ファミペイ クレジット カード。 ファミペイにクレジットカードが登録できない!ファミマTカードとは?

ファミペイとファミマTカード、ファミマで使うのは結局どっちがお得?

ファミペイ クレジット カード

クレジットカード ファミマTカード でチャージ 「Famipay(ファミペイ)」はクレジットカードからチャージすることができます。 登録できるクレジットカードは「ファミマTカード」のみ。 スマホのファミペイアプリから登録した「ファミマTカード」を使ってチャージすることになります。 「ファミマTカード」からのチャージ金額に対しては、0. 5%分の FamiPayボーナスが翌月付与されます。 「ファミマTカード」のクレジットカード払いがお得 実は、ファミリーマートで支払いをする場合、「Famipay(ファミペイ)」より「ファミマTカード」でクレジットカード払いをしたほうがお得であることが多いです。 というのも、「ファミマTカード」を使ってファミリーマートで支払う場合は、還元率がアップします。 最大2%還元率になります。 (対象外商品あり) (Tポイントカード提示分の0. 5%も含めて2%還元率です。 ) それだと「Famipay(ファミペイ)」の出番がないのでは? そう思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。 例えば「Famipay(ファミペイ)」で利用できるクーポンが配信されたり、「Famipay(ファミペイ)」に絡むキャンペーンが実施されると、圧倒的にお得になります。 また、「ファミマTカード」を使ってファミリーマートのレジで、固定資産税や自動車税といった税金や公共料金の支払いはできませんが、「Famipay(ファミペイ)」だと可能です。 これだけでも「Famipay(ファミペイ)」は利用価値があります。 他のQRコード決済・スマホ決済より還元率は低いのか? 「Famipay(ファミペイ)」の基本還元率は0. 5%という還元率は、他の主なQRコード決済・スマホ決済と比較するとどうなのでしょうか。 基本還元率 備考 Famipay(ファミペイ) 0. 5%~ Famiポート・収納代行:1件につき10円 ペイペイ(ペイペイ) 0. 5% ネット:1% au PAY(auペイ) 0. 5%になります。 5%還元率)は実施されていません。 他のキャンペーンが適用されます。 5%還元率) auスマートパスプレミアム会員:100円(税込)につき3ポイント(1. クーポンによる割引キャンペーンが実施されることがあります。 他の主なQRコード決済・スマホ決済と比較して、Famipay(ファミペイ)の還元率は決して低いわけではありません。 他のスマホ決済と同程度と言えるでしょう。 まとめ 「Famipay(ファミペイ)」のチャージ方法は5つあります。

次の

ファミペイにクレジットカードが登録できない!ファミマTカードとは?

ファミペイ クレジット カード

ファミペイ FamiPay がサービス開始!その特長とは 2019年7月1日、ファミリーマートが新しいモバイル決済システム「ファミペイ」のサービスを開始しました。 全国のファミリーマートで利用できる決済システムで、スマホにアプリをダウンロードして簡単に使用できます。 ファミペイアプリは 「App Store」や 「Google Play」から無料でダウンロードでき、入会金や年会費などの費用も一切ありません。 さらにファミペイは「ボーナス還元」や「クーポン配布」などのサービス機能も充実しており、 使い方次第で「もっとたのしいお買いもの」が実現。 魅力がいっぱいですが、その特長について解説していきます。 主な特典サービス&機能 ファミペイのキャッチコピーは 「お買いものをもっとたのしく! 」で、それを実現する機能が 「ゲーム&スタンプ」。 これはゲームにチャレンジしてクリアすることでおトクなクーポンがもらえる機能 ゲーム と、対象商品をファミペイで購入してスタンプをためることでクーポンがもらえる機能 スタンプ の2種類のことです。 使い方はファミペイアプリの下部にある「チャンス」をタップして、ゲームやスタンプに参加します。 たとえばファミリーマートのコーヒーを5杯購入すると1杯が無料になるスタンプサービスが実施されています。 これは嬉しいサービスですね。 しかし ファミペイは公共料金や税金の支払いにも対応しており、さらに公共料金などの支払いにもFamiPayボーナスが還元されます。 ただ、現在すべての公共料金にファミペイは対応していないので、利用には事前の確認が必要です。 支払うことができる公共料金とは? サービス開始にともない東京都の水道局が水道料金をファミペイで利用できるとのアナウンスが流れました。 また一部の自治体で住民税や固定資産税の支払いに、ファミペイが利用できようになっています。 電子レシートは通常レジで印刷されるレシートが電子化したものです。 アプリの「サービス」から選択して確認できます。 利用状況が合計ではなく細かくレシートとして見られるので、日々の家計管理にも活用できます。 ファミペイ FamiPay の利用でFamiPayがボーナスもらえる クレジットカードやを利用する理由に「ポイントがもらえること」があります。 なかには「ポイントがもらえない買いものはいやだ」、「還元率の低いサービスはいやだ」と考えている人も多く、おトクな決済にはなくてはならないサービスです。 ポイントプログラムはありませんが、利用額に対して還元される 「FamiPayボーナス」サービスがあります。 これはファミペイの使用 200円 税込 ごとに1円分のボーナスが還元されるサービス機能。 つまり還元率は0. FamiPayボーナスで注意するべきポイントとは ファミペイは0. つまりコーヒー1杯 100円 ではボーナスがもらえなく、少し利便性に乏しいところがあります。 FamiPayボーナスで注意するべきポイントを見てみましょう。 FamiPayボーナスの注意ポイント• 200円 税込 以下の買いものでは還元されない• 一部商材ではボーナスに制限がある• ボーナス還元は即時ではなく翌々日 ファミリーマートのサービス商材と呼ばれる「収納代行」や「Famiポート」ではボーナス還元が制限されたり、適用外であったりします。 このような支払いをおこなう際にはスタッフへ確認してください。 TポイントをもらうにはTカードを提示する ファミペイを使用する際に、 先にTポイントカードかファミマTカードを提示してから支払いをファミペイでおこないます。 これだけでTポイント0. たとえば200円 税込 の利用ではTポイントが1ポイント、FamiPayボーナスが1円分もらえる計算になり、合計で2円相当 1. 0% の還元。 つまり支払いの前にTポイントカードを提示するだけで ポイント2重取りの達成です。 ファミペイ FamiPay をもっともっとおトクにするポイント3重取り ポイントの2重取りを紹介しましたが、さらにまだ還元が足りない人はファミマTカードによるクレジットカードチャージを追加しましょう。 クレジットカードチャージでも0. 5%の還元が受けられるので、2重取りと合わせたらなんと3重取りの完成です。 Tポイントを含めたマルチポイント化を実現 2019年11月から、NTTドコモの「dポイント」と、楽天の「楽天ポイント」が利用できる 「マルチポイント化」のサービスが開始されました。 ポイントを連携することにより、ポイント、クーポン、FamiPay決済を「ファミペイ」のバーコード1つを提示するだけで完結できるようになったのです。 「ファミペイ」の利用がさらに便利に進化しました。 ファミペイ FamiPay の使い方を解説!登録方法とバーコード決済手順について ファミリーマートでスマホを提示することで決済するファミペイは、アプリをダウンロードして会員登録をすることで利用できます。 ダウンロードはiOSやAndroidごとにアプリが提供されており、各々の機種に合ったものを選択しましょう。 ダウンロードはアップル社の「App Store」や「Google Pay」で「ファミペイアプリ」と入力して検索するか、ファミリーマートに掲示しているQRコードを利用する方法もあります。 アプリには利用料金や年会費などの費用は一切かからないので、安心してダウンロードできます。 とても簡単!会員登録手順 各サイトでファミペイのダウンロードが完了したら、次に会員登録をおこないます。 会員登録には以下の個人情報を提供しなくてはいけません。 ファミペイ新規会員登録の手順• 各サイトからファミペイアプリをダウンロードする• ダウンロードが終わるとアプリを起動• ファミペイアプリのログイン画面から「初めての方 会員登録 」をタップ• 画面の「スタート」をタップ• SMS認証がつかえる携帯番号を入力• SMSメッセージで認証コード4桁がスマホに送られてくる• 認証コード4桁を入力• 性別、生年月日、郵便番号と任意のパスワードを入力• 登録完了 ここで設定するパスワードは 半角英数字6文字以上なので、条件に合ったパスワードをあらかじめ用意したらスムーズに登録できます。 登録はとても簡単なので、内容をよく見ながら入力してください。 会員登録をすることでおトクなチャンスが訪れることも 登録が正常に終了すると「会員登録ありがとうウェルカムクーポンゲット」の画面に切り替わり、ファミリーマートで利用できる無料クーポンがプレゼントされます。 クーポンの種類は限定されておらずコーヒーやファミチキなどさまざまです。 また会員登録をおこなうことで、以降も会員に合ったおトクな情報やクーポンが配信されるのでぜひ会員登録をおこなうようにしてください。 会員登録をおこなわないと 紛失時やパスワードロックなどのトラブルに対応できないこともある ので注意してください。 支払い方法はファミリーマートの店頭でバーコードを見せるだけ 登録が終わるといよいよファミペイが使用できます。 バーコードで決済をおこなうアプリなので、ファミリーマートの店頭でスマホを提示するだけでかんたんに決済ができます。 チャージ残高があればスマホを見せるだけなので、財布から現金を出すより手間がかからずスムーズです。 ファミリーマートの店舗で使う方法と手順 実際にファミペイを支払いに使用するにはファミペイアプリを起動して、ホーム画面に移動し 「FamiPayを使う」をオンにすることからはじめます。 店頭での支払い手順• ファミペイアプリを起動する• ホーム画面に移動して「FamiPayを使う」をオンにする• 設定した暗証番号を入力• ファミリーマートスタッフに「ファミペイで支払う」と伝える• スタッフにバーコードを提示• スタッフがバーコードをレジでスキャンする• 支払い完了 たったこれだけの手順で支払い完了です。 おつりの小銭を気にすることもなく、財布を出す必要さえありません。 スマートな支払いができるのがファミペイの最大の特長 です。 ファミペイ FamiPay でもらえるクーポンの使い方 ファミペイのサービス機能としておトクなクーポンのオンライン配布があります。 クーポンはファミリーマートの商品が無料でもらえる「無料クーポン」や「割引クーポン」で、新規会員登録時にも無料クーポンが配布されます。 定期的に送られてくるクーポンのなかにはおトクな内容のものも含まれているので、 アプリホーム画面の下部にある「クーポン」をタップして随時確認してください。 またクーポンを配布していない時期もあることを覚えておきましょう。 ファミリーマート店頭でクーポンを利用する方法と手順 それではファミリーマートでクーポンを使用する手順を紹介します。 クーポンの使用手順• ファミペイアプリを起動する• ホーム画面に移動して「使うクーポンを選ぶ」をタップ• クーポン画面から使用したクーポンを選んで「クーポンを使う」をタップ• クーポンの商品を持ちスタッフにバーコードを提示• 無料クーポンなら無料で商品を受け取る• 割引クーポンなら割引された金額で支払う• クーポンの利用完了 ファミペイのクーポンは選択して 30分以内に利用しなくてはいけません。 また店舗に在庫がない場合も利用できないので、 必ず先に商品を見つけてから操作するようにしましょう。 ファミペイ FamiPay を使うには事前チャージが必要 実際にファミペイを利用するには「FamiPay残高」と呼ばれる電子ウォレットに、事前チャージをすることが必要です。 チャージの方法は 「現金チャージ」と 「クレジットカードでチャージ」の2種類で、 クレジットカードでチャージできるのは「ファミマTカード」のみです。 またチャージの種類により上限などが設定されており、内容を十分に理解する必要があります。 さらに FamiPayボーナスを利用するにもチャージが必要なので、チャージの手順についてはしっかりと覚えておきましょう。 現金チャージの手順• アプリを起動する• ホーム画面に移動して「FamiPayを使う」をオンにする• スマホ画面にバーコードが表示される• スタッフに「チャージをしたい」と伝えてバーコードを提示• レジに表示されたチャージ額から選択して現金を支払う• チャージ完了 チャージされた金額はホーム画面の上部に表示されるので、そこで確認できます。 現金チャージをするならココに注意! 現金チャージは1,000円以上から入金可能で、レジに表示された金額のなかから選択する必要があります。 基本的には1,000円、2000円、3,000円、5,000円、1万円、3万円から選択します。 また、 FamiPay残高上限は10万円で、これを超えるファミペイへのチャージはできません。 クレジットカードでチャージする方法 チャージは現金以外にクレジットカードを使用することも可能です。 ただしクレジットカードのすべてが利用できる訳ではなく、ファミリーマートのクレジットカードである「」でしかチャージができません。 ファミペイでクレジットカードでチャージを利用したい人は、ファミマTカードを事前に用意してください。 ファミマTカードをファミペイアプリに登録する ファミペイでクレジットカードでチャージをするには、 まずファミマTカードを登録しなくてはいけません。 登録はアプリを起動して右上のチャージボタンをタップして、表示される「クレジットカードでチャージ」を選択して登録をはじめます。 クレジットカードチャージ手順• アプリを起動する• ホーム画面で右上の「チャージ」をタップ• メッセージから「クレジットカードでチャージ」をタップ• 暗証番号を入力• チャージする金額を選択する• 「チャージする」をタップ• チャージ完了 ファミマTカードは一度登録するだけで再登録の必要ななく、チャージだけならファミリーマートの店内でも簡単にできます。 クレジットカードに自動でチャージするオートチャージ クレジットカードでのチャージには手動によるチャージ以外に自動でおこなう 「オートチャージ」があります。 ファミペイのオートチャージは「オートチャージ金額」と「オートチャージ判定金額」を登録することで利用できます。 オートチャージの手順• アプリを起動する• ホーム画面で右上の「チャージ」をタップ• メッセージから「オートチャージ」をタップ• 暗証番号を入力• オートチャージをONにする• 「オートチャージ金額」を選択する• 「オートチャージ判定金額」を選択する• 「設定する」をタップ• 設定完了 オートチャージはFamiPay残高が オートチャージ判定金額を下回ると、自動的にオートチャージ金額がクレジットカードからチャージされます。 もちろんオートチャージは現金ではなくクレジットカードでのチャージなので、事前にファミペイにファミマTカードの登録が必要です。 便利なチャージですが使い過ぎには注意してください。 クレジットカードでチャージをする際の注意点 クレジットカードでのチャージは1回のチャージで1,000円以上3万円まで選択できます 1,000円~1万円までは1,000円単位、そのほか2万円、3万円が選択可能。 また、1日のチャージ上限が最高10万円まで、1ヵ月の上限は100万円までです。 また登録するファミマTカードはあらかじめ 「本人確認サービス 3Dセキュア 」の登録が必須です。 ファミマTカードを利用するさいには、本人確認サービスに登録したパスワードを準備してください。 クレジットカードでチャージするとFamiPayボーナスが0. 5%還元 ファミマTカードでチャージするとFamiPayボーナスがもらえます。 これはクレジットカードでのチャージのみのサービスで、 チャージ金額に対して0. 5%のFamiPayボーナスが還元されます。 現金チャージではボーナス還元がないことから、 ファミペイのチャージはクレジットカードでのチャージがおトクなのが分かりますね。 ファミマTカードは年会費無料のクレジットカードなので、ファミペイチャージ用として入手するのもおススメです。 FamiPayボーナスチャージの手順• アプリを起動する• ホーム画面で右上の「チャージ」をタップ• メッセージから「FamiPayボーナスでチャージ」をタップ• FamiPayボーナスの残高からチャージする金額を入力する• 「チャージする」をタップ• チャージ完了 FamiPayボーナスのチャージは1円単位でできるので、大きくまとめる必要はありません。 少額でもチャージして即時に利用できます。 将来的にPring経由で銀行口座からのチャージにも対応予定 チャージは現金とファミマTカードがメインで、銀行口座からのチャージはできません。 しかし送金アプリのを経由した銀行口座からのチャージを開発しており、早ければ2019年秋からサービス開始になる予定です。 「PayPay」などの別システムでは銀行口座からのチャージが実現されていることから、早期にファミペイに対応することが予想されます。 ファミペイ FamiPay が使えるお店はファミリーマートとKaema ファミペイはコンビニ大手のファミリーマートが提供するアプリなので、全国のファミリーマートで使用できます。 さらにファミリーマートの通信販売やギフト販売でも利用することが可能です。 ただしファミリーマートに設置しているコピー機の支払いやファックス、各種電子マネーへのチャージなど、一部の支払いには対応していません。 基本的にファミリーマートの全商品の支払いができますが、ファミペイは一部の商品は対応していないことを覚えておきましょう。 Kaemaで使用するとファミペイ価格が適用される ファミペイの利用は基本的に全国のファミリーマートですが、唯一 インターネット通販サイトの「Kaema カエマ 」での決済に使えます。 Kaemaは新しく開業したネットショッピングサイトですが、ファミペイを決済ツールの軸とした営業を展開中です。 Kaemaの大きな特長は 「FamiPay価格」。 これは支払いをファミペイにすると価格が割り引かれるサービスで、たとえばソファーカバーが通常価格2,980円のところ、FamiPay価格では2,480円と500円も安く設定されていました。 約16%も安くなるのですから、Kaemaを利用するならファミペイは必須と考えてよいでしょう。 Kaemaはファミペイの普及によりこれからも大きく成長する可能性のあるショッピングサイト。 10倍ポイントキャンペーンなどの期間限定のサービスも開催しているので、ファミペイユーザーにはぜひ注目してもらいたいサイトです。 ファミペイ FamiPay のキャンペーンが熱い ファミペイでは定期的に熱いキャンペーンを実施しています。 おトクなキャンペーンばかりなのでぜひ参加しましょう。 過去には下記のようなキャンペーンがありました。

次の

ファミペイの使い方、チャージ・支払い方法

ファミペイ クレジット カード

ファミペイのスタート方法は簡単!登録方法とチャージの手順 スマートフォン決済を始まる時ってちょっと緊張しますよね。 でもファミペイはアプリをダウンロードするだけですからとっても簡単ですよ。 まずはファミペイの登録と使い方、そしてチャージ方法についてご説明しましょう。 ファミペイアプリをダウンロードする ファミペイをスタートするのに最低限必要なのは、スマートフォンとアプリだけです。 スマートフォン(iOS):10. 0~12• スマートフォン(Android):5. 0~9• ファミペイアプリ まずはあなたのスマホにファミペイアプリをダウンロードしましょう。 後は必要事項を登録すれば、もうファミペイのスタンバイ完了です。 登録完了でウェルカムクーポンゲット ファミペイの登録は以下の手順で行います。 ファミペイアプリを起動• 会員登録をスタート• 携帯電話番号を入力• SMS認証コードを受け取る• 受信したコードを入力する• 性別、生年月日、郵便番号を入力• パスワードを設定 二段階認証ですので少々手間はかかりますが、これはアカウントの乗っ取りが防ぐための重要な手続きですので省略はできません。 それにこの登録が済めば、ファミリーマートで使えるウェルカムクーポンがもらえるという楽しみもあります。 チャージ方法は現金もしくはクレジットカード でも登録するだけではファミペイを自由に使いこなすことはできません。 なぜならファミペイはチャージ=入金が必要だからです。 チャージ方法は以下の2通りです。 チャージ方法 チャージ手順 現金 1. ファミリーマートに行く 2. レジでチャージを依頼 3. 現金を支払う クレジットカード (ファミマTカード) 1. アプリにカードを登録 2. アプリでチャージ チャージにはクレジットカードを使うのが便利ですね。 クレジットカードなら必要な時にはすぐその場でチャージできますし、現金を持ち歩く必要もありません。 チャージできるのはファミマTカードだけ ただしファミペイのクレジットチャージにはファミマTカードしか使えません。 まだこのカードをお持ちでない方は、ファミペイのために新規入会をおすすめします。 ファミマTカードは年会費は永年無料ですし、ファミペイを利用するならクレジットカードからのチャージが便利でお得ですよ。 後に詳しくご説明しますが、ファミリーマートでFamiPay(ファミペイ)を利用すると、チャージ&提示&決済でポイントを3重取りできます。 アプリ「FamiPayを使う」を有効にする 2. チャージボタンをタップする 3. チャージ方法の一覧から「クレジットカードでチャージ」を選択 4. 1,000円以上1,000円単位• 18歳未満の人は現金でチャージする 現金チャージの方法についてもご説明しておきましょう。 以下がその手順です。 アプリ「FamiPayを使う」を有効にする 2. ファミリーマートの店員にチャージすることを伝える 3. スマホのバーコードを提示する 4. レジ画面でチャージ額を選択して現金を支払う 残高上限は10万円までと決められていますが、現金チャージにはこれ以外には特に制限がありません。 ファミペイは15歳未満の方には親権者同意が必要ですが、16歳や17歳でも使えます。 この年齢だとまだクレジットカードに入会できないので、その場合は現金チャージをご利用ください。 ファミペイを使わないと最終利用日から10年間で失効 なお現金もしくはクレジットでチャージしたファミペイの残高は、最終利用日から10年間利用がなければ失効してしまいます。 もしもファミペイを二度と使わなくなるようなことがあれば、残高は使い切ってくださいね。 決済方法はとても簡単 では次にファミペイの使い方を見ていきましょう。 ファミペイが使えるのは、全国のファミリーマート店舗とネット通販のKaema(カエマ)です。 先にファミリーマートでのファミペイの利用手順からご説明します。 Kaema(カエマ)でファミペイを使う場合は、支払い方法にファミペイを選ぶだけ。 後は登録した電話番号とパスワードでログイン、暗証番号を入力すれば決済完了です。 それならとりあえず現金チャージで使い心地を試してみては?ファミペイはお得なサービスがたくさん使えるよ!でもファミマTカードは年会費無料だし、面倒でも新規入会する価値はあると思うな。 ファミペイでポイント3重取り!還元率最大1. 5%にする方法 次にファミペイのお得なサービスをご紹介しましょう。 ファミペイはスマートフォンだけで決済できるのでとても便利ですが、クーポンがもらえたりボーナスがつくメリットもあるのです。 ファミペイを使うとボーナスが貯まる ではファミペイで決済すると、どのくらいお得なのでしょうか?一部例外もありますが、ファミペイを使うと利用額に応じて「FamiPayボーナス」が貯まります。 【FamiPayボーナス】 ・200円(税込)利用につき1円分が付与される ・Famiポートやファミマ収納代行等は1件につき10円分(一部対象外) ・ボーナスはファミペイ残高にチャージして買い物に使える FamiPayボーナスの価値は1単位1円ですので、ファミペイ決済の基本還元率は0. 5%ですね。 FamiPayボーナスはチャージして買物に使う こうして貯めたFamiPayボーナスは、ファミペイ残高にチャージしてファミリーマートやKaemaで使用できます。 以下がそのチャージの手順です。 アプリ「FamiPayを使う」を有効にする• チャージボタンをタップする• 「FamiPayボーナスでチャージ」を選択する• 使用額を入力して「チャージする」をタップする Tカードでポイント2重取り でもファミペイ決済で貯まるのはFamiPay(ファミペイ)ボーナスだけではありません。 Tカードを提示すれば、同時にTポイントも貯まるのです。 先ほどファミペイへのチャージ用としてファミマTカードをおすすめしましたが、実はこれこそがTポイントの貯まるTカード(クレジット機能つき)なのです。 ファミペイに共通ポイントであるを連携しておけば、FamiPayボーナス+Tポイントを2重取りできますよ。 FamiPayボーナス:0. Tポイント:0. 5% これでファミリーマートでのファミペイ還元率は合計1%になります。 クレジットチャージで0. 5%ファミペイボーナスが貯まる さてここまではファミペイ「利用」での還元のご説明でしたが、「チャージ」でも還元はあるのでしょうか? 実はファミマTカードを使ってファミペイにチャージしても、ファミマTカードにポイントは貯まりません。 なぜならファミペイへのチャージは、Tポイント付与の対象外だからです。 しかしその代わりに、毎月のチャージ利用額200円に対して1円分のFamiPayボーナスが翌月付与されることになっています。 仮に10,000円チャージするとしたら50円分のFamiPayボーナスが貰えることになるので、実質チャージポイントが貯まると解釈しても間違いではありません。 先にも触れましたが、ファミペイにチャージできるのはファミマTカードだけです。 ファミマTカードは年会費も無料ですし、還元率を上げる為にもファミリーマートをよく利用する方は是非持っておきましょう。 Tポイント・dポイント・楽天ポイントにも対応 2019年11月26日~ファミペイがマルチポイントサービスを開始しました。 Tポイントだけでなくdポイントや楽天スーパーポイントもポイントも貯まって使えるようになりました。 ファミペイ対応ポイント• ファミペイにポイントカードを連携させておけば、割引クーポンもポイントもFamiPay決済も、ファミペイだけで完結します。 ポイントカードを持ち歩く必要もなく、お財布がかさばることもありません。 ファミペイへのポイントカード連携も簡単 ファミペイへのポイントカード登録も簡単です。 ファミペイを起動して登録したいポイントを選択した後、各社の登録画面で登録するだけ。 ただし、dポイントやTポイントのアカウントを持っていない方は、先にアカウント作成を済ませてからファミペイに登録して下さいね。 キャッシュレス消費者還元事業で2%還元 2019年10月からスタートしているキャッシュレス消費者還元事業はFamiPay決済も対象です。 FamiPayで決済すれば、その場で2%還元され、レシートでも確認頂けますよ。 キャッシュレス消費者還元事業は2020年6月30日までですが、FamiPayで決済すればFamiPayボーナスも貰えますし、現金決済より断然お得ですね。 でしょ?貯まるのはFamiPayボーナスが1%とTポイント0. 5%で、合わせて1. 5%だ。 3重取りのために、レジではファミマTカードもしくはTポイントアプリの提示を忘れないようにね。 ファミペイのお得な使い方!キャンペーン&クーポン でもファミペイがお得なのはこれだけじゃありませんよ。 新しい決済方法のスタート時には、キャンペーンがつきものだからです。 いつでも何かがお買い得になる ファミペイでは、以下のマークがついている商品をFamiPayで決済すると、商品を購入した翌月の10日以降に、FamiPayボーナスが貰えるサービスもありますよ。 対象商品や割引、FamiPayボーナスは期間によって変わります。 今後もファミリーマートでは、ファミペイ会員に向けて様々なサービスが実施される予定です。 常に最新情報をアプリでチェックして、お得なサービスを見逃さないようにしましょう。 ゲームやスタンプでクーポンをゲット ファミペイアプリにはゲームや対象商品を購入してスタンプを貯めると、お得なクーポンをゲットできるサービスもあります。 楽しみながらお得なクーポンをゲットできる点も、ファミペイの魅力の1つと言えますね。 一部の公共料金と税金はファミペイで支払える 一部の公共料金と税金については収納代行にファミペイが使えますが、払込票のバーコード番号の 91 X に続く5桁が以下のものはFamiPay(ファミペイ)で決済できません。 08167• 48691 収納代行の利用については1件につき10円分付与されます。 公共料金や税金が支払えるか確認する方法 支払いできない公共料金や税金の種類が多い為、支払いが可能か事前に確認しておいた方がいいですね。 以下の手順で確認が可能です。 ファミペイは15歳から利用可能 ファミペイは学生さんにもおすすめです。 通学や塾の行き帰りにファミリーマートに立ち寄る際には、現金不要のファミペイが便利ですよね。 ファミペイは15歳から使えるので高校生でもOKです。 また15歳未満の方でも、親権者の同意があればファミペイを使えます。 ただしファミマTカードは18歳にならないと作れませんので、18歳未満の方は現金チャージのみとなります。 今後ファミリーマートではファミペイで決済し、ファミマTカードはファミペイのチャージ及びTポイントを貯めるカードとしてご利用ください。

次の