ピンタレスト 検索妨害。 ノイズレスサーチ

ノイズレスサーチ

ピンタレスト 検索妨害

「Pinterest(ピンタレスト)ってどんなサービスなの?なんか危険なサイトって聞いたんだけど」こんな思いからこの記事に辿りついた方もいらっしゃると思います。 本記事では Pinterestの危険性や利用時の注意点を中心に解説していますが、まずは多くの方が抱いている疑問点から簡潔にまとめておきますね。 Pinterestの危険性について サービス自体に危険性は無いが、悪質な行為を働く利用者が存在する。 利用時の注意点 Pinterestから誘導されているURLは無闇に踏まない。 Pinterestを検索から除外する方法 「検索したい言葉 -Pinterest」で検索 Pinterestの危険性と利用する際の注意点 結論からお伝えするとPinterestには、あなたが使っているスマホ・PCを脅かすような ウィルス・マルウェアに感染させるデータは仕込まれていません。 一部ではアクセスしない方が良い... といった声もありますが、 Pinterest自体に危険性は無いのです。 アップされているイラストをピン留め(お気に入りリスト的なもの)して、他のユーザーにシェアもできます。 日本ではあまりメジャーなアプリとは言えないものの、世界各国のクリエイターの作品を無料で閲覧できる優秀なプラットフォームと筆者は感じます。 しかし、「メールアドレスがあれば誰でも登録できる」・「アップロードした作品にURLを掲載できる」といった面からPinterestを悪用するユーザーが居るのも事実。 つまり、Pinterestを利用する際には、怪しいサイトに誘導しているクリエイターならびに詐欺サイト内での巧妙な手口に注意する必要があるのです。 次の項目では、実際にピンタレストで見られる危険な事例をピックアップしています。 Pinterestを使い始めたばかりの方はぜひ合わせてご確認ください。 Pinterestで横行する危険な手口 Pinterestでよく見られる詐欺サイトへの誘導ならびに被害に遭うまでの流れはコチラですね。 Pinterest上にある作品をURLと共にピン留め• 作品の詳細ページと見せかけたURLは実は詐欺サイトへの誘導リンク• サイトにアクセスすると「ウィルスに感染しました」という嘘のポップアップが表示される• クリックすると詐欺案件に誘導される• 個人情報の漏えい・金銭被害に遭う URLを見ただけで「この外部サイトは危なそう」と判断できれば良いのですが、全てを見分けるのは難しいのが現状です。 そのため、Pinterest上のリンク先は無闇にアクセスしないようにしましょう。 「検索妨害がうざい」などの苦情も・・・ Googleの検索エンジンを利用するユーザーの傾向として、以前に比べて「画像検索」の使用頻度が増えてきています。 綺麗な海の画像を見たい。 デザインを参考にしたい。 服のコーデをチェックしたい... など様々な思いからユーザーは検索ボタンをクリックするでしょう。 そして、検索結果にはPinterest上のコンテンツが多く表示される。 Pinterestを普段から利用している人的には、カテゴリごとに画像を調べられるし、誰かが勝手にまとめてくれたピンをチェックすれば時間短縮にもなります。 しかし、Pinterestを使っていない人からは邪魔な存在でしかありません。 画像検索で表示された画像をクリックすると「ログインしてください」という画面が表示される。 登録が面倒だから別の画像をクリックすると再びログイン・登録を要求するページが... PinterestはPinterestに登録している人だけで楽しんでいれば良い。 それなのに、Google画像検索という場所にまで進出してきてなお「見たかったら登録してね!」という態度では検索妨害と言われても仕方がないと思います。 Pinterestを検索エンジンに表示させない設定 もしも調べ物を行う際に「 Pinterestを検索エンジンに表示させたくない」と思った方は、以下の操作を行ってください。 例えばGoogleにて「綺麗な画像」と画像検索すると上記のようにPinterest上のコンテンツが表示されます。 そこで、キーワードに「-Pinterest」を付け加えて再び検索してみましょう。 すると先ほど表示されていた Pinterestに登録しないと閲覧できない画像が除外されました。 このキーワードを変更すれば別の検索結果にも使えますよ。 Pinterestの危険性と注意点まとめ Pinterestの危険性 Pinterest自体にウィルスやマルウェア等の危険性は無いが、悪質なユーザーが掲載した詐欺サイトへのURLが危険。 利用時に注意すべきこと 無闇にURLをクリックしない。 検索からPinterestを除外する手順 「検索したい単語 -Pinterest」で検索する Pinterest内のコンテンツを閲覧する分には問題ありませんが、誘導されている 外部サイトにアクセスする際は十分注意しましょう。

次の

Yahoo!知恵袋、NAVERまとめ… 邪魔なサイトを除外して検索できる「ノイズレスサーチ」がリリース

ピンタレスト 検索妨害

ノイズレスサーチは邪魔なサイトを除外してGoogle検索できる検索エンジンです。 NAVERまとめ・キュレーションサイト・知恵袋・まとめサイト・2ch転載・Amazon・楽天・価格コムなどの通販サイト・食べログ・クックパッド、Pinterest、その他多数のサイト(約5000個)を除外しています。 レシピ検索、医療検索、商品レビュー、仕事や論文の調べ物、観光地・グルメ検索で威力を発揮します。 Chrome拡張機能「」を開発していただきました。 ショートカットキーでランチャー起動が可能です。 初めての人はまずこちらをどうぞ。 今後の継続のためにも、気に入っていただけたらTwitterでのシェア、ブログで紹介、知人に教えたりしていただけると助かります。 Google以外の検索エンジンがあることを知らない人もまだまだたくさんいるので、ご協力よろしくお願いいたします。 また、ページ下部にカンパについても記載しておりますので、お読みいただけると幸いです。 キーワードの報告フォーム ノイズレスサーチで検索した時に邪魔なサイトが表示されてしまった検索キーワードを報告してください。 ・美容・ダイエット・体の悩み・症状による検索はほとんど要望に応えられません。 ・レシピは、まず「料理名 レシピ」というふうに検索してみてください。 ・医療は、まず [病院・政府] [企業・病院・政府]ボタンを使ってみてください。 報告いただいたキーワードで実際に検索して、「順位」「競合サイト」「返答性」「ジャンル」などを考慮して除外するかどうかを判断します。 URLは必須ではありません。 また、ジャンルにも寄りますが2~3ページ目以降はほぼ見ません。 何か発見したことがございましたらお問い合わせフォームやTwitterなどでご連絡ください。 Chrome拡張機能 メディア掲載 、、、、、、、、()。 ノイズレスサーチのカンパはこちら。 「良い検索ができた!」という時に思い出していただけると嬉しいです。 Amazonギフト券で直接カンパ 受取人アドレス:gift pasokatu. 「Amazonギフト券が開封されました」というメールが届けば無事に受け取れています。 Amazon・楽天の買物で間接的にカンパ から買物をすると、アフィリエイトによって間接的にカンパできます。 リンクをクリックした後、普通にAmazonで買物するだけでOKです。 楽天で買物してカンパするなら.

次の

NAVERまとめが終!?いつサービス終了する?理由は?閉鎖後のサイトは?調べてみました!

ピンタレスト 検索妨害

これは、Pinterestが嫌いで嫌いでどうしようもないという米GizmodoのCranz記者の心の叫びである。 Pinterest(ピンタレスト)が嫌い。 嫌で嫌でしょうがない。 この嫌いという気持ちは、不正を訴える熱い気持ちとか、『スターウォーズ/最後のジェダイ』を嫌いっていうと「話が複雑でわかんないだけでしょ」と返す人たちに対する冷ややかな気持ちとはまったく違うタイプの嫌いです。 慢性的に感じる体の痛みのような感じ、吐く直前や、はじめて生理になったときのような気持ちに似ているような。 つま先から頭のてっぺん、歯の根元まで悪寒が走るいやぁな感覚。 Google検索結果にPinterestがでると、この悪寒がやってきます。 嫌い、とにかく嫌い。 Pinterestは、現状のソーシャルメディアにおいて最も役に立たない存在です。 なんの情報を与えることもない、人々をまとめることもない、なのに検索に図々しくでてくる。 Pinterestで探していたものが見つかるなんてことは、絶対ない! 「あぁ、本当に嫌いだな」と改めて思ったのは、去年の年の瀬。 Gizmodoの忘年会に向けて、パーティーメイクのアイディアを探していたときのことです。 「ゴールド」「アイメイク」「ドラマティック」など、テキトーな言葉を打ち込み検索し、メイク系のYouTube動画や雑誌のメイク特集なんかがでてくるのを期待していました。 が、検索結果のトップはPinterest。 Pinterestをいくら見たって、出るのはポップアップの広告ばっかりで、役にたつ情報はないじゃないか……。 2009年、サービスが始まったときは、面白い情報を視的にまとめる「 ピンボード」という位置づけでした。 試したいレシピのリンクや気になるヘアスタイル、友達や旅の写真をまとめてポストすることもありました。 当時、画像系サービスとしてのPinterestのライバルはもちろん Instagram(インスタグラム)。 その後、Instagramがフィルター効果でセレブや若者から絶大な支持をうけ、ある種の特別感を出すいっぽう、Pinterestは誰でも使えるみんなのものという雰囲気を強めていきました。 ここでいう Pinterestのみんなとは、主に女性。 、ユーザー数が1000万人を超えたが、その80%は女性だったんです。 ソーシャルメディアの多くが男女比に大きな偏りがないなか、Pinterestの女性比率は圧倒的なものです。 女性をターゲットにしたい層にとっては、Pinterestは非常に魅力的であり、我先にとコンテンンツを作っていきました。 2012年の1000万人から5年、今年の4月にはアクティブユーザー数がを超えます。 Pinterestの成長の秘密は、何かとGoogle検索に絡んでくるところにあるでしょう。 メイクにしろ服にしろ、何か検索するたびに上位結果に食い込んできます。 正直なところ、発表されたアクティブユーザー数の半分は検索結果を見ようとして「ログインしてください」と表示されるのが嫌になって登録した人たちではないでしょうかね。 さらにいえば、検索上位にPinterestがくるのも、1度クリックしたらサイトから抜け出せないからかもしれません。 Pinterestに足を踏み込むと最後。 使い方がよくわからないとアレコレクリックしているうちに、軽く20分たってしまいます。 これなら、本屋で20分立ち読みしたほうが情報が得られるかも。 あとからあとからひっきりなしに湧いてくるPinterest、使い勝手が悪いです。 表示される何千何百という画像をクリックしていく以外に、自分の求める情報を追求していく術はありません。 しょうがなしに画像をクリックしていくと、求める情報のページに行き着くこともあれば、また画像が溢れるPinterestページに飛ばされていることも。 タイトルだけで、なかなか必要な情報にたどり着かない、Pinterestあるあるとも言える Pinterestループです。 この使いにくさこそ、11月にPinterestの社長した理由でしょう。 Kendall氏が退社したときは、なぜ追加資金1億5000万を調達し、2017年の売り上げが5億ドルを超え、株式公開を控えた時価総額123億ドルの会社をやめるのだろうと不思議に思ったものですけど、やっぱり翳りはあったんですね。 Kendall氏(=Pinterest)は、もっと先を見ておくべきでした。 結果、蓋を開けてみれば、2017年の広告収入は、株式公開は2019年に延期。 ユーザーの多くが女性でありながら、会社に女性社員が少ないのも気になるところ。 Kendall氏の後を引き継ぐ人物も男性ならば、ビジネスデベロップメントのトップとして新たに加わった人物もです。 社内の女性比率は45%だが、役職についている女性はにすぎません。 女性に人気、女性のためのソーシャルメディアなんてのは表面上だけの話。 中身は結局、「もっと美味しいレシピを、美しいメイクを、かわいいデコレーションを」と女性ユーザーを促しながら、男性が広告で動かしている会社なのでしょう。 そのうえ大した情報も手に入らないし、使いにくい。 あぁ、Pinterestが嫌いだ、なくなってしまえばいいのに。 Image: Source: , Pinterest(, ), , , Alex Cranz - Gizmodo US[] (そうこ)• Tags :•

次の