縦 書き かぎ かっこ。 カッコを単語登録して楽に入力する! 最も効率の良い方法

カッコを単語登録して楽に入力する! 最も効率の良い方法

縦 書き かぎ かっこ

レポートの引用文献について 学校の課題でレポートを作成する機会もあることでしょう。 レポートを作成するためにさまざまな文献を参考にしますが、引用文献は正しく記載する必要があります。 引用文献と同様に「参考文献」がありますが、引用文献と参考文献の違いとは何なのでしょうか。 まずは引用文献の意味と、参考文献との違いについて紹介します。 引用文献とは? 学校でレポートや論文を書く際には、引用文献や参考文献を明記することが求められます。 理由として、何も調べずに個人の意見や感想だけを書いてしまうと、空論を述べているのと同じことになるからです。 文献に記されている内容について調査し、得た情報や表現を利用して書くことで初めてレポートとしての評価につながります。 引用文献とは、名前の通り引用した文献のことをいい、一般的にレポートでは文章の最後に明記されます。 一般的に書物には著作権というものが存在するため、引用文献や参考文献を利用することは「著作権違反になるのでは?」と考える方もいるかもしれません。 しかし、著作権法では、著作権者に許可を得ずに公表された著作物を利用できる例外を設けています。 その一つが「引用」です。 引用文献と参考文献の違いは? 引用文献とは、前述した通り引用した文献のことをいい、文献の文言をそのまま利用することを「引用」、引用した文言が掲載されている文献を総称して「引用文献」といいます。 他人の見解や研究結果などを使用する場合や、研究内容の図表を掲載する場合は引用に該当するため、引用文献として明記する必要があります。 一方で、参考文献とは、レポートなどを作成する際に参考にした書籍や新聞記事のことで、参考にした文献を探すための情報となります。 引用文献は、記載されている文章をそのままの形で使った場合の、文章が掲載されている文献を指しますが、参考文献は自分の著作として文章を書く際に参考にした文献を指しています。 参照したけれど本文中では直接引用しなかった場合も、参考文献に含まれます。 レポート作成時の引用文献の書き方 レポートに引用する場合、引用文は原文を一言一句そのまま記入しなければなりません。 例えば旧字を新字に変更したり、句読点を変更したり、文字を削除したりすることはできません。 ここでは、レポートに引用文献を書く際の方法について具体的に紹介します。 参考文献はレポートの最後に記載することがほとんどですが、引用文献は脚注をつけて文章の終わりに記載するのがいいでしょう。 引用する際の脚注のつけ方 脚注とは、本文の最後につける注意書きのことをいいます。 本文からははずれるものの、本文を補足するための説明が必要な場合や、引用文献、参考にした資料を明らかにする場合などにつけます。 引用文の出典の記入方法に統一ルールはないようですが、脚注をつけるときは引用部分の末尾に番号を記します。 番号は縦書きの場合は右下に、横書きの場合は右上につけるようにし、見出しもしくは文章全体の最後の脚注欄に引用文献を記載します。 引用した文言は「」でくくり、引用であることを明らかにすることも大切なポイントです。 以下は、引用の例文です。 1 文末に脚注をつけ、引用文献を脚注欄に記載します。 引用する文章が短い場合と長い場合とでは書き方が異なるため、注意が必要です。 脚注欄には引用文献の著者の名前、出版年、掲載ページなどを()内に書きます。 長い引用文の場合 引用したい文章が長い場合は、引用符は使わずに本文との間を前後1行ほどあけ、文頭を下げて書くと分かりやすくなります。 以下、例文です。 『・・・・・・について、鈴木氏は、次のように述べている。 レポートに他人の意見を引用するときは、著作権に十分に配慮しながら、引用しなければならないだろう。 1 このように、・・・・・・』 引用文が複数ページに渡る際は、引用文献の情報にページ数「pp. 104-105」などを加えましょう。 しかし、ページ数にかかわらず、引用は必要な部分のみに絞り込んで長くならないようにする方がいいでしょう。 図書・雑誌・論文などから引用した場合 図書から引用した場合は、引用文献の項目に以下の情報を書くようにしましょう。 また、引用文献の最初に脚注番号を忘れずに記載しましょう。 1)著者名、書名、版表示、出版地、出版社、出版年、掲載ページ 複数の著者によって書かれた本から引用する場合は、引用部分を誰が書いたかを明確にする必要があるため、章節ごとの著者名を明らかにしましょう。 その場合、最初に章の著者名を明記し、章のタイトル・本の著者・編者名~のように書くといいでしょう。 また、雑誌や論文から引用した場合は、以下のような情報を書きましょう。 1)著者名、論文名:副題、誌名、巻数、号数あるいは通巻、出版年月日、該当ページ.

次の

かぎかっこはどうやって打つんですか

縦 書き かぎ かっこ

原こう用紙の使い方-基本的なきまり• 題名は最初の行に、2~3マス下げて書く。 二行目の下に名前を書く。 段落の始めは一字下げて書く。 ゃゅょっ。 、「」(かぎかっこ)はそれぞれ一文字として、一つのマス目に書く。 、」(とじるかぎかっこ)が行の始めに来る時は、前の行末に書く。 その他のきまり ちょっと迷ってしまいがちな原こう用紙の使い方について、1つ1つ説明していきます。 名前と本文の間は1行あける? 特に指定がない場合、タイトルを1行目、名前を2行目に書くのが一般的です。 では、本文はすぐ3行目から書いていいのかどうか、という疑問があるかもしれません。 小学生の原こう用紙の使い方として、3行目から本文を書く、という説明をしているところが多いです。 もし、見やすくするためにあけるとしても、何行もあけず1行だけあけるようにした方が「余白で行数をかせごうとしている」と誤解される心配がなくていいのではないかと思います。 会話文のかぎかっこは1字下げるかどうか その会話文から段落が始まる場合は、一字下げます。 段落の途中に会話文がある場合は、改行し、一字下げずに「(かぎかっこ)を行頭(行の一番上のマス)に書きます。 会話文が2行以上になる時2行目以降を一字下げるかどうか 小学校の国語の教科書は、会話文が2行以上になる時、2行目以降は1字下げて表記している場合があります。 これは小学校の教科書独特の表記のしかたなのだそうです。 tokyo-shoseki. htm 原こう用紙に作文を書く時には、会話文の2行目以降は一字下げずに一番上のマスから書くのがふつうです。 」にするか、 」だけでいいか、ということですね。 新聞や雑誌は、 かぎかっこだけのことが多いです。 ちなみに、手元にある朝日小学生新聞を調べてみると、会話文の終わりはかぎかっこだけでした。 かぎかっこをとじる時に句点を省略しない。 これも、教科書独特の表記のようです。 会話文の「」の後次の行は1字下げるかどうか 会話文をかぎかっこで閉じた後は、改行し、次の文は次の行から書く場合が多いです。 会話の次の文から段落が変わる場合は一字下げます。 段落が変わらない場合は一字下げずに一番上のマス目から書きます。 会話文以外でかぎかっこを使う時 会話文ではなく、強調したい語などにかぎかっこをつける場合があります。 この場合はかぎかっこから改行する必要はなく、とじるかぎかっこに句点はつけません。 かぎかっこでとじた後の改行もしません。 っゃゅょは行頭に来てもいいか• これらが行頭に来てもよい。 前の行の最後の文字と一緒に書いてもよい。 どちらでもまちがいではないようですが、このあたりは先生によって教え方がちがうところだと思いますので、気になる場合は担任の先生に確認してください。 、」は、基本的なきまりで書いたように、行頭にきてはいけないとされていますので、区別して覚えましょう。 数字はどうするか 縦書きの原こう用紙では、数字は漢字で書きます。 けた数が大きいなど、算用数字の方が見やすいと思われる場合は、ねかせて書く場合もあるようです。 その場合は、1マスに2文字の算用数字が入ります。 アルファベットはどうするか 記号としてのアルファベットは、1マスに1文字書きます。 小学生の作文では、ほとんど使わないと思いますが、英単語などを縦書きの原こう用紙に書きたい場合は、ねかせて書く方法もあります。 1マスに2文字のアルファベットが入ります。 目的別・原こう用紙の使い方の注意点 宿題やコンクールによっては、原こう用紙の使い方について指定がある場合があります。 学校の宿題 原こう用紙の使い方について、はっきりしたきまりはないので、先生によって教え方が多少ちがっています。 基本的なきまりを守って書かれていれば大丈夫だと思いますが、原こう用紙の使い方で迷った時は、担任の先生に質問してみるのが一番良いと思います。 青少年読書感想文コンクール出品用の場合 タイトル、名前は外側の余白に書きます。 一行目から本文を書きます。 その他作文や読書感想文のコンクール 応募要項(おうぼようこう)を読み、原こう用紙の使い方、タイトルや名前をどこに書くのか等を確かめましょう。 なぜ原こう用紙に書くのか 原こう用紙に書くことの利点は、なんといっても文字数を数えやすいということです。 これから中学、高校、大学の受験の時や、入社試験などで、作文や小論文を決められた文字数で書かなくてはならないことが多くあると思います。 文字数を意識して書くことに、少しずつ慣れていった方がいいのですね。 普段から原こう用紙やマス目のノートに、文字数を意識しながら文章を書く練習をすると、きっと決められた文字数で文章をまとめる力がついてくると思います。 この記事について 小学生が原こう用紙を使う機会はあまり多くはありません。 読書感想文コンクール、作文コンクールに応募するための作文を書く時の他には、原こう用紙に書くことは、ほとんどないかもしれません。 授業でちょっとした作文を書いたり、夏休みの宿題として植物の観察日記、一言日記、絵日記などを書く時は、それに適した用紙が配られます。 それは原こう用紙ではなく、低学年のうちはマス目、中学年からは縦か横の罫線(けいせん)が引かれた紙であることが多いようです。 自主学習用のノートに、日記や作文を書く場合もあります。 これも、普通は正方形のマス目の方眼ノートか、縦か横の罫線のノートを使っている方が多いと思います。 そして、原こう用紙の正しい使い方を、今の学校では必ず教えることにはなっていないようです。 漢字の筆順のように、国が「これが正しい」と決めた基準があるものとは違うのです。 原こう用紙の使い方については、どの小学生も同じ内容で学校の先生に教わることにはなっていません。 また、小学生が作文を書く場合と、大学生が論文を書く場合、大人が記事や小説等を書く場合では、原こう用紙の使い方がちがっている部分もあります。 ここでは、小学生が宿題を学校に提出する場合、作文のコンクールに提出する場合の、原こう用紙の一般的(いっぱんてき)な使い方を説明してみました。 参考にしていただければと思います。

次の

レポートで欠かせない引用文献とは?正しい書き方や注意点を紹介

縦 書き かぎ かっこ

小学生の作文で困った!よく使う2種類の「かぎかっこ」の使い方 お子さんが、作文をうまく書けなくて困っていませんか? もしかしたら、作文を書くときの決まりがしっかりと身についていないのかも知れません。 ここでは、そうした決まりの一つとして、良く使われる「かぎかっこ」の使い方についてみていきましょう。 マスの中にどのように「かぎかっこ」を入れたら良いのか知っておくと、表現の幅が広がります。 普段から馴染みのあるかぎかっこ(「 」)と、特別な時に使う二重かぎかっこ(『 』)の使い方を例文とともにご紹介します。 決まりを身につければ、書くのは簡単です。 お子さんが困った時、一緒に確認してみて下さい。 ・かぎかっこ…会話文、語句を強調するとき、引用文 ・二重かぎかっこ…かぎかっこの中で、かぎかっこを使うとき、出典をあらわすとき このように、似たようなかぎかっこでも使われ方が少し違います。 それぞれ、どのような書き方で使うと良いのか見ていきましょう。 かぎかっこ(「 」)を使う時の3つのルールと注意点 作文の中でよく使われるのが、かぎかっこ(「 」)です。 かぎかっこを文中で用いる場合は、主に3つのルールがあります。 会話文で使う• 会話文の終わりにくる句点(。 )とかぎかっこ(」)は1マスに入れる• 会話文の書き始めは行を変える それぞれ、例文をもとに確認していきましょう。 たとえば、『3時になり、「おやつの時間よ。 」とお母さんが言いました。 それで、ぼくは階段をかけおりました。 』という文章を書くとしたら、以下のようになります。 3時になり、 「おやつの時間よ。 」 と、お母さんが言いました。 それで、ぼくは階段をかけおりました。 このとき、会話文の終わりにくる句点(。 )とかぎかっこ(」)は、原稿用紙の1マス分に一緒に入れます。 また、会話文の書き始めは改行し、会話文の次にくる文章も改行して書き始めます。 こうしたルールのほかに、以下の場合における注意点があります。 会話文が2行以上になる場合• 会話文が連続する場合• 引用文を書く場合 それぞれ詳しくみていきましょう。 会話文が2行以上になる場合 さきほど、会話文が1行の場合を取り上げましたが、2行以上の会話文の場合はどうやって書いたら良いのでしょう。 例文を挙げて見ていきましょう。 たとえば、『「あしたは遊園地にいくから、敷きものの用意をしてね。 お弁当はママが腕によりを掛けて作るわ。 飲み物の担当はパパにお願いね。 」と、ママは張り切って言った。 』という文章を400字詰め原稿用紙に書くとしたら、以下のようになります。 」 と、ママは張り切って言った。 会話文が長いときは、次の行の1マスを空けて書くと、行が揃って読みやすい印象を受けます。 ただし、どちらか決めかねるとき、文章が以下のようになった場合は1マス空けない方が無難です。 会話文の2行目を1マス空けたことで、会話文が次の行に飛んでしまう• 会話文の2行目を1マス空けたことで、終わりの句点とかぎかっこがマスからはみ出る 次に、会話文が連続する場合の注意点をみていきましょう。 会話文が連続する場合 会話文が連続する場合は、会話文が始まるたびに改行して書き始めます。 例文 友達を見つけて、ぼくは大きな声で話しかけた。 「どこいくの? 」 「公園!」 「何するの? 」 「サッカー! 」 「僕も入れて! 」 僕と友達は日が暮れるまでサッカーをして遊んだ。 このように、「ぼく」と「友達」といった2人以上の会話文が連続する場合は、会話文の書き出しは改行して書きます。 引用文を書く場合 本の内容を引用するときなどに、原文をかぎかっこでくくる使い方があります。 短い引用文なら、改行せずに書いた方が見やすくなります。 一方、長い引用文の場合は、改行して書いた方が見やすくなります。 作文形式によっては、かぎかっこ(「 」)でくくらずに、1~2字分下げて引用文を書く場合もあります。 次に、二重かぎかっこについて、みていきましょう。 二重かぎかっこはどうやって使う? 正しい使い方の例 かぎかっこと似たものに、二重かぎかっこ(『 』)があります。 これは、かぎかっこの中で、かぎかっこを使うときや、出典をあらわすときに使います。 それぞれ、例文をみながら使い方を確認していきましょう。 《かぎかっこの中でかぎかっこを使うとき》 例文 昨日読んだ「かんたんに折り紙を折る方法」は『折り紙絵本』に載っていたよ。 このように、二重かぎかっこを使うのは、文献や書籍などの出所を示すときに使います。 また、二重かぎかっこと分けて、かぎかっこで書かれた部分は、タイトル名をわかりやすくするために使っています。 この場合は、会話文ではないので、かぎかっこを使う時に改行しません。 かぎかっこと二重かぎかっこは、作文の中でよく使うので、使い方を覚えておくと便利です。 2つのかぎかっこの使い方を覚えて、伝わる作文を書こう! かぎかっこ(「 」)と二重かぎかっこ(『 』)の使い方をお伝えしましたが、いかがでしたか? 普段何気なく使っていたかぎかっこですが、場合によって使い分けすると、文章がわかりやすくなります。 それぞれの使い方をもう一度おさらいしてみましょう。 会話文、語句を強調するとき• タイトル名など• かぎかっこの中で、かぎかっこを使うとき=会話文の中の会話文、会話文の中の音• 会話文で使う• 会話文の終わりにくる句点(。 )とかぎかっこ(」)は1マスに入れる• 会話文の書き始めは行を変える(会話文が連続する場合もその都度改行する)• 会話文が2行以上になる場合、2行目の一番上のマスは空けても空けなくてもよい。 (空けると見やすくなる場合は空けると良い) これらの使い方を覚えておき、作文の中に積極的に会話文を取り入れてみてください。 きっと、その場にいるような情景が浮かび、生き生きとした文章が仕上がるはずです。

次の