木村さつき。 木村さつきをオレンジジュースで殺害した犯人は誰で加藤みきお(木村みきお)

松尾紀子が見た真犯人とは?隠したい木村さつきの謎テセウスの船5話

木村さつき

その後、オレンジジュースらしき飲み物を持った人物が病室に向かう描写がありますが、 この人物は一体誰なのでしょうか? 病室に向かったのは加藤みきお 原作どおりにいけば病室に向かって歩いているのは 「加藤みきお」です。 実は音臼小学校無差別殺人事件の真犯人は「加藤みきお」で、木村さつきを共犯者としていました。 加藤みきおは車いすのはず…と思いますが、実はあの車いすはフェイクで 本当は加藤みきおは歩けます。 下半身不随のフリをして、鈴に近づいたんですね。 加藤みきおが持っているジュースのようなものは木村さつきが好きな 「オレンジジュース」です。 心が投げ捨てた未来が書かれたノートを見た加藤みきおは、その新聞記事で木村さつきがオレンジジュースを飲んで亡くなったことを知り、混入させるものを変更しました。 木村さつきの好きな オレンジジュースではなく牛乳 ドラマでははっと汁 に変更しています。 加藤みきおは木村さつきの病室に向かう際、木村さつきの好きなオレンジジュースを持っていっていることになります。 木村さつきは殺される? その後木村さつきはどうなったのでしょうか? 原作の通りだと 木村さつきは加藤みきおによって殺されます。 木村みきおが犯人であることが公になることを恐れた木村さつきは、鈴を利用して 松尾 佐々木紀子 を殺害します。 このように暴走してしまった木村さつきを加藤みきおは快く思わず、オレンジジュースに青酸カリを入れて殺害し、 眼玉をくり抜いてしまうという猟奇的な犯行を見せます…! 1度目の事件ではオレンジジュースで殺され、過去が変わった2回目の事件では共犯に利用され、最後には加藤みきおに殺されてしまう… タイムスリップの前も後も、 木村さつきは加藤みきおによって命を奪われてしまいます。 【テセウスの船】原作と同じ流れ? 第6話までの流れを見ると、細かいストーリーに変更はあるものの、 大まかな流れは原作と同じになっています。 原作と違う部分をあげてみましょう。 原作 ドラマ 三島明音ちゃんは長谷川翼と一緒に 青酸カリで死亡 三島明音ちゃんは亡くならず 意識が戻る タイムスリップ前の田中義男の 死因は心臓発作 タイムスリップ前の田中義男の 死因は火事 心のタイムスリップで青酸カリの混入物がオレンジジュースが 牛乳に変わる 心のタイムスリップで青酸カリの混入物がオレンジジュースが はっと汁に変わる 木村さつきが鈴を脅した場所は 「木村メッキ工場」 木村さつきが鈴を脅した場所は 自宅 佐々木紀子の家で鈴は 真犯人を知り家から飛び出す 佐々木紀子の家で 謎の薬を飲んで倒れる このように原作からストーリーが変更している箇所があります。 その他にも ドラマオリジナルのストーリーも追加されています! ドラマオリジナルストーリー• 佐野文吾が三島明音ちゃんを救うために崖下に落ちるシーン• 金丸刑事に未来から来たことを打ち明けるシーン 原作では常に心は疑われている• 事件の被害者の会はドラマオリジナル。 木村さつきが鈴をカメラで監視しているエピソード• 由紀と心が父・文吾に一緒に面会に行くシーン• 佐々木紀子が「娘から証言を止めるように止められた」というのはドラマオリジナル このように、ドラマオリジナルシーンも盛り込まれています。 しかし、これらの改変は大まかな原作の流れには 大きく関わっていないように感じられます。 1話~5話までの話の流れを簡単にまとめます。 由紀が死亡• 父に会いに行く途中でタイムスリップ• 過去を変える• 未来が大きく変わる• 新証言の話が持ち上がる• 新証言者が木村さつきによって殺される この流れは変わりがありません。 金丸刑事に未来からきたことを打ち明けた際は、ここで未来が変わるか!?とも思いましたが… 結局 金丸刑事は殺されてしまい、原作と大きくストーリーが変わることはありませんでした。 気になっているのは 「三島明音ちゃんが生きている」ことですね。 なぜ生かす必要があったのか…?という疑問もでてきますね。 話の流れ的には犯人はやはり「加藤みきお」という事になりますが…テセウスの船公式から「 」という情報もあります。 金丸が夜道で会っても、崖に連れてかれて警戒しなかったのはやっぱり子供だったから。 — Chiaco Chiaki36400477 第6話の予告で心と話すみきおの靴と真犯人との靴が似ていて、さらにさらに心に送られてきた犯行予告の絵も慰霊碑の前で泣く心に、石碑にEND? ってことは慰霊碑の前に会ってるのはみきおで、彼が真犯人ってことない…?予告の最後心が若干目線が上に上がったってことは立ち上がれるとか… — ばりゅー kajikajirrr 木村さつき説と、原作と同じ加藤みきお真犯人説が真犯人予想として多く名前が上がっているようです。 明らかに怪しいですもんね…。 一体真犯人は誰なのでしょうか?.

次の

【テセウスの船】木村さつきが車椅子の男と一緒にいるのはなぜ?

木村さつき

ドラマ版はさんが演じており、年齢は40代後半~50代くらいですが、 原作だと30代とかなり若い設定になっています。 こんな可愛い先生が犯人やったら私は人間不振になる。 本名:奥村 由美 生年月日:1963年8月15日 出身地:長崎県長崎市 身長:161 cm 血液型:O型 最終学歴:青山学院大学文学部英米文学科卒業 主な出演作:『君が嘘をついた』『特命刑事 カクホの女シリーズ』『』『』『』『あなたのことはそれほど』他多数。 参考: 田村心と木村さつきの出会い 木村さつき(麻生祐未)の初登場シーンは原作マンガ第2巻。 ここで 娘のさつきと初めて出会いました。 心はさつきを見て顔色を変えます。 彼女は約半年後に起きる佐野文吾毒物事件の 犠牲者だったのです。 【ネタバレ解説】 木村さつきは佐野文吾事件の被害者で、21人の犠牲者のうちの一人。 さつきは1989年6月24日 音臼小学校のお泊り会イベントで毒入り飲料を飲み、命を落とす運命にあった。 その後、心は木村敏行を雪崩被害から救うことに成功。 音臼小は教師不足だったので、これまで複式学級を任されていた木村さつきの負担も減り、心は生徒と教師に歓迎されまくりでした。 心も夢だった教師ライフを満喫します。 【解説】心は過去に教師を目指しており、大学で教員免許も取得。 しかし父・佐野文吾が凶悪事件を起こしたため夢を諦め、2017年では運送会社に勤務していた。 麻生祐未(木村さつき)と木村みきおとの関係 木村さつきと木村みきおの関係とは? それから約1ヶ月後、心は再び謎の霧に包まれ、2017年に戻ってきます。 心の母・和子(榮倉奈々)が 一家心中事件を起こし、兄とともに死亡。 心とはなんとか生還した。 死亡したはずの心の妻・ 由紀(上野樹里)がこの新たな歴史では生きていた。 心は姉の鈴と再会し、を紹介されました。 夫の名は木村みきお(安藤政信)。 心は衝撃を受けます。 木村みきおは心が1989年で教師をしていた時の教え子・ 加藤みきおだったのです。 そして…みきおの車椅子を押していた女性はまさかの木村さつき先生(麻生祐未)。 (心の見た目が28年前と変わらず、若いままだったため) これ、麻生祐未さんは大和田常務並みの新境地を開拓しているところを我々視聴者は歴史の証人として毎週垣間見ているのかもしれません・・・。 — ぼの人 bonohit 木村みきおは木村さつきの養子になっていた 2017年現在の木村みきお(旧:加藤みきお)• 加藤みきお(現:木村みきお)は田村心の元生徒で、1989年当時は11歳、2017年現在は39歳。 みきおは毒物事件の被害者の一人で、事件後、毒物を飲んだ後遺症により 下半身不随となり、現在は車椅子で生活している。 身寄りの無いみきおは、佐野文吾事件の後に木村さつきの 養子となり、現在も一緒に暮らしている。 事件後、養護施設に入れられる事になったみきおを木村さつきが引き取り、養子縁組を交わします。 さつきはみきおの義母となったのです。 原作の木村さつきは現在と過去で 二度もみきおに殺害されたことになります。 この時 心はみきおが真犯人である事をすでに知っていたので、 『義母となるさつき先生も共犯に違いない』と思っていました。 しかし事実は違います。 佐野文吾事件において、さつき先生はみきおの共犯ではありません。 彼女がみきおの犯行を知ったのは、養子にしてから10年以上経った後です。 みきおの犯行を知った理由は、彼が事件を記録していた 音声テープを偶然聴いてしまったから。 (ドラマではワープロに記録していた)。 その直後、みきおは自ら『ワイが犯人』とカミングアウトしました。 ここからさつき先生の運命の歯車は大きく狂いだしてしまったのです…。 麻生祐未が演じる木村さつき まとめ• 木村さつき(麻生祐未)は音臼小学校の元教師。 佐野文吾事件の犠牲者となるはずだったが、心が過去に行ったことで運命が変わり死を回避した。 佐野文吾事件の後、さつきは被害者の加藤みきお(当時11歳)を養子に迎えていた。 さつきは佐野文吾事件の真犯人がみきおだと知り、彼を守り抜く決意をする。 さつきは佐野文吾の無実を証言しようとしていた佐々木紀子を殺害。 この犯行をみきおの内縁の妻・鈴(貫地谷しほり)に被せてしまった。 (さつきはみきおさえ守れればいいと思っていた)• これを知ったみきおはさつきを殺害。 さらに心とともに1989年にタイプスリップしたみきおは、鈴の罪を消すため若き日のさつきも抹殺した。 さつきは佐野文吾事件の共犯者ではない。

次の

【テセウスの船】音臼小事件の犯人は木村さつき先生説を考察!みきおが犯人説は?

木村さつき

音臼小学校の教師・木村さつき先生は、 5年と6年の複式学級の担任でした。 しかし、3学期に転校生が来て人数が増えたことにより 複式学級から単式学級へ変更となります。 木村さつき先生は6年生を担当することに。 ちょうどその頃、教員不足に悩んでいた音臼村の教育事務所は、木村さつき先生の勧め絵もあり教員免許を持っているという主人公の田村心に3学期だけの臨時教員を依頼します。 木村さつき先生は6年生の担任を受け持ち、主人公の田村心は5年生のクラスを受け持つことに。 実家で 父親が木村鍍金(ときん)工場を営んでいます。 鍍金=メッキの事で、 工場には後に音臼村毒物混入事件でも使用される薬品を使用しています。 工場に2本保管していた薬品の内、1本が 何者かによって盗まれていることが発覚します。 自宅には毒物と思われる名前が記載された瓶を所有しており田村心に怪しまれますが『毒物だから飲むな』と感じさせる一種の禁酒の方法だと木村さつき本人の口から語られます。 加藤みきおのが祖母と暮らす家の近くに住んでおり、小学校への通勤時に家の前を毎日通って通勤しています。 家庭環境に恵まれず両親の都合で祖母に引き取られた加藤みきおの事を何かと気にかけており、祖母に万が一のことがあった場合は加藤みきおを引き取って育てることも考えています。 しかし、後に起こる 毒物混入事件の被害者となり帰らぬ人に…。 先生が養子として迎え入れたのでしょう。 事件の後遺症で現在は車椅子で生活している木村みきお その婚約者として現れたのは、整形手術をして別人の様になった田村心の姉・鈴でした。 もちろん木村さつきは、目の前にいる嫁が鈴であることに気がついていませんでした。 しかし佐野文吾の無罪を証明しようとする佐々木紀子の出現によって、 嫁=鈴であることを知るのです。 犯行の真実が明るみになることに危機感を覚えた木村さつきは鈴を脅し、証言をする佐々木紀子の口を塞ぐため刃物で傷つけます。 この犯行の罪を鈴に着せるため、 自分を傷つける偽装工作までして…。 よろしくお願いします。 木村さつきの最期を見届けてやって下さい。 テセウスの船、さつき先生の人相が変わり過ぎだよな?理由が設定されているのだろうか。 さつき先生が怖い。 怖いと言いつつ何度も読み返すこのなんともいえない感じ。 今の時点では鈴さんが安心して赤ちゃんを産めたらいいなと願うばかりです。 あんな義母じゃ怖いだけですが。 その鈴に犯行の 濡れ衣を着せようとした木村さつきにはかつての面影が感じられませんよね〜。 木村さつきを こんな人物に変えてしまった原因 それは 大切な守るべき人がいたからなんです。 鈴を犯人に仕立て上げる為、自作自演で自分の体を傷つけ入院していた木村さつきは、毒物が入ったオレンジジュースによって 口を封じられ てしまうのです。 病室に現れた大切な人によって。 木村さつきの口を封じた犯人を知りたい人はこちら!.

次の