首 の イボ を 取り たい。 顔のイボ取りクリームや市販薬で自宅で取る方法

首イボクリームのおすすめランキング|首イボケアは予防が一番大切!

首 の イボ を 取り たい

老化現象 紫外線を浴びたり、衣類等による摩擦を繰り返すことで、首の肌がダメージを受けて老化していきます。 これに細胞が反応して、過剰に増殖することで肌が盛り上がるとイボになります。 加齢によって肌はダメージを受けやすくなり、修復も遅れますので更にポツポツが出来やすくなるのです。 ウィルス 何らかの理由で、感染性ウィルス(ヒトパピローマウイルス)により首にイボができることがあります。 ウィルス性のイボは放っておくと広がり、また第三者に感染させるので早めに取る必要があります。 肥満体質 肥満体質の人は痩せている人より首にイボができやすいようです。 肥満により皮膚同士の摩擦が起こりやすいことや、代謝低下によって解毒作用も低下すること等が影響すると考えられています。 首のポツポツが出来やすい年齢と場所は? 首のポツポツができやすい年齢 首のポツポツは主に紫外線や摩擦による肌老化が原因の為、30歳過ぎくらいから出来やすくなり、特に更年期以降に増加する傾向にあります。 ただし、体質によって出来やすい人の場合、早ければ10代、20代で出来ますので、若いから安心というわけではないようです。 首のポツポツが出来やすい場所は? 首に出来るポツポツは同じタイプのものが脇の下、胸、横腹、そけい部等、皮膚が薄くて弱く、物理的な刺激(衣類がこすれたり、汗で蒸れて湿りがち)や紫外線による刺激が多い部分にできやすいとされています。 首のポツポツの病名は? 気になる首からデコルテに出来るポツポツの病名がいくつかあります。 アクロコルドン・スキンタッグ・軟性繊維腫 ( 画像引用:) ヒト乳頭腫ウィルス(ヒトパピローマウイルス)の感染によりできるイボのため、放置しておいて完治することはなく、ウィルス性により多発して増殖します。 また第三者に感染させてしまうリスクもある為、早めの治療が肝心です。 痛みやかゆみなどの自覚症状は殆どありませんが、かかとや足指のつけね等に出来ると歩行の体重で痛みを感じれば気づくことがあるようです。 角質粒? 首イボのことを角質粒と表現しているサイトをよく見かけますが、角質粒が首にできることは滅多にないそうです。 これはネット上に広がっている言葉ですが、首にできることは滅多にありません。 顔の皮膚のターンオーバーサイクルの異常や老化や不適切なスキンケアが原因となって、毛穴などが詰まった状態(角栓)を言っているのだと予想されます。 治し方としてスクラブ系の洗顔料を使用するとか、サリチル酸などのピーリング用の成分が入っているスキンケア用品を使用すると良い、なんて話の流れになっていますが、もしもウイルス性のものであったら余計にポツポツが広がってしまいます。 明らかに間違った口コミ情報ですので、ご注意ください。 引用元: 悪性と良性の見分け方は? 首のポツポツは皮膚科で治療できます。 取り方には何種類かあるのでご紹介します。 レーザーで除去 患部にレーザーを数秒照射してイボを除去する治療方法で、最近は一般の皮膚科でも受けられます。 健康保険適用外の自由診療にあたる為、料金がクリニックによって異なります。 数や範囲にもよりますが、1000円~10000円程度、幅があるので事前に確かめて下さい。 液体窒素を使い冷凍凝固 首のポツポツに液体窒素(マイナス196度)を当てることで凍傷状態にして、いずれ腐ってとれる、という方法ですが、麻酔を行わないととても痛いそうです。 また色素沈着の可能性もありますので、目立つ首元には適さないといえます。 実際に患者さんからの希望がない限りは施術しないという医師も多いようです。 外科手術で切除する 麻酔をして、メスで切除します。 大きめのものを一つ切る場合は保険適用という解釈もありますが、首の場合多発しているケースでは一つずつ切って縫合する、を選択する医師は少ないでしょう。 小さい場合には、医師がピンセットやはさみで除去することもあります。 尚、首のポツポツは稀に皮膚ガンや前癌状態の可能性もありますが、素人目には判断できません。 心配な場合は医師に診察してもらい、病理検査を受けることをおすすめします。 はさみで切れる、等とネットで公開している人もいますが、万が一皮膚がんだった場合、転移のきっかけにもなりかねないので、絶対に自分で切るのは控えましょう。 自宅で首のイボを取る方法 首のポツポツを自分でケアする方法をいくつかご紹介します。 ただし、増えてきている、大きくなってきているような場合は皮膚科で相談して下さい。 保湿 加齢による乾燥もイボが出来やすくなる原因の一つとされています。 顔のお手入れ時に首やデコルテも保湿する習慣をつけましょう。 紫外線対策 紫外線によるダメージもイボの原因となります。 なるべく首を紫外線に直接さらさないように、日光を浴びてしまう時だけでも、スカーフやストールで覆いましょう。 また、肌に刺激の少ない日焼け止めを塗るのも有効です。 ヨクイニン ヨクイニンは健康保険治療の処方薬として有名な漢方薬。 ヨクイニンはハトムギ(イネ科)の皮を除いた種から作られる生薬で、昔から美肌によいとされており、市販薬やハトムギ茶、化粧品などもあります。 医学的にヨクイニンにイボ改善効果や美肌効果がある実証はないと言う医師もいるようですが、その一方で昔から医療機関で処方されているのも事実です。 実際にヨクイニンでイボが治ったという人もいますので、漢方薬の服用や配合コスメをコツコツと使い続けてみるのはイボ対策として良いのではないでしょうか。 事実、ヨクイニンに豊富に含まれるビタミンBは皮脂コントロールや皮膚の再生、成長といった健康な肌対策に有効です。 杏仁オイル(きょうにんオイル) 杏仁オイルは、アンズの種の中心(杏仁)から抽出される油で、アプリコットオイル、アプリコットカーネルオイルとも呼ばれます。 漢方薬の一種で、人間の皮脂に成分が近く保湿効果が高い為、加齢による乾燥が原因の一つである首のイボに効くと言われるています。 アットコスメの口コミを読むと、即効性はないものの、本当に首のポツポツやイボが小さくなったという声が結構な数見受けられますから、試す価値はありそうです。 ドクダミエキス ドクダミエキスはどくだみの派や茎から抽出したエキスで、独特なにおいがよく知られています。 抗菌効果があり、内服・外用の両方で使うことができます。 ニキビ予防や保湿、抗炎症効果がある為、直接塗ったり、ドクダミ茶を飲んだりして、首イボ対策に利用します(お茶は飲み過ぎると下痢を招くことがあるので注意が必要です)。 リンゴ酢 りんご酢でイボをとった、という体験談を公開しているブロガーさんがいます。 海外のりんご酢情報サイトを参考に実践されたようですが。 試すならよく読んでから、自己責任で試してみてもいいかもしれませんが・・・。 尿素 尿素は肌の保湿に加え、柔軟にしてくれるため、かかとのケアなどによく用いられます。 配合クリームが市販されていますが、悪化した部位に塗り改善したら、継続使用は避けるのが賢明。 首のイボにも効果的とされますが、ずっと使い続けるべきではないと認識した方がよいでしょう。 柚子(ゆず)の種と椿油 あちこちのサイトで実践した人の体験談を見るのが「柚子の種を天日干し、カラカラに乾燥させたら砕いて椿油に漬け込む。 この油を塗る」というもの。 気長に続けると本当にきれいになるようです。 柑橘の種子に含まれる成分とオイルの保湿効果がイボとりに効果があるのかもしれません。 ピーリング 市販のピーリング剤やピーリング石鹸(AHA配合)を使えば首イボを自分でとれると記載しているサイトを見かけますが、安易な自己ピーリングは、逆にイボを発生させたり、悪化させる恐れがありますので、やめましょう。 首イボの治療にピーリングを施術している皮膚科で相談の上、医師の判断、診察の下で行って下さい。 民間療法の注意点 首イボ除去のための様々な民間療法、自宅療法があります。 ドライアイスを当てる、糸で根元を縛って壊死させる、お線香で焼く、はさみで切るなど昔から試され続けています。 しかし火傷、色素沈着、皮膚壊死などのリスクが高いだけでなく、万が一、皮膚ガンや前癌状態だった場合、転移のきっかけになる可能性もあるそうです。 素人が自宅で行う危険な民間療法の取り方は絶対にやめておいた方がいいでしょう。 首イボを除去する市販薬や化粧品 首のイボにも塗りたくなりますが、残念ながら製品の注意書きに 「首などの皮膚のやわらかい部分」には使用しないでください、と明記されています。 サリチル酸が皮膚を柔らかくする、つまり削るわけですから、やけどのような跡が残ることもある為、首など皮膚が薄い、柔らかい部分には塗ってはいけないというわけです。 首のポツポツに使うのはやめましょう。 ちなみに、イボコロリには飲むタイプもあり、2012年11月に『イボコロリ内服錠』として発売されました。 商品名は同じイボコロリですが、外用と内服では成分も効き目も異なります。 イボコロリといえば塗るタイプ、貼るタイプしか知らなかったのでちょっとびっくり。 このイボコロリ内服錠は成分がヨクイニン。 イボに即効性はありませんが、長い目で見て美肌や肌荒れにはいいとされますので、肌トラブル予防に服用してみてもいいと思います。 首いぼの予防方法 首のポツポツ、イボが出来る理由はまだハッキリと解明されていませんが、日頃から注意した方がよいことなど予防方法をまとめました。 保湿する なんといっても肌環境を健康的に保つのに一番大切なのは保湿。 入浴後の保湿ケアを怠らず、乾燥を予防することがイボの出来にくい肌作りにつながります。 首も顔同様にしっかりお手入れして下さい。 摩擦を避ける 皮膚の摩擦がイボを出来やすくしますので、クリーム等を塗って摩擦を和らげることが大事です。 首は衣類との摩擦もあるので、乾燥させないことが大事です。 日焼けを避ける 紫外線の刺激もイボの原因となるようです。 首にも日焼け止めを塗り、紫外線を予防します。 免疫力アップの為に運動する 首イボは老化現象の一種のことが多く、加齢による影響が大きいのも特徴です。 代謝が落ちてくるのを予防し免疫力を上げる為にも、適度な運動を続け、バランスのよい食事、十分な睡眠をとり、健康を心がけましょう。 傷を作らない ウィルス性のイボは小さなキズ、例えば手指のささくれやあかぎれ、靴擦れなどからも容易に侵入します。 きちんと処置して早めにキズを完治させましょう。

次の

顔のイボ取りクリームや市販薬で自宅で取る方法

首 の イボ を 取り たい

スキンタッグ (首のイボ) 夏になって、首の開いた洋服を着るようになると、首の周りにできた小さなイボが気になりませんか? このイボのことをスキン・タッグ(skin tag)と言います。 大きさは1~3mm程度のものが多く、色は褐色調で、皮膚面から少し飛び出ています。 中高年以降に目立ってきますが、20歳代からでき始めます。 首以外にもまぶたやわきの下、胸など皮膚が薄くて弱い場所によく見られます。 中には大きいもので直径1cmを超えるものもあります。 良性の皮膚腫瘍の一種で、感染性は無く、特に心配な病気ではありませんが、衣類でこすれたり、ねじれたりして炎症を起こすことがあります。 1~2週間後に、かさぶたになって自然に脱落します。 治癒するまでには何回か通院していただきます。 炭酸ガスレーザー 盛り上がった組織を瞬時に蒸発させます。 小さなイボなら、当日にぬる麻酔(3割負担で5,000円程度)を使用して行います。 予約は必要ありませんが、多少時間がかかるため受付終了1時間前にはご来院ください。 ハサミで切り取る すこし乱暴ですが、小さなイボならハサミで切り取ってもほとんど出血しません。 イボの根元をメスで切って取って、キズを縫います。 炭酸ガスレーザー 局所麻酔を用いて、イボを根元で焼き切ります。 1cmを超える、大きなイボの場合には手術の方が適しています。

次の

首のポツポツの原因と取り方~首イボを取る市販薬や治療法とは?

首 の イボ を 取り たい

もくじ• 首イボができた原因は体力の低下? 私の首にイボができたのは、二人目の娘が生まれてしばらくしてからです。 2度の出産で体力を消耗していたのか、その頃はかなり体調が悪く、「帯状疱疹」やら「後頭神経痛」やら、色んな病におかされていました。 帯状疱疹の体験談はこちらの記事をお読み下さい。 とにかく毎日、 「しんどいなぁ」と感じることが多かったのですが、ある日、ふと気付くと 首の付け根に小さなできものがあったのです。 首イボは小さい吹き出物みたいだった その時は「ん?ニキビができた?」と、特になんとも思わず放置していました。 すると、 そのできものは少しずつ時間をかけて大きくなっていきました。 「あれ?こんなイボあったっけ?」 そう思ったのは、イボが最初にできてから2年くらいたったころです。 最初は小さなニキビくらいだったできものが、ピヨんと伸びて成長しています。 大きさは、つまようじの先くらいでしょうか。 4mmくらいに伸びたイボを見て、「なんか嫌だな」と思って爪でひっかいてみたのですが、すごく柔らかくて芯が無いので取れません。 これまでにもイボができたことはありましたが、こんなに柔らかいイボは初めてでした。 普通のイボなら芯があって中心が硬いものが多いですが、この首イボはフニャフニャに柔らかいのです。 触っても芯らしき物は無く、表面もつるんとしています。 「まぁ、そのうち無くなるだろう…」 柔らかいイボに打つ手無しだと思った私は、またまた放置してしまいました。 成長して大きくなったイボ それからまた1年くらいすると、細長かったイボが丸くなりました。 大きさは 半径5mmくらいで、 根っこが細く風船みたいになっています。 イボの柔らかさは変わりませんが、サイズが大きくなって色も赤くて、すごく目立つようになってしまいました。 これはなんとかしないと…。 さすがに慌てた私は、「いぼの取り方・治し方」として有名な方法を試してみることにしたのです。 自分で首イボを取るためにやってみた方法 1. 首イボにイボコロリを塗ってみた 「こんな目立つイボは嫌だ!」 そう思った私は、ドラッグストアで 「イボコロリ」を買ってきて、首イボに迷わず塗りこみました。 イボと言えば 「イボコロリ」だろうと考えたのです。 イボコロリを塗った途端にイボは真っ黒に染まり、熱くてヒリヒリする痛みがありました。 とにかく痛いし、首イボがこんなに真っ黒だったら余計に目立ちます… 軽はずみに「イボコロリ」を塗ったことを後悔しながら説明書を読んでみると、 「イボコロリはウイルス性のイボにしか効かない」 と、書いてありました。 そして、 確かに私の首イボには効果がなく、ヒリヒリ痛い思いをしただけでした。 首イボを皮膚科で診てもらった イボコロリでもイボが取れないとなると、これはちょっとお手上げだと思い、皮膚科に行くことにしました。 皮膚科の先生に特殊なルーペで首のイボをまじまじと見られながら 「一刻も早くなんとかしてください!」と、心の中で思っていました。 ひとしきりイボを見つめた先生は、冷静に、 「これは、まぁ、 加齢が原因の老人性イボですね…紫外線の影響が大きいんですけど」 と言いました。 私「老人性イボ…、取れます?お薬で?」 皮膚科医 「ああ、薬では治らないのでメスで切りますね」 私「メスっ!!」 皮膚科医「はい」 私「痛くないんですか?」 皮膚科医 「痛いです」 私「…」 皮膚科医 「麻酔の注射しますし、最後ちゃんと縫いますから(笑)」 私「麻酔っ!!」 皮膚科医「はい」 私「(首に注射って)痛くないんですか?」 皮膚科医 「痛いです」 … こんな調子で、私と皮膚科医の不毛な会話が続き… その時は結局イボを取る決心ができなかったので退散しました。 自分が決断さえすれば、今すぐにでも首イボを取ってもらえる(メスで)ってことは分かりました。 でも、首に麻酔の注射…怖いです。 ちょうど頸動脈の近くにあるので、 そんなところに注射針を刺して麻酔剤を流し込む事に一抹の不安もあります。 首イボは早く取りたいけれど、どうしても、決断できませんでした。 それで、皮膚科以外で首のいぼの治し方を探しまくりました。 放っておいてもイボが勝手になくなることはないのだから、とにかくなんでも当って砕けよう。 そう決意したのです。 いぼを治す薬『ヨクイニン』を飲んでみた イボに悩む人なら、 「ヨクイニン」という言葉を1度は聞いたことがあると思います。 ネットには「ヨクイニンでイボが無くなった!」という体験談も沢山ありますし、皮膚科で処方されるイボの内服薬としてもヨクイニンは有名なのだそうです。 ヨクイニンは、イネ科のハトムギの皮を除いた種から作られる生薬です。 ハトムギは昔から肌をきれいにする効果があると言われていますよね。 イボとり、ニキビやアトピー、シミ、ソバカス、鮫肌などへの効果が高いと言われています。 高価な化粧水などにもハトムギ成分が入っていることが多いです。 とにかく早く首イボを無くしたかったので、ヨクイニンのお薬の中でも特にイボに効くとされている 「ヨクイニン錠SH」をネットで注文しました。 通常価格は1カ月分で 4104円。 初回のみ割引がありますが、それでも私には高い金額… 「これでイボが治るなら」という気持ちで、思い切って買ってみたのでした。 ヨクイニンの首イボへの効果は…? 『ヨクイニン』は続けて飲まないと効果がないということで、3カ月分購入して、しっかり飲み続けました。 しかし、3カ月後、首イボには何の効果もありませんでした…。 ヨクイニンはイボの他にも「肌荒れに効く」とされていますが、特に肌がキレイになったという感じもありません。 まぁ、『ヨクイニン』のいぼへの効果には個人差があるのでしょうが、私には何の意味も無く、1万円以上のお金をムダにしてしまいました。 老人性イボは薬で治しにくいそうなので、ヨクイニンも効かなかったのかも知れません。 首イボが治ると信じてヨクイニンを買っただけに、金額が高くついた事でさらにヘコんでしまいました…。 『木酢液クリア(もくさくえきクリア)』を首イボに塗ってみた 『ヨクイニン』の次に試したのは、 「木酢液クリア」です。 木酢液(もくさくえき)も、イボに効果があると評判が高いんですよね。 ネットの口コミ体験談を読むと「イボが無くなった!」「使って良かった!」と絶賛している人がたくさんいて、 これならきっと少しくらい効果があるはずだと確信しました。 張り切って注文をして、2週間くらい塗り続けました。 臭いはキツいしイボがヒリヒリするしで、何度もくじけそうになりましたが頑張って首イボに塗ったのです。 でも、 『木酢液クリア』も、私の首イボには何の効果もありませんでした。 木酢液クリアは、イボと言っても高さの無い角質が硬くなったようなタイプのものに向いているようです。 私のイボは先ほども書いた通り、ぷくっと丸くて柔らかいイボで、肌の延長のような感じなので効かなかったのかも知れません。 木酢液クリアは 税込みで1944円… またもやお金をムダにしてしまいました。 首イボを糸でしばってみた 「イボコロリ」「ヨクイニン」「木酢液クリア」 と、イボに効くとされている商品にことごとく挫折した私は、最も古典的とも思える方法を試すことにしました。 イボを糸でしばったのです。 この方法は海外などではよく使われているそうで、「とにかく気になるできものがあったら糸を結んでおけば良い」という考えもあるのだそう。 確かに、イボは身体から血液や栄養が流れ込むから成長しているわけで、それを遮断して締め付けてやればポロリと取れるかも知れません。 ネットをフル活用して、イボを糸で結んで取る方法を頭に入れた私は、早速イボをしばりあげました。 細い糸でぎゅっとイボをしばると、やっぱり痛みはありましたが、最初のうちはそれほど激痛ではありませんでした。 でも、困ったのはそれからです。 首の付け根って常に動かす場所ですよね。 なので、 皮膚がいつも収縮していて、糸と皮膚が擦れてしまうのです。 糸でイボを取るには、 イボに送られる栄養を遮断してイボを枯らせなくてはいけないのですが、私の場合、首が動くたびに皮膚が糸で擦れ、どんどん傷が深くなって切れてしまいます。 どんどん血まみれになる糸… これはもう大惨事です。 しかも、きつくしばったので簡単には糸が取れません。 皮膚と糸の境目に隙間が無いから、ハサミで切るのもひと苦労。 ということで、結局、この方法もダメでした。 首イボにリンゴ酢を塗ってみた イボを自力で取る方法で検索すると、高確率でヒットするのが「 イボにリンゴ酢を塗る」という方法。 なんでも、リンゴ酢なら老人性イボにも効果があって、イボを取る事に成功した人もいるのだそうです。 「木酢液クリア」で失敗したのも忘れ、またもやお酢に頼ることにしました。 1日に何度も綿棒で塗ったり、ガーゼに染み込ませて貼付けたり…イボにリンゴ酢をつける生活を1週間ほど続けました。 すると、 イボよりも周囲の皮膚が荒れてしまい、痛くて痛くて、それ以上リンゴ酢を塗ることが出来なくなってしまったのです。 見た目も軽い火傷のような感じで痛々しくなってしまい、首イボを取るどころではなくなりました。 ということで、リンゴ酢でイボを取る計画は諦め、残りのリンゴ酢はお料理に使っています。 もう1度、皮膚科でイボを診察してもらう 「 自分でイボを取るのは無理だ」と、さすがに悟った私。 皮膚科に行けば取ってもらえるわけですが、やっぱり麻酔の注射が不安です。 なので、とりあえず1度目に行った皮膚科とは別のところで、もう1度、お薬でイボを取る方法がないか聞いてみました。 新しく行った皮膚科の先生も、結局、言うことは前の先生とほぼ同じでした。 これは老人性のいぼ。 薬では治らないから切って取るしか無い…。 ただ1つ違ったのが、イボを切る方法で、 「麻酔はしません。 直接ハサミで切り取ります」 「縫合はないので抜糸にくる必要もありません」 という所でした。 麻酔無しでハサミでちょきん… しかも、傷は縫わずにそのまま…。 それを聞いて、「やっぱり皮膚科怖い!」と思い、もうイボを取ることは諦めようと決意したのでした。

次の