中村ゆりか 出演作。 STARDUST

中村ゆりか主演ドラマ「花にけだもの」のキャストは作者も納得の美男美女!あらすじは?

中村ゆりか 出演作

中村ゆりかってどんな人? さんは、父親が日本人で、母親が台湾人のハーフ。 中学1年生の時に渋谷でスカウトされ芸能界デビューしています。 デビューから2年後の中学3年生の時には、映画「5windows」で早くも主演を務めました。 さらに3年後の2015年には、新人女優の登竜門とされるNHK連続テレビ小説「まれ」で、太極拳を教える主人公の親友役を演じ注目を集めました。 また2014年のTBSドラマ「家族狩り」ではミステリアスな美貌を活かし、グロテスクな絵を描きリストカットに走り、自分を認めない父親を陥れる狂気的な役を熱演。 今年はじめにOAされた話題作「女子高生の無駄づかい」でも、感情が死んでいるロボこと鷺宮しおり役で、視聴者に強烈な印象を残しました。 現在まで数多くのTVドラマ、Webドラマに出演している他、映画では出演数は少ないもののいくつかの作品で主演を務め、実力派女優として順調にキャリアを重ねています。 中村ゆりかのプロフィール• 名前:• 生年月日:1997年3月4日• 血液型:O型• 星座:うお座• 身長:156cm• 趣味:映画鑑賞• 特技:フィギュアスケート、中国語 中村ゆりかさんはプライベートをあまり公開しないスタンスのようで、出身校や両親の詳細などについては情報がありませんでした。 ただネットで見られるさまざまな記述から、義務教育終了後高校から大学へと進学したのは確かなようです。 ベールに包まれた私生活とも相俟ってクールで神秘的なイメージの中村ゆりかさんですが、演技にかける情熱は強く、下記動画ではデビューのいきさつから今後の抱負について熱く語っています。 中村ゆりか、特別インタビュー 中村ゆりかの目標は国際女優!? 母が台湾人であるため、中村ゆりかさんは中国語が得意で、母とは中国語でコミュニケーションすることも多いそうです。 — 2019年10月月18日午前1時22分PDT またドラマ「家族狩り」では先述の通りサイコな役でしたが、帰国子女という設定から、流暢に英語を話すシーンが話題となりました。 ただし実際は、中国語ほど英語は得意ではないとのことです。 さらに前項の動画インタビューでは、憧れの女優にミラ・ジョヴォヴィッチを挙げています。 ミラ・ジョヴォヴィッチといえば、「ジャンヌ・ダルク」や「バイオハザード」といった映画でアクション女優として高い評価を持つことで有名。 中村ゆりかさんも、ドラマ「まれ」で太極拳を嗜む役を演じた経緯から、将来は得意の中国語を活かし、アクション女優としてアジア圏で活動したいと考えているそうです。 外国語に親しむグローバルな環境と、ハリウッドでも著名な栗山千明さんにも似たクールな容貌を持つ彼女であれば、国際女優のポジションも夢ではないかもしれませんね。 演技派女優中村ゆりかの代表作は? 神秘的な美貌が特徴のさんは、これまでのドラマにおいて、その個性を存分に活かした独特の演技が注目を集めてきました。 その中から彼女の代表作ともいえる作品を2作ご紹介しましょう。 「家族狩り」は一家心中、児童虐待、DVといった事件を描いたサスペンスドラマで、人間が持つ心の闇を深く掘り下げた問題作として話題になりました。 — キクイマホ akaimahoryao 中村ゆりかさんの役は帰国子女の女子高生で、表向き成績優秀な優等生として振舞いながらも、外国育ちにもかかわらず学校での英語の成績が悪いため、父の理解を得られず凶行に走る役どころ。 また父親も家庭を顧みないため親子の溝は深まり、遂には父が娘を手にかけようとしますが、最終的にはやり直すことを決め、互いに歩み寄りを見せてエンドとなります。 中村ゆりかさんはこの役のために英語を特訓したそうで、狂気と繊細が同居する難しい役どころを見事に演じ、一躍注目を集めました。 「女子高生の無駄づかい」は、華の高校生活をただただ無駄に過ごす女子高生を描いた学園コメディ。 中村ゆりかさんは青春を謳歌する生徒たちの中に混じって、頭はよいが感情が死んでおり無表情を貫く鷺宮しおり、通称ロボ役を演じました。 前述の「家族狩り」と同じくミステリアスな役どころですが、本作ではそれが愛すべきキャラクターとして活かされているのが特徴といえます。 またドラマ上ではポーカーフェイスですが、公式Twitterでは、撮影裏で仲間とともにくつろぐリラックスした姿を見ることができます。 和気あいあいとした現場で、とにかく笑いが絶えないです! ドラマの方も是非、見てくださいね! — 中村ゆりか yurikanakamura4 続いて中村ゆりかさんのCMについてみていきましょう。 中村ゆりか出演のCM一覧 さんの、これまでのCM出演経歴は以下の通りです。 河合塾• 第一生命保険• NEC「 BIGLOBE」• フィンエアー オーロラキャンペーン• 大正製薬 「VICKS」• 富士通エフサス• 日成アドバンス「GRooooWing」• JR東日本 「JR東日本アプリ」• SONY 「PlayStation R 4」 北斗が如く篇• リクルート「キャリアウィンク」• 札幌コンシェル 出演本数は多くないですが、さまざまな一流企業のCMが揃っていますね。 つづいて上記の中から注目のCMをご紹介しましょう。 中村ゆりかのCMピックアップ:JR東日本アプリ まず取り上げるのは、運行状況や時刻表、構内図、輸送障害発生時の振替輸送情報などが即座に分かる、スマートフォン用「JR東日本アプリ」のCM。 2016年 JR東日本CM JR東日本アプリ「ポスターの人」篇@中村ゆりかc — 城丸香織 tokyostory 同CMでは、中村ゆりかさんがJR東日本のコーポレートカラーであるグリーンの衣装を着て出演しています。 スタイリッシュなイメージの中村ゆりかさんが、東北・信越・関東に広がる土地の豊かな緑に由来したというカラーに包まれると一転、素朴で柔らかな親しみやすさを醸し出しているのが印象的ですね。 「ポスターの人」篇のCMでは、ホームでなかなか来ない電車を待つ乗客に、中村ゆりかさんが「電車来ないね~心配だね?」と声をかけ、アプリを示しながら優しくナビゲートしています。 中村ゆりかのCMピックアップ:河合塾 さんが初めて出演したCMが、2012年「河合塾」のCMでした。 当時中村ゆりかさんは弱冠15歳で、後年の「家族狩り」「女子高生の無駄づかい」と同じく制服姿で出演していますが、ドラマと違って無垢であどけない表情が印象的。 影など微塵もない力強さを湛えて、仁王立ちになりただ真っすぐ前に目を向けており、デビュー後間もない中村ゆりかさんの、未来へ向けた一生懸命さや純真さが伝わってくる内容となっています。 ミステリアスな役柄が完全に作られた仮面だとするならば、本CMでの彼女はまさに、ありのままの等身大な姿が前面に押し出されているといえるでしょう。 中村ゆりかが出演するCMについて〜おわりに〜 いかがでしたでしょうか。 ドラマでは数多くの作品に出演しているさんですが、CM出演数はまだ少なく、それだけに今後さまざまな企業のイメージに沿い、新たな顔をCM内で見せてくれることが期待されますね。 CM含め多くのメディアにおける、これからの中村ゆりかさんの更なる活躍に注目です!.

次の

STARDUST

中村ゆりか 出演作

基本プロフィール〇名 前 :中村ゆりか 〇生年月日:1997年3月4日 〇年 齢 :23歳 2020年4月現在 〇血液型 :O型 〇身 長 :156cm 〇出身地 :神奈川県 〇趣 味 :映画鑑賞 〇特 技 :フィギュアスケート、中国語 〇事務所 :スターダストプロモーション 透明感がある清楚な雰囲気と可愛いルックスを兼ね備える中村ゆりかさん。 北川景子や小松菜奈、永野芽郁など人気女優・モデルが所属するスターダストプロモーション制作一部に所属。 2012年映画「5windows」本格デビュー以降、ドラマ・CM・バラエティ番組など幅広いジャンルで活躍してきました。 ドラマ「ギルティ」では、背筋が凍るような悪女っぷりが凄い。 特に、以前から中村ゆりかさんを知るファンは、あまりの変貌ぶりに衝撃を受けています。 恋愛に対してあまり真剣に考えたことがなく、また異性に対して奥手で消極的とのこと。 好きな人がいても自分から話かけられず、そのまま終わってしまうそうです。 ザ・テレビジョンの過去インタビューでも素顔が垣間見えます。 今までの役柄でも、活発な女の子はあったとしても、小悪魔や悪女は演じたことがないので、自分でいいのかとビックリしています 笑。 なので、今回の瑠衣役は自分にとって新たな挑戦。 いかに原作の瑠衣を忠実に演じ、視聴者の皆さんを引き付けられるのか。 皆さんの期待に応えられるよう、もがきつつも頑張って演じたいです。 引用:) 友人の旦那と不倫・略奪を企てるギルティ瑠衣とはかけ離れた性格ですね。 なので、なおさら、普段と違う顔を魅せられる「演技力」の高さが伺えます。 原作情報 〇原作名 :ギルティ 鳴かぬ蛍が身を焦がす 〇作 者 :丘上あい 〇出版社 :講談社 〇掲載場所:まんが王国 〇配信日 :2017年9月15日~ 漫画配信サイト「まんが王国」では、有料ダウンロード数で 9カ月連続1位の 新記録を樹立。 いまなお大ヒットを続けています。 原作の表紙イメージ 引用元:twitter ヒロイン・爽 新川優愛)が身近な人々からの壮絶な「裏切り」に合い幸せを奪われ…. また、ヒロイン自身も許されない純愛を抱え、苦悩しながら現実を生きる姿を描いた作品です。 このストーリー展開における重要人物が中村ゆりかさん演じる及川瑠衣 るい)。 爽と瑠衣の友人関係に亀裂が… 引用元:twitter ヒロインの周りで起こる「不倫・罠・策略」など出来事に、瑠衣も関係してくるので、動向に目が離せません。 本当にドロドロで救われない、ちょっと病んでしまうような内容ですが、 一度読み始めると、次の展開が気になって作品にハマってしまいます。 それまでの表情とのギャップが大きすぎて怖い。。。 普段の中村ゆりかさんから想像がつかない表情です。 ここで、Twitterの声をいくつかピックアップします。 笑ってるの怖すぎる。 でも、新川優愛も腹が据わってて、ビシッと言っちゃうし。 からの小池徹平との修羅場。 そして、小池徹平に子どもがいるって。。。 なんか怖くて見ててドキドキするよ〜。

次の

中村ゆりか

中村ゆりか 出演作

芸能界入りのきっかけは、初めて渋谷に遊びに行った際にスカウトされたことで、中学1年生でデビューを果たしています。 趣味は映画鑑賞という中村ゆりかは、2015年に入って、初めてハーフだということを明かしました。 父親は日本人ですが、母親が台湾人である中村ゆりかは、確かに中国の美女を思わせるくっきりした顔立ちで、中国語とフィギュアスケートが特技だそう。 ドラマなどではミステリアスな雰囲気をまといつつも、多少きつい性格の持ち主という役どころが目立ちます。 しかし、実際の性格について、中村ゆりか本人の自己分析は「比較的さばさばしていて、おっとりしたのんびり屋」というもの。 マイペースを貫きたいといったスタンスのようです。 中村ゆりかは朝ドラ「まれ」で可愛いと評判になっていた! 中村ゆりかが脚光を浴びた作品が、2015年3月から放送されたNHK朝の連続テレビ小説「まれ」です。 第7週から登場するやいなや「可愛い」と話題に。 「まれ」は、能登育ちのヒロイン・津村希(つむらまれ)が、パティシエを目指す姿を描いたストーリーで、主演は土屋太鳳でした。 この作品で中村ゆりかが演じたのは、池畑美南(いけはたみなみ)という、希の修行先のフランス菓子店「マ・シェリ・シュ・シュ」のオーナー・池畑大悟の娘でした。 希と仲良くなったり、恋敵になったりと重要な役で、ヒロインすら食いかねない存在感を発揮しました。 中村ゆりかの出身大学、身長体重は?「家族狩り」の演技がすごかった! 中村ゆりかは仕事と両立しながら大学に通っていた?!身長体重は?意外と小柄? 中村ゆりかの出身大学名はとくに公表されていません。 過去にドラマ撮影のインタビューで「仕事と大学の両立は大変。 気づいたら課題が4つたまっていた」などと答えていることから、大学へ行っていたことは確かなようです。 無事に卒業したのかについても、本人の発信がないため不明です。 中村ゆりかの身長や体重は、公式ホームページのプロフィールでは明かされていません。 「日本タレント名鑑」の掲載情報では156cmとなっています。 2020年4月から放映中のドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」で小池徹平と共演している中村ゆりかですが、小池徹平の身長は167cm、体重は54kgと公表されています。 並んでいる様子から判断すると、中村ゆりかの体重は40kg台でしょうか。 また、共演者の新川優愛は、身長166cmです。 比較すると、中村ゆりかが意外と小柄なのがわかります。 中村ゆりかだけを見ていると、それほど小柄な印象は受けませんが、スタイルの良さからすらりとして見えるのですね。 中村ゆりか、「家族狩りの狂気に満ちた演技がヤバい!役作りと英語に苦労した! 中村ゆりかといえば、ドラマ「家族狩り」での狂気に満ちた演技に圧倒された視聴者も多いことでしょう。 このドラマは2014年7月から放送され、凄惨な一家心中事件を軸に、児童虐待やDVなどを絡めたストーリーでした。 本作で中村ゆりかが演じたのは、芳沢亜衣(よしざわあい)という帰国子女の女子高生で、英語を流暢に話すという役どころ。 表向きは両親を「お父様、お母様」と呼ぶ優等生なのにリストカットに走るなど、心に深い闇を抱えています。 両親や学校への不信感が重なり、父親のパソコンから極秘情報を漏えいさせたり、取引先に嫌がらせメールを送信したりするなど、その暴走はブレーキがきかなくなっていきます。 中村ゆりか自身は、役柄に共感する部分がなく、役作りに苦労したとの裏話も。 しかしその苦労が報われて、狂気をはらんだ演技が「ヤバすぎ」「怖い」と大絶賛。 また、役作りの中でもう1つ苦労したのは英語でした。 劇中では流暢な英会話を披露していますが、実は英語が得意ではなく、発音から話し方まで徹底的にレッスンを受けたとのこと。 努力が実って「良い発音だ」と高く評価されました。 中村ゆりかはテレビドラマや映画で大活躍!迫真の演技が評価されている! 中村ゆりかは映画でもテレビでも活躍中 中村ゆりかはテレビドラマだけでなく映画でもその活躍が目立っています。 2019年5月に公開された映画「駆ケグルイ」では、五十嵐清華(いがらしさやか)役で注目を集めました。 五十嵐清華は生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみきらり)の秘書で、冷静沈着で合理的な性格という人物設定でしたが、中村ゆりかにはまり役だという印象を持った人も多かったでしょう。 2020年1月から放送されていたドラマ「女子高生の無駄づかい」では、ロボというあだ名で呼ばれ、頭がよいものの感情が薄くポーカーフェイスな女子高生・鷺宮しおり(さぎのみやしおり)役を演じていました。 中村ゆりかは、清楚でクールながら一筋縄ではいかないような個性的な役柄をこなしています。 中村ゆりかの「ギルティ」での演技に釘付け! 2020年4月から放送がスタートしたドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」で中村ゆりかは、主役の新川優愛が演じる荻野爽の友人・及川瑠衣を演じています。 小池徹平演じる爽の夫・荻野一真を誘惑し、不倫関係を結ぶという悪女役を熱演。 自身の友人の夫であることを知りながらも、逢瀬を重ねていく及川瑠衣。 友人への裏切り行為にテレビの前の視聴者も釘付けになっています。 中村ゆりかのこれまでの出演作を知らなかった人からは、透明感のある清純な印象の外見からは想像できなかった彼女の演技に「衝撃を受けた」という声が上がっています。 演技力に惚れこんでいるファンも、彼女の新たな一面を発見でき、さらに可能性を感じたのではないでしょうか。 これからもさまざまな役を演じて、女優としての経験を積んでいくことでしょう。 演技派女優として成長を続ける中村ゆりかから、ますます目が離せません。

次の