吉野家 肉 だく。 アタマの大盛とは違う吉野家の「肉だく牛丼」ってなんだ?

吉野家の「肉だく牛丼」は具材を無制限に増やせると判明 / 発売(4/2)より前に確認したら…もう戦いは始まっていた

吉野家 肉 だく

時間が無かったり、自由が無かったりして、今日のランチは吉野家のテイクアウトです。 店頭の掲げられていたスタミナ超特盛丼も気になりましたが、もう一つ気になったのが「肉だく牛丼」なるものです。 ということで、テイクアウトしてみました。 テイクアウトのセットとしては、牛丼並(352円)と肉だく(139円)となっています。 肉だく、というか、肉だけ、というか… ただ、少しだけタマネギも入っていました。 吉野家には、白米は普通盛りだけど肉だけ多い「アタマの大盛」なるメニューがありますが、そちらは並よりも100円高いんですね。 こちらは139円高く、その分お肉も多いようです。 ちなみに、肉だく牛丼にもアタマの大盛ってのがありました。 以下のような感じでお肉をボリュームアップしていけるんですね。 あと牛皿ってメニューもありますよね。 さて、後半の味変は… まだまだ家にあるでカレー味にしてみました。 ほんと、なんにでもかけられていいですね。 コロナ後もこういうの持ち歩こうかな… ということで、吉野家の肉だく牛丼をいただきました。 個人的にはアタマの大盛くらいでほどよいかなぁ、とも思いました。

次の

吉野家の1.5倍肉だく牛丼は本当にお得なのか?アタマの大盛と量を比較してまじめに検証 | 残せ!僕の大事なメモ

吉野家 肉 だく

吉野家の肉だく牛丼とは? 吉野家の牛丼はおいしいから、たくさん食べたい!! けど、ごはんはそんなに多くなくていいのに・・・ という意見から誕生した「肉だく牛丼」 アタマの大盛を注文するのが恥ずかしい女性にも好評とか?(いや、肉だくって言うほうが恥ずかしいかも・・・) 吉野家のHPには、こんな写真が載っています。 肉だく牛丼() いや、これは、肉だく牛丼じゃないから!!多分これはアタマの大盛か? HPを見ると勘違いしそうですが、肉だく牛丼というものが存在するわけではありません。 肉だくとは、 並盛の具(肉&玉ねぎ)の半分の量を別皿にのせた「肉だく」という小皿を139円(税別)で追加できるっていうシステムなのです! だから、「肉だく牛丼並1丁!」という注文は間違いで、「牛丼並1丁に肉だく追加で!」と注文するんですよね。 注文してみて初めて知りました。 肉だくとアタマの大盛の違い アタマの大盛と肉だく牛丼は、ただ別皿で出てくるかどうかなだけで、結局一緒じゃないのか? そんな疑問に答えるべく、買ってきました。 「アタマの大盛」と「肉だく牛丼」です。 正確には「肉だく牛丼」じゃなく、「牛丼並+肉だく」なんですよね。 だから、丼のほうには「牛丼 並」って書いてある・・・ アタマの大盛は、上に載っている具だけ大盛であるはずなのに、容器がでかい!! 中身は・・・おいしそう!!いや、そうじゃなくまじめに検証します。 こちらは、さらに別の店舗で買ってきた、「アタマの大盛」です 「牛丼並+肉だく」も、別のお店で買ってあります。 「アタマの大盛」は、容器だけじゃなくフタも大きいんですよね。 確かに「アタマの大盛」のほうが具が多いですね。 でもまあ、別皿を上にのせちゃえば、この2つは同じなんじゃないの? 同じになるってことは、値段が安い分「アタマの大盛」のほうがお得なんじゃない? ・牛丼並+肉だく 491円(税抜) ・アタマの大盛 452円(税抜) 値段の差が何なのか、ちゃんと量ってまじめに検証しようと思います。 吉野家の肉だくはお得か検証 全て計量して検証したいのですが、つゆがごはんにしみこんでいるため、つゆの質量までは比較できないですが、推定して検証してみようと思います。 食材全ての質量 アタマの大盛 並+肉だく 全ての質量 南店 395g 398g 全ての質量 北店 397g 396g 全ての質量とは、全体の質量から容器の質量を引いたものです。 食べられる部分全体ってことですね。 「牛丼並+肉だく」のほうは、もちろん肉だくもすべて含まれています。 結果はなんと「アタマの大盛」と「牛丼並+肉だく」は、ほとんど同じ質量でした!! しかし、店舗が違ってもほとんど同じ結果になったのもびっくり、ちゃんと計量しているってことでしょうか?? ご飯の量 アタマの大盛 並+肉だく ごはん+つゆ 南店 288g 271g ごはん+つゆ 北店 289g 282g ごはん+つゆは、上に載っている肉と玉ねぎを除いて質量を量り、容器の重さを引いたものです。 「牛丼並+肉だく」のほうは、別皿の「肉だく」に入っているつゆも含めた質量なので、ごはんにかかったつゆの量がそれぞれ不明でも、比較は正しくできると思います。 両方並盛なので、ご飯の量は同じはずですが、少~し違います。 これは、ご飯をよそったおばちゃんに誤差が生じていると考えるべきなのか? いや、たぶんアタマの大盛は容器が大きいので、ついついたくさんのごはんを入れてしまうのではないでしょうか。 ごはんの量は、アタマの大盛が優勢!? 肉+玉ねぎの量 アタマの大盛 並+肉だく 肉+玉ねぎ 南店 107g 127g 肉+玉ねぎ 北店 108g 123g 肉+玉ねぎは、つゆを含まない具の質量です。 具は、完全に肉だくの勝利ですね。 63倍、北店は1. 64倍もありました。 肉だくの広告「具が1. 5倍」は伊達じゃない!!だってちゃんと、 具が1. 6倍以上あるんですから!! まとめ 「並+肉だく」と「アタマの大盛」は、食べ物としての量がほぼ同じで、肉&玉ねぎの部分が多いのは「並+肉だく」で、ごはん部分が多いのは「アタマの大盛」でした。 肉好きは「並+肉だく」、ごはん好きは「アタマの大盛」が良いんじゃないかな? いやちがーう!値段が違うのです!!! アタマの大盛 並+肉だく 値段(税抜) 452円 491円 8%もアタマの大盛が安い!けど、ごはんが4%も多いんですよ!! まあ、アタマの大盛の具は14%少ないけど・・・・ 牛丼並盛 アタマの大盛 牛丼並肉だく 全て 南店 347g 395g 398g 全て 北店 352g 397g 396g ごはん 南店 264g 271g 288g ごはん 北店 272g 282g 289g 具 南店 78g 107g 127g 具 北店 75g 108g 123g 値段 税抜 352円 452円 491円 つまり、牛丼並盛から28%値段が上がると、 具が41%、ごはんが8%増量されるのがアタマの大盛牛丼並盛から39%値段が上がると、 具が63%増量されるのが肉だく。 ってことね。 あーもう、なんかどうでもよくなってきた・・・ 肉だくの結論 牛丼並に対してどうしたいのか、正解の選び方は・・・.

次の

【吉野家】肉だく牛丼をテイクアウトで購入!アタマ大盛とは違う?【感想・レビュー】 | いろいろんブログ

吉野家 肉 だく

「肉だく牛丼」なる新商品が、吉野家から発売される。 販売開始は 4月2日11時から。 名前の通り通常よりも具(牛肉・玉ねぎ)が多い商品で、並盛の場合、具の量は通常の1. 5倍になるそうだ。 5倍とはなかなか……と思いきや、実はこの「肉だく牛丼」、その程度ではない。 カスタマイズすれば、 「肉だくだくだくだくだくだくだくだく牛丼」になるポテンシャルを秘めているから、夢が詰まった牛丼と言っても差し支えないだろう。 どういうことかと言うと、 追加料金さえ払えば具材を無限に増やせるってこと。 それはつまり…… そういうことだ。 もちろん、 食べ切れる量を注文するのがマナー。 注文するだけしておいて残すのはいただけないが、ノー・リミットという状況に心が踊る人は多いかと思う。 ちなみに、こちらは「つゆだく」のように無料で出来るオプションではない。 たとえば、通常の牛丼並は352円(税抜)なのに対して、「肉だく牛丼の並」は491円(税抜)。 つまり、 139円(税抜)が追加料金として発生する。 ここから具材を追加したい場合は、さらに139円(税抜)を払えばOK。 並だと元々は352円(税抜)なので、お値段は352円 + 278円で630円(税抜)になる。 この追加料金は、並でも超大盛りでも変わらずに一律とのこと。 そして先に述べた通り、どれだけ追加してもOK。 なんでも、「牛丼の具をいっぱい食べたいという要望に応えた」結果、こんなドリーミングな商品が誕生したそうだ。 ・ひと足先に確かめてみた それにしても、通常の「肉だく」でも結構なボリュームなのではないだろうか? なにせ、それでも1. 5倍あるのだから……と気になったので、食料の買い出しがてら吉野家に立ち寄った。 そこで持ち帰り弁当(並)を2つ注文。 お会計したところ…… 並が2つで税込600円!? 本日31日の24時まで持ち帰り弁当が割引になっており、並が税込300円に。 さらに、4月1日の11時からは 「牛丼・牛皿の持ち帰り全品15%オフ」がスタートするらしい(4月22日まで)。 つまり、「肉だく牛丼」の発売が始まる4月2日11時よりも前から、 本来よりも安い値段で牛丼(持ち帰り)を味わえるのだ。 「肉だく牛丼」じゃなくても、通常の牛丼(並)を2つ買えば具が1. 5倍どころではない。 さらに、買えば買うほど当然ながら割引額は大きくなっていく。 これはこれでドリーミングと言っていいのではないか。 ただ、「食事支援キャンペーン」、「牛丼・牛皿の持ち帰り全品15%オフ」、「肉だく牛丼」ともに実施してない店舗がある。 行ってやってなかったら凹むだろうから、最後に記載しておこう。 ややこしいが、 以下の店舗以外はやってるってことなので、勘違いしないように気をつけてくれ。

次の