ひとみ 動物 病院。 ひとみ動物病院|動物病院予約・検索|動物病院予約・トリミング予約 ペット保険のペット総合情報サイト|リリーフ【Releaf】

「ひとみ動物病院」(京都市左京区

ひとみ 動物 病院

病院情報についての注意事項• 掲載している病院情報は、株式会社ウェルネス医療情報センターが独自に収集したものです。 正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 実際に検索された医療機関で受診を希望される場合は、必ず医療機関に確認していただくことをお勧めします。 当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び株式会社ウェルネス医療情報センターではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報の誤りを発見された方はからご連絡をいただければ幸いです。 口コミ(クチコミ)についての注意事項• 価値観は人それぞれですし、状況が常に同じとは限りませんし、医学的根拠に基づかない情報も多く含まれます。 実際に検索された医療機関で受診を希望される場合は、念のため事前に確認を行ってください。 また口コミ(クチコミ)内容は法人としてのQLifeの見解・意向を示すものではありません。 「口コミ(クチコミ)」は、あくまで参考材料のひとつとお考えください。 利用規約はをご覧ください。 口コミ(クチコミ)は実際に受診した患者さん(またはその代理の方)の投稿のみ受け付けており、口コミ(クチコミ)の対象となる施設関係者やいわゆる「やらせ業者」による投稿は違法行為にあたる可能性があるため、固く禁じています。 もし、その事実をご存じの方は、まで情報をお寄せください。

次の

ひとみ動物病院 現在の待ち状況

ひとみ 動物 病院

ワクチン注射や避妊手術もお世話になりました。 一度受診すると、次回からはネット予約ができます。 受診したい先生も選べますし、待ち人数もネットでみれるので、待ち時間のストレスが少しでも解消されると思います。 院長先生は人気のようです。 私は受けたことがありませんが 他の先生も優しく丁寧に対応してくださいます。 受付の方も感じいいです。 動物の種類 《純血》 来院目的 通院 予約の有無 あり 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 5分〜10分 診察時間 5分〜10分 診察領域 症状 - 病名 - ペット保険 - 料金 - 来院理由 元々通っていた ドクターズインタビュー記事• NEW 板橋区南常盤台の「北川犬猫病院」は、地域のホームドクターであると同時に、皮膚・耳疾患の治療にも力を入れている。 多くのスタッフともにペットの健康管理を担う後藤慎史院長に、皮膚科・耳科の診療や同院の特徴について伺った。 北川犬猫病院• 後藤 慎史院長• 福岡市中央区、西鉄平尾駅5分の「リライフアニマルクリニック」は、福岡では珍しい、専門外来を開設する病院だ。 一般外来に加えて歯科・循環器・皮膚科・老犬ケアなど充実した専門診療を提供する。 歯科を専門とする徳永秀院長に、病院の特徴について伺った。 リライフアニマルクリニック• 徳永 秀院長• アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。 独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。 「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。 アトム動物病院 動物呼吸器病センター• 米澤 覚院長• 御堂筋線北花田駅から徒歩15分の「えびす動物クリニック」は、肝臓病の治療に力を入れている。 肝臓病の治療において手術は敬遠されがちだが、原発性の肝臓がんでは手術により完治が見込めるという。 戎修平院長に肝臓病と肝臓がんの手術について伺った。 えびす動物クリニック• 戎 修平院長• 松戸市にある「さだひろ動物病院」では、外科、腫瘍科、循環器に力を入れている。 未去勢の犬で多くみられる会陰ヘルニアはただの便秘と間違えられやすいが、自然治癒はせず進行していく病気だという。 貞廣優子院長に会陰ヘルニアの症状や手術について伺った。 さだひろ動物病院• 貞廣 優子院長.

次の

西東京市 ひとみ動物病院

ひとみ 動物 病院

駅から近く、交通アクセスのよい場所に立地する「ひとみ動物病院」。 個人開業の動物病院では珍しく、がんの専門的な治療を受けることができる病院だ。 院長の人見隆彦先生は、日本獣医がん学会腫瘍認定医の資格を有し、開業に至るまでにも専門的な治療に取り組んできた。 「今後はがんや病気になりにくい、予防医学にも力を入れていきたい」と話す人見先生。 休日であったはずの取材日前日も、深夜2時まで手術を行い、その後も術後が心配でずっとその犬に付き添っていたという。 動物が好きだからこそと、やわらかい笑顔で治療について語る先生に、ペットに対してがん治療を行うということについて、またその時の飼い主としての向き合い方まで詳しく話を聞かせてもらった。 学生時代に、授業の一環で病院実習がありました。 そのなかでがんに苦しむ動物たちを多く見て、もっと専門的に治療できるところが増えれば、助かる命も多くなるのではないかと感じたんです。 そこからいろいろな場所で研修をさせていただきながら、知識を増やしていきました。 日本獣医がん学会腫瘍認定医の資格もその流れで取得したものです。 以前と比べて、ペットに対するがん治療の選択肢は格段に増えてきています。 外科手術、放射線治療、抗がん剤……当院にいらっしゃる飼い主さんには、いろいろな選択肢から選べることを教えてあげたいですね。 それぞれのがんによって、なりやすい年代が異なります。 また、犬種や血統によってがんにかかりやすい種類があったりもするんです。 現代では長生きをするペットが増えたので、がんに罹りやすくなっていると言われています。 犬であれば半数以上ががんに罹患するとされていますが、これは環境の向上により寿命が延びたことと、昔は検査や治療が施されずに亡くなっていく犬が多かったことも背景にあります。 がんがあって、痛みや吐き気など様々な原因で食事が摂れないなら、まずは鎮痛剤や吐き気止めなど対症療法をしっかりと行います。 食欲が戻らなければ、胃ろうをつけてあげることもあります。 動物の場合、闘病の結果がんで亡くなるというより、食事が摂れなくて栄養が足りずに亡くなることが多いです。 つらい状態の子に無理に食事を与える、嫌がる子の口をこじあけて薬を飲ませるというのは、飼い主・ペットともにストレスがかかりとても苦しいことです。 私が一番目指したいのは、楽しく治療に挑むということです。

次の