バッター 液 卵 なし。 卵なし!簡単バッター液♡ by ♡мiчаⅵ♡⋆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

卵なし!簡単バッター液♡ by ♡мiчаⅵ♡⋆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

バッター 液 卵 なし

ワザ1 「ゆらゆら」・・・少ない油でもおいしく! 番組でおすすめした油の量、2㎝。 家庭で作るトンカツや、イカリング、エビフライなど、一般的なフライの種全体が、きちんと油につかる量を目安としました。 この少ない油で、プロのようなパン粉が立ったサクサクのフライを作るためのワザが、「ゆらゆら」です。 油に入れて衣が固まるまで待ったら(トンカツなら10秒、イカ、エビ、アジなら数秒)、菜箸を使って、種を「ゆらゆら」とゆっくり動かします。 そうすると、油に対流が生まれ、色むらなく、パン粉が立つように揚げられるのです。 また油を混ぜることで、熱効率がよくなり、調理時間の短縮にもつながります。 この温度で揚げると、衣の中の水分が一気に蒸発するため、サクサクとした軽い食感が生まれるのです。 油に入れたとき、塩の中の水分が蒸発する「音」で見極めます。 塩は、精製塩ではなく水分が多い「あら塩」を使ってください。 パン粉を使わないときなどに便利です。 ワザ3 「バッター液」・・・冷めてもサクサク! フライを作るとき、一般的なのは、小麦粉をはたき、卵に浸してから、パン粉をつける方法。 今回は、あらかじめ小麦粉と卵を混ぜて作った「バッター液」を使う衣の作り方を紹介しました。 というのも、「バッター液」を使うと、素人でも失敗なく、サクサクに揚がりやすいから。 秘密は、通常よりも、厚くしっかりとつく衣です。 この「バッター液」の衣が、高温の油からほどよいバリアにとなり、素材に熱がじんわり伝わります。 また、時間がたっても、「バッター液」の衣が、素材の水分をブロックしてくれるため、サクサク感がより長く持続できるのです。 (温度の確認のしかたは、前の項目を参照)。 衣が固まるまで10秒ほどは触らず、強火で加熱する。 (油の温度の低下を防ぐため、一度に入れる量は、カツ同士が重ならない程度に とどめてください)。 その後、油の中でカツをゆらゆら動かす。 (ゆらゆら動かすことで、熱い油が全体にまわり、色むらなく、パン粉が立つように サクッと揚がります)。 表面が色づいてきたらひっくり返し、もう片面もゆらゆら動かす。 全体がキツネ色になったら、油から出す。 (加熱時間の目安は、厚さ1㎝の肉の場合、1分半~1分40秒程度です)。 トンカツはバットに立てて置き、余熱で3~4分ほど蒸らす。 (肉の厚さが1㎝以上のときは、余熱の時間を数分伸ばしてください)。

次の

コロッケが爆発しない方法や揚げ方のコツは?

バッター 液 卵 なし

スポンサーリンク とんかつの衣がはがれてジューシーさが!衣がはがれない方法まとめ! 衣がはがれる原因は色々有ります。 豚肉自体に水気が残っていると、揚げた時に衣と豚肉の間に水分がたまりはがれやすくなったり、 小麦粉と卵をつける際にムラがあると、パン粉も綺麗につかず、揚げる時に衣が薄い部分から油が入ってはがれやすくなったり、 といろいろな原因が有ります。 上記の事を気をつけるだけでも、とんかつの衣ははがれにくくなりますが、もっと楽にはがれにくい衣の作り方を紹介します。 とんかつの衣がはがれない方法~サラダ油~ 衣の材料となる溶き卵の中に卵1個につき、サラダ油を大さじ一杯加えます。 加えたら菜箸で30秒ほどかき混ぜます。 サラダ油の代わりにオリーブオイルでも大丈夫です。 揚げる時の温度は普段より低温で揚げると更に衣がはがれなくなります。 とんかつの衣がはがれない方法~バッター液~ 「バッター液」とは、水や牛乳で小麦粉を溶いたものです。 スポンサーリンク とんかつの衣がはがれない方法~マヨネーズ~ 豚肉の片面にマヨネーズを塗ってパン粉をつける。 もう片方も同じ要領でつけます。 マヨネーズを均等に塗る時は、スプーンやバターナイフを使うと楽です。 食べた時にマヨネーズの風味は残らず、衣がはがれずサクサクに揚がります。 とんかつの衣がはがれない方法~手の平に小麦粉~ 手の平に小麦粉を付けて、その手の平で豚肉を小麦粉をつける。 たったこれだけです! とんかつの衣がはがれない方法~筋を切る~ 豚肉の筋を切っておかないと、揚げた際に豚肉が縮んで衣と隙間ができてはがれやすくなります。 その為、豚肉の筋をあらかじめ切っておきます これで衣がはがれず肉汁が閉じ込めれる!衣がはがれない方法まとめ! とんかつは揚げ物で油も大量に使って時間もかかり、手が掛かる料理です。 ですので、できれば美味しく仕上げたいものです。 その為に、上記のコツを駆使して、とんかつの衣がはがれず、見た目も良くジューシーな美味しいとんかつを味わいましょう! せばな~.

次の

衣がはがれない!とんかつの衣がはがれにくくする方法まとめ!コツは?

バッター 液 卵 なし

簡単な作り方 バッター液の作り方には色々好みがあるのですが、基本的には• 卵 1個• 小麦粉 大さじ5• 水 100cc これをダマにならないようよく混ぜると、バッター液の完成です。 お好みで塩コショウを足したり、水を牛乳にしてみたり、マヨネーズをちょい足しするなどアレンジもできますし、片栗粉を足す、卵を抜くなどしても作ることができます。 さくさく具合などが違ってくるので、色々試して自分好みの液を作るといいですよ。 余ったら使いまわしできるの? バッター液や天ぷら粉なんかもそうですが、食材と液のバランスがうまく取れずに余ってしまうことがありますよね。 余った時には塩コショウやカレー粉を足して鶏むね肉やじゃがいもをくぐらせ、パン粉はつけずにナゲットのように揚げるのもいいですよ。 すぐにできそうなのは、野菜の切れ端を集めてかき揚げのようにしてもいいですしね。 即席で1品追加できちゃいますし、お弁当のおかずとして冷凍しておくと便利です。 また、材料は卵と小麦粉と水なので、具材やだし粉を足してお好み焼きにしてしまうという方法も。 お好み焼きには液がゆるめという時には小麦粉を足すなどして調整してくださいね。 余ってしまってもアイディア次第で色々なアレンジが楽しめそうです。 保存の仕方、期間 余ったバッター液、捨てるのももったいないし違う日に使いまわしたいということもあるでしょう。 材料に生卵が使われていますし、フライの材料が生肉や魚だった場合は菌の発生が心配です。 あまり日を置くのは衛生的によいと言えません。 どうしても当日中に使いきれないのであれば、冷蔵庫に入れて次の日すぐ使うのがギリギリOKの期限かなと思います。 冷凍もできるようですが、あまり気持ちの良いものではないのでその都度使い切ってしまうのが一番ではないでしょうか。 揚げ物だから最終的には火が通るので大丈夫とは思いますが、万が一を考えると保存はおすすめできません。 使い方 バッター液の使い方は簡単。 要するにフライを作る時の小麦粉と卵の役目です。 食材の準備ができたら、ひとつずつバッター液にくぐらせてパン粉をまぶしていきます。 肉、魚、野菜と何でもOK。 ムラなくパン粉がつきます。 時間のある時にフライにしたいものを全部衣づけして冷凍しておくと、バッター液も無駄にならず、食べたい時に気軽に揚げ物ができますね。 バッター液を保存しておくより、こちらのほうが後がラクだし衛生面でも安心。 忙しい人におすすめの方法です。 最後に バッター液の作り方から使いまわしの方法までご紹介しました。 液自体はとても簡単に作れますし、珍しいものが必要なわけでもなく、家に常備されているものでできちゃいます。 フライはもちろん、余った液はアイディア次第で美味しい揚げ物に変身することができるのも魅力ですよね。 無駄がありませんから世の中にあっという間に定着したのもわかる気がします。 面倒という気持ちを取り払って、これからどんどん揚げ物に挑戦してみてくださいね。

次の