涙 を こえ て 歌詞。 涙 歌詞 KANA

Little Glee Monster

涙 を こえ て 歌詞

作詞 : 秋元 康• 下校時刻を告げるチャイムが鳴り終わり、屋上へとつながる階段を上る主人公。 「 今日はなんとなく一人になりたかった。 」 誰にでも、そんな気分になることはありますよね。 主人公が屋上の扉を開けると、そこには誰もいませんでした。 誰もいない校舎の屋上に、冷たい風が吹き抜けます。 」 主人公は、一体どれくらいの時間、屋上にいたのでしょうか。 学校が終わった時間を16時頃と仮定すると、 それから大体2~3時間くらい? 主人公は、部活が終わって帰ろうとする生徒たちの影を、校舎の屋上から、 少し寂しそうな目で見つめるのです。 低い一番星を あそこに見つけた 手すりの上で頬杖をつき、遠くをぼんやりと眺めていると、薄暗くなった空に一番星が輝いていることに気づきます。 このとき、時刻は夕暮れから夜に変わろうとしており、気温もかなり下がってきていました。 しかし、主人公は首に巻いていたマフラーを巻き直し、 もう少しだけこの場所に残ろうとするのです。 今ここから見えるのは、一番星とどこまでも続く地平線。 いつもなら我慢していた気持ちも、誰にも邪魔されない場所だからこそ、包み隠さず正直にさらけ出せる。 一人考え事をしていた主人公の胸に、 だんだんと熱い感情が込み上げてきます。 あの夕陽を見ていると、 涙が溢れてくる。 」 恐らく主人公には、今日のうちにやっておきたかったことがあったのでしょう。 そして、 それは一日が終わるまでに達成できなかった。 夕陽が沈みきったら、やがて夜が訪れます。 いつもなら悔しさ・虚しさといったやりきれない気持ちが押し寄せるところですが、夕陽が沈む光景を見た主人公は、次のように語ります。 」 今日あった幸せな出来事も悲しい出来事も、夕陽とともに暗闇に少しずつ消える。 そして、星空は今日の出来事を思い出に変えていく。

次の

【歌詞】涙 塩分 マルゲリータ【ナポリの男たち】

涙 を こえ て 歌詞

作詞 : 秋元 康• 下校時刻を告げるチャイムが鳴り終わり、屋上へとつながる階段を上る主人公。 「 今日はなんとなく一人になりたかった。 」 誰にでも、そんな気分になることはありますよね。 主人公が屋上の扉を開けると、そこには誰もいませんでした。 誰もいない校舎の屋上に、冷たい風が吹き抜けます。 」 主人公は、一体どれくらいの時間、屋上にいたのでしょうか。 学校が終わった時間を16時頃と仮定すると、 それから大体2~3時間くらい? 主人公は、部活が終わって帰ろうとする生徒たちの影を、校舎の屋上から、 少し寂しそうな目で見つめるのです。 低い一番星を あそこに見つけた 手すりの上で頬杖をつき、遠くをぼんやりと眺めていると、薄暗くなった空に一番星が輝いていることに気づきます。 このとき、時刻は夕暮れから夜に変わろうとしており、気温もかなり下がってきていました。 しかし、主人公は首に巻いていたマフラーを巻き直し、 もう少しだけこの場所に残ろうとするのです。 今ここから見えるのは、一番星とどこまでも続く地平線。 いつもなら我慢していた気持ちも、誰にも邪魔されない場所だからこそ、包み隠さず正直にさらけ出せる。 一人考え事をしていた主人公の胸に、 だんだんと熱い感情が込み上げてきます。 あの夕陽を見ていると、 涙が溢れてくる。 」 恐らく主人公には、今日のうちにやっておきたかったことがあったのでしょう。 そして、 それは一日が終わるまでに達成できなかった。 夕陽が沈みきったら、やがて夜が訪れます。 いつもなら悔しさ・虚しさといったやりきれない気持ちが押し寄せるところですが、夕陽が沈む光景を見た主人公は、次のように語ります。 」 今日あった幸せな出来事も悲しい出来事も、夕陽とともに暗闇に少しずつ消える。 そして、星空は今日の出来事を思い出に変えていく。

次の

涙そうそう(なだ そうそう) (歌詞)

涙 を こえ て 歌詞

解説 [ ] 「」と同じく、の歌番組『』で生まれたヒット曲である。 の最終回では、ヤング101がこの曲を歌い終わるとともに、番組に幕が下ろされた。 そのシーンは施設で視聴できる。 の歌番組『』の東海地区ランキングで8週にわたりランクインしたが、同番組のの時間帯がトレーニングのスケジュールと被っていたことと、NHKが「他局の歌番組にシング・アウトを出演させない」という方針を決定したため、シング・アウトは同番組には一度も出場できなかった。 が開催した音楽コンクール『第1回合歓ポピュラーフェスティバル』で、の「青空のゆくえ」と共に、作曲グランプリを受賞した。 現在では小中学校でとして歌われており、に歌われることもある。 にNHKが実施した「」で紅組74位にランクインされた。 また、フジテレビのバラエティ番組『』において、「」が行われた秋前後より、番組内のとして多用されている。 収録曲 [ ]• 全作詞:、作編曲:• 涙をこえて• 朝日の中でさようなら カバー [ ].

次の