ユーグレナ cfo。 女子高生がユーグレナのCFOに起用された理由

【インタビュー】自らのリソースは全て自社のために。「ユーグレナに何ができるか」を常に追い求める(1/4ページ)

ユーグレナ cfo

ミドリムシ(学名:ユーグレナ)を活用した食品や化粧品の開発・販売で知られる株式会社ユーグレナ。 「人と地球を健康にする」を経営理念に、社会課題解決型ビジネスに積極的に取り組んでいます。 そんなユーグレナ社が2019年8月に掲載した新聞広告が話題になったのをご存知でしょうか。 その内容は「18歳以下のCFO」を募集する求人広告。 CFOといっても、「Finance」ではなく「Chief Future Officer(最高未来責任者)」。 未来を担う役職です。 前代未聞の肩書「CFO」とはどのような役割なのか? ユーグレナ社のCOOであり、CFO(Chief Financial Officer(最高財務責任者))でもある永田暁彦さんに募集の意図や背景をお聞きしました。 <プロフィール>永田 暁彦(ながた あきひこ) 株式会社ユーグレナ 取締役副社長。 慶応義塾大学商学部卒。 独立系プライベート・エクイティファンドを経て、2008年にユーグレナ社の取締役に就任。 事業戦略、M&A、資金調達、資本提携、広報・IR、管理部門を管轄。 現在は食品から燃料、研究開発など全ての事業執行を務めるとともに、技術系VC「リアルテックファンド」の代表も担う。 任期は2020年の9月30日までの一年間で、報酬も支払います。 応募条件は2020年3月31日の時点で18歳以下であること。 国籍は問いません。 エントリーにあたっては、SDGsについての作文を提出する課題を設けました。 また同時に、サミットメンバー10名も募集しました。 募集要項はCFOと同じです。 当社のSDGsに関するアクションおよび達成目標の策定に携わるメンバーとして、CFOが議長を務めるサミットに参加して意見を出し合ってもらいます。 「未来の大人」の視点から経営に活かせる意見が挙がれば、どんどん取り入れていきます。 スタートは、を制作したことです。 動画制作の発端になったのは、国連気候行動サミットの演説でも話題になった、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんです。 彼女はスウェーデンの一高校生ながら、「学校ストライキ」という手段を取って、地球温暖化のためのアクションを起こすよう社会に訴えかけています。 活動の広がりは、彼女が世界中の児童・生徒に呼びかけた9月20日の「学校ストライキ」をニューヨーク市教育局が容認したほど。 グレタさんの呼びかけは今や世界中に広がっているんです。 ところが、日本人の多くは遠い海外のニュースとしか捉えていません。 「欧米だからでしょ? 日本では無理だよ」なんて冷めた反応も聞こえてきます。 けれど、そんなことはないんですよ。 日本にだってグレタさんのような子どもたちがいます。 それを証明するために、インタビュー動画「未来の大人たちに聞いてみた。 」を制作しました。 正直なところ、僕の想像を超えていました。 大人では考えも及ばない言葉がたくさん飛び出してくる。 中でも印象的だったのは、「私たちに人生をください」という発言。 これには言葉が詰まりました。 大人たちは、子どもというだけで「幼い」「未熟」「能力がない」と決めつけてしまいがちですが、そんなことはありません。 子どもたちは大人と違って、「未来」を見据えているんだと気づきました。 当社は今まで、地球の未来を考えてミドリムシを活用した事業に取り組んできました。 しかし、振り返ってみると、そこに未来を生きる当事者である子どもたちが直接関わっていないと気がついたんです。 だから、戒めを込めて募集広告に「現在の経営陣では『不十分』と示し、未来を一緒に考えてくれる仲間を募りました。 18歳以上であれば、大学生であっても社会人であっても、企業の社長になれるチャンスがありますよね。 しかし18歳以下は、選挙権が与えられていないように、社会的に大人として認められておらず、チャンスを手にする機会すらありません。 すべての子どもを大人と同等に扱うことは難しいかもしれませんが、100人、1000人に一人はしっかり自分の意見を持っている子がいると思います。 社会を変えたいと思っている子たちも、スマホゲームに没頭している同級生の中では浮いてしまうかもしれません。 そこで、今回のCFO募集を通して、「社会を変えたい」と思っている子が声を挙げて活躍できる機会があるよと伝えたい。 少しでも多様性に子どもたちの関心が向くと嬉しいですね。 新聞広告を選んだ理由は? 小学生新聞のような子ども向けのメディアも考えたのですが、大人に向けたメッセージでもあったので、あえて一般紙の朝刊に広告を掲載しました。 広告掲載はお盆前に合わせて8月9日。 お盆で家族と集まったときに、新聞を読んだ親が子どもへ応募を勧めるという流れを想定し、大人も子どもも話題に巻き込もうと考えたんです。 TwitterやFacebookなどSNSでも告知宣伝しましたが、やはり新聞広告がきっかけでSNSやwebメディアでも話題が大きくなりました。 最初は200件くらいだったのですが、締め切り数日前にドカッと300件の応募が届いたんです。 みなさん、ギリギリまで熟考していたのでしょう。 応募者は10代半ばから18歳が多く、学生起業家やNPOを立ち上げている方もいます。 提出課題の作文も、どれも内容がしっかりしていました。 当社が解決に取り組んでいる世界の食料問題、エネルギー問題をテーマにした作文もあれば、別の分野を取り上げた作文もあります。 SDGsの17の目標のうち「質の高い教育をみんなに」「安全な水とトイレを世界中に」を挙げている人が比較的多かったです。 この2つは、子どもたちにとって、より身近な話題ですよね。 みなさん、本当に自分の興味のあることについて書いている印象でした。 どんな思いがあるのか、何がしたいのか。 表層だけでなく、本音をじっくり伺いたいです。 一次面接の担当者に子どもたちの印象を聞いてみると、「中身はまったく大人に引けを取らない。 ついていきたくなるような求心力があった」と言っていました。 例えば、国際的な会議に出席しプレゼンするとか。 今年の6月に、福岡で開催されたG20サミット関連会合では、片山さつき前地方創生担当相と当社代表の出雲充が同席しましたが、そこにCFOが加わるイメージです。 想像するだけでワクワクします。 「ユーグレナでよかった」という声も挙がっています。 他のベンチャー企業では「先を越された!」と悔しがっていた友人がいたり、大企業からも今後の取り組みについて問い合わせがあったりしました。 これらの反応も狙いどおり。 先に述べたように、CFO募集は大人たちへのメッセージでもあるからです。 社会を変えようと頑張っている若者はたくさんいるのに、企業が手を差し伸べるケースはごくわずか。 未来のことには目もくれず、目先の利益を追ってしまっていがちです。 自分のことばかり考えている大人たちの考えに、問題提起したかったんです。 僕は36歳、社長の出雲は39歳。 一部上場企業の中では若いほうでしょう。 しかし、本気で未来のことを考えるなら、まだまだ「不十分」なんです。 アメリカのによると、2025年には世界の労働人口の75%が35歳以下の「ミレニアル世代」になると言われています。 そういった状況で企業が生き残るにはどうすればいいのか。 答えは簡単です。 年長者が権限を持つような組織構造をやめて、優秀な若手に愛される企業を目指せばいいんです。 現在、ESG投資(環境・社会・企業統治に配慮している企業への投資)のプレイヤーは、30代が主力です。 20年後、彼らが業界のメインプレイヤーになる頃には、当社のような企業が支持されるようになっているのではないでしょうか。 それを見据えての取り組みでもあります。 僕個人としては、社会インパクトを起こしたい。 その1つが今回のCFO募集だった。 だから、売上と社会インパクトが相関している当社は、企業の理想形です。 うちのバイオ燃料の使用量が増えると、それだけCO2排出量が減る。 商品が売れれば、我々が行っているバングラデシュで子どもたちにユーグレナ入りクッキーを配布する量が増える。 そこへCFOが加われば、当然ながら事業にも変化が起こり、それがさらなる社会インパクトを呼び起こすでしょう。 我々のような一部上場企業が、そういった意思を貫き通すことが大切。 たとえ、株式時価総額が1兆円になっても、そのスタイルはゆるぎません。 (取材・文:名嘉山直哉、編集:東京通信社).

次の

【単独取材】ユーグレナ高校生CFO誕生!「持続可能な社会のために研究者支援を」

ユーグレナ cfo

そのような中、当社は地球のこれからについて日本の子どもたちと語り合い、そのようすを7月23日に公開しました(Web動画「未来の大人たちに聞いてみた。 そして、会社として未来を変えていくためには、未来を生きる当事者である子どもたちが議論にもっと参加していくべきであると考え、このたび重要ポストとして「CFO(Chief Future Officer:最高未来責任者)」を新設し、18歳以下限定で一般募集します。 具体的には、策定のためのサミットの議長のほか、当社株主総会や国際会議等のイベントでの登壇やプレゼンテーションを実施していく予定です。 詳細は以下のとおりです。 PR 「ユーグレナCFO募集」について 未来を担う世代と一緒に、地球環境や栄養問題をはじめとするこれからの地球のさまざまな課題に向き合っていくため、当社では18歳以下の「CFO(Chief Future Officer:最高未来責任者)」を1名募集します。 また、「CFO(Chief Future Officer:最高未来責任者)」の募集にあせて、2030年に向けた当社のSDGsに関するアクションおよび達成目標の策定に携わるサミットメンバーを募集します(最大10名)。 <CFOの詳細> 〇役割 ・2030年に向けた当社のSDGsに関するアクションおよび達成目標の策定に携わるサミットの運営 ・当社CFOとして、当社の定時株主総会や各種の関係会合、イベントへの参加と、発表やプレゼンテーション など 〇任期 ・2019年10月1日~2020年9月30日の1年間 〇応募資格 ・2020年3月31日時点で、18歳以下の方 ・国籍不問(ただし、日本語か英語での日常会話が可能なこと。 日本国内在住の方に限ります。 ) <サミットメンバーの詳細> 〇役割 ・2030年に向けた当社のSDGsに関するアクションおよび達成目標の策定に携わるサミットへの参加 など 〇任期 ・2019年10月1日~2020年9月30日の1年間 〇応募資格 ・2020年3月31日時点で、18歳以下の方 ・国籍不問(ただし、日本語か英語での日常会話が可能なこと。 日本国内在住の方に限ります。 <株式会社ユーグレナについて> 2005 年に世界で初めて石垣島で微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。 石垣島で生産した微細藻類ユーグレナ・クロレラなどを活用した機能性食品、化粧品等の開発・販売を行うほか、バイオ燃料の生産に向けた研究を行っています。 また、2014年より行っている、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の対象商品を、2019年4月より化粧品を含む全グループ商品に拡大。 2012 年 12 月東証マザーズに上場。 2014 年 12 月に東証一部市場変更。 経営理念は「人と地球を健康にする」。

次の

17歳の女子高校生が上場企業のナンバー3になった その狙いとは

ユーグレナ cfo

CFOといえば一般的に「最高財務責任者」を意味するが、同社のCFOとは「チーフ・フューチャー・オフィサー(最高未来責任者)」。 同社と社会の未来を考え、主導していくポジションだ。 「18歳以下限定」を条件に公募した。 会社法上の「役員」ではないが、社内の「ナンバー3」として意見を尊重し、実践するという。 なぜ、こんなポジションをつくったのか。 どうして17歳の女子高校生なのか。 未来のことは未来を生きる人が決める ユーグレナ社は栄養価が高い微細藻類ミドリムシ(学名ユーグレナ)の大量培養に成功。 ミドリムシを活用した食品などの開発を進めてきた。 クロレラなど微細藻類を利用した健康食品そのものは、すでに複数の先行企業がある。 ユーグレナ社がこうした企業と違うのは、食品事業での収益をつぎ込み、ミドリムシ由来のバイオ燃料の開発と実用化を目指している点だ。 その新聞広告を見た1人が、小澤杏子さんだった。 「なんで、こんなことをしているんだろう。 なぜCFOを必要としているのだろう」 小澤さんは高校で友人らとともにフラボノイドと腸内細菌の研究を始め、学校内外の賞を受賞。 バイオ技術には関心が深い。 バスケットボール部に所属し、学外のボランティア活動に参加している。 スポーツや科学、社会問題など、いろんなことに興味を持つ17歳だ。 高校生にしかない視点を社会と企業に 「高校生にしかない視点、大人になったらだん薄れてしまう視点や、身の回りから見た視点があると思う。 私にしかない視点から、新しい提案を、この企業にしてみたいと思った」という。 511人の応募者の中から、論文と面接を経て、CFOに選ばれた。 同社によると、広い分野にわたる知的好奇心や課外活動などでの社会性の高さ、集団を先導していく上で柔軟性とバランス感覚が評価のポイントとなったという。 任期は来年9月末までの1年間。 同社の株主総会や各種のイベントに出席し、プレゼンなどを行う予定だ。 同社はあわせて11-18歳の8人を、ともに話し合い、行動する「サミットメンバー」に選んだ。 小澤さんはCFOとして、サミットメンバーの議論をまとめる立場でもある。 世界で若者が熱く議論するのは、環境問題 ユーグレナが企業ビジョンの根幹とする環境問題は今、世界の若者の間で最もホットな話題の一つだ。 自分たちの将来に強い危機感を抱いたスウェーデンの16歳の高校生、グレタ・トゥーンベリさんの呼びかけがきっかけで、2019年9月20日には世界130ヵ国で100万人以上の若者が、気候危機への行動を求めてデモをした。 日本も気候変動の影響で猛暑と豪雨が続き、犠牲者が相次いでいる。 東京など20カ所以上で9月20日、若者による。 しかし、数十万人規模のデモが行われ、教育委員会が学校を休校にして生徒のデモ参加を推奨する地域が出るほど関心が高まっている他国と比べれば、日本での動きは少ない。 グレタさんの同世代として、小澤さんはどう見るのか。 「8人のサミットメンバーと、日本人は問題意識はあるけど行動には移さないよね、という話をしたんです」 「何かを変えたいという気持ちがあるのかも知れないけど、私1人では変えられないという思いがあるのかもしれない。 その意識改善ができていけば、もうちょっと日本全体がまとまりが持てるのかな、と思います」 「環境問題はいろいろ難しい要素があって、例えば感情を優先するのか、理論を優先するのか、食い違うとけんかになっちゃうかもしれないので、避ける部分はある。 授業でディベートをする時は思い切り話すけど、個人的な時にそういう話をするとぶつかるかもしれないので、ちょっと避けている部分はあると思う」 「8人のメンバーたちが何を思い、何をかたちにしたいのかをまずまとめ、優先順位をつけて、どれが実現可能なのかを可視化していきたい。 活動を通して、社会貢献、そして環境改善につながることを、1年を通してしていきたい」 「今日の生活よりも、明日の生活の方がちょっとでも楽しいな、楽だなと思える世界にしていきたいと思っています」 一方で、日本社会の先行きには不安も感じるという。 「今日もサミットメンバーの前で、年金問題の話をしました」 「少子高齢化もあって、自分たちは年金をもらえないんじゃないか、減っちゃうんじゃないか。 では払うのをやめようとなると、もらいたい人がもらえなくなる。 そこは負のサイクルだと思います。 おいおい、自分の考えをまとめていきたいと思っています」 ユーグレナの出雲社長は「一緒に仲間として社会と未来、そして地球のためにSDGsの達成に向けて活動していける方だと感じました。 未来を良くするための提案をどんどんお願いしたいと思っています」という。 永田副社長は「CFOとは単なる言葉遊びではなく、CEO(最高経営責任者)、COO(最高執行責任者)に続く本当に一緒に世界を変えられる人であれば嬉しいと思っていました。 その期待に応えられる人として小澤さんに出会えたことを嬉しく思います」とコメントした。

次の