メーガン 妃 批判。 メーガン妃 またも伝記発売が明らかに 「不当な批判を浴びて誤解された汚名を返上する」

メーガン妃ファッションがバッシング!批判殺到のその理由はなに?

メーガン 妃 批判

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は英国訪問を控えた英大衆紙「サン」とのインタビューで、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐるメイ首相の対応を批判した。 英ヘンリー王子の妻で米国人のメーガン妃が「嫌な人」だとは知らなかったとも述べた。 31日付の同紙によると、トランプ氏はホワイトハウスでのインタビューで、メイ氏はEU離脱交渉を強い立場から進めることができなかったと批判。 「有利な材料を増やすべきだと言ってあったのに」「相手が全面的に有利な立場で交渉するのは難しい」などと語った。 メイ氏は7日に与党・保守党の党首を辞任する。 トランプ氏は、後任の党首選で有力視されている離脱強硬派のボリス・ジョンソン前外相を「大変いい人で才能がある」「とてもうまくやるだろう」と称賛した。 また、訪英中に同じく離脱強硬派のナイジェル・ファラージ・ブレグジット(EU離脱)党党首とも会談する可能性を示唆した。 英最大野党・労働党のコービン党首が、トランプ氏を歓迎するエリザベス女王主催の晩さん会には出ないと表明したことについては、「間違った行動だ」と不快感を示した。 環境問題への関心が強いチャールズ皇太子との面会では、気候変動が話題になることも予想されるが、同氏はインタビューで「わが国の大気や水の状態はとても良い」と主張した。 メーガン妃が2016年大統領選の前にトランプ氏を「女性蔑視的」などと批判し、同氏が当選したらカナダへ移住すると話していたことを指摘されると、「彼女が嫌な人だとは知らなかった」と答えた。 その一方で、メーガン妃は英王室でうまくやっていくだろうとも話した。

次の

メーガン妃、まさかの「大失敗」 相次ぐ特権没収に、やっぱり「世の中は甘くない」かも!?(井津川倫子): J

メーガン 妃 批判

メーガン妃はブサイクだと思うか? まずストレートな質問ですが、あなはメーガン妃ってブサイクだと思いますか?それとも美人だと思いますか? みんなどう思っているんだろうと思ってきっとこのページに来てくださったと思うのですが、まずはいろいろなメーガン妃の画像をご紹介したいと思います。 まずはこちら! Thank you Chester! 👋 — Kensington Palace KensingtonRoyal エリザベス女王と一緒に写っている一枚ですが、メーガン妃のお顔が良く分かる一枚です!続けてもう一枚どうぞ。 — Kensington Palace KensingtonRoyal こちらはメーガン妃がお一人で写っている写真です。 そもそもメーガン妃ってどんな顔をしているか?というところなんですが、ぱっと見た印象としては、目元や鼻が印象的なのかな?と思います。 Congratulations on your first title! And well played , a great final — Kensington Palace KensingtonRoyal この画像でキャサリン妃と比較してみたいと思うのですが、メーガン妃は顔はすごく小さくて、その小さいお顔の中にパーツがギュッとした感じでしょうか。 そしてやっぱり目元とか鼻とか顔の上の方が気になるかな…。 でもよく見ると歯は白いし、歯並びはいいし、そのあたりの清潔感はすごいですね。 さすが元女優! 私の個人的な見解ですが、ブサイクではないですよね。 かと言ってすごく顔立ちが整っているか?と言われるとそこまでではないかなとも思います すみません、自分のことすごい棚にあげています) でも一般的には美人の部類に入るんだと思うんですが、やっぱりブサイクどうかって個人の好みもありますからね。 そこで私がすごく腑に落ちたTwitterのコメントを発見しました。 メーガン マークルって 物凄い美人って訳じゃないけど 何というか凄く可愛く見えるときがあるw — マジェスティックアリソン Becky23362 そうそう、すごく美人じゃないけど、やっぱりきれいだなって思うときはありますよね!それからこちらのコメント! ハリー王子とメーガンさんの婚約会見を見て、「この人、凄い美人じゃない所が好き」「ハリーもいい男になったわー」。 我が美人妻の上から目線ぶりが凄い。 メーガン妃に関して言えば、顔だけじゃなくて生い立ちとかも含めていろいろ気になっちゃいますし。 でも、やっぱり結婚式の時の写真をみると、すごく「きれー」って思います。 顏立ち云々じゃなくて、幸せオーラとか花嫁しかだせない雰囲気なのでしょうか、ヘンリー王子と一緒に挙式を終えて出てきたメーガン妃の笑顔がとてもまぶしいです!! Just Married: Introducing The Duke and Duchess of Sussex — Kensington Palace KensingtonRoyal いろいろと写真を見てみましたが、どうでしょうか?これブサイクだな!って写真は見当たりませんね。 メーガン妃はファッションがブサイクなのか? ここまでは、単純に顔立ちだけに関してみて見ましたが、メーガン妃はイギリス国内では様々な評判・批判があるので、それをご紹介していきたいと思います。 まずファッションについてです。 ファッションについてはブサイクというよりも、王室の品位を保てていないという点において、批判やバッシングを受けてしまっているようなのです。 いくつかご紹介しますね。 素足にヒール 王室のでは公務をする際は、ストッキングを履くというルールになっています。 実際に義理姉であるキャサリン妃はこれを忠実に守っているんですね。 ですがメーガン妃、婚約会見の時からいきなり素足だったことが話題になっています。 ロイヤルファミリーの新参者なのに、そのルールが守れないなんてダメだ!ってところでしょうか。 太ももが見えるスリット 妊娠を発表した後の外遊先で、こんなワンピースを着用していました。 — Kensington Palace KensingtonRoyal こちらも王室の人間たるもの、そんなに露出しちゃっていいの?っていうことで、批判がありました。 オーストラリアが温かい時期で、気候や雰囲気を考えれば、決してすごく浮いていることはないと思うのですが、妊娠を公表した後で注目もあり、露出しすぎと思われてしまったみたいですね。 キャサリン妃もスカートがたびたびめくれて話題になっていますので、メーガン妃も王室に入ったからにはこういうことに気を付けないといけないのでしょうね。 やはりヘンリー王子と結婚してロイヤルファミリーになったからには、伝統とかルールなどを重んじないとイギリス国民の中にも「あれ?」って思う人がいるってことなんでしょう。 なかなかファッションが王室メンバーらしくないと批判を受けているようですが、メーガン妃がまだアメリカで女優をされていた時はこんな感じだったようですから、だいぶロイヤルファミリーっぽくはなってきているとは思うんですけどね! 無名女優から、現代のシンデレラへ! 今をときめくプリンセス、メーガン妃のファッションクロニクル — ELLE Japan ellejapan 左からだんだんと現在のメーガン妃になっていくこちらの写真、分かりやすいですね。 一番左と一番右の画像を比べると英国淑女に近づいたと思います!! スポンサーリンク メーガン妃は立ち振る舞いがブサイクなのか? まだまだありますよ。 今度は立ち振る舞いについてです。 これもファッションと同じく、ロイヤルメンバーらしくないと批判やバッシングを受けていることがあります。 ヘンリー王子との手つなぎ 公の場で、ヘンリー王子と手をつなごうとしたときに、さりげなくヘンリー王子に拒否されてしまったことが話題になりました。 王室ではあまり人前でラブラブして愛情表現をするのはよくないとされています。 そんなメーガン妃ですが、王室の顔なじみの警備の方に挨拶のハグをするそうで、それも問題視されているようです。 メーガン妃はアメリカで育ったから、人前でも愛情表現をしたり、挨拶のキスやハグは普通のことなんですよね。 それがイギリス王室ではNGということなんです。 脚組みをする メーガン妃ですが、脚を組む癖があるようで、公の場所でもがっつり脚を組んでしましました。 王室の女性はもちろん表立って脚を組むのはあまりよくないとされています。 harpersbazaar. com これこれ!脚組みしちゃってますね。 隣のヘンリー王子が手を膝にしっかりおき、エリザベス女王もキレイに座られているので、メーガン妃の脚組みが余計に目立つ感じがしますね。 イギリス王室では長時間座る場合は「ダッチェス・スラント」という座り方が良いとされています! ダッチェス・スラントとはダッチェス 公爵夫人)の座り方という意味だそうです。 このようにして膝下を斜めにして、両足を揃える座り方のことです。 足を組む場合は、足首の所でクロスをするようにするのですが、一部では足首でクロスするのもNGともいわれています。 脚組みが話題になった後の公務では、しっかりダッチェス・スラントをマスターしていたメーガン妃ですが、やっぱり脚は組まないでください!とか注意されるんですかね。 でも、最近の王室のTwitterでがっつり脚組みしているのを発見してしまいました。 — Kensington Palace KensingtonRoyal しかも結構露出してる気がするんですが、ケンジントン宮殿公式Twitterに載せていいのかな?って思いました。 スポンサーリンク メーガン妃イギリスでの評判は? ではイギリス国内でのメーガン妃の評判でどうなのでしょうか? 先ほどもメーガン妃のファッションや仕草などについてお話しましたが、イギリス国内にはやはりアンチメーガンと言われる人たちが存在します。 王室のルールにのっとったファッションじゃない、仕草じゃないっていうのは確かにあるのかもしれませんが、一部の本当に酷いアンチメーガンの人はもう何をしても、難癖をつけてしまう状況のようですね。 そしてメーガン妃とよく比較されるのがキャサリン妃です。 キャサリン妃は国民からの人気も高く、キャサリン妃が好きな方も多いんですね。 なので、キャサリン妃支持派と、メーガン妃支持派が対立してネットが炎上する事態にまで発展してしまっています。 メーガン妃があまりにも確証の無いただの噂をいろいろ流されてしまっているので、メーガン妃支持派が声をあげたようです。 メーガン妃支持派はアンチメーガンへの反撃だけではなく、メーガン妃をしっかり守らないイギリス王室にも不満があるようです。 メーガン妃の噂とは、代理出産だとか、本当は妊娠してないとか、妊娠中のメーガン妃にとってはあまり聞きたくない内容のものです。 一部のSNSでは「#フェイク妊娠」というハッシュタグまであったくらいです。 公人となった今、ある程度の批判などは覚悟していたと思いますし、仕方のない部分もあるのかもしれませんが、あまりにも度を超す事態となるとイギリス王室も何らかの対応をしないといけないのかもしれませんね。 メーガン妃はブサイクだと思う?イギリスでの評判をまとめてみた!まとめ 以上、メーガン妃はブサイクなのか?と言うことについて考えてみました。 メーガン妃は決してブサイクではありません。 ブサイクというよりも、美人過ぎない美人と言った方がいいかもしれませんね。 きれいに整いすぎていないがゆえに、個性があってどこか気になる存在なのかなと思います。 もちろん人には好みがあるので、それをブサイクという人もいるのかもしれませんが、元女優というだけあって、公の場での堂々とした様子はさすがだなと思います。 イギリス国内での評判は、決して悪くはないようですが、一部のアンチメーガンから、本当は妊娠していない、代理母出産などと言われてしまっています。 アンチは何をどうしても、批判しか出てこないと思うので、産後もお子さんのことで色々言われてしまうのかもしれませんね。 ですが、多くのイギリス国民は新しいロイヤルベイビーの誕生を楽しみにしているはずです。 お祝いムードで盛り上がるのがいいですよね!私も楽しみです。

次の

メーガン妃、批判への反論不可な状況に苛々? ヘンリー王子の苦悩も大きく…

メーガン 妃 批判

特権没収で「儲かるロイヤルビジネス」に赤信号? 2020年1月に、突然「王族としての公務から距離置く」宣言をして世間を、アッと驚かせた英王室のハリー王子夫妻。 王族や関係者を巻き込んで「すったもんだ」したあげくに、3月に王族としての公務から退くことが決まっていました。 残り少ない王族生活をエンジョイしているのかと思いきや、ここにきて夫妻にとって「想定外の大打撃」となるニュースが相次いで報じられました。 The Duke and Duchess of Sussex will stop using their "Sussex Royal" brand from spring 2020 (サセックス公爵夫妻は、2020年の春から「サセックス・ロイヤル」ブランドの使用を止める:英BBC放送) 報道によると、ハリー王子夫妻は「半分王室メンバー、半分私人」という「ハイブリッドライフ」を期待していたようです。 「サセックス・ロイヤル」の商標登録を行い、ブランドの商品展開を目指すなど、「あこがれのハイブリッドライフ」に向けて着々と準備をしていました。 ところが土壇場になって、エリザベス女王から「王室を意味する『ロイヤル』の言葉をブランド名に使うことはできない」と禁止されてしまったというのです。 公務を果たさないのに「王室」は名乗れないだろうし、ましてや「王室を商売に使うなんてもってのほか」と考えるのが常識でしょう。 ところがハリー王子夫妻は、すでに「サセックス・ロイヤル」のウェブサイトを立ち上げていて、商標登録に「多額の資金をつぎ込んでいた」というから驚きです。 今回の「ロイヤル使用禁止令」は、二人にとって大打撃だと地元英国メディアは報じています。 The loss of "Sussex Royal" will be a blow (「ロイヤル・サセックス」称号の消失は打撃だ) blow: 強打、一撃、攻撃 The decision on the brand name was a "setback" for the couple (ブランド名についての決断は、夫妻にとって「敗北」だった) setback:敗北、失敗 They will be royal no more! (彼らはもはや、ロイヤルではない!) これまで 「サセックス・ロイヤル」を前面に出して活動してきたハリー王子夫妻。 商標登録までして「lucrative business」(儲かる商売)をもくろんでいましたが、「そうは世の中甘くない!」とメディアは辛辣な批判を繰り広げています。 「ただのハリー」にカナダ政府も見放した? 追い討ちをかけるように、さらなる「blow」(打撃)がハリー王子夫妻を襲いました。 二人が滞在しているカナダの政府が、「夫妻のセキュリティ費用は負担しない」と宣言したのです! Canada to stop paying Harry and Meghan's security (カナダ政府は、今後、ハリーとメーガンのセキュリティ費用を支払わない) 王室離脱後は、イギリスとカナダを行き来しながら慈善活動などを行うとしている夫妻ですが、カナダでは高額なセキュリティ費用を、誰が負担するのかと問題になっていました。 ある調査では、国民の73%が「二人のセキュリティ費用に税金を使うな!」と反対したと報じられています。 庶民にはピンときませんが、著名人のセキュリティには莫大な費用がかかるようです。 夫妻のカナダでのセキュリティ費用は「年間40億円」という報道もありました。 ちなみに、アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏は、1回のイベント出席に「2億円近い」セキュリティ費を払ったこともあるそうです。 ハリー夫妻については、「ロイヤルの使用」など数々の特権を没収されて「ただのハリー(英紙)」になったうえに、「とうとうカナダからも見放された!」という見出しがメディアを賑わせていますが、一方で「ハリー夫妻に高額オファーが後を絶たない」とも報じられています。 先日、ヘンリー王子とメーガン妃はそろって、米マイアミのホテルで開かれた米金融大手JPモルガン・チェース主催のイベントに出席しましたが、その謝礼はなんと最高額で100万ポンド(1億4400万円)だったと推測されています! 専門家は「王室引退後の二人には米国での講演依頼が殺到するだろう」としています。 英国に比べて「講演料が高額」で、「王室好きが多い」米国では、「ロイヤルの称号があろうがなかろうが関係ない」らしいのです。 さらに、米国の出版社は「もし二人が本を執筆したら権利料は1億円を下らないだろう」と予測しています。 さらに印税を加えると...... 莫大な収入になることは間違いありません。 それでは、「今週のニュースな英語」は 「blow」(打撃、失敗)を使った表現を紹介します。 「ボディーブロー」の 「ブロー」だと言うと、ピンとくるのではないでしょうか。 That's a blow (それは、打撃だね) 形容詞の「major」を使って強調します。 That's a major blow (それは、大打撃だね) さらに、前置詞の「to」を使って、「~にとって」という意味を加えましょう。 That's a major blow to the company (それは、会社にとって大打撃だ) 「王室離脱カウントダウン」の最終章として、母国イギリスに一時帰国しているハリー王子夫妻。 メディアは酷評するものの、庶民からしたら「やっぱり世の中は甘い」のではないでしょうか。 (井津川倫子).

次の