ルーミー モデル チェンジ。 【トヨタ新型タンク】2020年11月マイナーチェンジ発表!最新情報、タンクカスタム、燃費や価格、発売日は?

ムーヴのモデルチェンジは2020年8月 次世代型スマアシを搭載して安全性を強化

ルーミー モデル チェンジ

トヨタルーミーモデルチェンジ情報2020 スマートアシストの先進安全性能を進化 トヨタルーミーモデルチェンジでスマートアシスト機能を最新型にアップデートするでしょう。 ライバルメーカーの先進安全技術に対抗。 アダプティブクルーズコントロールやステアリング操作を支援する車線維持支援システムの採用が考えられます。 トヨタルーミーモデルチェンジ後の先進安全装備 今回、最大のポイントとなるのが先進安全装備の更新です。 先にモデルチェンジを迎えたダイハツ・タントには以下の新機能が追加されています。 タントの先進安全性能はN-BOX対抗で支援機能向上• 車線逸脱防止制御• 車線維持支援機能• 全車速追従機能付ACC• 進入禁止の標識を認識• ブレーキ制御付き誤発進抑制• サイドビューランプ• アダプティブドライビングビーム• スマートパノラマパーキングアシスト 車線逸脱防止制御・車線維持支援機能 まず、車線維持支援システム機能が向上します。 現行の機能である車線逸脱時の警告音に加え、ステアリング操作により車線内へ戻す力が働くレーンキープコントロール機能が追加されます。 サイドビューランプ コーナリング時に進行方向の左右を補助灯で照らす、ヘッドライトと別の補助機能となります。 アダプティブドライビングビーム ハイビームを部分的に消灯し、対向車や歩行者・自転車など、人への防眩を発揮してくれる機能です。 スマートパノラマパーキングアシスト パノラマモニター機能にも駐車支援機能を追加します。 スマートアシスト4は? スマートアシスト4に関する情報は、まだ公開されていません。 次期型でルーミーとタンクに採用される可能性が高いです。 2020年内の車種統合に合わせて、当モデルは人気あるほうへ1本化されます。 スマートアシスト4は、そういったいいタイミングで採用されるでしょう。 先進安全装備のアップデートが頻繁に行われる理由 ルーミーとタンクが人気のコンパクトカーであり、競争力を維持したいメーカーの思惑があるためです。 ルーミーとタンクが登場時に採用していた先進安全装備は、単眼カメラと赤外線レーザーを組み合わせた「スマートアシスト2」でした。 2018年11月に行われた一部改良によって、ステレオカメラを搭載した「スマートアシスト3」へとバージョンアップしています。 現行型は「歩行者の検知」まで可能となりました。 トヨタルーミーモデルチェンジでエクステリアは小変更 大きな変更は行われないと予想されます。 「品と艶やかさ」を表現したルーミーと「ダイナミックとアグレッシブ」を表現したタンク。 お互いの特徴を強調することが狙いです。 【ボディカラー】を選ぶ基準 内装インテリアデザインの変更点 トヨタルーミーはモデルチェンジで• シート表皮のデザイン変更• 現行モデルの使い勝手の良さは、そのままキープしながらになるでしょう。 トヨタルーミーモデルチェンジでエンジンスペック変更点は? 今回はトヨタルーミー初の経年モデルチェンジです。 プラットフォームやエンジンに変更が加えられる可能性は限りなくゼロに近くなります。 69psを発揮する1. 0L直列3気筒エンジン• 98psを発揮する1. 0L直列3気筒ターボエンジン 今回は、上記スペックから変わりないでしょう。 燃費性能は若干の向上を期待 トヨタルーミーはモデルチェンジでエンジン内部・変速機改良により、少し燃費が向上するという噂もあります。 ただ、燃費が伸びても若干なので、それほど気にすることはないでしょう。 むしろ、ユーザー報告などを見ていると、運転の仕方ひとつで燃費はかなり変わるようです。 本格的なスポーツ走行が難しい車種であることから、 可能性は低いでしょう。 もし登場する場合、GRのエントリーグレード「GR SPORT」になり、専用エアロパーツや足回りの強化を行うと思われます。 コーナーセンサー標準装備(X以外)• ボディカラー新色3色追加• 価格:1,463,400円~2,008,800円 一部改良によって大幅に魅力を向上させる新生ルーミー・タンクについて紹介したいと思います。 ボディカラーに新色追加 モノトーン• ファイアークォーツレッドメタリック カスタム専用2トーン• しかし、エンジン内部抵抗の更なる低減化や、トランスミッション制御の見直しによって燃費性能の向上が図られることが考えられます。 衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者にも対応するようになりました。 自車が車線を逸脱しそうな場合にはドライバーに警告。 誤発進抑制機能やヘッドライトのハイビームとロービームを自動的に切り替え。 夜間走行時に歩行者発見を早めるオートハイビーム機能等も利用可能となっています。 コーナーセンサー標準装備|「X」以外• フロント4個・リア4個のセンサーで障害物を検知• 「接近お知らせ表示」や警告音でドライバーにお知らせ 姉妹車の動向|トール・ジャスティ ルーミーはダイハツの「トール」をベースとしたOEMモデルとなっています。 その他にもトヨペット店やネッツ店ではデザイン違いの姉妹車である「タンク」が販売。 スバルでも姉妹車となる「ジャスティ」が販売されています。 これらの車種もルーミーと同じタイミングで一部改良が実施される見込みとなっています。 イイですね~このカスタマイズ。 ノーマルよりも魅力あります。 価格:1,730,160円~1,902,960円 インテリア特別装備|快適性向上• 専用ファブリックシート:汚れにくいはっ水機能表皮採用• 運転席・助手席シートヒーター• シートバックテーブル(買い物フック・ドリンクホルダー2個付)追加• ピアノブラック塗装・シルバー加飾:センタークラスターパネル• コンフォートパッケージ• ナビレディパッケージ エクステリア特別装備• メッキ加飾:バックドアガーニッシュ・フロントインサイドドアハンドル・レジスターノブ 特別仕様車のボディカラーは全6色• ファイアークォーツレッドメタリック• プラムブラウンクリスタルマイカ• レーザーブルークリスタルシャイン• ブライトシルバーメタリック• ブラックマイカメタリック 【ボディサイズ比較】ソリオ・bB・スペイド ルーミー/タンク 全長:3700mm 全幅:1670mm 全高:1740mm ソリオ 全長:3710mm(室内長:2515mm) 全幅:1625mm(室内幅:1420mm) 全高:1745mm(室内高:1360mm) bB 全長:3795mm(室内長:1935mm) 全幅:1690mm(室内幅:1420mm) 全高:1635mm(室内高:1330mm) スペイド 全長:3995mm(室内長:2160mm) 全幅:1695mm(室内幅:1420mm) 全高:1720mm(室内高:1380mm) 【2016年11月9日】パッソ派生ルーミー タンク 軽自動車の価格と競える魅力をもつ、人気のトヨタパッソ(ダイハツブーン)。 トヨタ&ダイハツが新型コンパクトカーを新開発しました。 パッソ派生新型1. 0Lコンパクトトール2BOXルーミー タンク• フルモデルチェンジによる変更点• 2020年燃費基準+20%の燃費を実現 新型トールワゴンの各ブランド名• ダイハツ「トール」• スバル「ジャスティ」 上記で発売されます。 新型ルーミー タンク|bB・ラクティス後継 後席スライドドア採用のルーミー タンクを スズキソリオ対抗モデルとしてダイハツが開発しました。 ラクティス・bBを統合(生産中止)してルーミー タンクを投入した形です。 bB・ラクティス統合後継モデルなので、ダイハツ・トヨタ・スバルから発売。 ルーミー タンク|概要• トヨタブランドの車名は「ルーミー」「タンク」• パッソと共通プラットフォーム採用• 新開発「3気筒1. 0Lターボ」「1. 0LNA」搭載• 最高出力:90ps|最大トルク:15. 0kgm• ソリオハイブリッドが競合• bBに比べより実用的なモデルとして誕生• 2列シート・両側スライドドア搭載• 価格:130~150万円• 販売:トヨタ全系列店・スバル・ダイハツ 「なんで、この車種を投入したの?」 「安価な軽自動車」との競合目的です。 (2016年現在) 経済的に有利な「軽自動車」とコンパクトカーの間に競合を生みます。 消費税アップ対策で、コンパクト市場に魅力的な車種を展開する必要が出てきました。 他社に対抗でき、価格が魅力的な競合性ある新型で新しい価値を提供するのが狙いです。 「競合性ある新型」はダイハツの開発&生産ということもあり、スズキ新型ソリオを強く想定しています。 新型ソリオは現在、好調な売れ行きで、同じく好調な「パッソ」の販売台数を超えています。 トヨタはパッソ派生トールワゴンを投入し、秋以降の需要に対応するわけです。 【参照】パッソ• ボディサイズ:全長3650~3660mm|全幅1665mm|全高1525mm• エンジン:1. 0Lエンジン• 燃費:24. 4~28キロ• シートアレンジが多彩で、スライドドアの施錠開錠機能も進化しています。 お子さんのいる家庭に合ってるかも。 carscoops. com ルーミータンク来歴 ルーミー・タンクはトールワゴン型のコンパクトカーとして2016年11月に登場しました。 コンパクトな外形寸法で、小型乗用車でありながら軽自動車と同等レベルの取り回し。 広い室内空間を実現しています。 ルーミー・タンクはダイハツ製造・販売の「トール」ベース OEM供給されているモデルで、軽自動車の製造を得意とするダイハツの様々な技術を投入しています。 ルーミー・タンクのパワートレイン• 自然吸気エンジンの1KR-FE型• ターボエンジンの1KR-VET型 上記2種類が用意されています。 1KR-FE型 最終減速比をローギアード化することで軽快な加速感を実現。 スロットルバルブ制御の変更によって加速時や登坂時の加速性能を強化しています。 1KR-VET型 新開発のターボエンジン。 0Lでありながら1. 3〜1. 4Lエンジン並みの最高出力。 5Lエンジン並みの最大トルクを発揮します。 予防安全機能「スマートアシスト2」を採用しています。 トヨタでは、スマートアシスト2と同様の装備に「Toyota Safety Sense C」の名称を用いています。 ルーミー・タンクはダイハツからのOEMであるためスマートアシスト2の名称を使用しています。

次の

新型ルーミーカスタムGT!GSからの変更点とGとの違いは?

ルーミー モデル チェンジ

トヨタ・タンクは2020年内にはルーミーに統合しモデル消滅か トヨタ・タンクが姉妹車のルーミーに統合され、2020年にはモデル廃止される可能性があるとの情報を入手しました。 トヨタは2020年5月以降よりトヨタブランドの全モデルを全国で併売するため、姉妹モデルに関しては一本化を進めていく見込み。 タンクについては2020年内に、販売台数が伸びているルーミーへの統合が検討されているとのことです。 トヨタ タンクが2019年11月マイナーチェンジ スマートアシスト4を搭載か 2018年にマイナーチェンジした現行型タンク(TANK) トヨタのタンク(TANK)が2018年のマイナーチェンジに続き、さらに2019年11月に後期型にマイナーチェンジを行うのではないかという情報を入手しました。 今回のマイナーチェンジでは、前回3にアップデートされたスマートアシストが、機能を追加してスマートアシスト4になるのではないかとささやかれています。 スマートアシスト4の追加機能予想• 車線逸脱防止支援(レーンキープアシスト)• 全車速追従(スマートクルーズ)• アダプティブハイビームシステム• スマートパノラマパーキングアシスト• 標識認識機能 エクステリアでの変更点は、フロントグリルや前後のバンパー、ヘッドライトユニット内部のデザイン、リヤコンビランプ、アルミホイールが変わるのではないかと予想します。 また、ボディカラーも現在9色のラインナップで、カスタムグレードではツートンカラー5色になっていますが、新色が追加される可能性があります。 インテリアやパワートレイン、燃費性能の変更はないと考えますが、マイナーチェンジ後の価格帯は安全装備が充実するため10万円前後、高くなる可能性があります。 また詳しい情報が入り次第、お伝えしていきます。 新型タンクは2018年11月1日に登場!スマートアシスト3を標準装備し特別仕様車Cozyエディションも設定 マイナーチェンジと同時に追加されたタンクの特別仕様車「CozyEdition」 2016年11月に発売したタンクは、2年後の2018年11月1日にマイナーチェンジの一部改良が行われました!気になる内容は、安全装備のスマートアシスト2が「スマートアシスト3」へ進化したこと、前後のバンパーにソナーを装備し障害物を検知してぶつかりそうだったら教えてくれるコーナーセンサーを標準装備します。 新型タンクに施されたマイナーチェンジ内容• スマートアシスト3へのアップデート• フロント・リアコーナーセンサーの標準装備• ボディカラーにモノトーン1色・ツートン2色の追加 特別仕様車となるCozy EditionはGグレードをベースとした車で、撥水性のあるファブリックシート・コンフォートパッケージ・ナビレディパッケージの3つを標準装備しています。 エクステリアにはバックドアガーニッシュにメッキを施し、インテリアにもメッキレジスターノブを使用するなど豪華さを高めています。 センタークラスターにはピアノブラック塗装やシルバー加飾を施し、スタイリッシュな見た目となっています。 ボディカラーには標準モデルにも新しく設定されたファイアークォーツレッドメタリックと、プラムブラウンクリスタルマイカを含み全6色設定になっています。 マイナーチェンジで誕生する次期「タンク」はエクステリアの個性を高めてルーミーとの差別化を図ると考える 2018年にマイナーチェンジを行うと予想されるタンク 2018年11月1日にマイナーチェンジしたトヨタのトールワゴン「タンク」は、ダイハツ工業が開発・販売をおこなう「トール」をベースとするOEM車両です。 同時期にマイナーチェンジを行うトヨタ「ルーミー」は、タンクとは内装などを共通のものを採用する姉妹車にあたります。 現行モデルでは、エクステリアにおいても共通点の多い両車の違いは「フロントグリル」にあります。 フロントグリルがメッシュタイプで下に向かうほど扇形を拡げているのがタンクで、 数本のメッキラインを平行に並べて迫力感を演出し上に向かうほど追う扇形を拡げているのがルーミーです。 2016年11月9日に販売をスタートした「タンク」と「ルーミー」にとっては、今回のマイナーチェンジは初めてとなります。 マイナーチェンジでは互いの特徴をさらに際立たせるために、タンクのフロントグリルにベストマッチするヘッドライトのデザインを採用するなどして、エクステリアの個性を強めてルーミーとの差別化を更にはかると予想されます。 マイナーチェンジで誕生する次期「タンク」はダイハツの予防安全機能「スマートアシスト3」を搭載する可能性が高い 2018年11月1日に行ったマイナーチェンジでは、OEM供給を行うダイハツの予防安全機能「スマートアシスト3」を搭載しています。 ライバル車であるスズキ・ソリオは、マイナーチェンジを行って2018年7月20日に販売をスタートした新型モデルで、デュアルカメラブレーキサポートに夜間歩行者検知機能を追加し、クルーズコントロールは設定速度域を拡大させるなどして 「スズキセーフティサポート」を充実させて安全性を強化しました。 新型ソリオに対抗するためにマイナーチェンジで行って誕生する次期「タンク」は、現行モデルが搭載するダイハツの「スマートアシスト2」ではなくて、より安全性が強化される「スマートアシスト3」を導入しています。 タンクの現行モデルに搭載される「スマートアシスト2」と、ダイハツのムーヴなどの車種に搭載される「スマートアシスト3」を比較すれば、 スマートアシスト3の方が 衝突回避支援ブレーキ機能の作動速度域が広げられて車両だけではなくて、歩行者に対しても安全システムが作動します。 スマートアシスト3は、夜間時にステレオカメラが先行車や対向車の有無を把握してハイビームとロービームを自動的に切り替えて、安全運転をサポートする 「オートハイビーム」を新たにパッケージングします。 次期マイナーチェンジによって誕生する「タンク」はスズキ「ソリオ」を意識して居住スペースを再設定し更なる低燃費の実現を目指す タンクのライバル車は、ともにコンパクトタイプのトールワゴンに分類されて販売価格帯も近いスズキ「ソリオ」です。 タンクとソリオのボディサイズを比較すれば、トールワゴンの魅力である室内高はソリオの方が若干上回ります。 タンクとソリオのボディサイズ比較 タンク ソリオ 全長 3,700mm 3,710mm 全幅 1,670mm 1,625mm 全高 1,735mm 1,745mm ホイールベース 2,490mm 2,480mm 室内長 2,180mm 2,515mm 室内幅 1,480mm 1,420mm 室内高 1,355mm 1,360mm 乗車定員 5人 5人 トールワゴンは20代~30代の主婦が「生活の足」として利用する機会の多い車です。 買い物時やお子さんの送り迎えなどでの利用シーンを考えれば、より低燃費を実現している方が好まれます。 タンクとソリオのガソリン車モデルを比較すれば、ソリオの方が0. また、ソリオは「マイルドハイブリッド」と「ハイブリッド」モデルをラインナップして更なる低燃費を達成しているのに対して、タンクはハイブリッド車のラインナップはありません。 そのため2018年11月1日に予定されるタンクのマイナーチェンジでは、ソリオがクリアする24. また、 タンクも今後はライバル車であるソリオ同様にハイブリッドモデルをラインナップする可能性も考えられます。 2017年9月にトヨタのスポーツコンバージョンシリーズは「GR」ブランドに統一されました。 GRブランドでは、エンジン等のチューニング・サスペンションの見直し・専用エアロパーツの装備などを行ってベース車のスポーツ性能を向上します。 タンクのカスタムグレードやターボモデルを希望するユーザーは、同車に走りの魅力も求めています。 カスタムグレードやターボモデルをベースとする GR仕様のラインナップは、そういった ユーザーの購買意欲の更なる刺激に繋がります。 マイナーチェンジでGR追加も期待される現行型タンクの画像11枚 タンク タンク タンク タンク タンク タンク カスタムG-T タンク カスタムG-T タンク カスタムG-T タンク カスタムG-T タンク カスタムG-T タンク カスタムG-T 初めてのマイナーチェンジで誕生する新型「タンク」はエクステリアでもっと個性を発揮して、お子さんが成長しても利用できる車となると期待します 2016年11月に発売された「タンク」は、両側スライドドアを採用したお子さんも乗り降りしやすい車です。 コンパクトカーに分類されるタンクは家族がもう一人増えても乗り続けることが可能です。 タンクは普通車に分類されるものの、排気量は1. 0Lですので自動車税は普通車の中では最もリーズナブルで経済的です。 タンクが搭載した「スマートアシスト3」は、成長したお子さまを学校・習い事・塾・部活などに送り迎えする際に役立つ安全システムを多数パッケージングします。 安全機能が充実して、経済的な新型タンクは長い間利用できる車です。 新型タンクにスポーティさを求める方には、カスタムグレードをベースとして今後開発・販売が噂されるGR仕様をお勧めします。

次の

ルーミーカスタム 値引き額相場レポート

ルーミー モデル チェンジ

「ポルテ・スペイド」マイナーチェンジ 一部改良 による変更点 2019年7月3日に行われたトヨタ「ポルテ」・「スペイド」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点は、以下のとおりです。 自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティ」に歩行者(昼間)検知機能を追加(レーザーレーダー+単眼カメラ方式に変更)• 新色「アッシュグレーメタリック」を組み合わせたツートーンカラー3色(ベージュ、アクアブルーメタリック、グレイッシュブルー)を設定• ただ、何れの装備も軽自動車ですら設定されてある内容ですので、「やっと設定された」といった感じです。 今回の改良による価格の上昇はありません。 ポルテ(スペイド)・ルーミー(タンク)の違い 同トヨタの「シエンタ」や「ルーミー」・「タンク」の発売以来、そこそこ売れていいた「ポルテ」・「スペイド」は一気に人気がなくなりました。 そこで、同じコンパクトカーに属する「ポルテ」・「スペイド」と「ルーミー」・「タンク」の違いを徹底検証してみましょう。 ボディサイズの比較 ボディサイズについて、比較していきます。 ・ポルテ・スペイド 全長 mm :3,995 全幅 mm :1,695 全高 mm :1,690(4WD車は1,720) ホイールベース mm :2,600 車両重量 kg :1,160~1,240 最小回転半径 m :5. 0 最低地上高 mm :135(4WD車は130) ・ルーミー・タンク 全長 mm : 3,700(カスタムは3,715 or 3,725) 全幅 mm :1,670 全高 mm : 1,735 ホイールベース mm :2,490 車両重量 kg :1,070~1,130(グレードにより異なります。 ) 最小回転半径 m : 4. 6(最上位グレードのみ4. 7) 最低地上高 mm :130 そもそも、「ポルテ」・「スペイド」はBセグメント、「ルーミー」・「タンク」はAセグメントとなっているため、クラス的(ボディサイズ的)には「ポルテ」・「スペイド」の方が上です。 ただ、ユーザーが最も気になる違いは、以下でしょう。 「ルーミー」・「タンク」の方が、よりコンパクトであるため、小回りがきく• 「ポルテ」・「スペイド」は片側スライドドア、「ルーミー」・「タンク」は両側スライドドア デザインの好みは人によって異なる(筆者は「ルーミー」・「タンク」の方が好き)かと思いますが、「ポルテ」・「スペイド」の助手席側のドアが1ドアで、助手席側だけスライドドアという設定は、使い勝手的に微妙な気がします。 燃費性能の比較 燃費性能は、JC08モード、WLTCモード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したの値にて比較します。 WLTCモードでは、エンジンが冷えた状態からの測定結果のみを使用し、乗員や積載物の重量も考慮されることになり、これまでのJC08モードよりも実燃費値に近い条件となります。 WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード• 市街地モード WLTC-L :信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定• 郊外モード WLTC-M :信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定• 高速道路モード WLTC-H :高速道路等での走行を想定 ・ポルテ・スペイド ・1. 5Lガソリン、1. 0Lターボ)で比較すると、ほとんど差がないことが分かります。 ただ、パワーはありませんが燃費性能が良い1. 0Lガソリン車の設定がある点で、「ルーミー」・「タンク」の方が燃費性能は優秀であるといえるでしょう。 エンジン性能の比較 エンジン性能について、比較していきます。 その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。 出力:クルマの速さ• トルク:クルマの加速力 簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。 ・ポルテ・スペイド ・1. 0Lガソリン車です。 これは本当にパワーがなく、軽自動車並かそれ以下です。 「ポルテ」・「スペイド」と「ルーミー」・「タンク」の1. 0Lターボ車はスペック的に似ていますが、加速性能も似たようなレベルです。 そのため、加速性能に差はないでしょう。 安全性能の比較 安全性能について、比較していきます。 下表に各車の安全装備を整理しています。 同機能の装備を同行に示しています。 ポルテ・スペイド ルーミー・タンク プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付) 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者) インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)] 、ドライブスタートコントロール 誤発進抑制制御機能(前方・後方) レーンディパーチャーアラート 車線逸脱警報機能 先行車発進告知機能 先行車発進お知らせ機能 オートマチックハイビーム オートハイビーム - クルーズコントロール - パノラミックビュー 安全性能を比較すると、「インテリジェントクリアランスソナー」が装備されている「ポルテ」・「スペイド」は、後退時の自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)機能が搭載されている点で優秀です。 「クルーズコントロール」もあるため、長距離走行時の負担軽減にもつながります。 また、「ポルテ」・「スペイド」は標準装備がハロゲンヘッドランプで、オプションでもディスチャージヘッドランプしか装備できないのに対し、「ルーミー」・「タンク」はLEDヘッドランプを装備できます。 「ポルテ」・「スペイド」のヘッドランプについては、やはり装備内容の古さを感じるところですね。 価格の比較 価格について、両車、最上位グレードで比較します。 ポルテ・スペイドの価格 「ポルテ」・「スペイド」の最上位グレードは「G」で約201万円です。 メーカーオプションのHIDパッケージやナビレディパッケージ、「インテリジェントクリアランスソナー」、ナビ、ETC代等を30万円ほど足すと 「G」の価格が 約231万円となります。 諸費用を足すと+15万円程度の価格になります。 ルーミー・タンクの価格 「ルーミー」・「タンク」の最上位グレードは「カスタムG-T」で約200万円です。 メーカーオプションの「パノラミックビュー」やナビ、ETC代等を25万円ほど足すと 「カスタムG-T」の価格が 約225万円となります。 諸費用を足すと+15万円程度の価格になります。 価格比較 結果 上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。 上記金額を比較すると、オプションの関係で僅かに「ポルテ」・「スペイド」の方が高くなっていますが、ほとんど差はありませんでした。 減税額も同じで、燃費性能にも差はないため、 価格差はほとんどないといってもよいでしょう。 比較結果 これまでの比較結果をまとめてみましょう。 小回りの良さ、スライドドアの使い勝手は「ルーミー」・「タンク」• 燃費性能に差はない• エンジン性能に差はない• 車内の広さに差はない、ただし、シートアレンジは「ポルテ」・「スペイド」の方が多彩• 安全性能は一長一短あり引き分け、ただし、ヘッドランプは「ルーミー」・「タンク」の方が先進的• 価格に差はない かなり類似している点が多い結果となりました。 やはり最大の違いは、 デザインと 使い勝手の良さになりそうです。 「ポルテ」・「スペイド」で気になるのは、助手席側だけスライドドアという設定、そして、デザインや装備内容の古さ、ではないかと思います。 スペック的にほとんど差がないのであれば、先進的で小回りが良い「ルーミー」・「タンク」を選択する方が多いのは必然でしょう。 ただ、多彩なシートアレンジが可能な「ポルテ」・「スペイド」にも魅力はあります。 「ポルテ」・「スペイド」を検討している方は、生産終了となる前に、購入しておきましょう。

次の