地は鹿島建設柴崎グラウンドとなった。 - 現在のの前身クラブ。 かつて(〜1980年代)染地(現在のグラウンド)を練習場としていた。 調布市代表としてに7回出場(準優勝1回)。 2006年限りで廃部。 深大寺南町に拠点となる「島岡球場」と選手寮を持ち、をはじめ多数のプロ選手を輩出した。 45年に渡り当地に在ったが、2007年初頭に府中市の新拠点へと移転、跡地はマンションとなった。 当地には星野、、、、ら輩出選手の手形が刻まれた記念碑が建立された。 教育 [ ] 小学校 [ ]• 市立(全ての小学校がホームページを開設)• 第一小学校• 第二小学校• 第三小学校• 八雲台小学校• 富士見台小学校• 滝坂小学校(『』(1976年)では撮影に用いられた)• 深大寺小学校• 上ノ原小学校(現在、市内で一番の在校生数校)• 石原小学校• 若葉小学校• 染地小学校(現在、都で唯一のゴミ拾い登校実施校・2006年都から表彰)• 北ノ台小学校• 多摩川小学校• 杉森小学校• 調和小学校• 柏野小学校• 国領小学校(現在、市内で一番校庭が広い)• 布田小学校• - 仙川駅が最寄り駅。 - 佐須に所在。 中学校 [ ]• 市立(全ての中学校がホームページを開設)• - 富士見町4丁目に所在。 - 佐須町5丁目に所在。 - 染地3丁目に所在。 - 若葉町3丁目に所在。 - 上石原3丁目に所在。 - 国領町3丁目に所在。 - 八雲台2丁目に所在。 - 仙川町2丁目に所在。 - 若葉町1丁目に所在。 が最寄り駅。 - 佐須に所在。 中高一貫の女子校である。 2008年に御茶ノ水より移転。 - 入間町2丁目に所在。 高校 [ ]• - 仙川駅が最寄り駅。 定時制もある。 1940年に府立十五高女として創立。 学園祭は「神高祭」。 複数のフィクション作品でモデルとなる(の項を参照)。 - 市北部、三鷹市境にある。 1974年に開校。 学園祭は「おほむらさき祭」。 - 京王多摩川駅が最寄り駅。 1977年に開校。 学園祭は「若松祭」。 - 神代農場がある。 校舎は府中市。 - 仙川駅が最寄り駅。 普通科と音楽科がある。 (男子部門はにある)• - 佐須に所在。 中高一貫の女子高である。 小学校は共学である。 - 富士見町に所在。 2008年に御茶ノ水より移転。 - 入間町2丁目に所在。 大学 [ ]• 国立大学法人• - 調布駅北口にある。 多摩川沿いにグラウンドを持つ。 学園祭は「調布祭」。 - 味の素スタジアムの西側に所在、敷地は調布・府中にまたがる• - 音楽学部の単科大学。 演劇専攻を擁する桐朋学園芸術短期大学も併設。 仙川駅が最寄り駅。 - 緑ヶ丘。 仙川駅が最寄り駅。 - 医学科、看護科及び、付属病院を擁する国領キャンパスが国領町に所在。 その他 [ ]• - 深大寺東町に所在。 (THE AMERICAN SCHOOL IN JAPAN)- 野水に所在。 かつて所在した学校教育施設 [ ]• - 西町。 1960年代前中期より1974年まで住宅地区内に設置されていた。 モダンな校舎が現在の東京スタジアム付近にあり、飛田給付近の甲州街道筋からは、柵の向こうに米国のハイスクールライフが垣間見えていた。 調布市医師会立看護高等専修学校 - 小島町。 1970年〜2009年に開設されていた。 - 富士見町。 1940年〜1951年に現在の電気通信大学の区域にあった。 - 小島町。 1950年に日本サイクリストセンターとして開設。 1968年にへ移転された。 - 染地。 2013年に閉校。 ゆかりの作品 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年11月) 音楽 [ ]• 「」 - 1960年代、つつじケ丘児童館で活動していたボランティアグループにより歌われはじめた。 2018年8月25日より柴崎駅の列車接近メロディーとして使用される予定。 「」- 作曲者の本多鉄麿(ほんだ てつまろ)は、つつじヶ丘の常楽寺の住職で、寺が経営する神代幼稚園の園長であった。 幼稚園の卒園ソングとして作られた。 2017年10月2日よりつつじヶ丘駅の列車接近メロディーになっている。 「」 - 中央自動車道に乗り、調布市と府中市を通る際に見える景色が歌われ、歌詞中に「調布基地」が登場する。 「国領」 - 恋人と別れた女性が京王線を降りて、国領駅前の喫茶店でひとりを食べ、この街で新生活を始めようという気持ちが歌われている。 小説・漫画・アニメ [ ]• 『』 - 鬼太郎に始まり、主要妖怪の住まいが調布市内に点在している。 『無能の人』 - 舞台となる河原は多摩川がモデルで、競輪場やよみうりランドの塔が登場する。 『』 - 舞台となる「泉川」「都立陣代高校」は、「仙川」「都立神代高校」がモデルとなった。 『』 - 主人公が通う「帝拳高校」の校舎は神代高校がモデルとなった。 『』 - 主人公が通う高校は神代高校がモデルとなった。 『』 - 神代高校、調布市役所付近、調布駅北口付近のラーメン屋などがそのまま使われている。 『』 - 深大寺を舞台とする。 『』『』 - 調布駅・京王多摩川駅周辺の描写が頻繁になされる。 『』 - 調布市が舞台。 京王線沿線や調布駅や国領駅などが登場する。 『』 - 作品内に市内実在のBARが描かれている。 原作、作画『』 - 単行本19巻にが登場する。 『』 - 調布市が舞台。 『』 - 登場人物である「」の家とその周辺は、調布市内の景色をモデルとしている。 ゆかりの人物 [ ] 歴史 [ ]• - 天文6年(1537年)にを増築。 - 局長。 1834-1868 に京を中心とし、過激派志士の取締りを行った新選組の局長。 現在の野水(市の北西部)に生まれたが生家は拡張の際取り壊されている。 - 江戸幕府旗本。 上仙川村および、中仙川村の領主。 - 文化人。 1885-1976。 文学活動、美術評論、演劇、思想ほか幅広い分野で大きな業績を残す。 市内に記念館がある。 - 大日本帝国陸軍の軍人、日本の実業家。 2007年まで西つつじヶ丘に居住。 作家・映画監督など [ ]• - 小説家、劇作家、演出家。 1959年より1993年まで若葉町に居住。 - 僧侶、小説家、参議院議員。 第二次大戦末期より1951年まで飛田給1丁目に居住。 - 、。 - 映画監督、演出家、映像作家。 - 劇映画・テレビドラマプロデューサー。 2002年まで調布市に居住。 - 、。 制作開始時、多摩川病院(国領町)に勤務。 漫画家 [ ]• - 漫画家。 商業誌進出を機に本市でプロダクションを設立し、その縁で地域振興に助力。 2008年に名誉市民として顕彰された。 逝去まで半世紀余り本市に居住した。 - 漫画家。 2月、のをしてから市内に住む。 アパート「睦荘」、「ひなぎく荘」、「酒井荘」、「富士マンション」などを転々とするが、特に「ひなぎく荘」はしばしば漫画に描かれている(『』、『』など)。 には調布市多摩川に戸建て住宅を購入。 - 漫画家、株式会社代表取締役社長。 水木しげるのアシスタントをしていた頃から数年間国領に住む。 - 漫画家。 水木しげるのアシスタントをしていた頃に数年間住んでいた。 - 漫画家。 本市に住居と個人プロダクションを構える。 - 漫画家。 音楽家 [ ]• - 作曲家。 入間町に居住。 - 歌手。 The のボーカル。 本市在住 、桐朋学園大卒。 「せんがわ劇場」でのピアノオーディション開催に尽力。 - 奏者。 3歳から本市在住、第三中学校-都立神代高校-桐朋学園大卒。 本市出身、第四中学校-桐朋学園大卒。 - 、。 - 、、、など多才に活躍。 エグゼクティブ・プロデューサー。 幼少期、に在学していた。 - 歌手。 のリーダー、、、。 本市出身。 アソシエイト・プロデューサー。 幼少期、に在学していた。 MEME - 3人組バンド・の。 都立神代高校卒。 アナウンサー [ ]• - 日本テレビアナウンサー。 - フリーアナウンサー(元所属)。 本市出身。 2002年 - 2003年に『テレビ広報ちょうふ』MCも担当。 - フリーアナウンサー。 「」パーソナリティー。 多摩川を愛犬と散歩すると放送で発言。 - 元報道キャスター。 本市在住。 2007年に調布市議会に当選(任期途中で辞任)。 - アナウンサー。 - アナウンサー。 - フリーアナウンサー。 芸能人 [ ]• - 俳優。 タレント。 - 俳優。 本市在住。 - 俳優。 本市つつじヶ丘出身。 第四中学校卒。 - 俳優・タレント。 昭和期まで本市在住。 - 俳優。 本市在住。 深大寺で行われる節分豆まきにはゲストとして参加するのが恒例となっている。 - タレント。 本市出身。 - 歌手・。 本市出身。 - お笑いタレント• - 芸人。 での活動後、上京してからの8年間本市に居住。 2012年にへ転居。 - 俳優。 1990年代まで本市染地在住。 所属芸能事務所も本市に所在していた。 - タレント。 多数のテレビ番組で国領町出身であることを公言。 「」誌で国領について語る。 第二小 - 第三中学校卒。 - 俳優。 本市在住。 市が製作の市制60周年記念映像にも出演した。 - 俳優。 で育っているが、本市出生。 - 俳優・タレント。 本市在住。 - タレント。 本市出身。 - 俳優。 本市出身。 緑ヶ丘小 - 第四中学校卒。 - ミュージカル俳優。 - 俳優。 本市出身。 滝坂小 - 神代中学校卒。 - 俳優。 仙川町に自然食品店「青空市場」を出店。 - 男性声優。 都立卒。 本市つつじヶ丘出身で本市育ち。 - 歌手・女優。 - 俳優。 本市在住。 - のアンヌ隊員役で知られる女優。 調布駅北口で飲食店を経営。 本市出身。 - 本市出身。 歌手、女優。 - 、。 本市出身。 - 女性声優。 都立神代高校卒。 - 男役。 - 俳優・タレント。 生まれ、小学3年から大学時代にかけて本市在住。 スポーツ [ ]• - 、本市在住。 自身のブログにて調布近辺の事柄が語られる場合がある。 - 元サッカー選手、在籍時に本市在住。 2003年に本市から贈呈。 - 元プロ野球選手、本市出身。 で活躍。 少年時代は調布リトルリーグで活躍。 神代中学校卒。 - 卓球選手。 石原小学校卒。 - 元プロ野球選手、本市出身。 で活躍。 神代中学校卒。 - 元プロ野球選手、本市出身。 ヤクルトスワローズで活躍。 市内の軟式野球チーム出身。 神代中学校卒。 - 野球部(第88回優勝)監督、調布中学校卒。 - 元選手。 現在は監督。 第一小-調布中学校卒• - 元プロ野球選手、本市出身。 に在籍。 調布三中卒。 - 元サッカー選手。 - 元選手、2010年まで本市在住。 アテネオリンピック・北京オリンピック金メダリスト。 2008年に調布市・市民スポーツ栄誉賞受賞• - プロ(・所属)• - 元プロ野球選手、本市出身。 で活躍。 第四中学校卒。 - 元大相撲力士、本市出身。 2011年名古屋場所で幕下で全勝優勝。 場所後、本市出身の力士としては史上初めて十両に昇進した。 - 元選手、元監督。 サントリー入社後に独身寮のあった本市布田に居住。 寮の浜田山移転に伴い転居。 - プロレスラー。 本市出生。 - プロサッカー選手、所属。 本市出身。 八雲台小-第七中学校卒。 - 元プロ野球選手。 、で活躍。 少年時代は調布リトルリーグで活躍。 - プロサッカー選手、所属。 本市出身。 第三中学校-南高等学校卒。 - 元、本市出身。 調布のボクシングジム「アベジム」所属の元・日本バンタム級、元・日本スーパーバンタム級のチャンピオン。 『』宮田のモデルとなった人物でもある。 - 元柔道選手。 北京オリンピック出場。 布田小-第三中学校卒。 - 元プロ野球選手、アテネオリンピック野球日本代表監督、監督を歴任。 1970年代より本市在住で、市が主催の講演会や防犯を呼びかけるキャラクターなどを務め、市内の学校へスポーツ器具を寄付するなどの活動が知られている。 2012年に『調布市宣伝本部長』就任。 - 元、本市在住。 現在はFC東京コーチ。 1998年6月にフランス大会へ向けたイベントが南口広場で行われた際にはゲスト出演した。 -、本市出身。 元ボクシングOPBF東洋太平洋ライトフライ級チャンピオン。 - プロサッカー選手・FC東京所属、本市出身。 上ノ原小-神代中学校卒。 - 会長、名誉副会長。 及び優勝。 本市在住• - 元水泳選手、本市若葉町出身。 アテネオリンピックのシンクロ団体銀メダリスト。 若葉小-第四中学校卒。 2004年に調布市・市民スポーツ栄誉賞受賞。 - 元サッカー日本代表。 全日空-横浜フリューゲルスで活躍したFW。 若葉小卒。 - 元選手、本市出身。 1992年バルセロナオリンピック・1996年アトランタオリンピックに2大会連続出場。 第四中学校卒。 - 公営所属騎手。 本市出身。 2015年(平成27年)デビュー。 保恵学園幼稚園-石原小-調布中学校卒。 - ラグビー選手()。 脚注 [ ] []• 北野村の残部は三鷹村に編入。 産経新聞. 2017年11月16日. 2019年5月20日閲覧。 キューピー• サラダクラブ公式サイト• 京王電鉄株式会社・調布市・仙川商店街協同組合・キユーピー株式会社(2018年3月14日作成). 2019年5月4日閲覧。 ニュースリリース、PR TIMES、2018年1月24日、2019年11月2日閲覧。 ちょうふどっとこむ• 2009年06月08日、調布経済新聞• 小田急バス公式サイト• 調布市体育協会• 調布市武者小路実篤記念館• 調布経済新聞• 2013年2月4日、DB Online(DB オンライン):EnterpriseZine(エンタープライズジン)• マイクロソフト公式サイト• 株式会社フォレストモール. 2020年5月31日閲覧。 京王グループ. 2015年8月28日閲覧。 調布市公式サイト• 東京サンレーヴスオフィシャルサイト• 拓殖大学陸上部公式サイト• 調布市公式サイト• オフィシャルサイト• 『』上巻・下巻( )、• - せんがわ劇場 2015. 調布市公式サイト• 「あいぼりー」2009年9月号 沿線のすてきな人 3頁• - 調布市公式サイト 2016年10月8日閲覧 関連項目 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 調布市.

次の