ピアッシング セルフ。 ピアッシング : 作品情報

セルフピアスリベット[SPR] :::ポップリベット・ファスナー株式会社:::

ピアッシング セルフ

リンク セルフピアッシングの手順 実際に私がセルフピアッシングをした時の手順をご紹介します。 ピアッサー?ニードル? ピアスを開けるときに一般的なピアッサーですが… 耳にしてもへそにしても個人的に ピアッサーはおすすめしません。 ピアッサーは勢いで皮膚を押しつぶしながら穴をあけます。 また、勢いで開けるのでもし途中でずれてもそのまま穴が開いてしまいます…。 ニードルは先端がメスのように鋭利な刃物になっており、スーッと力を入れなくても入っていきます。 ピアスのホールはきれいに開いたほうが膿みにくかったり、安定が早かったりと メリットも多くなります。 この二つを比べたときに、きれいに穴が開くのは言うまでもなくニードルですよね! ちなみに私はニードルをネットで購入しましたが、ピアッサーよりも安かったです。 病院で開けてもらうのってどうなの? ピアスを開けてもらうのに『病院』という選択肢は… 正直いかがなものかと思います。 病院の先生はピアスの素人です。 その先生にわざわざ開けてもらうメリットはあまり感じません。 個人的にはセルフと変わらないと思っています。 お金を払ってピアスを開けてもらうなら『スタジオ』に行ったほうが良いです。 私は行ったことがないのですが、 専門的な知識を持った方がピアスを開けてくれるようです。 その後のピアスのケア 基本放置です。 下手にいじらないほうが良いです! お風呂の時に『薬用せっけんミューズ』を泡立てて、ピアスの上に置きます。 数日経ってくるとピアスが少し動くようになってきますので、泡を乗せたままピアスを前後させます。 膿んだ時は、抗生物質入りの軟膏を塗っていました。 ホットソークという方法もありますが…私は試したことがありません。 実際に開けてみて分かった注意点 刺すときはバナナバーベルの長さギリギリくらいの穴をあける 安定すると、開けた時よりホール部分が少し短くなります。 それを加味して、バナナバーベルのギリギリくらいの穴をあけるようにした方がいいと思います。 あまりホールが短いと排除の原因になることもあるようです。 安定まで本当に時間がかかる へそピは安定までに時間がかかると聞いていましたが… 本当にかかります。 約半年かかりました。 なんなら、 本当に安定したのは1年程度かかりました。 それまでの間は、膿んでは治り…を繰り返していました。 夏を意識して開けるなら、早めに開けたほうが良いです。 ピアッシングに力がいる 当時の彼氏 現在の旦那 にニードルを刺してもらったのですが… 男の人の力でもなかなか開かないくらい硬かったです。 ただ…後で調べてみると お腹に力を入れるとニードルが刺さりにくくなるようです。 言われてみれば痛くて力が入っていたかもしれません…。 力を抜いて開けるように意識してください。 超絶痛い へそピと言えば…私は痛かった思い出が強いです。 出産の次に痛かったです。 耳の軟骨のピアッシングなんて、へそピに比べれば全然我慢できます。 覚悟して開けてください!! 最後に へそピは開けて良かったと思っています。 後悔もしたことはありません。 強いて言うならたまぁぁぁに面倒に思うくらいです。

次の

ピアッサーは痛い?使い方と自分でピアスを開ける6つのコツ

ピアッシング セルフ

消毒 ニードルレシーバー、ボディピアス等の道具をエタノールにつけて消毒してください。 この時ボディピアスのネジは外し、キャプティブ構造のものはボールを外しリングを開いておきましょう。 さらに清潔な綿棒を使って、ピアッシングする部分をマキロンやイソジン等の消毒薬で消毒します。 マーキング 鏡を見ながらピアッシング位置を決め、専用ペンや顔料インクのペンで一点だけマーキングします。 油性インクはトラブルの可能性があるため避けてください。 マーキングはピアッシング成功のための重要な行為です。 ご自身が納得出来るベストな位置を探し、慎重に行ってください。 ニードル ニードルを滅菌パックから取り出し、充分な量の軟膏を塗ります。 ニードルの先端には触れないようにしてください。 空洞の部分も綿棒を使って軟膏で埋めてください。 こうすることでニードルの滑りが良くなり、余計な出血を抑えることも出来ます。 ピアッシング マーキングをした位置にピアッシングニードルの先端を当て、ニードルを受ける部分にはニードルレシーバーを当てておきます。 ニードルレシーバーの代わりにコルクや消しゴムでも代用可能です。 息を吐きながらニードルにゆっくりと力を加えていきます。 針先が刺さったらスッと押し込んでください。

次の

ピアッシングツール

ピアッシング セルフ

メインページ• カテゴリーで検索• 美容整形・顔の整形• 身体の整形・ダイエット・ボディメイキング• 肌治療・美容皮膚科• 男性・毛髪治療• 婦人科治療• 臭いの治療• その他の治療• ドクター・クリニック• 芸能人・エンターテイメント• メイク・ファッション• 出典 ピアスのオシャレって素敵ですよね。 ですが、これからピアッシングを行う方は、その方法について迷うのではないでしょうか。 ピアッシングには、セルフで行う方法、クリニックで行う方法があります。 これらの方法にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、ピアッシングをお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。 セルフのメリット・デメリット なんといってもお金がかからないという点が大きなメリットでしょう。 必要なのはピアッシング用のニードルまたはピアッサーだけですので、これらのいずれかと消毒用エタノールさえあれば準備完了です。 ニードルやピアッサーは高くても3,000円以内で購入することができ、消毒用エタノールは500円前後で購入することができますので、合計で3,500円もあればお手軽にピアッシングを行うことができます。 ところが、セルフでのピアッシングはいくつかのリスクを伴います。 まず、ご自身が希望する位置とは違う場所にピアスホールができてしまうことがあり、左右にピアッシングを行う場合には左右の位置にズレが生じてしまう可能性があります。 また、ニードルやピアッサーの針が斜めに入ってしまった場合には、耳たぶの表側と裏側の位置が微妙にズレて、ピアスをつけたときに耳たぶがよじれてしまうことも少なくはありません。 さらに、アフターケアが不完全だった場合には、ピアスホールからジクジクとした体液が出てきてしまったり、化膿してしまったりするというリスクもあります。 以上のことを考え合わせると、できればセルフでのピアッシングは避けておいたほうがよいということがわかりますね。 出典 ピアスを購入したお店でピアッシングしてもらうのはNG 昔、ピアッサーでピアッシングをしてくれるお店があり、セルフで行うよりかは正確な位置にピアスホールができました。 ただし、この方法は医師免許を持たない方がピアッシングを行うことになりますので、医師法違反であり、もちろんセルフと同様のリスクを伴う可能性が否めません。 出典 クリニックでしてもらうメリット・デメリット 料金が8,000円~10,000前後かかるというデメリットを持っています。 では、クリニックやサロンでピアッシングを行うメリットは、どのようなところにあるのでしょうか? まずはサロンでのピアッシングについてのお話です。 一般的な耳たぶのピアスをはじめ、ボディピアスを行ってくれるサロンは過去に数多く存在していましたが、皮膚に穴を空ける行為そのものが医療行為であるため、施術者が医師や看護師の国家資格を持たずにピアッシングを行っているサロンは、医師法に違反した違法店となります。 そのようなサロンは現在見当たりませんので、サロンでのピアッシングは行うことができない状況となっています。 続いて、クリニックでのピアッシングを考えてみることにしましょう。 クリニックは医療機関ですので、医師によるピアッシングが行われます。 したがって、衛生管理の整った場所でピアッシングを行うことになりますので、感染症などのリスクは非常に低くなります。 また、クリニックではピアッシングを行う前に慎重に場所を決定しますので、耳たぶであれば左右のピアスホールの位置がズレてしまう心配もないでしょうし、針が斜めに入って表側と裏側の位置がズレるという心配もありません。 つまり、失敗なく安全できれいなピアスホールを作りたいのであれば、クリニックでのピアッシングがダントツでおススメできるということになります。 出典 ピアスは身体に傷が残ります 皮膚に針を刺して無理やり穴を開けるわけですから、ピアスホールがふさがったとしても、目立たないレベルの傷跡が残ります。 ピアッシングをお考えなのであれば、この部分にも目を向けて、慎重にピアッシングを行いましょうね。 (注)なお、本コラムにて紹介した内容は、個人差や状態により異なるので、上記内容がすべてあてはまるわけではないことをご了承ください。 実際の施術にあたってはカウンセリングで医師にご相談ください。

次の