なー くん 顔。 ななもり(すとぷり)顔バレのツイッター画像は?愛用の顔文字も知りたい!

すとぷりすなー、莉犬くん好きな人は見ないでください。莉犬くんの素...

なー くん 顔

その落差が激しく、かなり強すぎるせいか、ねこくん!が一時期「 チートを使っているのではないか」とも疑われたことがあります。 Crazy Raccoon所属!念願のプロチームに! 一時期は本当にプロゲーマーとして活動をしていこうと考えていたねこくん!。 しかし日本でプロゲーマーを目指すことへのハードルの高さを感じて、その夢を諦めていました。 ですが去る2019年7月22日。 ついにその夢が叶うときが来たようです。 ねこくん!がeSportsチーム「 Crazy Raccoon」に所属することが、Crazy Raccoonの公式Twitterよりお知らせされました。 今後、多くのメディアに出演していきますので皆様の応援、何卒よろしくお願い申し上げます! 引き続き、Crazy Raccoonを宜しくお願い致します! — Crazy Raccoon crazyraccoon406 所属は新設された「 タレント部門」となりますが、これで晴れてプロゲーマーの仲間入りとなります。 これからはオンラインだけでなく、オフラインでの活動に力も入れていく予定のようです。 そんな中、自身の顔については上記質問コーナー動画にて一部言及していたことがあり• ケツアゴではない• モテない• オッドアイではない• アイコンみたいな顔ではない と答えています。 ねこくん!素顔公開!モテないなんて嘘!? 「モテない」ことを公言し、自分に自信がないような発言をしていたねこくん!ですが、今回のCrazy Raccoon所属に当たって、初の顔出しを行いました。 その顔というものがこちらになります。 当該質問コーナーでは「 告白された回数はわからない」とも言っていたので、モテないと思っていたのは自分だけで、本当はモテモテ男子だった可能性もありますね。 このタイミングでの顔出し理由は、恐らくCrazy Raccoonのタレント部門所属となったことで、今後オフラインイベントに登場する際困るからでないかと思われます。 顔出しをしてしまったことから、今後は更に活動の幅を広げていくことでしょう。 まとめ 元・世界1位、アジア1位という称号を持ち、フォートナイト界でもかなりの実力者として君臨する『ねこくん!』は• 2018年8月より活動を開始し、2019年7月27日現在で活動期間は1年にも満たない新参YouTuber• 主にフォートナイトの実況プレイで人気を博しており、元・世界1位、アジア1位の実力を持つかなりの強者• 動画で人気のあるシリーズは「初心者のふりして~」シリーズで、特定条件を満たした際に見せる覚醒モード(本気)が強すぎると話題• 初心者レベルの実力からいきなり爆発的な強さを見せることから、「チートを使っているのではないか」と疑われた• 2019年7月22日にeSportsチーム「Crazy Raccoon」のタレント部門所属となった• Crazy Raccoon所属と同時に初の顔出しを行った• 彼女とは結婚を前提に交際を続けている とのことです。 念願のeSportsチームに所属することになり、一層その活動を広げていくと思われるねこくん!。 今後の活躍に期待が寄せられています。

次の

莉犬くんが顔バレしましたが、すとぷりすなー的にはそのことにつ...

なー くん 顔

顔が整っててもそうでなくても莉犬くんは莉犬くんです。 予想と違うからと言ってリスナー辞めるような人は最初から莉犬くんのファンじゃない。 アンチに対抗するためとはいえ、「莉犬くんがこんな陰キャみたいな顔してるわけない」みたいなこという人は、莉犬くんのことを想ってるのかもしれないけれど、そんな、莉犬くんの顔のことを否定するようなことを言って莉犬くんを傷つけるのは善くないと思います。 っていうか、顔が予想通りじゃなかったからファンを辞めるという人は、莉犬くんが好きなのではないでしょう。 人を顔で判断するのは、もしくは態度を変えるのは誰にたいしてでもおかしいと思います。 そんな人間が、莉犬くんのファンを主張することはないので、とっとと辞めればいいでしょう。 でも、もし自分がそう言われたら、リスナー辞めた人達はどう思うんですかね? きっと怒ったり、悲しんだりすると思いますよ。 でもそんなの自分勝手が過ぎます。 だって、人にはそんな思いをさせて、逆に自分がされたら勝手に怒る・悲しむ。 おかしいですよ? まあ、だからといって自分がされても嫌じゃないんだったら人にしてもいいってことではないんですが。 要は、人の気持ちもロクに考えれもしないのに、軽々と人にあーだこーだ言うなということです。 人間だったら思ったことそのまんま言わずに、人の気持ちも考えろ! そう思いますね。 ただ、私はどんな顔でも莉犬くんが好きですが。 莉犬くんの顔が整ってても、整ってなくても、彼が私のようなすとぷりすなーたちを、その歌声で魅了し、笑顔を増やしてくれることとは関係がありません。 きっとこれからも莉犬くんは、リスナー達の笑顔を増やしてくれます。 長文・乱文失礼致しました。 私はすとぷりなーでは無いですが、第三者の目線で語られればと思い、回答させていただきます。 まず、顔バレ騒動というものは歌い手や実況者にはつきものです。 それに対する感想も、人それぞれです。 「顔が想像道理じゃなかったからファン辞める」という人も、「歌い手や実況者は顔なんて関係ない」という人もいます。 私はとあるゲーム実況者さんが好きでよく見ているのですが、その方も顔バレしました。 顔バレして、私はそのことについて何も思いませんでした。 顔バレ顔バレって騒いでるけど、別にその人の動画のクオリティは下がらないでしょ?ならいいじゃない。 そう思っていました。 だからこそその騒動のことをあまり調べず、深く干渉しませんでした。 しかし、その顔バレした人の動画のコメントで私は愕然としました。 それに私は1番むかつきました。 そして気が付きました。 その人に顔バレを意識させ続けているのは、リスナーである私たちなのだと。 そしてリスナーは、実況者の動画なんか見ずに、顔をみているとその実況者さんに思わせてしまったこと。 その人を1番傷つけているのは、こうやって騒ぎ立てている私たちなのだと。 騒ぎ立てることで、その人はどんどん傷つき、そして動画というものにコンプレックスを持ってしまいます。 すとぷりなーが思っていることはそれぞれです。 みんな違う人なんだから違って当然です。 しかし、それを話題に出さずに静かに見守るということが、ファンの務めなのではないでしょうか? 長文失礼致しました。

次の

ころんくんの顔写真や誕生日・大学での身バレ事件。コレコレ暴露で炎上

なー くん 顔

attention この作品は実現している方々とか何も関係ありません! 作者の想像が作り出したお話です! 拡散・迷惑行為はしないで下さい! 駄作駄文です! それでも良いぞ!って人は次へいっちゃってぇー! [newpage] 青side 僕は雨の音で目が覚めた。 起き上がり外を見てみると素晴らしい程の雨が降っていた。 「うっわ、土砂降りじゃん最悪だわ」と1人呟いた。 雨を見たせいか凄く頭が痛くなってきた。 そう、僕は偏頭痛持ちで特に雨の日はとても頭が痛くなるそして本当に酷い時は吐き気や耳鳴りとかも襲って来る。 今はまだ吐き気は無いが今日の天気を見る限り酷くなる気がする。 今日は動画編集したりストック作ろうと思ってたのに……と1人心の中で愚痴る、頭痛さに食欲など湧かず薬だけでも飲もうとリビングに向かい引き出しの中にある偏頭痛の薬を一粒出し水と一緒に飲み込む。 薬が効くのはもう少し先だから、編集でもしようかと作業部屋に移動する。 カチカチと忙しなくマウスを動かしているとだんだん気持ち悪くなって来た。 もう画面を見る事も出来なくなり作業部屋で仮眠出来る様にベッドを置いてあったからそこに寝転がる、そして少しでも良くなる様にと目を瞑った。 薬が効いてる感じはしないが目を瞑ってたら何だかマシになって来た様な気がした。 そして、気付いたら眠っていた。 次に目を覚ました時には吐き気と頭痛が酷くなっており雨は変わらず降り続けていた。 我慢出来なくなり急いでトイレまで走った。 トイレまで行くと蓋を開けて抱え込む様にして吐いた。 でも、何も食べてない胃に吐けるものは何も無い、急いでいたから水も無い。 最悪の状況になったが何より1人が寂しくて誰かにそばにいて欲しいと思ってしまった。 そう思ってからすぐにポケットに入れっぱなしだったケータイですとぷりのグループに『助けて』と一言だけ送ってまた襲いかかって来た吐き気に逆えず胃液を吐き続けた。 [newpage] 桃side 今日は1日動画編集をしようと作業部屋に引きこもり作業をしていたら机の上に置いてあったケータイがピコンと軽快な音を鳴らした。 大事な用事だったらいけないからいつもすぐ見る様にしている画面を見てみるとすとぷりのグループにメッセージが来ていた。 画面をタッチして中身を確認してみる、ころんから短い文で一言『助けて』と来ていた。 ころんは何があっても[助けて]とはあまり言わない何かあったんだと思った。 すぐに返信した。 『ころんどうした?今から家行くから待ってろ』と送りパソコンの電源を落とし、ケータイと財布と家の鍵を持って家を飛び出した。 大通りでタクシーを捕まえころんの家に向かっている時にグループを確認するところんからの連絡はなく他のメンバーからの返信かまあった。 他のメンバーも今からころんの家に来るそうだ。 ころんの家の前に着きお金を払ってタクシーを降りた。 ころんは家の鍵をきちんと閉めてるだろうからインターホンを押す。 少し待つとガチャっと鍵が開く音がした。 ゆっくりドアが開いてそこから出て来たのは頭を押さえて顔色がとても悪いころんだった。 ころんは僕を見た瞬間安心した顔をしてフラッと俺の方に倒れて来た。 それを慌てて抱きとめるとはぁはぁと肩で息をしていた。 取り敢えず寝かせてあげようと思い寝室まで運んだ、ベッドの上に下ろして取り敢えず額に手を置いて熱があるか確かめた。 熱があるわけでは無さそうだがとても顔色が悪く寝苦しそうにしていた。 ころんに話しかけようとした時にピーンポーンと軽快なインターホンの音が鳴った。 コロンを抱えていたから鍵をかける事が出来なかったが開けに行った方がいいと思って立ち上がるところんに袖を引っ張られた。 ころんの方を見ると不安そうな顔をして見上げて来るころんがいた。 「どうしたころん?皆来たから開けてあげないと」と言うと目に涙を溜めて言いにくそうにしている、「ころん、はっきりして欲しい事言わないと分からないぞ?」と言うと俯いて小さな声で「行かないでここに居て」と言った。 この状態のころんを1人には出来ないと思った僕はグループのメッセージに「鍵開いてるから入ってきて』と送った。 確認したのかガチャとドアを開ける音がし足音が複数聞こえた。 皆揃って来たのだろう部屋の前で足音が止まった。 気を遣ったのだろう小さくノックして小さな声で「開けるよー」と言いドアを開けた。 「ころちゃんの様子どう?」って聞かれたからまだ分からないと伝え今から聞くところだと伝える。 「ころんそれでどうしたんだ?」と本題を切り出した。 ころんは頭が痛いのか頭を押さえてある場所を指差した。 指を刺した方を見ると外だった。 外に何かあるのかと思ったが外は雨が降ってるだけだった。 他の皆も考え込んでいる様だ、少し時間が空いてるぅとくんがハッ!っとして口を開いた。 「もしかしてころん先生偏頭痛持ちなんですか?」と聞いた。 確かに偏頭痛ならこうなっててもおかしく無いと思い僕も納得する、ころんの反応を見てみると頷いていた。 そりゃキツいわと思い無意識にころんの頭に手を乗せて撫でてた。 それが気持ち良かったのか気持ち良さそうな顔をしている、他のメンバーは偏頭痛の対処等を調べている様だった。 「偏頭痛は暗い部屋で安静にしてるのがいいんだって」となーくんが言った。 それに付け加える様に莉犬が「カフェインを取るのも良いらしいよ」と言い、さらに付け加えるかの様にるぅとくんが「痛い部分を冷やすのも効果あるらしいですよ」と言ってきた。 そしてジェルは「偏頭痛持ちなら医者から薬とか貰ってるんじゃ無いん?」って冷静に聞いてきた。 ころんに聞いてみると[ある]と答えた。 「薬あるらしいよ」と言うとやっぱりって顔をしたジェルがいた。 「ころん薬の場所何処?」って聞くと「リビングの引き出しの中」と言った。 それを聞いてなーくんが薬を取りにリビングに行った。 そしてすぐに薬と水を持って戻って来た。 その時になーくんと一緒に莉犬とるぅとくんも部屋を出ていった。 莉犬はコーヒーを作りに行き、るぅとくんは冷やすものを取りに行った。 なーくんとるぅとくんは一緒に帰って来た。 ころんを起き上がらせ薬を渡すが身体が上手く動かせないみたいでフラフラしている僕はころんの身体を支えててあげるそれに小さく「ありがとう」と言った。 ようやく薬を口に入れることが出来水が入ったコップを持っては落としてしまいそうで危なっかしかったので支えてやると上手く飲めていた。 飲み込む音が聞こえたからコップをなーくんが受け取ってくれ起き上がってる間にるぅとくんが持って来たアイスノンを頭元に置いてくれていた。 そして莉犬が少し冷ましたコーヒーを持って部屋に入って来た。 寝転ぶ前にコーヒーを飲ませるちょうど良い暖かさなのかフゥーと息を吐き出していた。 飲み終わったのでコップを莉犬に渡しころんを寝転ばせる部屋は完全に暗くし皆静かに部屋の中に居た。 何か出来ることは無いかとキョロキョロするが特に出来ることはなさそうだった。 こー言う時は本人に聞いた方が早いと思いころんに問いかけた。 「ころん、今して欲しい事ってあるか?」と聞くと少し考えた後に照れながら「頭撫でて欲しい」と言った。 それに応える様にころんの頭に手を伸ばし優しく撫でる、気持ち良さそうに撫でららているころんを見てるとたまには甘やかしてやらないとなと思った。 他のメンバーは良いなぁって感じの顔で俺を見ていた。 「次撫でたら良いだろうまだ待ってて」と言って宥める、そして気が付いたらころんは眠ってしまっていた。 眠っている事を確認して手を離すとメンバーに場所を譲り大事そうにころんの頭を順番に撫でていた。 僕がそれを後ろから眺めてると莉犬とるぅとくんが俺の近くに来た。 そして2人が頭を差し出して来るから2人同時に頭を撫でてやるころんにした様に優しく撫でると2人とも気持ち良さそうにしていた。 子供組は可愛いなぁと思った瞬間だった。 それを見ていたなーくんとジェルも頭を差し出して撫でてと訴えかけて来るため同様に優しく撫でてやると2人も気持ち良さそうにしていた。 「いやーさとみくん頭撫でるの上手いね!気持ち良かった!」と皆が揃って言って来る、何だか恥ずかしい気持ちになって「そんな事ないし」って照れ隠しした。 そしてそのまま皆その場で雑魚寝してしまったので勝手にブランケットやタオルケットを出して皆にかけた。 僕はころんが起きるまで起きているつもりだったが気が付いたら眠ってしまっていた。 次に目を覚ますと僕にブランケットが掛かっていた。 周りを見るとなーくんだけ部屋に居なかった。 リビングに行ってみるとキッチンで朝食を作っているなーくんを見つけた。 「おはようなーくん」と声をかけると俺に気付いて笑顔で「おはようさとみくん」と言ってくれた。 ころん以外のメンバーを起こそうと思い部屋に戻るところんが起きていた。 「おはようころん起きたんだもう体調大丈夫か?」と聞くところんは笑顔で「おはようさとみくん体調はもう大丈夫だよ!ありがとう!」と言って立ち上がった。 「なーくんが朝ごはん作ってくれてるからこいつら起こして行こ!」って言うとお腹すいたと言って寝てるメンバーを起こして回った。 [newpage] 青side 朝目が覚めるとさとみくんとなーくんが居なかった。 2人以外は床で寝ていた。 するとドアが開いてさとみくんが入ってきた。 「おはようころん起きたんだもう体調は大丈夫か?」と聞いてきた。 「おはようさとみくん!体調はもう大丈夫だよ!」と言うと安心した顔をした。 「なーくんが朝ごはん作ってくれてるからこいつら起こして行こうぜ!」だと言って来た。 よく考えると昨日から何も食べておらずお腹が空いていた。 食べるために布団から出て床で寝てるメンバーを起こして回った。 そして全員でリビングの机を囲み皆で『いただきます』をするパクパク食べてると皆安心したって顔で僕を見ていた。 昨日の事を思い出してまだ言ってなかったなって思ってご飯を飲み込んでから話した。 「皆昨日は心配かけてごめん、来てくれて嬉しかった!ありがとう!」と言うと皆嬉しそうにニコニコしてた。 「いや、俺たちは頼ってもらえて嬉しかったよ!俺たちを頼ってくれてありがとう!」となーくんが代表で言ってくれた。 それに皆が頷いていつもの日常に戻った。 そして僕は密かにまたさとみくんに頭を撫でて貰おうと考えていた。 [newpage] はい! ここまで読んでくださりありがとうございました! 今回偏頭痛の事を書いたのですが私が偏頭痛持ちでそー言えばこんな事あったなってのを思い出しながら書きました。 半分は真実で半分は作った話って感じです! 偏頭痛は本当に酷いと吐いてしまったり耳鳴りで頭が割れるくらい痛くなったりと辛い事が多いです。 他の対処方は実際に調べたので合ってると思いますが実際に自分で調べて対処出来る様にしといた方が良いなぁと思いました。 出来たらすぐ病院に行き薬を貰う方が良いかもしれませんね。 次は紫さんの話にしようかな? と言う事でここまで見てくれてありがとう! おつぷり!.

次の