阪急 電車 中 吊り 広告。 中吊り広告めぐり批判集める阪急電鉄 企画を中止へ

阪急電鉄の中吊り広告・30万・言葉が話題

阪急 電車 中 吊り 広告

駅広告料金表一覧 北海道地区 札幌地区• 函館・旭川・釧路地区• 東日本地区 首都圏地区• 秋田・盛岡地区• 仙台地区• 新潟・長野地区• 高崎・水戸地区• 東海地区 名古屋地区• 三重・飯田・静岡地区• 西日本地区 関西地区• 北陸地区• 山陰・中国 岡山・広島 地区• 四国・九州地区 四国地区• 福岡・北九州・長崎地区• 大分・熊本・宮崎・鹿児島地区•

次の

阪急電車の吊り広告にaikoさんの「ホーム」発見!|バーチャル駅長の映画関連情報|映画『阪急電車』~阪急電鉄 特設サイト~

阪急 電車 中 吊り 広告

阪急電鉄の中吊り広告問題をうけ、Twitterでは西武線の広告に注目されています。 話題になっている広告は「コウペンちゃん」とコラボした特別車両「コウペンちゃんはなまるトレイン」のもの。 コウペンちゃんは、がんばりをすべて皇帝してくれるコウテイペンギン。 るるてあさん によるキャラクターで、Twitterで人気を集めスタンプや書籍などが展開されています。 コウペンちゃんとコラボした西武線の中吊り広告には「 出勤してえらい!」「 電車にのってえらい!」など、いつものようにすべてを肯定したメッセージが書かれています。 電車の中吊り広告 か?やりがいあるか?は判りませんが、西武線はこうです。 言われたい…。 西武線「コウペンちゃんはなまるトレイン」は2020年3月まで コウペンちゃんとコラボした「コウペンちゃんはなまるトレイン」は車両内だけでなく、外装もコウペンちゃんが描かれた特別車両。 特別車両は2020年3月まで運行。 「」を使えば、特別車両がどこを走っているかも確認することができます。

次の

阪急の炎上広告まとめ!批判が殺到する理由はおしつけがましいから?

阪急 電車 中 吊り 広告

中づり広告の概要 中づり広告は、電車内に設置されたポスター型の電車広告商品です。 車内天井部よりポスターを吊り下げて掲出する広告媒体となりますので、電車広告の中でも非常に視認性に優れています。 基本はB3サイズとなりますが、中づりポスター2枚を連貼りにし、1枚を横に長くしたB3ワイドの規格もございます。 主に電車を毎日利用するビジネスパーソンや通学客、主婦などをはじめとする不特定多数の電車利用者に向けた刷り込みによる視認訴求効果が見込め、 商品の認知向上、サービスやキャンペーン、イベントの案内、ブランディングなどを目的とした利用機会が多い広告媒体です。 電車広告の特徴として、目的の駅に着くまで乗客は車内で一定の位置で待機しますので、一度目にした広告を最後まで読んでもらうのに 十分な時間を確保する事ができます。 以前は複数路線での広範囲エリアでセット化されていた電鉄も、近年では単線掲出が可能になるなど、より扱いやすくなり 掲出期間も数日から週間単位とお選びいただける期間が増え、使い勝手が良くなってきている電車広告となります。 交通広告ナビでは、全国のJRをはじめ、各私鉄線の中吊り広告の取り扱いが可能です。 中づり広告の特徴• 中づり広告は数日から1週間での短期掲出が可能な電車広告です。 中づり広告は数日間から1週間単位での掲出が可能なため、短期スパンで電車広告をお考えのお客様にはお薦めの媒体です。 中づり広告の掲出方法はさまざまな電車広告です。 中づり広告はB3サイズのポスターを基本としますが、1枚を横に長くしたり、2枚連貼りにしたB3ワイドサイズのご用意もございます。 片面掲出タイプが多いですが、中には両面掲出が可能な電鉄もございます。 中づり広告は電鉄・路線選択で広告エリアをセグメントする事が可能な電車広告です。 中づり広告は電鉄・路線を指定する事で広告エリアを絞れます。 地域密着性が高く、電車を利用される方へのプロモートに適した電車広告です。 中づり広告の効果• 中づり広告は通勤通学者への高い接触率・広告到達率が見込める電車広告です。 主に電車を利用する方は、行きと帰りの2回利用する事となります。 また、毎日電車を利用する通勤通学者であれば何度も広告に接触する可能性が高まります。 その為、中づり広告は高い広告接触率と広告到達率が見込める電車広告です。 中づり広告は広告注目率が高く、読み進めるのに十分な時間を得られる電車広告です。 電車広告の特徴として、目的の駅に着くまで乗客は車内で一定の位置で待機します。 その為、一度目にした中づり広告を最後まで読んでもらうのに十分な時間を確保する事ができます。 結果として、広告注目率が高い電車広告となります。 毎日電車を利用する際に目にする中づり広告は、繰り返しによる反復訴求効果に期待ができる電車広告です。 中づり広告は毎日電車を利用する人にとっては掲出期間中、目にする電車広告となりますので刷り込みによる反復訴求効果に期待ができます。 主にビジネスパーソンや通学客などに対し、効果を発揮する電車広告です。

次の